赤ちゃんの体重はどう増える?月齢ごとの成長の目安・体重の量り方(まとめ) | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE子育て

2020.06.04

赤ちゃんの体重はどう増える?月齢ごとの成長の目安・体重の量り方(まとめ)

体重の増加は、赤ちゃんの発育状況を知るバロメーターのひとつです。このため体重が増えなかったり、増え過ぎたりすることで、発育に不安を感じるママも少なくありません。赤ちゃんの体重について、月齢別の平均や成長曲線の見方、正しい量り方を解説します。

Tags:

月齢ごとの体重目安
乳児成長曲線で赤ちゃんの成長を確認
体重増加はどう推移する?
体重の量り方
体重測定するときの注意点

月齢ごとの体重目安

赤ちゃんの体重は、誕生してから1年足らずでおよそ3倍にもなります。1カ月当たり数百gと、どんどん大きくなっていく様子を見るのは、育児の楽しみの一つです。我が子の体重は同じ月齢の赤ちゃんに比べて多いのか少ないのか、増え方は正常なのかなど、非常に気になるところです。

赤ちゃん 体重 測り方

はじめに、厚生労働省が平成22年に実施した調査データを参考に、月齢ごとの平均体重を紹介します。

参考:厚生労働省「平成22年乳幼児身体発育調査結果の概要」

男の子の平均体重とは

赤ちゃん 体重 測り方

新生児から生後12カ月までの、男の子の平均体重は以下の通りです。出生時から生後12カ月までに、約6kg増えていることがわかります。

・出生時:2.98kg
・1~2カ月:4.78kg
・2~3カ月:5.83kg
・3~4カ月:6.63kg
・4~5カ月:7.22kg
・5~6カ月:7.67kg
・6~7カ月:8.01kg
・7~8カ月:8.3kg
・8~9カ月:8.53kg
・9~10カ月:8.73kg
・10~11カ月:8.91kg
・11~12カ月:9.09kg

女の子の平均体重とは

赤ちゃん 体重 測り方

次に、女の子の平均体重を見てみましょう。

・出生時:2.91kg
・1~2カ月:4.46kg
・2~3カ月:5.42kg
・3~4カ月:6.16kg
・4~5カ月:6.73kg
・5~6カ月:7.17kg
・6~7カ月:7.52kg
・7~8カ月:7.79kg
・8~9カ月:8.01kg
・9~10カ月:8.20kg
・10~11カ月:8.73kg
・11~12カ月:8.54kg

女の子は、出生時から12カ月まで約5.6kg増となっており、男の子に比べて少し増加率が少ないことがわかります。また、出生時の平均体重も男の子より軽めです。

赤ちゃん 体重 測り方
乳児成長曲線で赤ちゃんの成長を確認

妊娠時に自治体から交付される「母子健康手帳(母子手帳)」には、「乳児成長曲線」というグラフが載っています。このグラフも、厚生労働省の「乳幼児身体発育調査」を元に作成されたもので、赤ちゃんの身長や体重が、月齢に応じて順調に増えているかどうかを確かめる目安として使われます。

赤ちゃん 体重 測り方

赤ちゃん 体重 測り方
パーセンタイル値を知っておこう

全体を100としたときに、小さいほうから数えて何番目になるのかを示す数値を「パーセンタイル値」と呼びます。例えば小さいほうから3番目は「3パーセンタイル」となり、中央値は「50パーセンタイル」です。

母子手帳の乳児成長曲線には、このパーセンタイル値が使われています。厚生労働省の「乳幼児身体発育調査」のデータを元に、月齢ごとに3パーセンタイルと97パーセンタイルの体重を算出し、縦軸が体重や身長、横軸が月齢の折れ線グラフで表示します。

赤ちゃんの体重や身長が、グラフ上の3~97パーセンタイルの範囲に入っていれば、標準的な発育をしていると言えます。

赤ちゃん 体重 測り方
標準範囲に入っていない場合は?

3~97パーセンタイルの範囲には、赤ちゃんの94%が該当するとされています。したがって、残り6%の赤ちゃんは、この範囲からはみ出すことになります。

赤ちゃんの体重がこの範囲より上だったり、下だったりすると、つい心配になってしまいますが、成長曲線に平行して推移しているようなら、ほぼ問題ありません。

ただし、成長曲線のカーブから大きく離れるように体重が増加したり、逆に減少したりするときは要注意です。定期健診で相談するか、小児科を受診することをおすすめします。

体重増加はどう推移する?

