Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2022.02.09

タイプ別「授乳ブラのおすすめ」16選|妊娠中~出産後のベストな選び方とは?

妊娠するとお腹だけでなく、バストサイズも変化します。そこで活用したいのが授乳ブラです。「必要ない」と感じる人も増えていますが、妊娠中から卒乳期にかけて多くのメリットがあります。授乳ブラのベストな選び方とともに、おすすめ授乳ブラを紹介します。

Tags:

授乳ブラは必要なの?

カップ付きインナーなども多く販売されている中、授乳ブラを購入する必要があるのか迷う人もいるのではないでしょうか。授乳ブラは全ての人に必要なものではありません。しかし、環境や状態によっては大活躍するアイテムです。まずは授乳ブラのメリットや使用開始のタイミングを紹介します。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ

(C)Shutterstock.com

サイズ変化・授乳しやすさなどのメリット

妊娠すると、バストは想像以上に大きく変化していきます。妊娠中はもちろん、産後の母乳が多く作られる時期になれば、2カップ以上サイズアップする人も少なくありません。そのため、バストに強い張りや痛みを感じる可能性があります。

さらに母乳育児をするのであれば、授乳が軌道に乗るまで頻回の授乳が必要です。1日に10回以上の授乳が必要になることもあり、授乳姿勢が整わないと赤ちゃんがうまく飲めず、乳首の痛みや傷の原因になってしまうこともあります。

そこで役立つのが授乳ブラです。やわらかな素材で伸縮性がある授乳ブラなら、デリケートなバストをやさしく包み込みます。授乳しやすいようさまざまな工夫が施されており、ママのサポートとしても役立つのです。

授乳・マタニティブラに変えるタイミング

具体的に「この時期になったらマタニティブラに変えるべき」という目安はありません。しかし、体の変化にともなって、自然に「これまでのブラが合わなくなるタイミング」がやってきます。

とくに、妊娠中期である妊娠5カ月ごろになるとお腹が大きくなり始めるため、「苦しい」と感じる人が増え始めます。体の一部が締め付けられているのは、精神的にも大きなストレスです。時期にこだわらず、「ブラがきつくなってきたな」と感じたときが、授乳ブラに切り替えるベストなタイミングです。

授乳ブラを選ぶポイントは?

実際に授乳ブラを選ぶとなると、その種類の多さに戸惑うかもしれません。何度も買い直すことがないよう、授乳ブラを選ぶポイントについて解説します。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ

(C)Shutterstock.com

肌に優しく締め付けないもの

授乳ブラ選びで大切なのは「バストや体の変化を妨げない」ことです。まずは、どんどん大きくなるアンダーバストを締め付けず、乳腺の発達でふくらむバストを押さえ付けないものを選びましょう。

アンダー部分にソフトな幅広ゴムを使用しているものや、ホックが多く調節できるものなど「リラックスできる付け心地」を優先して選ぶのがおすすめです。さらに、デリケートなバストを優しく包むノンワイヤーのもの、綿など肌に優しい素材を選ぶと安心です。

授乳の仕方

授乳の仕方や時期によって、授乳ブラの種類を使い分けるのもおすすめです。

締め付け感がなく使いやすい「ハーフトップタイプ」や「クロスオープンタイプ」「ブラトップ」は、カップをずらすだけで授乳ができるため、夜間の授乳や添い乳にもストレスなく使用できるでしょう。

ホールド力が強い「ストラップオープンタイプ」は、バストラインをきれいに保ってくれるため、外出の際に重宝します。ストラップ部分のホックを外せばカップが大きく開くので、外出先での授乳もスムーズです。

病院での母乳マッサージなど、バストを大きく出す必要がある場合には「フロントオープンタイプ」が便利です。

また、バストが大きな人は、内側に窓枠のようなカップが付いている「ウィンドゥオープンタイプ」を選べば、バストをしっかり固定しながら安定感のある授乳ができます。

商品によって「フロントオープンタイプ」と「ウィンドゥオープンタイプ」は混同されることもあるため、選ぶ際には注意が必要です。

サイズの選び方もチェック

正しいサイズ選びには、測定が欠かせません。お店でプロに計測してもらうのが1番ですが、外出ができない場合には自分で測定してみましょう。

メジャーを準備したら、「バストラインの最も高い部分(トップバスト)」「バスト下の部分(アンダーバスト)」を測定します。

鏡などを利用して、メジャーをできるだけ水平に保ちながら1周させるのがコツです。

次に、計測した数値をもとにメーカーのサイズ表を確認し、サイズを選びましょう。

締め付けない「ハーフトップ型」

リラックスできる付け心地で人気の「ハーフトップ型」は、妊娠中や授乳中はもちろん、スポーツやリラックスタイムに愛用する人も多いブラです。妊娠中に、一度試してみても良いでしょう。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ

