大人の女性が持ちたいのはコレ!【万年筆】のおすすめ6選 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE暮らし

2019.12.13

大人の女性が持ちたいのはコレ!【万年筆】のおすすめ6選

さりげなく万年筆を使っている女性は、大人らしく素敵に見えるものです。しかし、自分も万年筆を使ってみたいと思っても、使用方法や管理の仕方などが分からず、不安に思う人もいるのではないでしょうか。万年筆の基礎知識や、おすすめの逸品を紹介します。

まずは、【万年筆】の基本知識をチェック!

万年筆は主に、金属製のペン先を持ち、インクを補填して使用する筆記用具です。ボールペンやシャープペンシルよりも、取り扱いが難しいイメージを持つかもしれません。ここでは、万年筆の基本的な知識を見ていきます。

使用するときの注意点

万年筆を使う際には、万年筆と同じメーカーのインクを使うのがおすすめです。メーカーによってインクの成分が異なるため、同じメーカーのインクを使えば使用中のトラブルが少なくなります。また、同じメーカーのインクであっても、基本的にはインクを混ぜて使用しないように注意しましょう。成分が違うものを混ぜることで、化学反応が起こり、トラブルにつながる可能性があります。もちろん、混ぜても良いと記載されているインクは、混ぜてオリジナルの色を作ってもかまいません。

同じ理由で、違うインクに変えるときには、万年筆の内部をしっかり洗うことが大事。毎日使うことも大切なメンテナンスの一つです。内部でインクが固まることを防ぐためにも、万年筆は定期的に使うようにしましょう

補填方式ごとの洗浄方法

インクを交換する際には洗浄が必要ですが、その方法は補填方式によって異なります。現在流通している万年筆の主な補填方式は、カートリッジ式・コンバーター式・吸入式の3種類です。

カートリッジ式の場合、カートリッジを取り外した状態でペン先をコップの水に入れて洗います。つまりがある場合は、1日程度浸しておくと効果的です。

コンバーター式の場合はコンバーターを付けたままで、吸入式の場合はそのままの状態で水に入れます。その後、水の吸入と排出を繰り返しながら、中を洗浄しましょう。時々コップの水を取り替えて、インクの色が出なくなるまで繰り返します。

どの補填方式の場合でも、最後は流水でペン先を洗い流し、柔らかい布で水分を拭き取ります。

【万年筆】を選ぶときの3つのポイント

万年筆を購入するときには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか。万年筆を選ぶ際にチェックしておきたいポイントを紹介します。

1:ペンの書き心地

万年筆は文字を書くために使用するものですから、ペンの書き心地は重要なポイントです。ペン先には主に金やステンレスが使用されていて、素材ごとに書き心地が異なります。

金のペン先は、柔らかく滑らかな書き心地が特徴です。金は腐食に強く、含有率が高いほど柔らかい書き味になりますが、当然価格も高くなります。

逆に、硬くカリカリとした書き心地を好む人には、ステンレスのペン先がおすすめです。ステンレスの場合、比較的リーズナブルな価格で購入できます。ただし、金に比べて錆びやすいため、注意が必要です。

書き心地は購入前の試し書きで確認できます。自分の名前など、日常でよく使う文字を書いて、書き心地の違いをチェックしてみましょう。

2:本体の太さやデザイン

本体の太さをどのくらいにするかも、重要なポイントです。本体の軸の太さは主に太軸と細軸があります。この二つを比較すると、太軸の方が細軸よりも疲れにくいのが一般的。しかし、手が小さい人や指が細い人は細軸の方が向いているケースもありますので、試し書きをしながら使いやすい太さを選びましょう。

3:インクの補填方式

インクの補填方式は、先にも紹介した通り、カートリッジ式・吸入式・コンバーター式の3種類です。

カートリッジ式は、何と言ってもインクの補填が簡単にできるのが大きなメリット。しかし、カートリッジとして販売されているインクしか使用できないため、使用するインクの選択肢が狭くなったり、ボトルインクに比べてコストが高くなったりするデメリットがあります。

吸入式は、ボトルから直接万年筆にインクを吸入して補填する方式。カートリッジタイプに比べて一度に入れられるインクの量が多いことや、いろいろな種類のインクを楽しめるのがメリットですが、インクの補填には手間がかかります。

コンバーター式は両用式とも呼ばれ、ボトルインクからの補填もできますし、コンバーターを外してカートリッジを使うこともできる万年筆です。それぞれの特徴を理解して、自分に合ったものを選びましょう。

おすすめの人気メーカー

万年筆はさまざまなメーカーから販売されています。その中でも、おすすめの人気メーカー三つを紹介しましょう。

1.ペリカン

ドイツで創業した「ペリカン」は、万年筆をはじめ筆記用インクやコピー用インクなど、さまざまな製品を販売している歴史の古いメーカーです。1929年にはペリカン独自の「ピストン式吸入機構」を搭載した万年筆を発売し、人気を博しました。クラシックなデザインが特徴で、特にペリカンの代名詞とも言える縞模様を配した「スーベレーン」シリーズは人気です。

