赤ちゃんにお菓子はいつからあげる?選ぶポイント・おすすめ10選 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2022.01.15

赤ちゃんにお菓子はいつからあげる?選ぶポイント・おすすめ10選

離乳食が安定してきたら、お菓子をあげる時期です。お菓子には赤ちゃんの発育を助ける、さまざまな役割があります。月齢に合うお菓子を用意して楽しいおやつタイムを過ごしましょう。お菓子の与え方や選び方、おすすめ商品を紹介します。

Tags:

赤ちゃんにお菓子はいつからあげる?

お菓子はまだ早いと思っていても、お友だちが食べているのを見ると「そろそろうちの子にもあげてみようかな」と考えるママも少なくありません。

しかし、食べさせようと思っても、どのようなお菓子をどの程度あげるのかも気になるところ。赤ちゃんにお菓子をあげる時期や、量の目安を見ていきましょう。

赤ちゃん お菓子 いつから

(C)Shutterstock.com

理想は離乳食後期ごろから

赤ちゃんにお菓子をあげる時期は、離乳食後期に入る9~11カ月ごろが目安です。離乳食後期になると朝・昼・夜の1日3回、さまざまな食材をバランスよく食べられるようになります。

また、自分で食べたいという欲求が増し、手づかみ食べも始まる頃です。1日3回の離乳食をしっかり食べ、手づかみ食べを始めたら、おやつの時間を設けて本格的にお菓子をスタートさせましょう。

なお、市販のお菓子の中には、生後6カ月ころから食べられるものもあります。ただし、この頃のお菓子は手や口の感覚を鍛え、食への興味を促すことが主な目的です。

早いうちにお菓子を食べる習慣ができてしまうと、離乳食の進行に影響が出る可能性があります。時々の「お楽しみ」程度にとどめておきましょう。

おやつには栄養補助の役割がある

赤ちゃんの「おやつ」には栄養補助の役割があります。赤ちゃんはまだ胃が小さく、消化器官も未熟なため、一度にたくさんの栄養を摂取できません。1日3回の離乳食だけでは栄養が足りていないので、おやつで補う必要があるのです。市販の赤ちゃん用お菓子にも、栄養補給をうたったものがたくさんあります。

また、家族や友だちと一緒にお菓子を食べるひと時は、赤ちゃんにとってもうれしいものです。離乳食と異なり気軽に食べられるお菓子は、赤ちゃんの「自分で食べたい」という欲求を満たしやすく、発育にも貢献します。

おやつタイムを有効に活用して、赤ちゃんの心にも栄養をたくさん届けてあげましょう。

何をどれくらいあげるべき?

栄養補給ができるとはいえ、お菓子の食べ過ぎが原因で、離乳食が食べられなくなるのは困ります。お菓子をあげる時間や量を決めておき、食欲をコントロールしてあげましょう。

赤ちゃんのお菓子の量は、1日に必要なエネルギー量の約20%が適当とされています。厚生労働省の基準では、1~2歳の赤ちゃんの推定エネルギー必要量は男の子が950kcal、女の子が900kcalです。1日に180~190kcalを目安に、離乳食の内容や赤ちゃんの運動量を見ながら調整しましょう。

食べさせるお菓子は、野菜や果物、乳製品などを使った、栄養量を効率的に補えるものがおすすめです。

参考:厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2020年版)

赤ちゃん用のお菓子を選ぶポイント

赤ちゃん用のお菓子といっても、さまざまな種類が販売されています。使っている材料や形、栄養素もお菓子によって大きく異なります。多くの商品の中から、赤ちゃんに最適なお菓子を選ぶポイントを見ていきましょう。

赤ちゃん お菓子 いつから 選び方 ポイント

(C)Shutterstock.com

原材料を確認

お菓子に限らず、赤ちゃんに食べさせる加工食品を購入するときは、必ず原材料を確認しましょう。市販のお菓子には、アレルギーの元となる食品が入っている可能性があります。

