Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.02.08

【遣る瀬無い(やるせない)】とは具体的にどんな気持ちのこと?

「遣る瀬無い(やるせない)」とは、うまく表現することが難しいやり切れない思いを指す言葉です。切ないときや、気持ちに余裕がないときにも用いることがあります。具体的にどのように会話の中で使えるのか、例文を通して見ていきましょう。

Tags:

「遣る瀬無い」とはなすすべのない気持ちのこと

遣る瀬無い(やるせない)」とは、何をしてよいか分からないこと、また、その気持ちを指す言葉です。感情は高まっているものの、どう表現して良いか分からないとき、あるいは、何をしても無駄だろうと思い手をこまねいているときなどに用います。

遣る瀬無い

これ以上話しても無駄だ、何を言っても効果がないと感じてむなしい気持ちを味わっているときは、「遣る瀬無い」という言葉がしっくりときます。

【遣る瀬無い】やるせない
1.思いを晴らすすべがない。せつない。「恋を失った―・い思い」
2.施すすべがない。どうしようもない。
「様子が早う聞きたいとすがり責むるぞ―・き」〈浄・八百屋お七〉
3.気持ちに余裕がない。
「何彼につけて、気に―・く」〈浮・一代女・四〉

(引用〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

「気持ちに余裕がない」という意味もある

遣る瀬無い」は、気持ちに余裕がないという意味で使うこともある言葉です。さまざまなことに気を配り、なんとなく慌ただしい気持ちを抱えているときに「遣る瀬無い」と表現することがあります。また、気を配りすぎて気苦労が多い様子も「遣る瀬無い」と表現することがあるようです。

【類語1】やり切れない

何をしてよいかわからない、また、どうしようもないという思いを「やり切れない」と表現することもあります。例えば次のように使えるでしょう。

【例文】
・あんなに善良な人なのに、いつも損な役回りを押し付けられているようだ。彼女を見ていると、【やり切れない】気持ちになる。
・突然の事故で彼はいなくなってしまった。【やり切れない】悲しみは、いつも私の心の奥に残っている。

なお「やり切れない」という言葉は、やり遂げられないという意味で使うこともあります。

【例文】
仕事が多すぎて、今夜中には【やり切れない】。
・【やり切れない】分は、家に持って帰ってしてください。

また、我慢できないという意味でも「やり切れない」という言葉を使うことがあります。

【例文】
【やり切れない】思いが爆発し、とうとう大声をあげての喧嘩になった。
これ以上は【やり切れない】と、妻は家を出てしまった。

【類語2】やり場がない

何をしてよいかわからない気持ちを「やり場がない」と表現することもあります。この場合の「やり場」とは、気持ちを持っていくべき場所を指しているので、気持ちをどう整理して良いかわからないときに適した表現といえるでしょう。

【例文】
【やり場がない】気持ちを抱えて、彼女は年末年始を過ごした。
・会社には理不尽な出来事が多く、彼は【やり場のない】怒りを抱えている

【類語3】いたたまれない

その場にいられないほどの落ち着かない気持ちを「いたたまれない」と表現することがあります。恥ずかしさなどにより、その場にいることが我慢できないときなどに使うことが一般的です。

【例文】
彼女の話を聞いて、【いたたまれない】気持ちになってしまった。一体、私に何ができるのだろうか。
【いたたまれない】思いはあったが、そうも言っていられないので、頑張って笑顔を作って何事もないようなふりをした。

「遣る瀬無い」の使い方を例文・短文でご紹介

「遣る瀬無い」の使い方を、短文を通して見ていきましょう。

遣る瀬無い

【例文】
・彼女の今までの努力を見てきたからこそ、今回のコンクールは入賞できるのではと期待もしていた。しかし、脚がもつれて転倒。彼女の気持ちを思うと、【遣る瀬無くて】何もやる気が起こらない。

「遣る瀬無い」という言葉は、「気持ち」や「表情」をつなげて使うことが多いです。また、「遣る瀬無さ」と名詞の形にして使うことも少なくありません。それぞれの例文を紹介します。

「遣る瀬無い」気持ち

「遣る瀬無い」という言葉だけでも、どうしようもないもやもやとした気持ちを表すことができます。しかし「遣る瀬無い気持ち」のように「気持ち」を付け加えることでも、どうしようもないやり切れない気持ちを表現することが可能です。使い方を例文で見ていきましょう。

【例文】
・子どものときから何をしてもうまくこなす姉を見ていると、自分がつまらない人間に思えて、【遣る瀬無い気持ち】になってしまう。
この【遣る瀬無い気持ち】は何から来ているのだろう。

「遣る瀬無い」表情

どうしようもない思いを抱えているときの表情を「遣る瀬無い表情」といいます。嬉しいわけでも悲しいわけでもなく、はっきりとしない感情を抱えた微妙な表情です。次のように使うことができます。

【例文】
・「もう私のことは放っておいて」と彼女は言い、何ともいえない微妙な【遣る瀬無い表情】を見せた。
彼女が時折見せる【遣る瀬無い表情】は、夢を諦めたことから来ているのだろうか。

「遣る瀬無さ」を感じる

「遣る瀬無い」と形容詞で表現するのではなく、「遣る瀬無さを感じる」と名詞と動詞を組み合わせて表現することもできます。どうしようもない思いを感じるときに使える言葉です。いくつか例文を紹介します。

【例文】
・あれだけ毎日練習をしたのに、風邪をひいてしまい、出場することすらかないませんでした。今まで積み重ねた練習を思うと、【遣る瀬無さを感じます】。

「遣る瀬無い」の意味を理解して適切な場面で使おう

すっきりとしないもやもやとした気持ちを「遣る瀬無い」と表現します。思いはあるものの、どう表現して良いかわからないときなどにも使うことができるでしょう。

遣る瀬無い

また、「遣る瀬無い」という言葉は、そのままでも使うことがありますが、「遣る瀬無い表情」や「遣る瀬無い気持ち」と名詞を組み合わせて使うケースも多いです。すっきりとしない思いがあるとき、後悔やいたたまれない気持ちになったときなどに「遣る瀬無い」を使って思いを表現してみましょう。

「遣る瀬無さ」と名詞にすれば、「遣る瀬無い」という言葉を「遣る瀬無さを感じる」とも表現できます。ぜひ日常生活にも活用してみましょう。

こちらの記事もおすすめ!

【今さら聞けない】〝悲しい〟と〝哀しい〟の違いとは?
「断腸の思い」はどんなシーンで使うのが正解?由来や類語もチェックしよう

写真・イラスト/(C) shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事