甘え上手とは自分の弱みを上手く見せられる人のこと。特徴やなる方法、診断をご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.10.14

甘え上手な人の特徴とは?〜甘え上手は人間関係を良くする秘訣〜

甘え上手とは弱みを見せたり頼みごとをしたりするのが上手いことやそういう人を指す言葉です。甘えながらタイミングよくお願いするのが上手なため、頼まれた人は断ることができません。本記事では、甘え上手な人の特徴やなる方法、診断についてご紹介します。誰でも工夫すれば甘え上手になれるので参考にしてください。

Tags:

【目次】
甘え上手な人とは?
甘え上手な人の特徴4つ
甘え上手になれない人の原因
甘え上手になる5つの方法
甘え上手度を診断
甘え上手は人間関係を良くする秘訣

甘え上手な人とは?

甘え上手な人とは、甘えながら頼みごとをするのがうまい人のことです。「甘える」というと子供が駄々をこねるイメージがありますが、甘え上手にはそのようなニュアンスはありません。

甘え上手

ただ頼むのではなく上手に甘えることで、気持ちよく引き受けてもらえるのが甘え上手の特徴です。ここでは、甘え上手と「わがまま」との違いや甘え上手の類語についてご紹介します。

■「わがまま」との違い

甘え上手が褒め言葉として使われるのに対し、「わがまま」はネガティブな意味合いのある言葉です。甘え上手は甘えながら相手に頼みごとをしますが、わがままも何かを頼むという点で共通しています。

しかし、甘え上手は相手に気を遣いながら頼みごとをする一方、わがままは自己中心的です。自分のことだけを考えて頼みごとをし、無理にでも意見を通そうとします。甘え上手には相手が嫌な思いをしないよう配慮が感じられますが、わがままにはそれがありません。自分の思いが叶いさえすればいいと考えています。

「甘え上手」と「わがまま」を使った例文を見て、違いを確認してみましょう。

・彼女は甘え上手なので、頼まれると誰も断れない
・甘え上手な人は誰からも好かれやすい
・彼女はわがままで、人の都合も考えずに頼みにくる

■「甘え上手」の類語

「甘え上手」の類語や関連する言葉としては「如才ない(じょさいない)」「巧み(たくみ)」「世渡り上手」などがあげられます。

「如才ない」:話などがうまく、気が利いているという意味

(例文)
・彼は初めてのプレゼンテーションを如才なく切り抜けた
・彼女は個性の強い人たちに混ざり、如才なく振舞っている

「巧み」:物事を手際よく成し遂げること

(例文)
・彼は巧みな話術でみんなの人気を集めた
・彼女はどんな苦境も巧みに切り抜ける

「世渡り上手」:うまく立ち回り、有利な人間関係を築けること

(例文)
・あの人は世渡り上手だからどこにいってもうまくやっていける
・世渡り上手な人は人脈も広い

甘え上手な人の特徴4つ

甘え上手と言われる人にはいくつかの共通した特徴があります。自分の弱みを見せることに抵抗がなく素直に助けを求め、相手を褒めるのも上手です。

甘え上手

人を観察し、頼みごとに適した状況を見極めて対応をするなど、コミュニケーションの能力が高いのも特徴です。ここでは甘え上手な人の4つの特徴について、詳しくご紹介しましょう。

1.自分の弱みを見せるのに抵抗がない

甘え上手な人は、自分の気持ちを素直に表します。普通であれば人には知られたくないと思う弱みでも、相手に見せることに抵抗がありません。人を頼ることにも抵抗がなく、自分で抱え込まずに助けを求めます。弱みを見せて頼りにされると、なんとか助けてやりたいという気持ちになる人も多いでしょう。

また、甘え上手は感謝の気持ちも素直に伝えます。そのような対応には誠意が感じられ、また頼みごとを引き受けたくなるでしょう。

2.相手を褒めるのがうまい

甘え上手な人は、相手を褒めるのが上手です。相手が喜ぶポイントをつかみ、さりげない形で褒め称えます。

例えば「〇〇さんはいつもきれいに資料を整理していて仕事の手際が早いので、いつも驚いています」などとさりげなく伝えることで相手は嬉しくなり、さらにやる気を出してくれるでしょう。次も助けてあげたいと考えるに違いありません。