何らかのアレルギーがある赤ちゃんはもちろん、今までアレルギーを起こしたことがない赤ちゃんでも、初めて口にする食品が入っている場合は注意が必要です。

原材料が分かっていれば、万が一お菓子を食べた後にアレルギー症状が出ても、医師に正確に伝えられます。心配な場合は、アレルゲンフリーで作られたお菓子がおすすめです。

月齢や発育状況に合ったもの

お菓子の硬さや形状が、赤ちゃんの発育状況に合っているかどうかも考慮しましょう。ほとんどの場合、お菓子のパッケージには対象月齢が明記されており、選ぶ際の目安になります。ただし、赤ちゃんの発育には個人差があります。離乳食の進行度合いに合わせて、赤ちゃんが無理なく食べられるお菓子を選ぶことが重要です。

赤ちゃんは歯が生えそろっていないため、お菓子が硬すぎると上手に食べられません。最初は口に入れるだけで溶けて柔らかくなるものや、舌や歯茎でつぶせるゼリー状のもので様子を見ましょう。

口に入らない大きなお菓子や、自分で持てないお菓子も、赤ちゃんにとっては食べにくいもの。自分で食べられるように、片手で持てるスティック状や、ひと口サイズのお菓子を選んであげると喜びます。

補いたい栄養素が摂れるもの

赤ちゃんにお菓子をあげる主な目的は、「栄養補給」です。ほとんどの赤ちゃん用お菓子には、栄養素の種類や量が明記されています。離乳食とのバランスを見ながら、不足しがちな栄養を補えるものを優先しましょう。

基本的には野菜をたくさん使ったお菓子や、カルシウムや鉄などの赤ちゃんに不足しがちなミネラル類を配合したお菓子がおすすめです。

素材の味を生かしたもの

チョコレートやスナック菓子のような、大人が好むお菓子は刺激が強く、赤ちゃんの胃腸に負担がかかります。味が濃いため、味覚形成にも影響します。赤ちゃんには野菜や果物、お米など、素材の優しい味を生かしたお菓子を食べさせてあげましょう。

よく分からない調味料や保存料、香料などが入っているお菓子もおすすめできません。子ども用のお菓子にも、味が濃いものや添加物が入っているものがたくさんあります。

できるだけ原材料がシンプルなお菓子を選び、大人が味の濃さを確かめてから食べさせると安心です。

初めてのおやつにおすすめのお菓子

赤ちゃんの初めてのおやつは、口溶けがよく、食べやすい形のお菓子がおすすめです。個包装タイプなら食べ過ぎを予防でき、お出かけにも持っていけます。生後7カ月から使える、おやつデビューに最適なお菓子を紹介します。

赤ちゃん お菓子 いつから 初めて おすすめ

(C)Shutterstock.com

赤ちゃんの定番おやつ「和光堂 赤ちゃんのおやつ+Ca カルシウム たまごボーロ」

「たまごボーロ」は赤ちゃんの定番おやつです。和光堂のたまごボーロは、北海道産のばれいしょでん粉を使い、口の中で溶けやすく作られています。

1回分のおやつにちょうどよい15gずつの個包装になっており、食べ過ぎる心配がありません。赤ちゃんが指でつまみやすいよう、形状にも工夫が施されています。

香料・着色料・保存料無添加で、育ち盛りの赤ちゃんに必要なカルシウムも配合しています。

赤ちゃん お菓子 いつから 初めて おすすめ 和光堂 たまごボーロ

商品名:和光堂 赤ちゃんのおやつ+Ca カルシウム たまごボーロ

アレルゲンフリー「亀田製菓 野菜ハイハイン」

亀田製菓の「ハイハイン」は「アレルギー特定原材料等27品目」を一切使っていない、アレルゲンフリー食品です。また、香料、着色料、保存料不使用で仕上げられているところもポイント。国産米を主原料に、かぼちゃ・ほうれんそう・トマト・にんじんのペーストを練り込んでいるので、野菜の味を楽しっかり楽しめます。

赤ちゃんに不足しがちな鉄も配合され、栄養補給には最適です。また、薄く細長い形は小さな手で握りやすく、手づかみ食べの練習もサポートしてくれるでしょう。2枚ずつの個包装で、持ち運びに便利です。

