Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.04.14

「切ない気持ち」とはどんな気持ちのこと?悲しい・寂しいとの違いとは

「切ない」とは、悲しさで胸が苦しくなったり、やるせなくなったりする気持ちのことです。誰かを好きになると、なぜ人は切なくなってしまうのでしょうか?切ない気持ちの理由や、切なくなったときの上手な乗り越え方を解説します。

Tags:

「切ない」の意味とは?

日々の生活の中で、切ない感情を抱く機会は誰にでも一度は訪れます。しかし、「切ない」とは具体的に言うとどういう気持ちなのでしょうか。なんとなくふわっとしていて、説明しようとすると意外と難しい言葉でもあります。まずはじめに、言葉の意味や語源から詳しく見ていきましょう。

切ない気持ちとは使い方類語悲しい寂しい違い理由対処法

心が苦しいこと

「切ない」とは、悲しさや寂しさで胸がしめつけられ、やるせない気持ちになること。恋愛をしているときに、相手を好きすぎてどうしてよいのか分からなくなったり、なぜか悲しい気持ちになったことがある人は少なくないでしょう。

そのようなときに感じるやりきれない思いの全てが、切ないという感情です。つまり、自分でコントロールできない悲しさや寂しさによって心が苦しくなってしまう状態のことを、「切ない」という言葉で表しているといえます。

肉体的に苦しい意味もある

地域によっては心理的な状態を表す場合以外に、肉体的な辛さや苦しさを表現する言葉としても使われています。

たとえば静岡県や山梨県で「咳が出て切ない」と言ったら、それは「咳が出て苦しい」という意味。

また、栃木県では「金銭的に乏しい」の意味として用いられており、実際に発言するときは「せつねー」と訛って使われます。たとえば「今ではすっかりせつねー暮らしをしてます」と言ったら、「今ではすっかり貧しい暮らしをしてます」という意味に。

全く異なる使い方のように思えますが、心理的にも肉体的にも身動きが取れず苦しい状態という点では、同様の意味合いがあるといってよいでしょう。

語源は「大切に思う」

もともとは、「大切に思う」という意味で使われていた「切なし」が変化した表現です。切には、「心の状態や程度がはなはだしいさま」という意味があり、切なる思い・切に願うなどのように使われることもあります。心にかけて深く思っているというポジティブな意味で使われていた「切なし」が、時代の流れとともに「寂しさで心が苦しい」といった、悲しいニュアンスに変化したのです。

「切ない」の使い方や類語との違い

実際に日常生活ではどのように使われているのでしょうか?使い方とあわせて、似たような意味がある「悲しい」や「寂しい」との違いについても、例文を見ながら確認していきましょう。

切ない気持ちとは使い方類語悲しい寂しい違い理由対処法

自分ではどうしようもない辛さを表現

切ないという言葉を使うのは、胸が苦しくて辛い気持ちになったときです。自分ではその辛さをどうすることもできない、というニュアンスを含んでいます。日常生活では、好きな人への思いが募ったときなど、恋愛において抱くことが多い感情です。

●昔の写真を見ていると、別れた彼氏のことを思い出して切ない気持ちになる
●遠距離の彼氏と電話していると、今すぐ会いたくて切なくなる
●彼女は、別れた彼氏への切ない思いをどうすることもできず毎晩泣いている

また、「切ない」は恋愛以外の場面で、悲しくて胸が苦しい気持ちを表すときにも使います。

●ペットの犬が死んでしまって、写真を見るたびに切ない気持ちでいっぱいになる
●卒業写真を見ていたら、学生時代の楽しかった思い出がよみがえり、切ない気持ちが込み上げてきた

「悲しい」や「寂しい」とはどう違う?

切ない気持ちを説明するときに悲しさ・寂しさという言葉を使いますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

「悲しい」は、「思わず泣けてくるほど心が痛むこと」を表す言葉です。何かショックな出来事があり、心が打ち砕かれて涙が出てくるようなときに使います。

●大好きな祖母が亡くなって、とても悲しい

また、「寂しい」は、何か物足りなさを感じたときや、気持ちが満たされない場合に使う言葉です。孤独感や心細さを表すために用いられます。

●周りに大勢の人がいるときでも、なぜか寂しい気持ちになることがある

「悲しい」や「寂しい」は、「切ない」と同じように気持ちが沈んでいることを表す言葉です。しかし、細かい違いを説明するなら、悲しさや寂しさを感じた後で心の中にじわじわと沸き起こってくるのが、「切ない」気持ちだということができるでしょう。

「切ない」と感じるのはどんなとき?

切ない気持ちは、恋愛において起こりやすい感情です。実際にどのような場面で切なくなるのか、恋愛で「切ない」と感じやすいケースを3つ挙げて解説します。

切ない気持ちとは使い方類語悲しい寂しい違い理由対処法

好きな人がほかの異性と話しているとき

自分の好きな人がほかの女性と親しそうに話をしているのを見ると、切なくなる人は多いのではないでしょうか?ただの友人同士だと分かっていても、好きな人が自分以外の異性と一緒に笑っていたり、楽しそうにしていたりするのは見たくないと思うものです。交際していない相手であれば、なおさら切ない気持ちが募るでしょう。

「自分の方を見てほしい」「できればほかの異性と仲良くしてほしくない」という、言葉にできない願いをどうすることもできず、辛い気持ちになってしまうのです。恋をしているとさまざまな感情が生まれ、自分でもどうしてよいのか分からなくなることがあります。切ない気持ちも、そういった感情のひとつなのです。

