Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 子育ての悩み

2023.12.23

正直、時間がない! 共働きで子どもに習い事をさせる時、どんな工夫ができる?

 

祖父母など、家族に頼む

子どもが懐いていて、信頼できる家族に送迎を頼めると親御さんも安心ですね。その場合は、祖父母や兄弟などの家族が、無理なく送迎できる範囲内で習い事を探すとよいでしょう。しかし、祖父母や兄弟の急な用事や、体調不良などで送迎に行けなくなる場合があることも念頭においておくことが必要です。

習い事を続けるために、発想を転換する

子どものための時間を捻出するために、保護者は無理をしがちです。そこで、発想を転換してみるのはいかがでしょうか。

自宅でできる習い事にチェンジ

送迎が難しいなら、自宅で行う習い事を選択肢に入れてみてはいかがでしょう。最近ではオンラインレッスンや、先生を自宅に招く家庭教師のような訪問型のレッスンも多くあります。メリットとしては、比較的月謝が安いこと、送迎の手間が省けるということ。子どもと先生との1対1のレッスンもあるので、家庭の事情や子どもの習得ペースに合わせたレッスンを受けることができそうです。

共働き 習い事 送迎 子ども 送り迎え どうする ファミリーサポート タクシー

 休日に親子参加型・短期集中型の習い事へ

毎週、決まった曜日に習い事に行かせるのが難しい場合、休日に行われる親子参加型の習い事に参加するのもよいでしょう。リトミックやヨガなどのスポーツ系、キャンプなど自然の中で行うアウトドア活動など、様々な体験学習型の習い事があります。大人も一緒に楽しめるものも多く、休日を親子で過ごすことで、親子のコミュニケーションも深まりそう。

また、春休みや夏休みを利用して短期集中コースの習い事を探すのもよいでしょう。休みの期間は、キャンプなど宿泊つきのものに参加させると、子どもも楽しんで学習できそうですね。

共働き 習い事 送迎 子ども 送り迎え どうする ファミリーサポート タクシー

習い事のある日は、家事の手抜きもヨシとする

仕事が終わって、子どもの習い事の送迎、それから食事の支度に片付け、用事を全てやり切った頃にはグッタリ… なんてこともありますよね。子どもの習い事がある日は、家事などを完璧にこなさなくてもいいのです。外食したり、簡単な食事にしたり、子どもと過ごす時間を優先してあげてください。保護者が無理をしていると、子どもも習い事を楽しんで続けられなくなるかもしれません。

時短勤務・リモートワークを導入

会社に対して、就労意欲があること、家族の状況などをしっかり説明した上で、勤務時間を相談するのも方法の一つです。子どもの習い事がある日は時短勤務にしたり、リモートワークにするなど、働き方を見直してみてはいかがでしょう。

共働きの習い事のメリットを再認識

共働きだと仕事との兼ね合いで、時間の都合がつきにくかったり、できる習い事が限られていたりしますよね。しかし、共働きだからこそのメリットもあります。今一度、振り返ってみましょう。

子どもの協調性が習い事で養われる

様々な人と交流する中で、家族間では学ぶことができない協調性を養うことができます。

共働きの経済力があるから、習い事に通わせられる

夫婦ともに収入があると、経済的に余裕が生まれます。経済的に厳しいと、習い事をするのは難しいしょう。共働きだからこそ、子どもがしたい習い事ができると言えます。

共働き 習い事 送迎 子ども 送り迎え どうする ファミリーサポート タクシー

休日の習い事なら、夫婦で役割分担できる

夫婦の休日に子どもの習い事を入れると、2人で育児と家事を分担できます。平日は仕事があり習い事の送迎が難しい場合は、休日に行われている習い事を探してみてはいかがでしょう。仕事が休みであれば、「早く仕事を終わらせないといけない!」というプレッシャーはなくなります。

保護者も子どもも、無理をしないで

とにかく時間のやりくりが大変な共働き家庭の習い事事情。子どもの才能や可能性を伸ばす習い事に、折角なら親も楽しく関わりたいもの。習いたいことが決まったら、無理なく通うことができる日時や場所、方法をしっかり検討してみましょう。下調べをせずに習い事を始めてしまうと続きません。

さまざまなサービスを上手く活用して、頑張りすぎずに、仕事と習い事の両立にチャレンジしてみませんか。

1 2

▼あわせて読みたい

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!