英語で「お手数ですが」はWould you mind〜|ビジネスメールでの表現も解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーママ

2021.08.05

英語で「お手数ですが」はどう表現する!? ビジネスメールでもよく使われる言い回しを紹介

「お手数ですが」を英語で伝えたい場合に、直接変換できる言葉はありません。しかし、Would you mind〜などで似たニュアンスを表現できます。今回は、「お手数ですが」の意味や使い方、英語表現の仕方、ビジネスメールでの言い回しを確認していきましょう。

Tags:

【目次】
 ・「お手数ですが」の意味と使い方とは?
 ・「お手数ですが」の英語での言い換え
 ・ビジネスメールなどでよく使われる言い回しの例文
 ・「お手数ですが」と英語で言われた際の返答
 ・英語でも「お手数ですが」を使えるようになろう

「お手数ですが」の意味と使い方とは?

「お手数ですが」とは何かしてもらいたいことがあるときに、相手の手間を気遣いつつ依頼したい内容を伝えるためのクッション言葉です。英語での表現の仕方を確認する前に、まずは「お手数ですが」の意味と日本語での使い方からチェックしていきましょう。

お手数ですが 英語

■「お手数ですが」は労力を気遣う言葉

「お手数ですが」とは、何かお願いしたいことを伝える前に付けることで、自分の発言の印象をやわらげることができるクッション言葉です。「手間をかけてしまって申し訳ないことですが」と先に気遣う姿勢を見せることで、相手への感謝の気持ちを表現でき、依頼に対して嫌なイメージを持たれにくくなります。

「手数」とは労力を意味する言葉であり、頭に「お」を付けることで相手に対する尊敬の念が込められている言葉です。似た意味合いの表現として、「恐れ入りますが」「恐縮ですが」「お手間を取らせますが」などのクッション言葉も使われています。

■「お手数ですが」の使い方・例文

「お手数ですが」は後に続く内容をやわらげるクッション言葉のため、依頼したい内容の前に使うのが正しい使い方です。取引先との電話やメールなどでも使用でき、ビジネスの場でよく使われています。それでは、「お手数ですが」を使った例文をチェックしていきましょう。

・お手数ですが、このメールを確認いただけましたらご返信をお願いいたします。
・お手数ですが、よろしくお願いいたします。
・お手数ですが、〇〇様が戻られましたらご連絡いただけますか?

「お手数ですが」の英語での言い換え

「お手数ですが」を英語で言い換えたい場合、そのまま使える単語や英文はありません。しかし、英語でも同じような意味を表現することは可能です。表現方法は、丁重に依頼をすることでニュアンスを似せる表現方法と、クッション言葉のように使う表現方法の2通りがあります。

お手数ですが 英語

それでは、「お手数ですが」の英語での言い換えの仕方を確認していきましょう。

■直接言い換えできるものはない

先述のとおり、「お手数ですが」を英語で言い換えしたくても、まったく同じ表現の言葉は英語にはありません。しかし、英語を母国語として使う人々も、「お手数ですが」と同じようなニュアンスの表現はよく使っています。相手に対する気遣いを表現して、依頼する文章のイメージをやわらげられる言い回しは、英語でも表現が可能なのです。

■「お手数ですが」と似た英語表現

「お手数ですが」と同じような意味が表せる英語表現の仕方には、丁重に頼むことでニュアンスを似せる表現と、クッション言葉として使う表現の2つの方法があります。内容に合わせて自然に使えるように、それぞれの表現方法をチェックしていきましょう。

丁重に頼むことでニュアンスを似せる表現

「お手数ですが」と似た英語での表現の方法の1つ目は「丁重な言い回しで頼むことにより、ニュアンスを似せる表現の仕方」です。この表現で「お手数ですが」を表す方法には「Would you mind~?」などがあります。

