Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 四字熟語

2023.11.30

劇的に変化する時代を表す【疾風怒濤】←なんと読む?

 

疾風迅雷(しっぷうじんらい)

「疾風迅雷」は、速い風と激しい雷という意味です。これから転じて、行動が素早く激しいことを表しています。「疾風怒濤」と似たような四字熟語に見えますが、「疾風迅雷」は中国の故事が由来で、語源はまったく異なるものです。

「疾風怒濤」は変化や勢いが激しいことを表しますが、「疾風迅雷」は行動が迅速であることの例えとして使うことが多い言葉です。

【例文】
【疾風迅雷】の勢いで仕事をこなし、納期に間に合わせた。

獅子奮迅(ししふんじん)

獅子奮迅」とは、獅子が奮い立って猛進するほどの激しい勢いという意味です。そのような猛烈な勢いで活動することも表しています。「獅子」はライオンのことで、「奮迅」は激しく奮い立つ様子です。

激しい勢いという点で「疾風怒濤」と似ていますが、「疾風怒濤」は物事の様子が激しいことを表すのに対し、「獅子奮迅」は激しい勢いで物事に取り組んでいる様子を表現しています。

【例文】
彼女は【獅子奮迅】の勢いで勉強し、難関校に合格した。

「疾風怒濤」の対義語

疾風怒濤」には対義語もあります。「春風駘蕩」や「悠々閑々」などで、いずれもゆったりと穏やかな様子を表します。激しく勢いのある様子を意味する「疾風怒濤」とは、正反対の言葉です。

疾風怒濤

「疾風」と「春風」など、文字を見てもまったく異なる意味合いと感じるでしょう。対義語を見れば、「疾風怒濤」のニュアンスをより深く理解できます。

ここでは、「疾風怒濤」と反対の意味を持つ2つの言葉をご紹介します。

春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)

「春風駘蕩」とは、春の景色のような、のどかな様子を表す言葉です。人の態度や性格、場所の雰囲気などがのんびりしていることの例えに使われます。「春風」は春の気持ちよく吹く風のことで、「駘蕩」とはのどかという意味です。

主に、景色や人柄などを表す言葉として用いられます。

【例文】
彼女は【順風駘蕩】とした人柄で、皆から好かれている。

悠々閑々(ゆうゆうかんかん)

「悠々閑々」とは、ゆったりと気長に構えている様子を表す言葉です。

「悠々」はのんびりしている様子、「閑閑」は静かで落ち着いている状態を表します。似ている言葉を組み合わせることでより意味が強調されており、激しさや勢いを表す「疾風怒濤」とは対極にある言葉です。

【例文】
・現役時代は多忙に働いていたが、定年後は【悠々閑々】とした生活を送っている。

「疾風怒濤」は勢いのあるものに例えられる

「疾風怒濤」は激しい風や荒れた波を表し、転じて激しい変化や勢いのあるものに対して使われる言葉です。変化の激しい時代や時期を表す場合によく使われ、「疾風怒濤の時代」「疾風怒濤のごとく」といった使い方をすることが多いでしょう。

疾風怒濤

「疾風怒濤」の類語や対義語も多く、合わせて覚えておけば、使い分けにより豊かな表現ができます。記事も参考にしながら、「疾風怒濤」について理解を深めておきましょう。

写真・イラスト/(C) Shutterstock.com

1 2

▼あわせて読みたい

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!