Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2022.07.03

どう選ぶ?【ヤカン】のおすすめ10選 | おしゃれなデザインから大容量のものまで人気アイテムを紹介



ヤカンは値段や機能、デザインが多種多様なため、何を重視するかを考慮すると選びやすいでしょう。ヤカンを選ぶ際の大切なポイントやデザイン、人気の高いおすすめのヤカンを紹介します。使いやすい理想のヤカンを手に入れましょう。

ヤカンの上手な選び方のポイントは?

キッチン用品のひとつであるヤカンは、お湯を沸かすときに便利なアイテムです。素材やデザインなどをしっかり吟味して各家庭の用途に合うものを選ぶようにしましょう。ヤカンを選ぶ際に注目したい大切なポイントを紹介します。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランド

(C)Shutterstock.com

素材によって使い勝手や味に差が出る

ヤカンの主な素材は、ステンレス・ホーロー・銅・鉄・アルミニウムが多く、それぞれ特徴が異なります。最近人気となっているのは、ステンレス製とホーロー製のヤカンです。

ステンレスは、耐久性に優れており錆びにくく手入れが簡単と言われており、長く使えるアイテムとしておすすめです。ホーローは、保温性デザイン性に優れており、一人暮らしの女性にも人気。また、IHコンロに対応しているタイプが多いのも特徴のひとつです。

「素材によっては沸騰するまでの時間や味に差がでる」こともおさえておきたいポイントです。熱伝導率が高い銅やアルミニウムのヤカンは、短時間でお湯が沸くのがメリット。アルミニウムや銅、鉄のヤカンは、クセのないまろやかな味わいを楽しめるのが魅力です。

人数や用途に合った容量か

ヤカンの「容量」は、家族の人数や用途に合うものを選びましょう。たとえば、1人でコーヒーや紅茶を飲むために少量の水を沸かすのか、それとも家族4人分の麦茶を作るのに大量の水を沸かすのかでは、容量が大きく異なります。1人用には0.5~1L、2人用には1~1.5L、3人以上は2Lを目安に選ぶのが一般的です。

また、気を付けなければいけないのが、各製品に記載されている満水容量です。これはヤカン一杯に入る水量のことを指しており、実際にお湯を沸かす際の水量の目安である適正容量とは異なります。ヤカンの容量を決める際は、適正容量を基準に選びましょう。

対応機器もチェック

ヤカンの素材によっては「IHコンロ」に対応していないタイプもあるため、購入の際は「IHコンロに対応しているか」もチェックしましょう。現在、ガスコンロを使用している家庭でも、今後IHコンロに買い替える予定や引っ越しの予定がある場合は、どちらにも対応可能なステンレスホーローのヤカンを選ぶと、長く使用できるのでおすすめです。

使いやすさやデザインも重視してみよう

ヤカンを選ぶ際は、使いやすさに差が出る「デザイン」にも目を向けてみてはいかがでしょうか。とくに「注ぎ口」にこだわることで、用途に最適なヤカンを選べます。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランド

(C)Shutterstock.com

注ぎ口の形を確認

ヤカンの注ぎ口には、太いタイプと細いタイプがあります。太いタイプは洗いやすいため、手入れが簡単な点がメリット。細いタイプはお湯を少量ずつ注げるため、ドバっと出てしまい飛び散ったり、やけどする心配が少なく安心です。

注ぎ口が細いだけでなく、くびれたタイプの物は、お湯をセーブしながらゆっくり注げるため、ドリップコーヒーを淹れるのにも適しています。また、注ぎ口に笛が付いている笛吹タイプは、沸騰したことを音で知らせてくれるため、吹きこぼれる心配が少ないのがメリットです。ヤカンでお湯を沸かしながら別の家事をしていても、音で気付けるため、忙しいママには重宝します。

口が広いと洗いやすく衛生的

ヤカンに限らず、キッチン用品は菌の繁殖を防ぐため、清潔に保つことが大切です。とくにヤカンを頻繁に使用する家庭では、「洗いやすさ」は大切なチェックポイントになるでしょう。口径が大きいタイプは手がすっぽり中に入り、内部を隅々までしっかり洗えるため、衛生的でおすすめです。また、ヤカンの取っ手が左右に倒せるかもチェックしましょう。取っ手が倒せない固定式タイプは、ヤカンの内部を洗うときに邪魔になるため、できれば倒せるタイプを選ぶのがおすすめです。