過去の恋愛を思い出したとき

昔好きだった人や交際していた人をふと思い出して、切ない気持ちになることも。楽しかった思い出だけでなく、喧嘩をしたことや別れたときのことも思い出されて、懐かしさと同時にほろ苦い気持ちも込み上げてきて切なくなるのです。

相手から振られてしまった場合は、切なさもひとしおでしょう。相手をなかなか忘れられずに、いつまでも切ない気持ちを引きずってしまうことになります。

LINEの返信がないとき

好きな相手に勇気を出してLINEを送ったのに、なかなか返信が来ないと切なくなることもあります。「きっと仕事が忙しいんだ」と思っても、「迷惑だったかも」「嫌われているのかもしれない」などと想像を膨らませて、ついネガティブな方向に考えてしまう人もいるのではないでしょうか?

友人や仕事仲間からの返信なら、多少遅くても気にならないかもしれません。しかし、好きな相手からの返信はとくに遅いように感じて、切ない気持ちになるのです。相手の気持ちが分からない分待っている間にどんどん切なさが募り、胸が苦しくなってしまうのでしょう。

「切ない」気持ちになる3つの理由

好きな人のことを考えたり、昔の恋愛を思い出したりすると、切ない気持ちになるものです。しかし、同じような状況になっても、あまり切ないと感じない人もいるかもしれません。切ない気持ちになるのには、何か理由があるのでしょうか?考えられる理由を3つ挙げて説明します。

切ない気持ちとは使い方類語悲しい寂しい違い理由対処法

自分に自信がないから

自分に自信が持てないと、切ない感情になりがちです。原因は、「周囲の人と比べて、自分は劣っているのではないか」と思い込んでしまうことが考えられます。たとえば、好きな人がほかの異性と話しているのを見て切なくなるのも、自分と話しているときよりも楽しそうだと捉えてしまう自信のなさが理由のひとつ。

ほかの人から指摘されたわけではないのに、「自分はダメだ」と思い込む自己肯定感の低さも、自信のなさにつながります。自分には自分のよいところがあると気付いて周りと比べるのをやめられたら、切なくなることも少なくなっていくでしょう。

相手に気持ちが伝わらないから

好きな相手に自分の気持ちが伝わらないのも、切なくなる理由です。片思いの場合は、相手の気持ちが分からないために、なかなか自分の思いを伝えることができません。好きなことを分かってほしいのに伝えられないというジレンマから、切ない気持ちになるのでしょう。

交際している場合でも、気持ちがすれ違って切なくなることがあります。自分の気持ちが伝わらないもどかしさで、やりきれない思いになるのです。相手を好きな気持ちが強いほど、伝わらないことへの切なさも増してしまいます。

夢中になれるものがないから

切なさを感じているときは、夢中になれるものがなく、好きな相手のことばかり考えているからかもしれません。気分転換ができず切ない気持ちに取り込まれると、ネガティブな感情が膨らんでしまいます。また、自分には夢中になれるものがないのに、何かに夢中になって楽しそうにしている人を見ると、うらやましくてやりきれない気持ちになることもあるでしょう。

「切ない」と思ったときの対処法3つ

恋をすると、ときには切ない気持ちにもなってしまいますが、切なさを感じること自体が悪いというわけではありません。切なくなったときに上手に気分転換して、自分の心理状態をコントロールできるのが理想的ですが、なかなか気持ちを切り替えるのは難しいものです。ここでは、切なくなったときに試してほしい、おすすめの対処法を3つ紹介します。

切ない気持ちとは使い方類語悲しい寂しい違い理由対処法

自分の気持ちに向き合う

自分の気持ちに向き合って、切なさをしっかり受け止めることが大切です。辛い気持ちや悲しい思いからは逃げたくなるものですが、そのままにしておいては解決に繋げることはできません。

なぜ今こんなに切ないのか、その理由を自分に問いかけてみるのがおすすめです。切ない気持ちを、日記などに書き記してみるのもよいでしょう。文字にしているうちに自分の切なさを客観的に捉えられるようになり、解決策やヒントが見つかるかもしれません。

何かに夢中になる

切ない感情のことばかりを考えていると、なかなか気持ちを切り替えられません。心が沈んで動き出せないときは、恋愛以外で夢中になれるものを探してみたり、好きなこと・ものを思い出してみましょう。

趣味がある人なら趣味に没頭するのもよいですし、趣味がない人は自分が楽しいと感じることや、仕事に打ち込んでみても構いません。これを機に、新しいことを始めてみるのもおすすめです。ほかのことに夢中になっている時間が多くなれば、気持ちが楽になって前向きな考えができるようになるでしょう。

思い切り泣く

切なさを感じたときは、涙を流して思い切り泣くのもよい方法です。我慢していた分だけ感情のままに泣くことで、たまっていた感情が開放され、スッキリした気持ちになれるでしょう。切ない気持ちになるときは、好きな人への思いを押し殺していたり、我慢していることが多いものです。そうした感情を心にしまい込んだままでは、いつまでも切ない気持ちから解放されることはないでしょう。しかし、頭では分かっていても、なかなか泣けないという人もいるはずです。その場合は、泣ける映画を観たり、切ないラブソングを聴いてみるのがおすすめです。

イラスト/(C)Shutterstock.com

▼こんなとき、みんなはどうしてる?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事