焼きもちの意味や由来は「嫉妬」│焼きもちに隠された3つの心理や対処法を解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.08.10

〝焼きもち〟という言葉の由来は? 焼きもちに隠された3つの心理とは

「焼きもち」の言葉の意味は「嫉妬」に由来しています。誰かに対する嫉妬や、ねたみを表すときに用いられる言葉です。今回は「焼きもち」に隠された3つの心理をご紹介します。人間関係を円滑に進めるための対処法や、感情のコントロール法もあわせて参考にしてください。

Tags:

【目次】
 ・「焼きもち」の意味と由来
 ・焼きもちに隠された3つの心理
 ・焼きもちを焼かれたときの3つの対処法
 ・焼きもちを焼く気持ちのコントロール法3つ
 ・焼きもちを焼く心理を知って人間関係を円滑に

「焼きもち」の意味と由来

焼きもちには、「嫉妬」や「ねたみ」といった意味合いがあります。「焼きもちを焼く」「やきもち焼き」といった慣用句として用いられる言葉です。

焼きもち

主に身近な人に対して使用する言葉であり、「嫉妬をする」「束縛する」という言葉とは異なるニュアンスを持ちます。まずは焼きもちの意味や由来とあわせ、「嫉妬」や「束縛」との違いを確認していきましょう。

■焼きもちは「嫉妬」から生まれた言葉

焼きもちは「嫉妬をする」という意味の「妬く(やく)」に「焼く」を掛けた言葉です。「餅(もち)」は、洒落(しゃれ)で添えられたといわれています。

また、嫉妬をするときに顔を膨らませる姿が、餅が焼けて膨らむ様子に似ていることから焼きもちになったという説もあります。そのほか「妬く気持ち」が焼きもちになったなど由来はさまざまです。

主に「焼きもちを焼く」という慣用句として、他者への嫉妬深いねたみの感情を表すときに用いられます。

■焼きもちと「嫉妬」「束縛」との違い

焼きもちの類語には「嫉妬」という言葉があります。焼きもちの由来でもある「嫉妬」は、誰かをうらやましく感じるときに用いる言葉です。

「嫉(シツ)」「妬(ト)」という漢字は、それぞれ「ねたむ」「そねむ」という意味を持ち、うらやましく感じると同時に憎しみの感情があることを表します。

そのため「焼きもちをやく」より「嫉妬する」のほうが、ねたみの感情をより強く表す表現です。「束縛」は、恋人やパートナーへの「焼きもち」の感情から、相手の自由を奪う行為を意味します。

焼きもちに隠された3つの心理

焼きもちには、「自信がなくコンプレックスを抱えている」「相手の1番の存在でありたい」「不安やさみしさを抱えている」といった3つの心理が隠されています。

焼きもち

周囲から向けられる焼きもちに対処するためには、それらの心理状態を理解しておくことが大切です。また、自分自身の焼きもちの感情をコントロールしたいときにも役立てることができます。

1. 自信がなくコンプレックスを抱えている

焼きもちの由来である「嫉妬」は、相手をうらやましく思う気持ちが込められた言葉です。つまり、自分に自信がなくコンプレックスを抱えているほど焼きもちの感情を抱きやすくなります。

「体型に自信がない」「人と話すのが苦手」「おしゃれに自信がない」という感情を抱いているほど、対極にある人をうらやましく思い、焼きもちの感情が生まれやすくなるでしょう。

2. 相手の1番の存在でありたいと思っている

焼きもちは「好意を寄せる相手のなかで、自分が1番の存在でありたい」と願う気持ちの現れでもあります。人は、好意を寄せる相手がほかの誰かをほめると、自分の存在がおびやかされるのではという不安を抱えてしまいます。

そのため、誰かに対してうらやましく思うと同時に、ねたましい気持ちが生まれてしまうのです。つまり、焼きもちを焼くという感情は、相手に対する好意の裏返しであるともいえます。

3. 不安やさみしさを抱えている

焼きもちの感情は、不安やさみしさを抱えているときほど感じやすくなります。「自分のことをもっと考えてほしい」「一緒にいてほしい」という気持ちが、焼きもちとして表れるのです。

自分が恋人となかなか会えないとき、恋人が誰かと出かけたと聞けば、その誰かに焼きもちを焼いてしまいます。恋人と第三者の間に恋愛感情がなかったとしても「自分はさみしいのにどうして」と嫉妬してしまうこともあるでしょう。

