Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.02.06

【寝耳に水】の正しい意味は? 由来や類義語についても解説します!

「寝耳に水」とは不意の出来事に驚く様子を例えた言葉です。言葉の由来は2つの説があり、使うシーンは良い知らせ・悪い知らせともに使われます。本記事では、「寝耳に水」の意味や語源を説明し、実際に使う場合の例文や類語についてご紹介します。

Tags:

「寝耳に水」とは思いがけないことに驚くたとえ

寝耳に水(ねみみにみず)」は、突然思いがけないことが生じたと知り、驚く様子を表現した言葉です。なぜそんなことが起きたのか、見当もつかないことを表しています。

【寝耳に水】
《「寝耳に水の入るごとし」の略》不意の出来事や知らせに驚くことのたとえ。「寝耳に水の話」

(引用〈小学舘 デジタル大辞泉〉より)

寝耳に水

言葉の由来には、眠っているときに聞こえる水の音が語源とする説があるほか、寝ているとき耳に水が入って驚く様子という見解もあります。

ここでは、「寝耳に水」の語源について見てみましょう。

寝ているときに聞こえる水音が由来

「寝耳に水」の由来とされる説は2つあり、そのひとつは「眠っているときに聞こえる水音」というものです。「寝耳」とは眠っている人の耳を表し、「水」は洪水などの水音を意味します。

水害対策が万全ではなく天気予報もない時代には、洪水は命の危険を表すものでした。眠っているときに聞こえてくる水音は危険な洪水を予感させ、驚いてしまうというのが語源とされています。

寝ている耳に水が入るという説も

そのほか、「眠っているときの耳に水が入るために驚く」という見解も有力です。豊臣秀吉の伝記である『太閤記』などの古い文献には「寝耳に水の入りたるごとし」といった表現が用いられており、聞こえるという意味の「耳に入る」が、実際に耳の中に水が入るという理解になったという説もあります。

いずれにせよ、眠っているときに聞こえる洪水の音でも寝ている耳に水が入ることでも、驚くべき事態を表現していることに変わりはありません。

良い意味でも悪い意味でも使う

「寝耳に水」は語源から考えると、悪い知らせを聞いたときの驚きを表現しているようにも考えられますが、特に限定されません。良い出来事に驚いた場合にも使われます

思いがけないことに驚いたという点に意味があり、その内容は特に問題とはならないのです。嬉しい知らせを聞いて「寝耳に水」と表現するのも、間違った使い方ではありません。

「寝耳に水」の例文

「寝耳に水」を使った例文をご紹介します。例文を見ながら、「寝耳」に水の正しい使い方を把握しましょう。

・あの会社は誰もが順調にいっていると思っていたため、倒産のニュースは【寝耳に水】だ。
・難関の大学に合格したという知らせは、両親にとって【寝耳に水】だった
・昨日まで元気だった父が倒れたという知らせは、まさしく【寝耳に水】だった
・本社で長く働けると思っていたため、海外赴任の話は彼にとって【寝耳に水】だったに違いない。
・好青年として評判だった彼が犯人だったという一報は、誰にとっても【寝耳に水】だった。

「寝耳に水」の類義語

「寝耳に水」にはいくつも似た言葉があります。突然の出来事に驚くという意味では「虚をつかれる」「青天の霹靂」があげられ、「予想外の」も「寝耳に水」に近い言葉といえるでしょう。

寝耳に水

類義語も一緒に覚えておけば「寝耳に水」の理解が深まり、適切な場面で使い分けができます。ここでは、「寝耳に水」とよく似た言葉を例文も交えながらご紹介しましょう。

【類義語1】虚をつかれる(きょをつかれる)

虚をつかれる」は、​​油断していて隙をつかれる、もしくはまったく想定外の場面に戸惑うことです。「虚」は隙のあることを表します。

虚をつく」は相手の弱点や無防備につけ込んで攻撃する行為です。受け身の形をとると、「無防備なところにきた知らせや行為に驚く」という意味になります。

【例文】
・優勝が間違いないと思われていたチームが早々に敗退してしまい、誰もが【虚をつかれた】ようだった。
彼女の発言に【虚をつかれて】しまい、何も言い返すことができなかった。

【類義語2】藪から棒(やぶからぼう)

「藪から棒」とは、唐突に物事が起こる様子です。他人からの働きかけが、直前の動作や発言と関連性なく突然であることを表します。

藪」とは草木が生い茂る場所で、視界が遮られ見通しが悪い場所です。そのような場所から棒を突き出すことは誰もが驚くため、例えに用いられています。また、「物事を切りだす」という意味から、挨拶の冒頭に使われることもある言葉です。

藪から蛇」という言葉もありますが、「藪から棒」とは異なり、「余計なことをして災難を招く」という意味になります。混同しないように注意しましょう。

【例文】
彼は会話の途中で【藪から棒】にまったく違う話を持ち出すので、驚かされる。
・彼女は仕事中でも【藪から棒】にひとりごとを言うため、おかしな人と思われている。

(挨拶の冒頭に使う場合)

【藪から棒】に失礼しますが、本日のご予定はいかがでしょうか。

【類義語3】青天の霹靂(せいてんのへきれき)

青天の霹靂」は、突然発生する事件や出来事という意味です。「霹靂」は雷や激しい音を表す言葉で、「青天」とは晴れて青い空を表しています。

晴れた青空に、突然雷などが起こる様子を例えにしている言葉です。「寝耳に水」と同じく、良い意味にも悪い意味にも使われます。

【例文】
・転職活動でまったく期待していなかった企業から内定通知が届いたのは、【青天の霹靂】だった。
・出世が約束されていたような順風満帆な彼が急に左遷されたのは、まったく【青天の霹靂】だ。

【類義語4】予想外の(よそうがいの)

予想外の」は、予想していたのとは違った成り行きになること、思いがけない事態が起こることです。想定外の事態という点で「寝耳に水」と似ていますが、「寝耳に水」ほどの驚きの要素はありません。

【例文】
アンケートの結果は事前の調査の内容と異なり、【予想外の】結果となった。
・【予想外の】トラブルが相次いだプロジェクトだが、無事に終えることができた。

「寝耳に水」は類義語と一緒に覚えよう

「寝耳に水」は突然の出来事に驚く様子を例えた言葉です。良い知らせ、悪い知らせともに使います。類義語には「虚をつかれる」「青天の霹靂」「予想外」などがあり、あわせて覚えておくことで「寝耳に水」の理解がより深まるでしょう。

寝耳に水

さまざまな場面で適した使い分けもできます。例文も参考にしながら、「寝耳に水」を正しく使うようにしてください。

こちらの記事もおすすめ!

【焼け石に水】とはどんな場合に使える言葉?類語や対義語を覚えて語彙を増やそう!
【馬耳東風】←正しく使えてる?|いまさら聞けない四字熟語

写真・イラスト/(C) shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事