Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.04.08

〝みぞおち〟はなぜ【鳩尾】と書くの?

「鳩尾」とは体の部位のことで、胸の中央にあるへこんだ部分を指す言葉です。押すことで精神的疲労を和らげることができるツボでもあります。 本記事では「鳩尾」という漢字や読み方の由来、例文を説明し、鳩尾が痛い場合の原因についてもご紹介します。

Tags:

「鳩尾」とは胸の中央にあるくぼんだ場所

「鳩尾」はどのように読むのでしょうか?

ヒントは、人の上半身のある部分を指している言葉です。

鳩尾

正解は・・

みぞおち」と読みます。

いつも使っている言葉でも、漢字表記は知らなかったという方は多いのではないでしょうか。

 

【鳩尾】
胸の中央のへこんだ所。胸骨の剣状突起の下部。急所の一。きゅうび。みずおち。
きゅう‐び〔キウ‐〕【×鳩尾】
1 胸骨の下のくぼんだ所。みぞおち。2 「鳩尾の板」の略。

(引用〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

鳩尾」は、胸の中央にあるくぼんだ部分のことです。鳩の尾と書いてなぜ「みぞおち」と読むのか、不思議に思うこともあるでしょう。そもそも、胸の中央の部分がなぜこの漢字なのかも気になりますね。

ここでは、「鳩尾」の漢字や読み方の由来についてご紹介します。

「鳩尾」の由来

「鳩尾」の漢字表記については、「鳩尾」の部分が鳩の尾の形に似ていることから来ているとされています。「鳩尾」は左右の肋骨がついているところのすぐ下で、骨がない部分です。体の急所とも言われる場所です。よく見ると、確かに鳩の尾に似ていることがわかります。

「鳩尾」は「鳩」も「尾」も「みぞおち」と読むことはできません。これは熟字訓といい、2字以上の熟語を、漢字本来の読み方とは関係なく当て字にしたものです。

「鳩尾」は柔道や空手などの格闘技で急所とされ、攻撃されると横隔膜の動きが一瞬止まって呼吸ができなくなります。また、「鳩尾」の奥に神経の集まる腹腔神経叢があることも、急所とされる理由です。

なぜ「みぞおち」と読む?

「鳩尾」の由来はわかっても、「鳩尾」はなぜ「みぞおち」と読ませるようになったのかという疑問が残ります。

これは、「水落ち(みずおち)」が変化した読み方とされています。「鳩尾」は飲んだ水が落ちる場所ということで「水落ち」と呼ばれ、それが「みぞおち」に変化し、形が似ている「鳩尾」という漢字を当てられたというのが、「鳩尾」という言葉になった経緯です。

「鳩尾」の例文

「鳩尾」の使った例文をいくつかご紹介します。

鳩尾

・空腹で【鳩尾】のあたりに痛みを感じる
・彼は衝撃を受け、【鳩尾】を打たれたように声をなくしてしまった
・【鳩尾】に空洞が空いたような虚しい気持ちになっている
・【鳩尾】に痛みを感じるのは、内臓が悪いのかもしれない
・着物を着て帯を締めると、【鳩尾】のあたりが苦しくなる
【鳩尾】は体の急所で、格闘技で狙われることも多い

「鳩尾」が痛い・気持ち悪い原因は?

「鳩尾」は、体の不調で痛みを感じることも多い部位です。胃に近い部分であることから、胃腸に何か問題がある可能性が高いでしょう。胃ではなく、ほかの内臓の異常が原因の場合もあり、ストレスが原因で痛みを感じることも少なくありません

ここでは、「鳩尾」が痛いときや、気持ち悪いと感じる場合の原因について見ていきましょう。

鳩尾

主に胃腸の不調が原因

胃の不調があると「鳩尾」に症状が出る場合が多く、痛みや気持ち悪さがある場合は胃腸の問題を疑ってみるとよいでしょう。胃腸の不調とはいっても、胃炎など一過性のものから重大な病気までさまざまです。

多くは飲み過ぎや食べ過ぎなどが原因で起こりますが、風邪や冷えなどで痛みが起こることもあります。特に食べ過ぎなどに思い当たることがない場合に「鳩尾」が痛いときは、ほかの部分に不調がないか確かめてみるとよいでしょう。

ストレスが原因の場合も

「鳩尾」の痛みはストレスが原因で起こる場合もあります。精神的、肉体的ストレスで胃や小腸、心臓などに負荷がかかると、「鳩尾」に痛みとなって現れるのです。

また、強い精神的ストレスを受けると自律神経が乱れやすく、胃酸の分泌に異常が起きます。胃腸などに問題が起こりやすく、「鳩尾」の痛みとなって現れることもあるでしょう。ストレスを感じているときに「鳩尾」が痛くなるときは、お風呂にゆっくり入るなどストレス解消に努めるようにしてください。

早めの受診が大切

「鳩尾」の痛みは病気が原因の可能性もあります。いつまでも痛みが取れないときは、早めに病院を受診することが大切です。特に重い病気でない場合でも、胃やほかの内臓に負担をかけない生活を心がけるのがよいでしょう。

3食きちんと同じ時間帯に食べる規則正しい食生活をして、飲み過ぎや食べ過ぎには注意します。ストレスがある場合はゆっくり休む時間を作るようにしましょう。

「鳩尾」は精神的疲労に効くツボ

「鳩尾」の位置は、東洋医学ではツボにあたります。精神的疲労や緊張による食欲不振などに効果があるとされるツボです。ツボの名称は「みぞおち」ではなく、「鳩尾」を音読みして「きゅうび」と呼ばれています。

ツボの位置は、肋骨が交わる骨のへりから1〜2センチほど下にあるくぼみです。押すときは両手の人差し指と中指、薬指の指を使い、息を吐きながら10秒ほどかけてゆっくりと押してください。

鳩尾

まとめ

「鳩尾」は胸の中央にあるへこみで、形が鳩の尾に似ていることが漢字の由来です。読み方は「みぞおち」で、「水落ち」から変化した読み方を当て字にしています。

鳩尾

「鳩尾」は東洋医学のツボでもあり、その場合の読み方は「きゅうび」です。精神的疲労や不眠に効くツボであり、緊張などで夜なかなか寝付けないという方は、寝る前に押してみるとよいでしょう。

こちらの記事もおすすめ

内臓型冷え症をこじらせない!お腹周りのツボ3つ |体を芯から温めるミカン皮や桃の葉の入浴剤
【鳩尾】この漢字なんと読む?ヒントは胸骨の近くにある身体の一部!

写真・イラスト/(C) Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事