商品名:亀田製菓 野菜ハイハイン

カルシウム入りのおせんべい「岩塚製菓 がんばれ!小魚家族」

ほんのりとした小魚の風味を楽しめる、食べやすいおせんべいです。国産米100%の生地に、ニンジンペーストとシラス・イワシ粉・貝カルシウムを練り込んでいます。

原料は全て国産で、アレルゲン(特定原材料等)28品目、化学調味料や香料は使っていません。口の中で溶けやすく、消化吸収がよいので、歯がそろっていない赤ちゃんでも無理なく食べられます。

少し固めの焼き上がりは赤ちゃんが握ってくずれたり、移動中に割れたりしにくいので、外出先でも重宝します。

商品名:岩塚製菓 がんばれ!小魚家族

素材の味を楽しめるおすすめのお菓子

野菜や果物の自然の甘みを感じられるお菓子は、赤ちゃんのおやつに最適です。調味料がほぼ無添加なのに十分おいしい、おすすめお菓子を見ていきましょう。

赤ちゃん お菓子 いつから 素材の味

(C)Shutterstock.com

オーガニック歯がため干し芋「長崎の昔おやつ おしゃぶー」

「おしゃぶー」は、赤ちゃんのかむ力や「よだれ」を飲み込む力を育む「歯がため」お菓子です。歯が生え始める、生後6カ月ころから食べられます。

長崎県五島列島の特産品「かんころ」をヒントに、オーガニック栽培の安納芋を丁寧に天日干しして、赤ちゃん用に仕上げています。安納芋は糖度が高く、クリーミーな食感が人気のサツマイモです。ビタミンC・ビタミンE・カリウム・食物繊維が豊富で、赤ちゃんの栄養補給にも適しています。

添加物を一切使用せず、安納芋の甘みだけを味わえるぜいたくな干し芋です。パッケージにはジッパーが付いているので、開封後も衛生的に保存できます。

赤ちゃん お菓子 いつから 素材の味 オーガニック 干し芋

商品名:長崎の昔おやつ おしゃぶー

フリーズドライの新食感「mirai fruits ミライフルーツ」

「ミライフルーツ」は、果物をそのままフリーズドライさせたお菓子で、生後9カ月から食べられます。フリーズドライは、果物の水分を凍らせてから乾燥させる製法です。天日干しや砂糖漬けで乾燥させるドライフルーツと異なり、果物の栄養成分や色、香りがそのまま残ります。

口に入れるとふわっと溶けたり、サクサクとした歯ごたえを感じたり、果物によって違う食感を楽しめるでしょう。水分がほぼ抜けているため、長期保存できることもポイントです。生の果物は傷みやすく、すぐに食べないといけませんが、フリーズドライなら食べる量が少ない赤ちゃんでも無駄になりません。

完全無添加なのもうれしいポイント。イチゴやリンゴ、バナナなど、子どもが好きな果物をいつでも食べられます。

赤ちゃん お菓子 いつから 素材の味 オーガニック フルーツ 果物 フリーズドライ ドライフルーツ

商品名:mirai fruits ミライフルーツ

野菜とフルーツをおいしく補給「森永 フルーツでおいしい やさいジュレ」

8種類の野菜と果物が入った、ジュレタイプのお菓子です。着色料・香料・保存料・人工甘味料を使わず、自然な味わいに仕上げています。

片手で持てるストロー付きのパウチ容器に入っているので、子どもの「自分で飲みたい」気持ちも満たされます。持ち運びしやすく、外出時のおやつや水分補給にも便利です。暑い日は凍らせて、シャーベット代わりにするのもおすすめです。

赤ちゃん お菓子 いつから 素材の味 オーガニック フルーツ 果物 野菜 ジュレ

商品名:森永 フルーツでおいしい やさいジュレ

ママ友へのギフトにおすすめのお菓子

月齢の近い赤ちゃんがいる家に招かれたときや、お世話になったママ友にお礼をしたいときには、自分では買わないような高級感のあるお菓子を持っていくと喜ばれます。赤ちゃんと一緒に食べられる、ギフト向けのお菓子を見ていきましょう。

赤ちゃん お菓子 いつから ギフト プレゼント

(C)Shutterstock.com

優しい甘さがくせになる「シャイニー 林檎倶楽部SY-B」

青森県産のリンゴ5品種の果汁を使った、ストレートジュースです。リンゴの品種の中でも人気が高い「ふじ」「王林」「紅玉」「ジョナゴールド」「つがる」が、それぞれ2瓶ずつ入っています。どの品種も個性的で、飲み比べると、同じリンゴでも甘みや酸味が違うことがよく分かります。