おすすめのヤカンブランドはコレ

「おしゃれで使いやすい」と定評がある、人気のブランドを紹介します。使うのが楽しみになる、お気に入りのヤカンを見つけましょう。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランド

(C)Shutterstock.com

使いやすくデザイン性も高い「柳宗理」

日本を代表するプロダクトデザイナーである「柳宗理」のヤカンは、熟練した職人の手によって丁寧に仕上げられ、機能性とデザイン性に優れているのが特徴です。熱伝導率を高める平べったい形状や熱くなりにくい取っ手、人間工学に基づきスムーズに注げるハンドルの形状など、使いやすさを追求した細やかなこだわりは、目を見張るものがあります。また、つや消しステンレスのシンプルでモダンなデザインが美しく、IHコンロ対応なのも魅力的です。

SORI YANAGI 公式HP

使いやすさを徹底的に追求したステンレスケトル

グッドデザイン賞を受賞しているこのステンレスケトルは、シンプルで暖かみのあるデザインが人気。フタの直径が大ききく、水のすすぎやすさが配慮されています。また内部に手を入れやすく、楽に内側を洗えるのも使いやすさのポイント。錆びにくく加工性に優れたブルーテンパ材を使用。使用前に焼きこみをすることで油がなじみ、耐久性が上がり長く使うことができます。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランド柳宗理 「ステンレスケトル つや消し」

商品名:柳宗理 「ステンレスケトル つや消し」

 

キッチンが華やかになる「ル・クルーゼ」

キッチンブランドとして絶大な人気を誇る「Le Creuset(ル・クルーゼ)」からは、個性的な三角形のデザインで笛吹付の「ケトルコーン」、笛吹なしのシンプルなデザインの「ケトル・デミ」、ドリップコーヒーに最適な「ドリップ・ケトル」の3種類のヤカンが販売されています。いずれもIHコンロ対応で、ポップなカラーバリエーションとツヤのあるホーローコーティングが特徴です。また、耐衝撃性を高めるステンレス製のフチや熱くなりにくく安定感のある取っ手、洗いやすい大きな口径熱伝導率を高める広めの底など、使いやすさをアップする機能がそろっています。

ケトル|ル・クルーゼ公式HP

淡いカラーがかわいいケトル・ゼン

熱効率の良いしっかりとしたスチールに、色鮮やかなホーローコーティングが人気。日本の鉄瓶をイメージして作られたケトル・ゼンは、ル・クルーゼならではのカラーラインナップで、他の製品とのコーディネートも楽しみのひとつに。細部まで機能的にデザインされており、ガスコンロ・IHどちらでも使用可能。注ぐときに注意が必要な取っ手の部分は、しっかりと固定できるよう設計されているので安全面でも安心して使えます。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランドル・クルーゼ「ケトル・ゼン」

商品名:ル・クルーゼ「ケトル・ゼン」

 

シンプルだけどおしゃれ「野田琺瑯」

創業以来、琺瑯一筋で多種多様な商品を製造している老舗メーカー「野田琺瑯」のヤカンは、さまざまな用途に合う豊富なラインナップと、キッチンを華やかにする鮮やかなカラー展開が自慢のブランドです。定番で使用感抜群の「アムケトル」、注ぎ口が細くドリップコーヒーに最適な「ドリップケトル」、テーブルに置いてもおしゃれな「ポトル」など、どれも飽きのこないシンプルながらパッと目を引くデザインは、長年に渡り人々を魅了し続けています。高品質で長く使用可能な上に、IHコンロ対応な点もうれしいポイントではないでしょうか。

ケトル|野田琺瑯 公式HP

機能美を追求したモダンなケトル

樹脂ハンドルとつまみは、プロダクトデザイナー柴田 文江氏によるデザイン。安定感があり、懐かしい佇まいと、機能美を追求使う人にやさしいハンドルに仕上げられています。深みのある色バリエーションが魅力で、ホワイトのほかブラック・グリーン・ブルー・レッドのラインナップ。IH100V200に対応。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランド野田琺瑯 「アムケトル 2.0L ホワイト AM-20K」

商品名:野田琺瑯 「アムケトル 2.0L ホワイト AM-20K」

 

ほかにもいろいろ!おすすめのヤカン10選

上記でヤカンのおすすめブランドを3つ紹介しました。ここからは、おすすめブランドのヤカンを含めて人気のあるラインナップを容量順に10点紹介します。商品によっては「満水容量」と「適正容量」で表示されているものがあるので、使う人数や用途に合わせて特徴やデザインの好みなど、じっくり選定してみましょう。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランド

