〝了解いたしました〟って失礼?〝承知しました〟や〝かしこまりました〟との違いも併せてご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.10.11

〝了解いたしました〟って失礼?〝承知しました〟や〝かしこまりました〟との違いも併せてご紹介

〝了解いたしました〟は、正しい敬語表現です。ですが、ビジネスシーンでは失礼にあたることも。〝承知しました〟や〝かしこまりました〟を使用する方が適しています。今回は「了解いたしました」の意味や使い方、ビジネス等で使う時の注意点も併せてご紹介します。

Tags:

【目次】
「了解いたしました」の意味や読み⽅とは?
使い⽅を例⽂でチェック
類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?
英語表現とは?
最後に

「了解いたしました」の意味や読み⽅とは?

「了解」は、「りょうかい」と読み、「物事の内容や事情を理解して、承認すること」という意味です。そして、「了解」には単に「理解」するだけではなく、相手への「同意」「賛意」の気持ちが含まれている場合があります。

また、「了解」は、立場が上の人から下の者に対して「わかった」ということを伝える場合に用いる言葉です。ビジネスチャットの返信などで短く「了解です」「了解しました」などと応答するのは実は「上司には間違い」です。

了解いたしました

メールで送る場合も、同じように相手によって使い分けます。例えば「添付ファイルを確認ください」など、相手からのメッセージに応答する場合に返信する場合です。上司や目上・取引先には「了解しました」は使わない方が無難です。同僚や目下の人に使うことはマナー違反にはなりません。

「了解いたしました」は「了解」に謙譲語である「いたす」に「ました」と丁寧な言葉が結びついた正しい敬語表現です。しかし、ビジネスシーンで使う時は少し注意が必要です。

上司にも使える?ビジネス等で使う時の注意点

上司や目上の方からの依頼に対して、丁寧な表現として「了解いたしました」と応答している人もいるかもしれません。この言葉は、敬語表現としては正しく、文法的には目上の人に使っても間違いではありません。しかし、実際は目上の人の中には不快に感じる人がいるので、使わない方が無難です。「了解いたしました」の代わりに「承知しました」「かしこまりました」などの言い方を使うと良いでしょう。

一方、商談や電話対応では「ご了解いただけますでしょうか?」と、こちら側から先方に問いかける形で、確認することが多くあります。「了解してもらえますか?」を「ご了解いただけますか?」と敬語表現にした文言に、さらに丁寧語の「でしょうか」がついて「ご了解いただけますでしょうか?」と、丁寧な言い回しが重ねられています。

了解いたしました

「了解してほしい!」と言いたいビジネスシーンで、「ご了解いただけますでしょうか?」と丁寧でやわらかい敬語表現を使うと、無理強いをしている印象を与えることなく、相手に賛同を得ることを求める表現になっています。この疑問形での言い回しは目上・上司、社外取引先に使っても支障がないことが多いので、覚えておくと便利でしょう。

使い⽅を例⽂でチェック

1:「次回会議の日程変更の件、了解いたしました。当日までに資料を準備しておきます」

業務の関係者同士で、スケジュール調整をする場合などの使い方です。主催者の事情を思いやって「納得したこと」「理解したこと」「聞き入れた」ことを伝えます。

2:「明日の避難訓練には、各部署、全員参加の旨、確かに了解いたしました」

社内の担当部署からの業務連絡を受けた場合などで、重要な案件については「確かに」などと添えて、しっかりと確認したことを返します。

3:「ご了解いただけますでしょうか?」

相手方に対して、こちら側に「了解」してほしい案件がある場合、「了解いただきたい」と直接的に表現するのではなく、丁寧な言い回しを用いることで、失礼のない印象を与えます。

了解いたしました

類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?

「了解いたしました」の類語言い換え表現を紹介します。

1:承知しました

「承知」「願い・要求を聞き入れること」です。取引先や目上の人に対して「分かりました」という気持ちを表現するには、「承知しました」がふさわしい言葉とされています。これは、「承知する」という言葉が「わかる(了解する)」の謙譲語だからです。
「了解」は「分かった」という意味ですが「承知」には「相手の要求を承る」という意味合いが含まれます。相手の意向を汲み取り、必要となる仕事を考えて対応する心づもりで返答をしたい場合に便利です。

2:かしこまりました

「かしこまりました」は、「つつしんで言いつけをお受けする意」から、相手を高めて、「承知した」「わかった」という意を、丁寧に表わす挨拶の言葉です。特に相手を敬い、失礼のないよう慎んだ態度をとるという意味合いが含まれます。ビジネスシーンでは、お店のスタッフなどがお客様に「かしこまりました」と応答することが多いですね。

3:承諾しました

「承諾しました」「相手の意見・希望・要求などを聞いて、受け入れること」です。「承諾」は、「承諾書にサインをする」というような言葉があるように「取引や契約を結ぶ場面」でも使用される言葉です。目上の人などには「承諾いたしました」「ご承諾しました」と言い表すと丁寧です。

了解いたしました

英語表現とは?

「了解いたしました」とビジネスシーンで英語でフォーマルに伝えたいときは、内容を理解して相手に同意する「agree」、了解したことを示す「understand」、認識していることを表す「acknowledge」、依頼に応じる「Certainly」など、さまざまな言い方があります。ここではビジネスメールなどでも使える表現を紹介しますので、参考にしてください。

1:I agree with you.(同意します)
2:Understood.(了解しました)
3:I acknowledge the schedule.(スケジュールを了解いたしました)
4:Certainly.(かしこまりました)

最後に

「了解いたしました」は聞く相手によって失礼と感じる場合があるため、目上の人、メールで連絡する場合やお客様に連絡をする場合は、特に気を遣う必要があります。文法的には正しい敬語であっても、聞く相手の気持ちに添わない可能性があります。相手と状況を見て、言葉を上手に使い分けて話してくださいね。

ビジネスシーンでは「了解いたしました」を同僚や目下の相手に使い、「承知いたしました」を顧客や上司、先輩といった目上の相手に使うと覚えておくと、失礼や間違いがないでしょう。そして、SNSで「了解!」や「りょ!」と言った略語で即答することに慣れている人は、うっかり使ってしまわないように用心くださいね。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています
〝申し上げます〟をビジネスで使う際の注意点とは?
〝誠に感謝申し上げます〟って正しい表現?ビジネスでの注意点や英語表現も紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事