卑しいとは欲望むき出しで下品という意味。卑しい人の特徴や付き合い方を解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.10.29

【卑しい人】って具体的にどんな人?卑しい人にならないために気を付けること

卑しいとは、身分が低いという古典的な意味もありますが、現在では欲望を表面に出して意地汚い、下品だという意味で使われることが多い言葉です。そのような人とどう接したらいいのか、人が卑しくなってしまう原因や特徴をふまえて考えてみましょう。

Tags:

「卑しい」ってどんな意味?

「卑しい」の現代的な意味は、金銭やモノに対する欲望むき出しで、ガツガツしていて品位に欠けているさまを指します。「卑しい人」「卑しい言葉遣いや立ち振る舞い」というように使われ、人を軽蔑するニュアンスで使われることが多いようです。

 

似た言葉に「あさましい」がありますが、この言葉は言動に対する軽蔑の意味のほかに、情けなくて悲しいという意味が込められるところに違いがあります。

嫉妬深さと欲求不満が人を卑しくする 

卑しい人の言葉や行動には、どこか嫉妬深さや欲求不満のあらわれを見てとれます。金銭に対する欲望は自分の欲求不満の裏返しで、意地汚くて下品な言葉がつい口に出てしまうのです。

卑しい

また、経済的に恵まれていて幸せな人に嫉妬して、時には考えられないような下劣な行動を取ってしまうこともあります。人に平気で嘘をついたり、窮地に陥れたりして、何もかも手に入れようとするのです。

人が卑しくなってしまう理由 

人が卑しくなってしまうのは、劣等感が生む嫉妬深い性格や欲求不満からくるストレスが原因といわれています。このような気質は、小さいころに育った家庭環境や経済的な貧しさが関係していることもあります。

日ごろから他人の成功や持っているものが気になってしまい、下品な言動を抑えようとすることよりも欲求が上回ってしまうと「卑しく」なってしまうのです。

卑しい人の特徴 

卑しい人の特徴は、自己中心的で人に与えることを知らないことです。他人を思いやる気持ちに欠けているために、他人の悪口を平気で言い、嘘をついたり他人を困難な立場に追い込んだりするようなことを平気で行います。

いくら自分が裕福になっても常に他人の持っているものが気になるために、満足するということがありません。過去のトラウマや人に裏切られた経験が邪魔して欲望を抑えきれないのです。

卑しい人との付き合い方3つ

卑しい人が周りにいたとしても、接する機会をどうしても避けられないことがあります。そのような時には、以下のようなことに気を付けてその場をしのぎましょう。

卑しい

(C) shutterstock.com

1.プライベートでは関わらない
2.一人にならず周りの人と一緒に接する
3.話の内容に深く立ち入らない

卑しい人と深く付き合ってもいいことはありません。逆に不快感が増すだけです。

1.プライベートでは関わらない

卑しい人には自分のプライベートを明かさないのが無難です。卑しい人は他人のプライベートのことを知りたがり、人を陥れてでも金銭や地位を手に入れたいという欲望を持っている傾向があります。

同じ職場にいるとプライベートの話になることがあるかもしれませんが、あまり自分のことは明かさず、また自慢は慎みましょう。あとで何をされるかわかりません。

2.一人にならず周りの人と一緒に接する

卑しいと思う人とは、一人にならず周りの人と一緒に接するようにしましょう。1対1で向かい合って話をするような状況だと、その場を取り繕うのが難しいことがありますが、周りの人も一緒ならば、話を受け流すこともできます。プライベートな話を聞かれたとしても、周りの人の力を借りることができるでしょう。

込み入った話にならないように、メールやチャットでプライベートのコミュニケーションを取るのも避けた方がよいでしょう。

3.話の内容に深く立ち入らない

卑しい人と会話をする際は、話の内容に深く立ち入らないようにしましょう。卑しい人は自分を大きく見せるためには平気で嘘をついたりする自己中心的な特徴を持ちます。

そのため、話の内容に深く立ち入るのは時間の無駄です。相談を受けたとしても、そのことが本当かどうか信用できないということはよくあります。

話の内容に深く立ち入ることはしないで、話半分に聞き流すのがちょうどよいでしょう。自分の評価を落とさないためにも、特に他人の悪口については引っ張られないようにしましょう。

卑しい人にならないために気を付けること2つ

周囲の人を気にしてばかりいると、自分は卑しい人間なのではないかと不安になってしまうかもしれません。そのようなときは、以下の2つのことについて考えてみましょう。

卑しい

(C) shutterstock.com

1.ゆっくり休息を取る 
2.本当の幸せについて考える

心に余裕がなくなってしまうと、欲求不満やストレスが大きくなり、言動にあらわれがちです。周りの人に気を配り、優しい気持ちになれば、卑しい心など吹っ飛んでしまうでしょう。

1.ゆっくり休息を取る

自分が卑しい人にならないためには、ゆっくり休息を取りましょう。「卑しくなってしまっているかも」と思うネガティブ感情は、ストレスのあらわれかもしれません。

毎日忙しくて自分のことだけで精一杯の生活を送っていると、いつしか他人を思いやる心が失われていきます。他人を妬ましく思う気持ちがどんどん膨らんでいくようになったら要注意です。

ゆっくり休息を取って心身ともにリフレッシュすれば視野が広がって、他人のことを気にかける余裕が生まれてくることでしょう。

2.本当の幸せについて考える

感謝の気持ちを持って本当の幸せについて考えると、卑しい気持ちは消えて本来の自分を取り戻せるでしょう。

卑しい人は一時的な利益しか見えていない結果、欲望や浅ましさを前面に出して下品な言動を取ってしまいがちです。人との長期的な関わりから本当の幸せが生まれることに気づき、他人を思いやる心が生まれれば、おのずと幸福感が高まっていきます。

卑しい人と言われないために品位のある行動を

卑しい人にならないために上品な自分でいようと思っても、どのように振る舞えばいいかの判断は難しいものです。とはいえ、いつも「自分は見られている」という意識で、他人への気遣いや思いやりを持って行動すれば、他人の悪口を言ったり他人を陥れようとしたりすることはなくなるでしょう。

卑しい

(C) shutterstock.com

自己中心的にならず、周囲の人への感謝の気持ちを忘れなければ、卑しい気持ちがわいてくることはないはずです。いつも品位のある自分本来の姿でいましょう。

関連記事

結婚しても「一人で寂しい」と感じてしまう瞬間はある?楽しく過ごすための対処法

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事