(C)Shutterstock.com

フォームレディ「kaico ケトル 1.45L」

大きくて洗いやすい開口熱くならない木の取っ手熱を広範囲で伝えられる広い底、と使いやすさへのこだわりがたくさん詰め込まれた「kaico(カイコ) ケトル」。丁寧なものづくりで定評のあるデザイナー・小泉誠氏が手がけており、グッドデザイン賞を受賞した人気シリーズkaicoのケトルです。素材は、保温性・耐酸性・耐久性に優れたホーローを使用。満水容量は1.45Lで、カスコンロはもちろんIH(100V・200V)の家庭でも使えます。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランドフォームレディ「kaico ケトル 1.45L」

商品名:フォームレディ「kaico ケトル 1.45L」

野田琺瑯「POCHIKA ケトル 1.5L」

おすすめブランドの中でご紹介した、野田琺瑯「アムケトル」とはまた違ったシリーズ「POCHIKA」のケトル。「POCHIKA(ポーチカ)」はロシア語で〝つぼみ〟という意味があり、その名の通り丸みのある可愛らしいフォルムが〝置いておくだけでかわいい〟と人気を集めています。使い勝手のいいコンパクトなサイズ感で、大きさはH20.2×W20.5×D15.7cm。1人暮らしや少人数用におすすめです。満水容量は1.5Lで、ガスコンロ・IH(100V・200V)ともに対応しています。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランド野田琺瑯「POCHIKA ケトル 1.5L」

商品名:野田琺瑯「POCHIKA ケトル 1.5L」

 

Le Creuset「ケトル・コーン 1.6L」

三角形が特徴的なLe Creusetの「ケトル・コーン」。「ケトル・ゼン」と同じく、沸騰したら音で知らせてくれる笛付き仕様です。ホーローコーティングを施しており、上部から底に向かってグラデーションになっているモダンなデザインも特徴のひとつ。見せる収納に映えるアイテムです。カラーバリエーションはチェリーレッドのほか、オレンジ、マリンブルー、シェルピンクで全4種類。キッチンの空間がパッと明るくなるラインナップが揃います。適正容量は1.6L、ガスコンロでもIHでも使えます。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランドLe Creuset「ケトル・コーン 1.6L チェリーレッド」

商品名:Le Creuset「ケトル・コーン 1.6L チェリーレッド」

copan「フラットケトル FK-22 1.6L」

copan(コパン)の「フラットケトル」は、取っ手をたたむと天面がフラットになり、冷蔵庫内や限られたキッチンスペースを有効活用できるのが特徴です。使いやすさだけでなく、優れた耐久性・耐熱性・耐酸性、そして高い保温性と高機能が揃うホーロー素材。お茶の葉をこして飲みたい人にうれしい、ステンレス製の茶こしが付いています。適正容量は約1.6L(満水容量は約2.3L)。対応している熱源の種類が多いのもメリットで、ガスコンロ・IH200V・ハロゲン・ラジエント・シーズ・エンクロで使用できます。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランドcopan「フラットケトル FK-22 1.6L グレー」

商品名:copan「フラットケトル FK-22 1.6L グレー」

 

ヨシカワ「ショコラ笛ふきケトル 1.8L」

シンプルながらもステンレスのシルバーとブラウンの配色がおしゃれな、ヨシカワの「笛ふきケトル」。ステンレス加工の産地である、新潟県の県央地域で材料確認をした素材のみを使用し製造されている日本製のヤカンです。満水容量は1.8L、ガスコンロ・IH200V以外にシーズヒーター、ハロゲンヒーター、エンクロヒーター、ラジエントヒーターと幅広い熱源に対応しています。

「フタの安定感」や「軽さ」、「取っ手が熱くなりにくい」など使いやすいという声が多く、リピートしているという人も。こちらは満水容量1.8Lですが、満水容量2.5Lのタイプも展開されています。カラーの種類はブラウン・ホワイト。カラフルなラインナップが揃う「わ・とーん(和色)笛ふきケトル」では、BOTAN(ピンク)・UMI(ブルー)・WAKATAKE(グリーン)のポップなデザインも。

ヨシカワ「ショコラ笛ふきケトル 1.8L SJ2435 ブラウン」

商品名:ヨシカワ「ショコラ笛ふきケトル 1.8L SJ2435 ブラウン」

 

