【100人に聞いた】時間の使い方が下手…と思う瞬間は?あるあるエピソードやみんなの工夫 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.07.23

【100人に聞いた】時間の使い方が下手…と思う瞬間は?あるあるエピソードやみんなの工夫

時間の使い方に対しての苦手意識調査を、ワーママ100人に実施。苦手だと感じる瞬間、時間をうまく使うための工夫についての体験談も紹介します。

Tags:

【質問】時間の使い方に苦手意識を感じる人の割合は?

アンケートを見ると、約4割の人が時間の使い方に苦手意識を感じていることがわかりました。ではどんなときに、時間の使い方について考えさせられるのでしょうか。

時間の使い方 苦手 瞬間

「よく当てはまる」…10.8%
「当てはまる」…30.0%
「あまり当てはまらない」…25.8%
「当てはまらない」…33.4%

※アンケートは30~45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

【体験談】時間の使い方が下手・苦手だと思う瞬間は?

「時間は有限」と分かっていても、気づいたら時間が過ぎていた…なんて珍しいことではないかもしれません。読者の皆さんから寄せられた、時間の使い方が下手・苦手だと思う瞬間を集めました。

だらだらする

ゲームやインスタを見たりして1時間以上経つ (40代・岡山県・子ども1人)
せっかくの休日なのに、何もせず1日中ベッドでゴロゴロしてしまう (40代・神奈川県・子ども1人)
無駄に過ごす (40代・茨城県・子ども2人)
早く寝ないといけない日でも、ついついダラダラして夜更かししてしまう (40代・広島県・子ども2人)
仕事が休みの日に、部屋の片付けなどを計画していても、結局昼寝をしまったり、ダラダラしていて、気づけば夕方になっていたりする時 (40代・愛知県・子ども2人)
在宅で時間があっても、無駄にだらだらすごしてしまう (40代・兵庫県・子ども3人)

だらしない人 特徴 時間の使い方 苦手

だらしない人はどんな特徴がある?だらしない人がモテる理由や注意すべき点もご紹介

時間がかかる

仕事で子供向けの授業をやっているのですが、いつも終業時間を過ぎてしまい時間配分がなかなか上手く出来なかったから。(30代・京都府・子ども1人)
終わると思った家事が終わらない (40代・石川県・子ども1人)
予想以上に時間がかかりすぎて、したいことができない時 (30代・新潟県・子ども2人)

予定を入れすぎる

いつも予定をぱんぱんに入れてしまう。 (40代・千葉県・子ども2人)
やらなきゃいけないことがたくさんある時、どれも中途半端になること (30代・東京都・子ども2人)
詰め込みすぎて時間に追われる (40代・滋賀県・子ども3人)

ほかのことをやってしまう

ついついゲームに時間を使ってしまう。 (30代・大阪府・子ども1人)
やろうと思っていた事がテレビやスマホをしていて、夢中になってしまい全く片付けられなかった時。 (40代・東京都・子ども1人)
普段より早く帰宅できて、夫が帰ってくるまでに時間があるので手の込んだ料理を作ろうと思っていたが、どうでもいいことに時間を使いすぎて結局いつもより簡単な夕食になってしまったとき。 (40代・東京都・子ども4人)

時間ギリギリ

ぎりぎりになってから行動することが多いから (30代・北海道・子ども1人)
遅刻をしてしまいそうなとき (40代・千葉県・子ども1人)
時間に間に合わない場合 (40代・長野県・子ども1人)

効率よくできない

家事を効率よくできない (30代・福岡県・子ども1人)
要領が悪いから (40代・埼玉県・子ども1人)
仕事とプライベートの時間配分が苦手 (30代・鳥取県・子ども1人)
夕方になったら、昼間にスーパー行けばよかった、 公園行けば良かったと後悔する時 (30代・新潟県・子ども2人)
いくつもの事を一緒に出来ないのでそう思う。 (40代・高知県・子ども2人)
一日中家に居たのに洗濯物がたまっていたり、掃除が出来ていなかったり、やりたいことの半分も出来ていないときがある (30代・愛知県・子ども2人)

時間の割り振り

自分のしたいことと家事育児の時間の割り振りが上手くできない (30代・北海道・子ども1人)
仕事とプライベートの時間配分が苦手 (30代・鳥取県・子ども1人)
朝準備の時間が毎日5分くらい遅れてしまう (30代・岐阜県・子ども2人)

後悔する

夕方になったら、昼間にスーパー行けばよかった、 公園行けば良かったと後悔する時 (30代・新潟県・子ども2人)

【体験談】時間の使い方が上手くなる方法とは?