(C)Shutterstock.com

ワコールマタニティ「GOCOCi」

カジュアルなデザインと、女性らしい華やかなカラー展開で人気の授乳ブラです。伸びの良い素材と洋服にひびかないシームレス仕上げで、服装や着用シーンを選びません。大きくなってくるバストをピーナッツ型のパッドが優しく包み、きれいなバストラインを保ちます。アンダー部分は胃を締め付けにくいアーチラインになっているため、つわりがきつい時期にも快適に過ごせるでしょう。吸水速乾でムレにくいため、汗をかきやすい妊娠中にもぴったりです。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ ワコールマタニティ「GOCOCi」

商品名:ワコールマタニティ「GOCOCi」

 

グンゼ「キレイラボ ハーフトップ」

縫い目や洗濯タグがない「完全無縫製」で、肌ストレスを軽減したハーフトップです。季節を選ばない綿65%で、肌に優しいグンゼ独自のスキンタッチ加工が施されているため、敏感肌に悩む人も刺激が気になりません。大きめの胸パッドはバストの安定感とフィット感を実現し、デリケートなバストをしっかりと支えます。襟ぐりの花びらのようなラインがエレガントで、体に心地よくフィットします。就寝時やお家でのリラックスタイムはもちろん、ウォーキングなどの軽い運動にもおすすめです。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ グンゼ「キレイラボ ハーフトップ」

商品名:グンゼ「キレイラボ ハーフトップ」

 

スロギー「ゼロ フィール ベーシック 2 ハーフトップ」

締め付け感ゼロで1日中快適に過ごせる大人気のハーフトップです。接着技術を使用した無縫製で肌触りが良く、生地端は切りっぱなしに。洋服に響かないよう配慮されており、薄着になる季節でも心地よく着用できるでしょう。幅広サイドは大きくなったバストをしっかりとホールドし、肩紐が肩に食い込むことがありません。よく伸びる生地でつくられているため授乳がしやすく、夜中の添い乳をするときも安心です。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ スロギー「ゼロ フィール ベーシック 2 ハーフトップ 」

商品名:スロギー「ゼロ フィール ベーシック 2 ハーフトップ 」

 

快適な付け心地「クロスオープン型」

カシュクールのような「クロスオープン型」は、左右のカップをずらすだけで簡単に授乳できると人気です。金具やボタンが付いていないので、赤ちゃんの顔に傷がつく心配もありません。かわいいデザインも多いので、好みのものを探してみましょう。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ 

(C)Shutterstock.com

スウィートマミー「伝説の美胸授乳ブラ」

日本のママたちの願いを形にした、日本製の授乳ブラです。自身もママであるデザイナーが出産の経験をもとにデザインしています。ママならではのこだわりが細部にまでたくさん詰まっており、実用性だけでなく、伸縮性のある生地や高級感のある肌触り、おしゃれなデザイン、そして赤ちゃんにも安心な素材など、そのすべてがママと赤ちゃんをサポートするために考えられています。バリエーションが豊富で、普段の下着選びと同じようにさまざまなデザインを楽しめるのもポイントです。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ スウィートマミー「伝説の美胸授乳ブラ」

商品名:スウィートマミー「伝説の美胸授乳ブラ」

 

モーハウス「モーハウスブラ」

おっぱいのプロである日本助産師会が唯一推奨する、「付け心地」と「授乳のしやすさ」に徹底的にこだわった授乳ブラです。ゴム不使用の幅広アンダーが体を締め付けず、金具を一切使用していないため装着の煩わしさがありません。暗い場所での授乳も安心してできるでしょう。内側には優しい不織布を使用し、傷つきがちな乳首を優しく守ります。シンプルなデザインなので着用する人を選ばず、マタニティブラとしても授乳ブラとしても活躍してくれるでしょう。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ モーハウス「モーハウスブラ」

商品名:モーハウス「モーハウスブラ」

 