和平フレイズ「匠弥 ケトル 2.5L」

伝統として古くから伝えられてきた技術がたくさん詰まった、和平フレイズの「匠弥 ケトル」。金属加工の町、新潟・燕三条の職人による日本製のヤカンです。丈夫なステンレスをつや消し加工で上品に仕上げ、無駄のない洗練されたデザインが特徴。素早い沸騰、湯切れのいい注ぎ口、持ちやすいハンドルなど、日々使うものだからこそ細部にまでこだわって作られています。満水容量は2.5L、ガスコンロはもちろんIHも使用可能です。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランド和平フレイズ「匠弥 ケトル 2.5L TY-018」

商品名:和平フレイズ「匠弥 ケトル 2.5L TY-018」

 

貝印 KAI「シェフトロン ケトル 2.5L」

「シンプルなデザインで探したい」という人におすすめなのが、貝印の「シェフトロン ケトル」。軽量で手入れがしやすいミラーコート仕上げのヤカンです。新潟県燕三条の工場で製造された信頼度の高いこちらのヤカンは、18-10ステンレスで熱伝導のいい炭素鋼を挟んだ三重構造。製品安全協会SG基準に合格しています。笛吹きタイプで沸騰すると笛の音で知らせてくれるため、空焚き対策にも◎。適正容量は2.0L(満水容量2.5L)で、ガスコンロ・IH(100V・200V)どちらの熱源でも使えます。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランド貝印 KAI「シェフトロン ケトル 2.5L DY5056」

商品名:貝印 KAI「シェフトロン ケトル 2.5L DY5056」

 

FUJIHORO「ケトル 2.5L パープルアッシュ」

パステル系のパープルとゴールドの配色がおしゃれなこちらのヤカンは、デザイン性の高いキッチングッズが揃う「FUJIHORO(富士ホーロー)」のケトル。熱効率がよい琺瑯製で、お湯を沸かすためだけではなく、お茶を淹れたりパックを入れて麦茶を沸かしたいときにも活躍します。内側を洗いやすい広口設計で、フタには落下防止のツメ付き。注ぐときに傾けてもフタが落ちてしまわないよう配慮されています。カラーのラインナップは新色のパープルアッシュと、人気のスモークブルー。キッチンのイメージに合わせて選ぶのが楽しくなりそうなカラー展開です。満水容量は2.5L、ガスコンロ・IHの両方で使えます。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランド富士ホーロー「ケトル 2.5L パープルアッシュ CLF-2.5K・PA」

商品名:富士ホーロー「ケトル 2.5L パープルアッシュ CLF-2.5K・PA」

 

POLIVIAR「笛吹きやかん 2.5L グレー」

「デザインがおしゃれ!」と人気な、POLIVIAR (ポリビア)の「笛吹きやかん」。電気めっきを施したステンレス製のスタイリッシュなケトルです。ポイントはシリコンでコーティングされたハンドル。沸騰したあとでも熱くならず、ハンドルに付いているタッチボタンで笛部分を開閉できるようになっています。満水容量は2.5L。ガスコンロ、IH200V、ハロゲンヒーター、ラジエントヒーターなど、幅広い熱源に対応しています。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランドPOLIVIAR「笛吹きやかん 2.5L グレー GR20-JP」

商品名:POLIVIAR「笛吹きやかん 2.5L グレー GR20-JP」

 

パール金属「ステンレス製 茶こし付きケトル 5.0L」

たくさんのお湯を沸かしたい人や大家族には、パール金属の「ステンレス製 茶こし付きケトル」がおすすめです。適正容量が約4.2L(満水容量5.0L)で一度に大容量のお湯を沸かせます。お茶を作りたいときにあるとうれしい深めの茶こし付き。お湯を沸かす工程とお茶を作る工程をひとつで完結できます。開口が広く設計されており、水を入れるときや内側を洗うときに手を入れやすいのも魅力的。熱源は、ガスコンロ、IH200V、シーズヒータ、ハロゲンヒータ、エンクロヒータ、ラジエントヒータの幅広いタイプに対応。サイズのバリエーションが豊富で、1.6L・3.0L・4.0Lの容量タイプも展開されています。

ヤカンおすすめ選び方容量素材デザインヤカンブランドパール金属「ステンレス製 茶こし付きケトル 5.0L」

商品名:パール金属「ステンレス製 茶こし付きケトル 5.0L」

▼こちらの記事もおすすめ

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事