ペリカン公式HP

2.パーカー

イギリスの筆記具メーカー「パーカー」は、英国王室御用達としてもその名が知られているメーカーです。パーカーは万年筆のインク漏れを防ぐためにカーブさせたペン芯を開発し、筆記具に進化をもたらしました。矢羽のモチーフを使った矢羽クリップが特徴で、メーカーの先駆的な姿勢を表しています。

The Parker Sonnet 2018 Special Edition

パーカー公式HP

3.パイロット

日本の文具メーカー「パイロット」も、万年筆メーカーとして有名です。100年以上の歴史があり、リーズナブルなものから高級なものまで、さまざまな万年筆まで取り扱っています。

日本語を書くことに適したペンを目指している点が、日本企業ならではの特徴とも言えるでしょう。

万年筆のお手入れの仕方<カートリッジ式>

パイロット公式HP

書き心地の良い高級万年筆3選

万年筆の価格は、比較的リーズナブルなものから、高級なものまでさまざまです。働く女性にも相応しい高級な万年筆の中から、おすすめの品を紹介します。

鮮やかなマーブルブルー
ペリカン「クラシック M205」

「ペリカン」の「クラシック M205」は、本体の鮮やかなマーブルブルーが特徴の万年筆です。クラシックシリーズは、ペリカンのベストセラーシリーズの一つで、世界各国で人気があり、数多くの製品が販売されています。

クラシックM205は、過去に「205マーブルブルー」として販売されていた製品が、更に高級感のある輝きを加えて発売された定番商品です。ペン先はステンレススチールで、太字・中字・細字・極細字の4種類から選べます。

商品名:ペリカン マーブルブルー クラシック M205
価格:1万5000円(税抜)

優美で繊細なデザイン
パーカー「ソネット」

「パーカー」の「ソネット」は、上品で洗練された繊細なデザインで、比較的細めのボディが特徴です。パーカーの定番シリーズの中でも、そのスタイリッシュなデザインから、男性だけでなく、女性にも人気があります。

ペン先は本体の種類によって、18金またはステンレススチールの2種類です。本体のデザインに合わせて、ローズゴールド仕上げになっているデザインもあります。インクの充填はコンバーター式でカートリッジタイプも使用可能です。

商品名:パーカー ソネット
価格:3万円(税抜)

ノック式のロングセラー商品
パイロット「キャップレス デシモ」

世界初のノック式万年筆として発売され、ロングセラーとなっているのが「パイロット」の「キャップレス デシモ」です。ボールペンのようにワンノックで使えるのが特徴で、軽量・細身のため、持ち歩きもしやすくなっています。

コンバーター式でカートリッジインクも使用できるため、外出先でもインクの補填に困りません。ペン先は18金で、本体の色によって選べるペン先の太さが限られるケースがあるため、注意しましょう。

商品名:パイロット キャップレスデシモ
価格:1万5000円(税抜)

1万円以下のリーズナブルな万年筆

初めて万年筆を購入する場合、まずはリーズナブルなものから試してみたいと考える人も多いでしょう。1万円以下の万年筆の中から、コストパフォーマンスの高いおすすめの製品を紹介します。

日常使いにぴったり
パーカー「ジョッター」

日常的に使用する万年筆としてぴったりなのが、「パーカー」の「ジョッター」です。1954年にボールペンのシリーズとして誕生し、人気を博したジョッターシリーズですが、そのシンプルさや細身のデザインをそのままに、2018年に万年筆のシリーズも発売されました。

ボールペンのシリーズと同様に、細身のフォルムと軽量化されたボディで、持ち運びしやすくなっています。ペン先・ボディともに耐久性のあるステンレススチールを採用しており、パーカーの特徴である、「矢羽クリップ」も同素材です。

ペン先の太さは細字のみですが、パーカー初となる細字に特化したペン先を使用しており、引っかかりのない滑らかな書き心地が味わえます。

商品名:パーカー ジョッター ブラックCT
価格:4000円(税抜)

機能的なモダンデザイン
パーカー「パーカー・IM」

「パーカー」のエントリーモデルとして人気が高いのが、「パーカー・IM」です。機能的かつモダンなデザインが特徴で、カラー展開も多彩なため、好みに合わせて選べます。クリップ・トリムはデザインによってクローム仕上げまたはゴールドプレート仕上げの2種類です。

耐久性に優れたステンレススチールのペン先を採用しており、快適な書き心地を実現しています。ペン先の太さは、細字と中字の2種類です。

商品名:パーカー パーカー・IM オリジンブルー
価格:7000円(税抜)

繭のような美しい曲線 パイロット「コクーン」

「パイロット」の「コクーン」は、繭のような中心がふくらんだ美しい曲線が特徴で、グッドデザイン賞を受賞した万年筆です。握りやすさを考慮したやや太めの本体と、程よい重量感で、日常的に使いやすいデザインになっています。

インクの補填はコンバーター式で、カートリッジインクも使用可能です。ペン先は特殊合金で、太さは細字と中字から選べます。カラー展開も豊富ため、好みに合わせて選べるのもうれしいポイントです。

商品名:パイロット コクーン
価格:3000円(税抜)

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事