【今さら聞けない】〝意味合い〟ってどんな意味?〝意味〟との違いも併せてご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.11.22

【今さら聞けない】〝意味合い〟ってどんな意味?〝意味〟との違いも併せてご紹介

「意味合い」という言葉を、日頃から無意識に使っている方が多いのではないでしょうか。因みに、「意味」だけだと、幼少期から「意味不明」「意味わかんない」などと、多用していますね。 「意味合い」は、子供の頃から使うというよりは、大人になってから使うようになる言葉ですが、何となくのニュアンスで使っている方も多いのではないでしょうか。「意味合い」と「意味」の違いや例文、類語などを紹介しますので、確認していきましょう。

Tags:

【目次】
「意味合い」の意味や読み⽅とは?
使い⽅を例⽂でチェック
類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?
英語表現とは?
最後に

「意味合い」の意味や読み⽅とは?

意味合い

読み⽅と意味

「意味合い」は、「いみあい」と読みます。名詞の「意味」と、動詞の「合う」が、主語と述語の関係で組み合わさっている言葉です。つまり「意味が合う」となります。

言葉のニュアンスとしては、「物事の背景や事情を踏まえた上で、その奥にある意図や原因」や「なんとなく示される内容や意味」となるでしょうか。「空気を読む」「忖度する」「つまらない物ですが…」といった、日本人の「ストレートには表現しない」婉曲的な言葉が少なからずありますが、それに近い言葉の1つだと言えるでしょう。

それでは、「意味合い」と「意味」が混同しないように、違いを確かめましょう。そもそも「意味」とは、「そのものが表す内容」「言葉や行動が示す内容」「価値」という意味です。まとめると、「意味合い」と「意味」の違いは、使う時の内容が「直接的」かどうかということになります。「意味」は直接的な言葉で、ほとんどの人が同じ内容として想定できることです。

けれども「意味合い」は、発した人と、受け取る人が同じ内容を必ずしも共有できない、もしくは真意を自分で察する必要があることを指していると言えるでしょう。

使い⽅を例⽂でチェック

それでは、「意味合い」の使い方を、例文で見ていきましょう。

意味合い

1:「なるほど! そういう意味合いだったのか!」

こちらの例文は、まさに直接的な表現ではない言動を見聞きして、すぐには真意に気が付けなかった時の反応ですね。そして、真意と言っても、「意味」よりも、やや曖昧でぼかしてある内容のその奥にある意図に気がついた時に、使えます。

2:「彼女の表現したい意味合いは、わかった気がする」

「意味合い」自体が、読解力が必要な表現の1つです。この文章での「意味合い」は「おそらく、そうだろう」というニュアンスです。100%きっちり理解できたわけではなく、思考した結果、そのことの事情や背景を鑑みた上で、そう感じたということを表した例文となります。

3:「この意味合いを、理解するのは至難の業だ」

そもそも「意味合い」は、ストレートに相手にすぐに内容が伝わるものではありません。言葉の裏にある事情や、物事の流れなどから推測して感じ取るものです。なので、必ずしも例文のように「意味合い」を理解できるとは限らないと言うことになりますね。

類語や⾔い換え表現にはどのようなものがある?

次に、「意味合い」の類語や言い換え表現を、確かめましょう。

意味合い

1:「行間を読む」

「行間を読む」は、「ぎょうかんをよむ」と読みます。意味は、「文章では直接書いていない著者の真意を汲み取る」ことです。「行間の真意を汲む」という表現の仕方もあります。そもそも「行間」は「行と行の間」を指す言葉です。「行間を詰める/開ける」など普段から使いますね。

ただし、「行間を読む」は比喩的な表現で、「書かれていない部分を、察知する」ことになります。「意味合い」は様々な条件下で使えますが、「行間を読む」は、主に文章に対して使うという違いはありますが、言い換えとして活用できます。

2:「趣旨」

「趣旨」は、「しゅし」と読みます。ビジネスでよく見かける使い方は、「会社の設立趣旨」といった文脈ですね。意味は、「話や文脈で一番伝えたい考え」「物事の肝心な事柄」「ある事を行うための目的や理由」となります。

「団体設立趣旨」などは、目的や理由になるので、「意味合い」とは少し違ったニュアンスです。もし、「意味合い」と同じような使い方を例に挙げるとすると、「この提案の趣旨がいまいち掴めない」となります。

3:「暗黙」

「暗黙」は、「あんもく」と読み、「暗黙の了解」「暗黙のルール」といった言い回しは、皆さんよく使われているのではないでしょうか。「暗黙」自体の意味は、「口に出さずに黙っていること」となります。

「暗黙の了解」「暗黙のルール」は、「お互い口に出さなくても、同じ内容を共有していること」を意味しますね。「意味合い」と同じく、「はっきりと明言していないけれど、それを感じ取る」という意味では、近いニュアンスの言葉です。

意味合い

英語表現とは?

「意味合い」を英語で表現する際は、どんな言葉があるのでしょうか。日本でも馴染みのある「ニュアンス」は、元々はフランス語ですが、英語でも使い「nuance」と書きます。意味は、「言葉で表現されていない意図」や「言葉の何とも言えない意味合い」です。まさに日本語の「意味合い」と同じ意味になりますね。

ただ、「nuance」は音や色にも使われます。これは日本語の「意味合い」とは違う点です。音楽や絵画にも使える点では、カタカナで「ニュアンス」を使用した方が、幅は広がります。色彩の「nuance」をもし日本語にするのなら、「色合い」が近い表現となるでしょう。

最後に

「意味合い」について、詳しく見てきました。意外と、詳細は知らないことも多かったのではないでしょうか。日本では、明確な表現をしないことが「美徳」という意識が、今でも根強く残っています。だからこそ、言葉の意味や使い方を覚えて、活用しましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています
「すれ違い」はなぜ起きる? 原因や乗り越え方とは
〝旧態依然〟ってなんと読む?どんな意味?【いまさら聞けない四字熟語】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事