「mind」は「~することを迷惑に思う」との意味合いが込められた言葉です。直訳すると「~するのは嫌だと思いますか?」です。

丁寧さを表せる敬語表現であるため、「お手数ですが~をしてもらえませんか?」というニュアンスを相手に伝えられるのです。「Would you mind~?」を使うのであれば、そのあとに続ける動詞は「ing」の形にしましょう。

そのほか、「Could I ask you to~?」「Would you be able to~?」「Would it be possible to~?」などの表現があります。

クッション言葉として使う表現

「お手数ですが」と似た英語での表現の方法の2つ目は「クッション言葉として使う表現の仕方」です。クッション言葉として使う表現方法には「I am sorry for your inconvenience but~.」「I am sorry to trouble you, but~?」「Sorry for bothering you but~.」などがあります。

「Sorry」で申し訳ないと感じていることを伝え、その後に「your inconvenience(あなたへの手間)」「bothering you(あなたへの迷惑)」「trouble you(あなたへの迷惑)」が続くことで、「お手数ですが」「ご面倒をおかけしますが」といったニュアンスが伝えられるのです。

ビジネスメールなどでよく使われる言い回しの例文

「お手数ですが」は自分が相手にして欲しいことをやわらかい表現で伝えられるため、ビジネスシーンではメールでも口頭でも便利に使われる表現です。「お手数ですがご確認をお願いいたします」「お手数ですが、後ほどお電話をいただけますか」「恐縮ですが、ドアを閉めていただけますか」など、実際のビジネスにおいて頻繁に使われる表現の例文をチェックしていきましょう。

お手数ですが 英語

1. お手数ですがご確認をお願いいたします

ビジネスにおいて頻繁に使われる表現の例文、1つ目は「お手数ですが、ご確認をお願いいたします」です。とくにビジネスに関連するメールなどでよく使われます。この内容を英語で表現した文章は、以下の通りです。

I am sorry to trouble you, but I would really appreciate it if you could confirm.

「confirm」とは確認するという意味がある単語で、チェックを依頼するときによく使われます。先述したクッション言葉として使える表現である「I am sorry to trouble you, but ~」で「お手数ですが~してください」を使って表現されている文章です。

2. お手数ですが、後ほどお電話をいただけますか

ビジネスにおいて頻繁に使われる表現の例文、2つ目は「お手数ですが、後ほどお電話をいただけますか?」です。ビジネス関係の相手から電話がかかってきたのに、対応できる担当者が席を外している場合に使われます。この内容を英語で表現した文章は、以下の通りです。

I’m sorry to trouble you, but could you call me back later?

3. 恐縮ですが、ドアを閉めていただけますか

ビジネスにおいて頻繁に使われる表現、3つ目の例文は「恐縮ですが、ドアを閉めていただけますか?」です。英語で表現した文章は、以下の通りです。

I’m sorry, but could you close the door, please?
Would you mind closing the door?

なお、友人に対する場合に使う、もう少しフランクな言い方は以下の通りです。

Do you mind closing the door?

「お手数ですが」と英語で言われた際の返答

相手から「お手数ですが」と英語で言われた際の返答は、「Okay.」「All right.」「Sure.」など簡単な了承の仕方でも問題ありません。「もちろんいいよ」と伝えたいときは「Not at all.」などと返します。もっと丁寧な対応をしたい相手には、「Certainly.」と伝えるようにしましょう。

お手数ですが 英語

英語でも「お手数ですが」を使えるようになろう

「お手数ですが」は相手へのお願いをやわらかい表現で伝えられるクッション言葉のため、日本語だけではなく英語でも似たような表現がよく使われている言葉です。ビジネス関係の相手と英語でコミュニケーションを取らなければいけないのであれば、使いこなせるようになっておくと便利でしょう。

「Would you mind~?」や「I am sorry to trouble you, but~?」などを使って、英語で「お手数ですが」を表現できます。これらの文章を覚えて、自分が伝えたい内容をニュアンスも含めて伝えられるようになりましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

「ご足労いただきありがとうございました」の正しい意味は?使い方や類語も解説
「先日」は英語で「the other day」【ビジネスメールに使える例文を解説】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事