Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.03.04

【朝餉】って何のこと?「あさげ」と読む場合、「あさがれい」と読む場合で意味が違う

「朝餉」とはなんのことか知っていますか?古めかしい表現で漢字は難しいですが、単語の意味は非常に日常的なものでした。 この記事では、「朝餉」の由来や類語などをご紹介します。

Tags:

「朝餉」とは?1日の始まりの〇〇のこと!

「朝餉」という言葉は、普段なかなか目にすることのない単語です。書くことはもちろん、読むことも難しく「難読漢字」といって良いでしょう。

そんな「朝餉」ですが、単語の意味はとても馴染みのあるものです。ここでは「朝餉」の読み方や意味、同意語との使い分け方、関連語句などを紹介します。他の単語と関連付けて覚えることで、「朝餉」という単語をより深く理解することができるでしょう。

朝餉

「朝餉」の読み方は「あさがれい」「あさげ」

「朝餉」と書いて「あさがれい」または「あさげ」と読みます。また古典などに登場する際は「あさけ」と読むこともあります。

「餉」という漢字自体の読み方は、音読みが「ショウ」、訓読みは「おく(る)」「かて」「かれい」「かれいい」など。
実は「餉」という漢字単体では「げ(け)」と読まないのです。「餉」は漢字検定1級に登場するほどの難解文字であるため、普段目にすることが少ないのも当然かもしれません。

「朝餉」の意味は「朝食」のこと

気になる言葉の意味ですが、「朝餉」は私たちが毎日おこなっている習慣のことを指し、「朝」という字がヒントとなります。そうです、答えは「朝食」。

「餉」の部首が「食部」であることからもわかりますが、漢字自体が食に関わる意味をもちます。朝の食べ物、つまり朝食ということです。しかしこれは、「朝餉」を「あさげ」と読んだ場合。

もうひとつの読み方「あさがれい」の場合は、少し意味が変わります。
朝餉(あさがれい)」とは、天皇が食べる簡単な食事という意味。「簡単な」と言いましたが、これは儀式的な御膳などではなく、うちうちで食べる食事という意味です。「あさがれい」と読んでいても、通常の朝食という意味としても通じますが、一般的には天皇の軽食という意味の方が強いようです。

「朝食」との使い分け方は?

「朝食」を表す言葉はいくつかあります。「朝御飯」「朝めし」「朝餉」いずれも朝にいただく食事のことです。それぞれの単語は以下のように使い分けることができます。

朝御飯:朝食を丁寧に伝える場合
朝めし:男性が使うことを強調する場合
朝餉:古めかしさを出す場合または、天皇が食べる場合

いずれの言い方でも、朝食という意味は伝わります。
ではなぜ「朝御飯」や「朝めし」ではなく「朝餉」なんて言い方をするのでしょうか。一番の理由は、やはり「誰の」食事であるのかを強調するためでしょう。もしくは、あえて古めかしい言い回しをしたい場合です。

「朝餉」に関連する語句は?

「朝餉」のように、1日のうちの最初の食事を表す関連語句は、たくさんあります。以下の単語は全て「朝食」を表すものです。

朝食・朝御飯・朝飯・朝ごはん・朝餐

ひとつの意味を表すのに5つもの表現方法があるのは、日本語ならではかもしれません。

また「朝餉」は朝だけでなく、昼であれば「昼餉」、夜であれば「夕餉」となります。しかし昼餉と夕餉には、朝餉のように「天皇」に限定した意味はもちません。昼餉ならばそのまま「昼食(ランチ)」のことを指し、夕餉ならば「夕食(ディナー)」のことを意味します。

「朝餉」の由来

「朝餉」という単語は、現代ではあまり使われることはなくなりました。
そのため言葉の由来を知る方は、かなり少ないかもしれません。「朝」という常用漢字と、難読漢字である「餉」を合わせた「朝餉」。その語句の由来は、一体どのようなものなのでしょうか。
ここでは「朝餉」の由来について、「漢字の由来」と「語句の由来」とに分けて解説します。

朝餉

漢字の由来は?

「朝餉」は見たとおり「朝」と「餉」といった2つの漢字から成る単語です。そこで、それぞれの漢字の由来について、解説していきます。

まずは「朝」という漢字。朝は2つ以上の漢字を組み合わせてできた「会意文字」です。
まず朝の「辺」の部分を見ていきましょう。上下は「草」を表す象形文字、その間の「日」は太陽を表しています。次に「つくり」の部分。月とは、皮の流れから生まれた象形文字です。
草+日+水」から、草の間に日が昇り、潮が満ちていく様を示して「朝」となります。

次に「餉」について解説します。こちらも「食」と「向」から成る会意文字です。
まずは「辺」である「食」は、食器に食べ物をのせ、その上からフタをする様から成る象形です。そして「つくり」である「向」は、家と窓を表した象形文字。
この2つを合わせて「食を向ける」となります。つまり「餉」は、誰かに対して「食」を届けるといった意味をもつ漢字であると解釈できるでしょう。

語句の由来は?

残念ながら「朝餉」という語句がいつから使われていたのか、その詳細はわかっていません。
しかしもともとは「あさけ」と読まれており、それが近世以降に「あさげ」と濁るようになったことはわかっています。
「餉(け)」の由来は、食べ物を入れる器として「筍」が使われており、筍を「け」と読んだことに、由来しています。

「朝食」をあらわすその他の語句

前述したように、日本語には同じ意味であっても、さまざまな言い回しが存在します。
一人称を表す単語に「私」「自分」「僕」「オレ」「我」があるように、朝の食事を表す言葉もたくさんあります。

朝餉
最後に、おさらいの意味も込めて「朝食」を表す語句をすべてチェックしてみましょう。同じ意味を指す単語を多く知っていることは、ボキャブラリーを増やすうえで非常に効果的です。「朝餉」とともに覚えておきましょう。

朝食/朝ごはん/朝飯/朝餐/朝御飯/朝の食事/朝げ

まとめ

「朝餉」とは何なのか、読み方や意味、言い換え、由来について解説しました。「朝にとる食事」を表現するだけであっても、さまざまな言い換えができます。また同じ意味であっても「朝御飯」と「朝めし」のように、ニュアンスが異なる単語もあります。それこそが日本語の面白みでもあり、難しい点でもあるでしょう。

朝餉

「朝餉」とは朝食であるとともに、天皇が食べる軽食という意味でもあります。主語が天皇であることを強調したいときには、役立つ単語です。またあえて古めかしい表現をしたいときにも、「朝餉」は役立ちますので、ぜひ使ってみてください。

こちらの記事もおすすめ

玄米にはうれしい効果がいっぱい!おいしく食べて健康になろう
台湾に行けるようになったら真っ先に食べたい朝ごはん【BEST 5】

写真・イラスト/(C) Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事