1瓶の容量は180mlと、赤ちゃんにも飲みやすいサイズです。そのまま飲むのはもちろん、シャーベットやゼリーにしてもおいしくいただけます。

赤ちゃん お菓子 いつから ギフト プレゼント ジュース リンゴジュース

商品名:シャイニー 林檎倶楽部SY-B

みかんを使った高級ゼリー「銀座千疋屋 銀座まるごとみかんぜりぃ」

国産の温州ミカンを使用した、濃厚な味わいのゼリーです。ミカン果汁100%のゼリーの中に、ミカンの果実が1個まるごと入っていて、果肉のおいしさも堪能できます。

冷凍庫で半日凍らせるとシャーベットになり、暑い季節にもぴったりです。またミカンはビタミンCが豊富で、風邪の予防、疲労回復に効果が期待できる果物です。

赤ちゃんはもちろん、ママにとってもおいしい「みかんぜりぃ」は、ママ友へのギフトに最適なお菓子といえます。

赤ちゃん お菓子 いつから ギフト プレゼント ゼリー 千疋屋 みかんゼリー

商品名:銀座千疋屋 銀座まるごとみかんぜりぃ

ママの時短手作りおやつを応援

赤ちゃんに食べさせるものは、できるだけ手作りしたいと考えているママも多いのではないでしょうか。とはいえ、作り方を検索したり、材料を買いそろえたりするのは大変です。

「おやつミックス」があれば、水や牛乳などを混ぜるだけで、すぐに手作りおやつが完成します。忙しいママでも簡単に手作りできる、おすすめのおやつミックスを紹介します。

赤ちゃん お菓子 いつから 時短 手作り

(C)Shutterstock.com

赤ちゃんを待たせず作れる「和光堂 赤ちゃんのやさしいおやきミックス 鶏レバーとかぼちゃ」

野菜や肉を入れて作る「おやき」は、赤ちゃんのおやつにぴったりのお菓子です。しかし、おやきを一から作ろうとすると材料や下準備に手間がかかり、赤ちゃんを待たせてしまいます。

和光堂の「おやきミックス」は、水を加えて焼くだけで栄養豊富な「おやき」を簡単に作れます。おやきミックス大さじ1杯に、水大さじ2杯を加えてよく混ぜ、3分焼けば完成です。ミックス粉と水の量を調整して、食べる分だけ作れることもポイントです。水の代わりに牛乳や豆乳を使ったり、チーズや納豆を入れて焼いたりと、アレンジも豊富で飽きずに食べられます。

国産のジャガイモと鶏レバー、カボチャが入っているほか、鉄・カルシウムも配合され、不足しがちな栄養素を手軽に補給できます。

赤ちゃん お菓子 いつから 時短 手作り おやき

商品名:和光堂 赤ちゃんのやさしいおやきミックス 鶏レバーとかぼちゃ

牛乳を入れて混ぜるだけ「ピジョン レンジで蒸しパン 4種のバラエティパック」

牛乳さえあれば、電子レンジで加熱するだけで蒸しパンを作れるミックス粉です。加熱時間が40秒と短く、赤ちゃんを待たせないので、おやつタイムはもちろん朝食にも重宝します。

取っ手付きのカップに入れて作るので、洗い物も少なくて済みます。味はリンゴとサツマイモ・カボチャとサツマイモ・ホウレンソウとコマツナ・カボチャとニンジンの4種類です。着色料や保存料は無添加で、野菜と果物の素朴な味を楽しめます。

商品名:ピジョン レンジで蒸しパン 4種のバラエティパック

 

画像ALT

監修

秋山佳代

人間総合科学大学人間科学部ヘルスフードサイエンス学科 講師。大学では、「ライフステージ栄養学」「臨床栄養学概論」「公衆栄養学」などを担当。

▶︎人間総合科学大学

こちらの記事もたくさん読まれています

歯磨き用のフッ素ジェルで口腔ケア!赤ちゃんや子どもにもおすすめのアイテムをご紹介
寝かしつけ、夜泣き、早朝起き…赤ちゃんの睡眠トラブルをねんねコンサルタントが解決! 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事