3.人の観察力がある

甘え上手な人は、人を観察する能力があります。甘えるのは誰でもいいと考えているわけではありません。人を観察して得意な分野を知り、頼んでも引き受けてくれそうな人を選びます。

また、状況を判断するのも上手です。仕事が忙しい、問題を抱えているなどの様子があれば甘えるのを控えます。きちんと引き受けてもらえる状況を見極めてから対応するため、甘え上手な人は決してわがままな依頼をすることはありません。

4.コミュニケーション力が高い

甘え上手な人はコミュニケーション能力も高いのが特徴です。ただ甘える、人に頼るというのではなく、相手とのコミュニケーションを構築し、良好な関係を築こうとします。

また、甘え上手な人はいつも笑顔を絶やさず社交的なため、何かあれば助けてあげたいと思わせるのも特徴です。日ごろは暗い顔をして周りとの交流もない人が、いきなり甘えてきてもいい感じはしないでしょう。甘え上手な人は、甘えるシーンに限らず日ごろから周りに愛される人間関係を築いているといえます。

甘え上手になれない人の原因

職場などに甘え上手な人がいて、「羨ましいけど自分はなれない」と考える人もいるかもしれません。他の人に甘えて仕事を効率よくこなしている甘え上手を見ながら、困ったときでも自分だけで抱え込んでいる人も多いでしょう。

甘え上手

甘え上手になりたいけれどなれないと感じる人は、どのような点が問題なのか、この項目で確認してみましょう。

■つい遠慮してしまう

人に依頼することに抵抗があり、遠慮してしまうと甘え上手にはなれません。頼ることは相手に迷惑をかける行為だと思い、甘えると相手に嫌われるのではないかと考えてしまいます。

遠慮してしまうのは、人間関係が疎遠で、なんでも相談し合える関係を築けていないことも関係してくるでしょう。日ごろの交流がなければ、どうしても頼るのを遠慮してしまいます。

■人に弱みを見せたくない

甘え上手になれない人は、人に弱みを見せるのが苦手です。自尊心があり、弱い自分を見せたくありません。弱みを見せるくらいなら自分で解決しようとします。

しかし、仕事は1人でできるものではありません。誰にも頼らないという姿勢は無理をしやすく、ストレスも溜まるでしょう。お互いに協力し合えば、業務の効率化も図れます。

甘え上手になる5つの方法

甘え上手はただ仕事などを助けてもらえるだけでなく、良好な人間関係を築く方法としても役立ちます。甘え上手な人は周りから好感を持たれ、コミュニケーションを深めることもできるでしょう。

甘え上手

ただし、甘え上手はやり方を誤るとわがままになってしまうので注意が必要です。甘え上手になる5つの方法についてご紹介しましょう。

1.その人が得意なことをお願いする

甘え上手になるには、頼む相手が得意なことをお願いすることが大切です。得意なことであれば、引き受けてくれる確率が高くなります。

そのためには、日ごろよくコミュニケーションをとりながら、誰がどのようなことが得意かよく観察しておくとよいでしょう。得意なことを頼まれると、「よく自分のことをわかっている」と印象も良くなるに違いありません。

2.甘えるタイミングを考える

甘えるときは、タイミングも考えましょう。甘え上手な人は、相手の都合を考えずに頼むのは迷惑になることを知っています。タイミングを考えずに頼みごとをするのは、単なるわがままになってしまうでしょう。

甘え上手の人には配慮があり、相手の手が空いているとき、引き受けてもらえそうな時期を見計らってお願いをします。このようなタイミングも、コミュニケーションが取れていればこそわかることともいえるでしょう。

3.明るくお願いする

頼むときは、明るくお願いをします。笑顔で明るく頼みごとをされたら、快く引き受けたくなるでしょう。反対に愛想なく、暗い雰囲気で頼まれると、嫌なことを押し付けられる気分になります。 確かに人にものを頼むときは遠慮がちになり、テンションも低くなりがちです。

