間違ってない!?メールでは御社ではなく貴社が正解!例文つきで呼び分け方を解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEワーママ

2021.10.16

間違ってない!?メールでは御社ではなく貴社が正解!例文つきで呼び分け方を解説

相手の会社を指す言葉として「御社」や「貴社」がありますが、メールの際には貴社が正しい使い方です。どのように2つの言葉を使い分けられるのか、また、それ以外の呼び方には何があるのかについて解説します。例文も合わせて紹介しますので、ぜひご覧ください。

Tags:

【目次】
メールでは御社ではなく貴社と取引先を呼ぶ
御社・貴社以外の言い方も覚えよう
御社と貴社を正しく使い分けよう

メールでは御社ではなく貴社と取引先を呼ぶ

取引先などの相手企業にメールを送る場合は、「御社(おんしゃ)」ではなく「貴社(きしゃ)」が正解です。また、就活などでメールを送る場合にも貴社を用います。

御社 貴社 メール

なお、御社も貴社も、相手企業を敬う表現であるということに違いはありません。それ自体で尊敬表現なので、「御社様」や「貴社殿」のように様や殿、その他の尊敬を示す言葉はつけないように注意しましょう。

■御社は話し言葉で使う

貴社は書き言葉で使う表現ですが、御社は話し言葉で用います。取引先と話すときや就職の面接では、御社という言葉を用いましょう。

・御社ではこの度の事故をどのように捉えていらっしゃいますか?
・御社のIT化への取り組みは目を見張るべきものがあります。ぜひ参考にしたいのですが。
・明日の13時に御社に伺いたいと思っているのですが、ご都合はいかがでしょうか。

■間違えた場合も訂正は不要

「御社は話し言葉、貴社は書き言葉」と覚えてしまえば区別は簡単です。しかし、曖昧な覚え方をしていると、ついうっかりと間違って使ってしまうこともあるでしょう。

とはいえ、万が一、間違えてメールで「御社」と記した場合であっても、わざわざ訂正する必要はありません。御社という言葉で尊敬している気持ちは伝わりますので、そのままにしておきましょう。

重要書類での間違いは修正しよう

書類送付のメールや時候の挨拶など、重要度が低いと思われるメールで「御社」と記した場合は、特に訂正する必要はありません。受け取り手も何度も読み返すことはないと思われるので、あなたが間違ったことに気付かない可能性もあるでしょう。

しかし、何度も読み返す可能性がある書類に「御社」と書いた場合は、修正して書類を作り直し、再送信するほうがよいと思われます。最初は気付かないとしても何度も読み直している間に「使い方が間違っている」と気付き、あなたへの印象が下がる恐れもあるからです。

例えば履歴書の志望動機の欄や自己PR用の書類、イベントなどへの招待状に「御社」と書いた場合は、速やかに修正し、お詫びの言葉を添えて書類を交換してもらうように依頼します。

■【例文あり】自分の会社を伝えるときは「弊社」

反対に自社のことを指す言葉として、「弊社(へいしゃ)」を用いることができるでしょう。弊社は謙譲語表現で、相手の会社よりも自社を低い位置に置いています。

例えば、交渉を進める際など相手を立てるほうがよいと思われるシーンでは、弊社を用いることが一般的です。次のように使ってみましょう。

・弊社ではこの夏、アロハシャツキャンペーンを開催します。
・こちらが弊社一押しのスタイルです。

■【例文あり】対等な関係を伝えるときは「当社」

特にへりくだる必要がないときや、対等な関係にあることを相手に伝えるときは「当社(とうしゃ)」を用います。当社は丁寧語表現なので、取引先に使ってもぞんざいな印象は与えません。次のように使うことができます。

・当社ではマイコプラズマについて長年研究してきました。
・こちらは当社比で1.5倍大きくなったシュークリームです。

御社・貴社以外の言い方も覚えよう

相手企業を指す言葉は御社と貴社だけではありません。一般的な企業に対しては御社と貴社が用いられますが、特殊な法人や金融機関などを指すときは、相手企業の状態を表す表現を用いることが多いです。

御社 貴社 メール

例えば社団法人や非営利活動法人などを指すときは、「御法人」「貴法人」を用います。「御」と「貴」の使い分けは御社・貴社と同様で、話し言葉では御、書き言葉では貴を私用してください。

■【例文あり】銀行や信用金庫などの金融機関

銀行や信用金庫などの金融機関は、特殊な呼び方をします。銀行については「御行(おんこう)」「貴行(きこう)」、信用金庫は「御庫(おんこ)」「貴庫(きこ)」が一般的です。次のように使いましょう。

・御行を志望した動機は、先進的なシステムを積極的に導入しているという点です。
・貴庫におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

■【例文あり】その他の法人

社団法人などは「御法人」「貴法人」を用いますが、財団法人に関しては「御財団」「貴財団」と呼ぶことが多いです。また、法人名に「〇〇会」がつく場合は「御会」「貴会」、法人名に「〇〇機構」がつく場合は「御機構」「貴機構」、学校法人は「御校」「貴校」、医療法人は「御院」「貴院」と使い分けます。

・貴院でお世話になりました山田と申します。
・御校のモットーは何ですか。

御社と貴社を正しく使い分けよう

御社 貴社 メール

御社と貴社を間違えても、意味が通じなくなってしまうということはありません。しかし、「正確に言葉を理解していない」という印象を相手企業に与える恐れがあるため、話し言葉では御社、書き言葉では貴社と使い分けるようにしてください。普段から意識して使い分けることで、とっさのときにも正しい言葉が出てくるようになるでしょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

「当社」「弊社」「自社」「わが社」どう使い分けるのが正解?
間違えると失礼に当たることも。〝取り急ぎお礼申し上げます〟ってどんな時に使う?

 

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事