ケラッタ「授乳ブラ」

子育てママ待望の「バストケアしながら授乳ができる」授乳ブラです。ノンワイヤーで付け心地が軽く、片手でさっとずらせば簡単に授乳ができます。夜間の授乳や頻回の授乳にも手間取ることはないでしょう。また、ホールド力にも優れており、付けていることを忘れるほどに快適なのに、脇高設計でバストの横流れをしっかりと防ぎます。U字のバックスタイルは、サイズ変化が激しい産前産後のサイズ変化にもしっかりと対応。肌に当たる部分は全て綿100%なので、敏感肌の人にもおすすめです。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ ケラッタ「授乳ブラ」

商品名:ケラッタ「授乳ブラ」

 

授乳がしやすい「フロントオープン型」「ウィンドオープン型」

授乳に慣れない時期には、授乳がしやすい「フロントオープン型」や「ウィンドオープン型」の授乳ブラがおすすめです。授乳中の赤ちゃんの様子も見やすくなるため、入院グッズとして準備しておくのもおすすめです。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ 

(C)Shutterstock.com

犬印本舗「マタニティブラジャー 」

肌に優しいオーガニックコットンを使用した、優しい着け心地の授乳ブラです。締め付け感が少なく、つわりの時期やナイトブラとしても活用できます。大きくなるバストを押さえ付けることがないため、自然なバストの形をキープできるでしょう。フロントのホックを外せばさっと授乳をすることができ、お腹をすかせた赤ちゃんを待たせることがありません。フルオープンすれば、助産院や病院での母乳マッサージの際にも便利。ナチュラルな色合いで、肩紐が見えても気にならないデザインなのもうれしいポイントです。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ 犬印本舗「マタニティブラジャー 」

商品名:犬印本舗「マタニティブラジャー 」

 

タンドルマミー「マタニティブラ 前開きノンワイヤー 3段ホック」

シンプルなデザインながらもバストの変化に対応し、産前産後を快適にサポートしてくれる授乳ブラです。ノンワイヤーなので締め付けが少なく、中央のホックを外せばブラをずらすことなく簡単に授乳できます。普段使用するブラジャーのようなデザインも人気が高く、大きくなったバストの形をきれいに整え、しっかりと支えてくれます。仕事や外出時におしゃれを楽しみたいママや、ナチュラルなデザインが好みのママにぴったりの授乳ブラです。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ タンドルマミー「授乳ブラジャー」

商品名:タンドルマミー「授乳ブラジャー」

 

ローズマダム「スマートボーダー柄の綿素材マタニティ授乳兼用ハーフトップ」

スマートなボーダー柄と爽やかなレースがかわいいウィンドオープン型授乳ブラです。内側のパッドがバストをしっかりホールドしてくれるため、グラマーサイズの授乳もしっかりとサポートしてくれます。サイズは3Lまで展開。ちょうど良いサイズが見つからない人も安心です。フロントのホックは片手で簡単に着脱でき、つわりで苦しい時期には1番下のボタンを外して使用することもできます。カップは取り外しができ、母乳で汚れた際の洗濯も簡単です。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ ローズマダム「スマートボーダー柄の綿素材マタニティ授乳兼用ハーフトップ」

商品名:ローズマダム「スマートボーダー柄の綿素材マタニティ授乳兼用ハーフトップ」

 

マリンブルー「HUGブラ」

上品で可憐な花柄デザインで、付けているだけで気分が上がるような授乳ブラです。ノンワイヤーとは思えない抜群のホールド感と脇高のサイドで、流れるお肉を逃しません。苦しくないのに、授乳期でもきれいなバストラインが実現できます。授乳の際は、フロントのボタンを外すだけ。体型の変化が激しい場合には、延長のホックを使用して調整ができます。4色がセットになっているので、毎日違うデザインを楽しめるのもポイントです。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ マリンブルー「HUGブラ」

商品名:マリンブルー「HUGブラ」

 

デザイン豊富な「ストラップオープン型」

さまざまなデザインが楽しめる「ストラップオープン型」は、おしゃれにこだわりたいママにおすすめです。他の授乳ブラに比べるとホールド力があるため、昼間の使用に向いています。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ 

(C)Shutterstock.com

スウィートマミー「日本製 ノンワイヤー美胸メイクブラ」

日本のママの体に合わせて、調整し作られた日本製の授乳ブラです。職人の技が光る質の高い縫製で、抜群のホールド感と軽い付け心地を実現しています。こだわりの裏地はオーガニックコットン100%で、ホルモンの変化で敏感な肌にも優しい肌触りです。カップの開け閉めはワンロックで行えるため、赤ちゃんを抱いていても片手でスムーズに開閉できます。