しかし、あえて明るくお願いすることで相手の気持ちも明るくなり、少し面倒なことでも助けてやろうという気分になるでしょう。

4.感謝の気持ちを伝える

頼みごとをしたら、必ず感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。人に何かしてもらったとき、お礼の言葉は欠かせません。

「ありがとう」の一言があるとないのとでは、相手の印象が異なります。まるで頼みごとをしてもらうのが当たり前のように感謝を伝えないと、相手は本当に役に立ったのかと不安な気持ちにもなるでしょう。

5.自分も人から甘えられるようにする

甘え上手になるには、自分も人から甘えられるようにすることも大切です。甘え上手は、ただ一方的に甘えているわけではありません。自分が得意なことであれば率先して人を助けます。

手が空いているときは忙しそうな人に声をかけるなど、甘えてもらえるように働きかけることもあるでしょう。自分も甘えられるようにすることで、甘えやすい環境を作っているのです。甘え上手とは、より良い人間関係を構築することでもあるでしょう。

甘え上手度を診断

自分がどのくらい甘え上手度があるか、診断することができます。10の質問に答え、診断結果を確認してみましょう。回答のyesの数を覚えておいてください。その数で診断結果がわかります。

甘え上手 甘え上手度 診断

甘え上手度が高い場合は、一度勇気を出して誰かに甘えてみましょう。成功する可能性が高いに違いありません。もし、甘え上手度が低かったら、甘え上手になる方法を見て、試してみるとよいでしょう。

【10の質問】

次の10の質問に、yesかnoで答えてください。

・自分はおねだりがうまい方だと思う
・相手のいいところを見つけたら褒める
・頼みごとを断られたら悲しくなる
・自分の感情は素直に表現する方だ
・何かしてもらったときは必ず「ありがとう」と言う
・いつも笑顔を絶やさない
・人見知りをしない
・人に弱みを知られても平気
・甘えている人を見ると羨ましい
・初対面で相手の性格を把握できる

【診断結果】

yesが0〜3個の場合

甘えるのが下手な人です。人に甘えることに抵抗があり、誰かの面倒を見ることがあっても人に頼ることはほとんどありません。責任感が強く、なんでも一人で解決しようとします。

甘え上手になるには、小さな悩みごとを相談することから始めてみましょう。少しずつ人に甘える経験を重ねることで、甘えることに抵抗がなくなっていくはずです。

yesが4〜6個の場合

甘え上手な部分もありますが少し甘えることに抵抗があり、普段人に甘えることはありません。あまり人を頼らない人と思われていることがもあるでしょう。甘え上手になる方法を実践してみれば、十分に甘え上手になる素質があります。

yesが7〜8個の場合

甘え上手な要素があります。少し甘えることに躊躇を持っていますが、試してみれば上手に甘えられるでしょう。まだ甘えたことがない場合、相手をよく観察し、何か頼みたいときは適切なタイミングで甘えてみるとよいでしょう。

yesが9〜10個の場合

あなたはすでに十分な甘え上手です。相手の気持ちを理解し、引き受けてくれるポイントを知っています。その人に合わせた甘え方ができる人です。あなたに甘えられ人の多くは、快く引き受けてくれるに違いありません。

甘え上手は人間関係を良くする秘訣

甘え上手

甘え上手は人への頼みごとがうまいことやそういう人を指す言葉です。コミュニケーション力が高く、甘え上手な人に頼まれごとをされたらつい引き受けたくなります。いつも笑顔で明るく、相手の得意なことを適切なタイミングでお願いするのが特徴です。甘え上手は特別な人だけができるというわけではなく、誰でもなれる可能性があります。甘え上手になって、より良い人間関係を構築しましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

ちやほやされたい女性の心理と特徴とは?言葉の意味や語源もご紹介
「あざとい男子」はかわいく甘え上手!? 性格や行動の特徴、上手な接し方をご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事