【ヤカン】の上手な選び方は?高機能で使いやすいおすすめブランドはコレ! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE大人の暮らし上手

2019.09.14

【ヤカン】の上手な選び方は?高機能で使いやすいおすすめブランドはコレ!

ヤカンは値段や機能、デザインが多種多様なため、何を重視するかを考慮すると選びやすいでしょう。ヤカンを選ぶ際の大切なポイントやデザイン、人気の高いおすすめのヤカンを紹介します。使いやすい理想のヤカンを手に入れましょう。

ヤカンの上手な選び方のポイントは?

キッチン用品の一つであるヤカンは、お湯を沸かすことにも便利なアイテムです。素材やデザインなどをしっかり吟味して各家庭の用途に合うものを選ぶようにしましょう。ヤカンを選ぶ際に注目したい大切なポイントを紹介します。

(C)Shutterstock.com

素材によって使い勝手や味に差が出る

ヤカンの主な素材は、ステンレス・ホーロー・銅・鉄・アルミニウムが多く、それぞれ特徴が異なります。最近人気となっているのは、ステンレス製とホーロー製のヤカンです。

ステンレスは、耐久性に優れており錆びにくく手入れが簡単と言われており、長く使えるアイテムとしておすすめです。

ホーローは、保温性やデザイン性に優れており、一人暮らしの女性にも人気です。また、IHコンロに対応しているタイプも多いのも特徴の一つです。

素材により沸騰するまでにかかる時間や味に差がでることも見逃せないポイントです。熱伝導率が高い銅やアルミニウムのヤカンは、短時間でお湯が沸くのがメリットでしょう。

さらには、味も多少は異なり、アルミニウムや銅、鉄のヤカンは、クセのないまろやかな味わいを楽しめるのが魅力です。

人数や用途に合った容量か

ヤカンの「容量」は、家族の人数や用途に合うものをびましょう。例えば、1人でコーヒーや紅茶を飲むために少量の水を沸かすのか、それとも家族4人分の麦茶を作るのに大量の水を沸かすのかでは、容量が大きく異なります。1人用には0.5~1L、2人用には1~1.5L、3人以上は2Lを目安に選ぶのが一般的。

また、気を付けなければいけないのが、各製品に記載されている「満水容量」です。これはヤカン一杯に入る水量のことを指しており、実際にお湯を沸かす際の水量の目安である「適正容量」とは異なります。ヤカンの容量を決める際は、適正容量を基準に選びましょう。

対応機器もチェック

ヤカンの素材によっては「IHコンロ」に対応していないタイプもあるため、購入の際は「IHコンロに対応しているか」もチェックしましょう。現在、ガスコンロを使用している家庭でも、今後IHコンロに買い替える予定や引っ越しの予定がある場合は、どちらにも対応可能なステンレスやホーローのヤカンを選ぶと、長く使用できるのでおすすめです。

使いやすさやデザインも重視してみよう

ヤカンを選ぶ際は、使いやすさに差が出る「デザイン」にも目を向けてみてはいかがでしょうか。特に「注ぎ口」にこだわることで、用途に最適な使用感のヤカンを選べます。

(C)Shutterstock.com

注ぎ口の形を確認

ヤカンの注ぎ口には、太いタイプと細いタイプがあります。太いタイプは洗いやすいため、手入れが簡単な点がメリットでしょう。細いタイプはお湯を少量ずつ注げるため、ドバっと出てしまい飛び散ったり、やけどしたりする心配がなく安心です。

注ぎ口が細いだけでなく、くびれたタイプの物は、お湯をセーブしながらゆっくり注げるため、ドリップコーヒーを淹れるのにも適しています。また、注ぎ口に笛が付いている「笛吹タイプ」は、沸騰したことを音で知らせてくれるため、吹きこぼれる心配がないのがメリットです。ヤカンでお湯を沸かしながら別の家事をしていても、音で気付けるため、忙しいママには重宝します。

口が広いと洗いやすく衛生的

ヤカンに限らず、キッチン用品は菌の繁殖を防ぐため、清潔に保つことが大切です。特にヤカンを頻繁に使用する家庭では、「洗いやすさ」は大切なチェックポイントになるでしょう。口径が大きいタイプは手がすっぽり中に入り、内部を隅々までしっかり洗えるため、衛生的でおすすめです。

また、ヤカンの取っ手が左右に倒せるかもチェックしましょう。取っ手が倒せない固定式タイプは、ヤカンの内部を洗うときに邪魔になるため、できれば倒せるタイプを選ぶのがおすすめです。

おすすめのやかんブランドはコレ

「おしゃれで使いやすい」と定評がある、人気のブランドを紹介します。使うのが楽しみになる、お気に入りのヤカンを見つけましょう。

(C)Shutterstock.com

使いやすくデザイン性も高い「柳宗理」

日本を代表するプロダクトデザイナーである「柳宗理」のヤカンは、多くの熟練した職人の手によって丁寧に仕上げられ、機能性とデザイン性に優れているのが特徴です。

熱伝導率を高める平べったい形状や熱くなりにくい取っ手、人間工学に基づきスムーズに注げるハンドルの形状など、使いやすさを追求した細やかなこだわりは、目を見張るものがあります。

また、つや消しステンレスのシンプルでモダンなデザインが美しく、IHコンロ対応なのも魅力の一つでしょう。

SORI YANAGI Support Site (柳宗理サポートサイト)

キッチンが華やかになる「ル・クルーゼ」

キッチンブランドとして絶大な人気を誇る「ル・クレーゼ」からは、個性的な三角形のデザインで笛吹付の「ケトルコーン」、笛吹なしのシンプルなデザインの「ケトル・デミ」、ドリップコーヒーに最適な「ドリップ・ケトル」の3種類のヤカンが販売されています。

いずれもIHコンロ対応で、ポップなカラーバリエーションとツヤのあるホーローコーティングが特徴です。他のル・クルーゼ製品とのコーディネートが楽しめるのも魅力でしょう。

また、耐衝撃性を高めるステンレス製のフチや熱くなりにくく安定感のある取っ手、洗いやすい大きな口径、熱伝導率を高める広めの底など、使いやすさをアップする機能がそろっています。

ケトル | ル・クルーゼ(Le Creuset)

シンプルだけどおしゃれ「野田琺瑯」

老舗メーカー「野田琺瑯」のヤカンは、さまざまな用途に合う豊富なラインナップと、キッチンを華やかにする鮮やかなカラー展開が自慢のブランドです。

定番で使用感抜群の「アムケトル」、注ぎ口が細くドリップコーヒーに最適な「ドリップケトル」、ポットとしてテーブルに置いてもおしゃれな「ポトル」など、どれも飽きのこないシンプルながらパッと目を引くデザインは、長年に渡り人々を魅了し続けています。

高品質で長く使用可能な上に、IHコンロ対応な点もうれしいポイントではないでしょうか。

ケトル・ポット – 野田琺瑯

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事