焼きもちを焼かれたときの3つの対処法

誰かに焼きもちを焼かれたときには、「相手への気持ちを言葉で伝える」「素直に謝る」「相手のことを認めて褒める」といった3つの対処法があります。

焼きもち

相手が恋人やパートナーであれば、焼きもちを焼かせるほど不安にさせてしまっているのかもしれません。後々トラブルにならないように、焼きもちには早めの対処を心がけましょう。

1. 相手への気持ちを言葉で伝える

焼きもちを焼かれたとき、相手は不安やさみしさを感じている可能性があります。相手が恋人やパートナーであれば、相手への気持ちをしっかりと言葉で伝えることが大切です。

まずは「大好きだよ」「いつも想っている」と言葉で愛情表現をしましょう。相手が自分のなかで1番の存在であると理解してもらえば、不安やさみしさを払拭することができます。

2. 自分に非があるときは素直に謝る

自分の行動に非があるときには、素直に謝ることも大切です。焼きもちを焼かせた相手には「不快にさせてごめんなさい」と言葉で伝えましょう。

相手の焼きもちに共感しながら「嫌な気持ちにさせるつもりはなかった」と伝えるとより効果的です。そのうえで、今後どうすれば誤解を生まなくてすむのか、二人の間で妥協点を見つけていきましょう。

3. 相手のことを認めて褒める

焼きもちを焼かれたときは、相手のことを認めて褒めてあげるように心がけましょう。焼きもちを焼く相手は、自分に自信がなくコンプレックスを抱えている可能性があります。そのため、第三者に対して焼きもちの感情を抱きやすくなるのです。

相手が何かに対して努力しているときには、その姿を認めてあげることも大切です。1対1で伝えることはもちろん、第三者の前で褒めることも相手の大きな自信へとつながります。

焼きもちを焼く気持ちのコントロール法3つ

焼きもちを焼く気持ちをコントロールしたいときは「自分と第三者を比べるのをやめる」「相手に期待を押し付けないようにする」「没頭できるものを見つける」といった3つの方法があります。

焼きもち

焼きもちの感情に振り回されることは、日々のストレスにつながります。3つの対処法をふまえ、焼きもちを焼く気持ちを上手にコントロールしていきましょう。

1. 自分を第三者と比べるのをやめる

焼きもちの感情は、第三者をうらやましいと思う気持ちから生まれます。そのため、焼きもちを焼かないためには、第三者と自分を比べるのをやめることが大切です。まずは、他者を気にしない心構えを持ちましょう。

見た目や仕事の能力などで他者に焼きもちを焼いてしまうときには、自分磨きに没頭し、自分に自信をつけることがおすすめです。

2. 相手に期待を押しつけないようにする

相手に期待を押し付けると、理想と現実のギャップから焼きもちの感情が生まれてしまいます。「会えないのならもっと連絡をくれるはずなのに」「努力をしているのだから認めてくれるはず」という期待感を裏切られるほど、不安やさみしさは大きくなってしまうのです。

不安感とともに焼きもちの感情も抱きやすくなるため、相手も完璧ではないと理解するように心がけましょう。

3. 没頭できるものを見つける

焼きもちは、相手への依存心が大きいほど生まれやすくなります。相手への依存心をやわらげ焼きもちの感情をコントロールするために、まずは自分が没頭できるものを見つけましょう。

仕事や趣味などに没頭し自分の世界を広げる意識を持てば、焼きもちの感情も薄まっていきます。新しい魅力を兼ね備えた自分に自信を持つこともできるでしょう。

焼きもちを焼く心理を知って人間関係を円滑に

焼きもちは、誰かに対するうらやましいという気持ちから生まれる感情です。その裏には、自分への自信のなさや不安、さみしさが隠れています。焼きもちの感情をコントロールするためには、自分と他者を比較しないことが重要です。

「自分は自分」という意識を持ち、仕事もプライベートも人間関係を円滑に進めていきましょう。

あわせて読みたい

「羨ましいな」と嫉妬する気持ちはどこからくる?自分の感情と上手く付き合う方法とは
精神的に強くなりたい! 強くなるための具体的なステップとおすすめ本(まとめ)

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事