幻滅とはがっかりすること│正しい意味や類語、幻滅されないためのポイントを解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.08.16

【幻滅】の正しい意味とは? 類語、幻滅されないためのポイントを解説

「幻滅」は、理想と現実のギャップにがっかりする気持ちを表す言葉です。プライベートだけでなく、ビジネスでも相手にがっかりしてしまうシーンは訪れます。今回は、言葉の正しい意味や類語をご紹介します。幻滅されないためのポイントも、ぜひ日常生活に役立ててください。

Tags:

【目次】
 ・「幻滅」の意味と類語
 ・幻滅するのはこんなとき!3つのシーン
 ・幻滅されないために気を付けたい3つのポイント
 ・幻滅されないマナーを身に付けた大人を目指そう

「幻滅」の意味と類語

幻滅は、期待と現実のギャップにがっかりする気持ちを表す言葉です。「幻滅した」「幻滅する」といった形で用いられます。類語も同様に、期待や希望を失ったことを表す言葉が並びます。

幻滅

言葉を正しく使用するためには、正確な意味を理解する必要があります。まずは「幻滅」の意味と合わせ、類語や言い換え表現を確認していきましょう。

■幻滅の意味はがっかりすること

幻滅の「幻(ゲン)」には「まぼろし」「まどわす」という意味があります。実在しないのに、まるであるかのように見えるものを表す言葉です。「滅(メツ)」には「ほろぼす」という意味があり、物事が消えることを意味します。

ふたつの漢字によって成り立つ幻滅は、期待と現実が異なることを知り、がっかりすることを表す言葉です。「まぼろし」という字が使われることからも、人や物に対する想いは現実ではなく、自分が描いた理想や期待だといえるでしょう。

■「幻滅する」の類語と言い換え表現

幻滅は「幻滅する」「幻滅した」という形で使用します。「幻滅する」の類語には、以下のようなものがあります。いずれも期待や希望を失ったことを表す言葉です。

・絶望する
・期待がしぼむ
・失意に陥る

また、相手の言動に強い失望や不快感を抱いたときには、以下のような類語を用います。

・百年の恋も冷める
・夢から覚める

好意を抱く相手には、自分の望むような幻想を抱きがちです。幻滅は、その幻想や空想が現実と異なるだけに、大きな失望感を感じたことを表しています。

幻滅するのはこんなとき!3つのシーン

人は、相手への期待を裏切られたり、思いもよらない悪い一面が見えたときに幻滅の感情を抱きます。また、相手の態度や言葉遣いに不快感を覚えたときも「幻滅した」と言い表すことができるでしょう。

幻滅

自分では気付かぬうちに、態度やマナーが周囲を幻滅させているかもしれません。ここでは、人がどのようなシーンで相手に幻滅するのか詳しく掘り下げていきましょう。

1. 相手への期待を裏切られたとき

人は自分が抱いていた期待を裏切られると、相手に対して幻滅の感情を抱きます。ビジネスでは、相手の仕事ぶりに期待していたのに、思ったほど成果が得られなかったときに「幻滅した」と言い表すことがあるでしょう。

相手に対し好意を寄せていると、無意識のうちに期待も大きくなります。そのため「もっと上品に行動してほしい」「もっとリードしてほしい」など、相手に対して過度な期待を寄せているときも、現実とのギャップに裏切られた気持ちになってしまうでしょう。

2. 思いもよらない悪い一面が見えたとき

「まさかそんな行動をとるなんて」と思いもよらない悪い一面が見えると、人は相手に対して幻滅してしまいます。自分が相手に寄せる期待や空想が大きいほど、そのギャップにがっかりしてしまうでしょう。

例えば、普段はおとなしい人がお酒の席で乱暴になると、人はその行動に驚くとともに幻滅の感情を抱いてしまいます。相手の悪い部分に嫌悪感を覚え、イメージを崩されたような気持ちになってしまうのです。

3. 態度や言葉遣いに不快感を感じたとき

相手に対して幻滅してしまうシーンには、態度や言葉遣いに不快感を感じる場面が挙げられます。普段は上品な人の言葉遣いが悪かったり、陰で悪口を言っているのを聞いたりしたときも、相手に幻滅してしまうでしょう。

自分や周囲に対して優しく振舞っていても、店員に横柄な態度を取る姿に幻滅することもあるかもしれません。それまでの期待が大きいほど、一度抱いた不快感は払拭できない可能性があります。

幻滅されないために気を付けたい3つのポイント

自分が周囲に幻滅されないためには「大人のマナーを心がける」「相手を思いやる気持ちを持つ」「自分らしさを大切にする」といった3つのポイントがあります。

幻滅

幻滅されると相手に不快感や嫌悪感を抱かせることもあるため、特にビジネスの場では心がけたいポイントです。日々の人間関係を円滑に進めるためにも、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

1. 大人のマナーを心がける

幻滅は、相手の態度やマナーの悪さに対して抱くことがある感情です。そのため、周囲に幻滅されないためには、大人のマナーを心がける必要があります。忙しいとおろそかにしてしまいがちですが、日々の挨拶やお礼のひと言はていねいに相手に伝えるように心がけましょう。

言葉だけでなく、立ち振る舞いも大切なポイントです。ふとしたときに失礼な態度をとらないよう、日頃からていねいな言葉遣いや仕草を意識しておきましょう。

2. 相手を思いやる気持ちを持つ

周囲を幻滅させないためには、相手を思いやる気持ちを持つことも大切です。どれだけ外見を上品に取り繕っても、内面はふとしたときに現れてしまいます。その一瞬が相手に切り取られ「幻滅した」と思われる可能性があるからです。

周囲への思いやりや感謝の気持ちを持てば、その感情は行動へとつながります。乱暴な言葉遣いをすることもなく、挨拶やお礼も自然とできるようになるでしょう。

3. 自分らしさを大切にする

幻滅は、相手が自分に対して抱く空想や期待が裏切られたときに生じるものです。つまり、相手が自分に対し、勝手に理想を思い描いているともいえます。

その理想や期待にいつも応えられるとは限りません。周囲のイメージを気にせず、自分らしさを大切にする気持ちも大切です。周りに流されずしっかりと芯を持って行動すれば、周囲を幻滅させる可能性も少なくなるでしょう。

幻滅されないマナーを身に付けた大人を目指そう

幻滅

幻滅は、相手に抱く空想や期待と、現実のギャップにがっかりする気持ちを表します。相手への期待が大きいほど、不快感や嫌悪感を感じてしまうのが特徴です。

周囲に幻滅されないためには、大人のマナーを心がけ、思いやりの気持ちを持って過ごすことがおすすめです。自分らしさを大切にしながら、幻滅されないマナーを身に付けた大人を目指しましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

「吹聴」とはどういう意味?正しい意味や使い方、類義語、例文をご紹介
【虚栄心】が強い人の特徴とは? ありがちな性質やうまく付き合う方法

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事