「気力」、「計画性」、「集中力」が時間の使い方についてどう感じるかの鍵を握っているようです。読者の皆さんが上手に時間を使うために行っている工夫を、チェックしてみましょう。

スケジュールを決める

1日のタイムスケジュールを書き出すこと (40代・兵庫県・子ども1人)
きっちり計画を立ててその通りに行動する (40代・京都府・子ども3人)
大まかなタイムスケジュールを1日の始めに想定する。 (30代・埼玉県・子ども1人)
計画的に行動する (40代・石川県・子ども2人)
段取りを考える (40代・岐阜県・子ども4人)
朝に1日の計画をする。 (30代・新潟県・子ども2人)

時間の使い方 自己管理
自己管理能力が高い人とは? 能力を高める方法を心理カウンセラーに聞いてみた

優先順位

やらないといけないことの優先順位をつける (30代・佐賀県・子ども2人)
やるべきことを先にすませる (40代・愛知県・子ども2人)
大事なことからやる (30代・岐阜県・子ども2人)

タスク管理

TO DOリストを作り、やることを視覚化する。 (40代・兵庫県・子ども3人)
紙にしないといけないことを書いてみる (40代・大阪府・子ども4人)
割り当てる (40代・大阪府・子ども2人)

時間配分

最初に時間配分を考えて計画する (30代・鳥取県・子ども1人)
時間配分を考える (40代・秋田県・子ども2人)
頭の中で時間配分を決めてほぼそのとおりに動くこと。 (40代・東京都・子ども4人)
ペースをきめておく (40代・愛知県・子ども1人)

効率を考える

効率のいい行動の仕方を考える (40代・東京都・子ども1人)
頭で時間の段取りをする。効率良くできるよう考えながら動く。 (40代・神奈川県・子ども1人)
効率良く行動すること (30代・秋田県・子ども1人)
何を今すべきか考えながら合理的に動く (30代・広島県・子ども3人)
イメトレする (40代・東京都・子ども1人)

時間の使い方 効率 時間配分 要領が良い仕事ができる人ってどんな人?専門家が教える〝2つの特徴〟とは

準備する

事前準備 (40代・埼玉県・子ども1人)
前もってすること、時間、優先順位を決めておく (30代・新潟県・子ども2人)

余裕をもつ

時間に余裕を持つ(40代・千葉県・子ども2人)
余裕を持って行動する (40代・長野県・子ども1人)
早めに行動すること (40代・千葉県・子ども1人)
動きを早くする (40代・埼玉県・子ども1人)

時間の使い方 余裕 余裕がない働くママ100人に調査!心に余裕がないと感じることはありますか?心理カウンセラーが教える3つの対処法も紹介

後回しにしない

思いついたときにやる (40代・岩手県・子ども1人)
行動計画を考える 後日することを先延ばしにしない (30代・北海道・子ども1人)
体が動くうち(朝起きてすぐや仕事から帰って一息つく前)にできる限りのことをやる で、後からダラダラする (40代・愛知県・子ども3人)

次のことに目を向ける

何をするときも次のことを考える (40代・大阪府・子ども2人)
先を見通す (30代・東京都・子ども2人)
次のことを考えながら動く (30代・広島県・子ども2人)
どんなに忙しくても一度落ち着いて先の事を考える癖をつける (30代・千葉県・子ども1人)

区切りをつける

1つずつ時間を区切って行動する (30代・東京都・子ども2人)
時間を決めて行動すること!! (40代・兵庫県・子ども1人)
メリハリ (40代・茨城県・子ども2人)

時短家電やサービスを利用する

楽をする家電やサービスを利用する (30代・奈良県・子ども2人)
時短家電などに頼ったりする (30代・愛知県・子ども2人)

逆算

行う作業にかかる時間を把握して逆算して行動する。 (30代・福岡県・子ども1人)
時間を逆算して、スムーズに動けるように前日にある程度頭の中でシュミレーションしておく (40代・石川県・子ども2人)

時間を見る

こまめに時計を見る。 (30代・京都府・子ども1人)

家族に協力してもらう

家族の協力 (40代・千葉県・子ども2人)

「有意義」と思える時間を

仕事に家事に育児に…と忙しい日々を送る中で、たまにゆったりした時間も必要ですよね。意識をより高めて計画的に物事を進める日、思いのまま過ごす日、とメリハリをつけ、「明日だらだらするために今日はやるべきことをこなす!」「この間はだらだらしたから今日は計画的に進める!」と転換できれば、時間の使い方に対しての苦手意識が薄まるかもしれません。

写真/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

「要領がいい」と言われるのは褒め言葉?本来の意味や悪い意味についてご紹介
仕事と家庭の両立に対する働く女性の本音|仕事と家庭の両立を実現するための工夫とは

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事