約11cmの脇高設計とサイドボーン、レースに隠されたパワーネットで、大きくなったバストをしっかりとリフトアップし、360度どこから見ても美しい理想のバストラインを実現します。産後の気になるボディラインをサポートしてくれる授乳ブラです。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ スイートマミー「美胸メイクブラ ストラップオープン」

商品名:スイートマミー「美胸メイクブラ ストラップオープン」

 

エンジェリーベ「ママとつくったふんわりブラジャー」

マタニティ期から授乳期まで長く使える授乳ブラです。妊娠・出産で変化するバストの悩みを解決し、簡単に授乳できるだけでなく、かわいいデザインできれいなバストを守るための工夫がされています。カップの肌に触れる部分と脇布部分には綿素材が使用されており、肌に優しい使い心地です。

片手で簡単にカップを開いて授乳することができ、ズレ落ち防止の凹凸ストラップでストレスなく授乳できるでしょう。しっかりバストを支えるワイヤー入りでバストの下垂を防ぎ、サイドボーンはしっかりと脇に流れるバストを防ぎます。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ エンジェリーベ「ママとつくったふんわりブラジャー」

商品名:エンジェリーベ「ママとつくったふんわりブラジャー」

 

犬印本舗「モニター共同開発ハーフトップ (産前・産後)」

多くのママと犬印本舗が共同開発した、クロスオープン型とストラップオープン型の2wayが可能な授乳ブラです。1cmごとに4段階でアンダーバストの調整ができ、サイドの切り替え部分はバストラインをすっきりきれいに保ちます。着脱をしやすく、産前から産後まで長い期間愛用できるでしょう。ホックを外しても付けたままでも授乳ができるため、場面に応じて使い分けが可能です。月齢や季節を選ばず、家でも外でも、1年中活躍する授乳ブラを探している人におすすめです。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ 犬印本舗「モニター共同開発ハーフトップ (産前・産後)」

商品名:犬印本舗「モニター共同開発ハーフトップ (産前・産後)」

 

お腹の冷え対策にも「ブラトップ型」

寒い季節の授乳に大活躍するのが、お腹までカバーできる「ブラトップ型」です。赤ちゃんが冬生まれの場合には、寒さ対策についても考え、ブラトップ型を検討すると良いでしょう。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ 

(C)Shutterstock.com

ムード「ノンワイヤー授乳キャミソール」

ノンワイヤーで締め付け感がなく、さらっと着用できる授乳キャミソールです。片手でホックを外せば胸元だけがオープンし、お腹や背中を出すことなく授乳することができます。もちろんカップ付きなので、ブラを重ね着する必要はありません。やわらかく伸縮性のある生地は体にフィットし、アンダーバスト部分はゴムがしっかりと固定します。ベタつかずムレない生地は卒乳後まで長く愛用することができるでしょう。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ MUDE「ノンワイヤー授乳キャミソール」

商品名:MUDE「ノンワイヤー授乳キャミソール」

 

西松屋「クロスオープンタンクトップ」

とにかく苦しいのが苦手な人におすすめしたい、オーガニックコットンの授乳タンクトップです。小さなドットにオフホワイトの優しい色合いで、着る服を選ばず着用できます。大きめサイズは、大きくなったお腹やバストもそっと包んでくれるでしょう。クロスオープン型なので、カップをずらすだけでらくに授乳ができます。また、なんといってもコストパフォーマンスの高さがうれしいポイントです。洗い替えも購入しておけば、母乳で汚れてもさっと着替えることができ、洗濯物が乾きにくい時期でも安心です。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ 西松屋「クロスオープンタンクトップ」

商品名:西松屋「クロスオープンタンクトップ」

 

セイイ「ワンマイルウエア」

授乳ウエアに見えないエレガントさがある授乳インナーです。吸湿性や放湿性に優れたモダール生地を採用。どんな季節もストレスフリーに着用でき、インナーとしてはもちろん、マタニティヨガなどのウエアとしても使用できます。クロスオープン型とストラップオープン型の2wayで、どんなシチュエーションでもさっと授乳ができる機能性、バストの下はきれいなギャザー仕様で、細見えも実現しています。キャミソール型とタンクトップ型があり、好みに合わせて選べるのもうれしいポイントです。

授乳ブラおすすめタイプ別妊娠中出産後選び方選ぶポイントハーフトップクロスオープンフロントオープンウィンドオープンストラップオープンブラトップ セイイ「ワンマイルウエア」

商品名:セイイ「ワンマイルウエア」

 

▼こちらの記事もおすすめ!

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事