続いて、赤ちゃんの体重はどのように増えていくのか、増え方に個人差はあるのかなど、体重の推移について見ていきましょう。

赤ちゃん 体重 測り方

赤ちゃん 体重 測り方
1日当たりの体重増加目安

赤ちゃんの1日当たりの体重増加の目安は、月齢によって変わります。生後3カ月までは1日に25~30g増えますが、3カ月~半年では15〜20g、半年~1年になると10〜15gと増加量が減っていきます。ただしあくまでも目安なので、毎日体重を測定して、多い少ないと心配する必要はありません。例えば生後2カ月の赤ちゃんでは、20gしか増えない日もあれば35g増えたという日もあります。

赤ちゃん 体重 測り方
体重増加のタイプ

身長や体重など、赤ちゃんの成長ペースには、当然ながら個人差があります。成長曲線のカーブと同じように育つ子もいれば、最初は上や下にはみ出していたのに、気がつくと標準範囲に収まっているという子もいます。

体重増加のペースは、主に以下の3タイプに分類されます。また、母乳やミルクを飲む量、離乳食の開始時期によっても変化するため、長期的な視点で見守ることが大切です。

一般型:最初は急で、その後緩やかになる
立ち上がり型:最初はさらに急で、途中から横ばいになる
追いつき型:最初は緩やかで、途中から急に増える

赤ちゃん 体重 測り方
生理的体重減少は問題なし

生後間もない赤ちゃんは、一時的に体重が減少することがあります。これは「生理的体重減少」と呼ばれ、母乳やミルクを飲む量よりも、おしっこやうんち、汗による排せつ量が多いことが原因です。

生後数日は「生理的体重減少」によって、出生時の体重から3~5%程度減ってしまうこともありますが、母乳やミルクを上手に飲めるようになれば、再び増え始めます。生後2週間くらいで、出生体重を超えていれば心配ありません。

 

体重の量り方

赤ちゃん 体重 測り方

赤ちゃんの体重はいつ、どのようにして量ればよいのでしょうか?体重測定の頻度や、方法を見ていきましょう。

赤ちゃん 体重 測り方
体重測定の頻度

赤ちゃんの体重は、月に1回程度測定するのが目安です。測定したら、母子手帳の成長曲線の該当月齢のところに印をつけていくと、赤ちゃんの成長を実感できます。母乳が足りているか不安なときなどは、測定頻度を増やしてみましょう。

赤ちゃん 体重 測り方
市区町村の検診を利用する

赤ちゃんの体重を正確に測定するには、寝かせたままで測定できる、専用の体重計が必要です。お住まいの自治体で実施している乳幼児健診や身体測定会、育児相談の会場には体重計が用意されており、無料で測定してもらえます。

生後4カ月頃までの、外出が難しい時期には、保健師が自宅に訪問して、赤ちゃんの発育状況をチェックしてくれるサービスもあります。体重測定だけでなく、専門家から育児についてアドバイスをしてもらえるチャンスでもあるので、有効に活用しましょう。

赤ちゃん 体重 測り方
ベビースケールを使用する

「ベビースケール」は、生後4カ月頃までの赤ちゃん専用の体重計です。自宅にベビースケールがあれば、いつでも体重を量れます。

例えば母乳を飲ませる前と後に量れば、母乳が足りているかどうかの目安にもなります。ちなみにベビースケールは赤ちゃんが大きくなると使えないため、購入よりもレンタルするのがおすすめです。

体重測定するときの注意点

赤ちゃん 体重 測り方

赤ちゃんの体重測定は、発育状況を知るためにも欠かせませんが、気にし過ぎるのもよくありません。赤ちゃんの成長ペースには個人差があること、平均体重や成長曲線の数値はあくまでも目安ということを、しっかり理解しておきましょう。

正しい知識を持っていれば、気持ちにゆとりが生まれますし、いざという時も冷静に対応できますよ。

赤ちゃん 体重 測り方
神経質にならないことが大事

体重に限らず、赤ちゃんの発育状況に関しては、ママは神経質になりがちです。健診などに行くと、周りの赤ちゃんと大きさを比べてしまい、不安に思うこともあります。そんなときは遠慮せずに、医師や保健師に相談してみましょう。

ベビースケールを使って自宅で測定する場合も、ちょっとした体重の変化が気になるものです。母乳をたくさん飲んだはずなのに、思ったより体重が増えていなかったり、前の日よりも減っていたりすると、どこか悪いのではないかと心配になります。

しかし、たくさんおしっこが出たり、汗をかいたりして、たまたま体重が減っただけということもよくあります。いずれにしても、赤ちゃんが元気なら問題ないことがほとんどです。あまり神経質にならず、おおらかな気持ちで見守りましょう。

赤ちゃん 体重 測り方

あわせて読みたい
▶︎赤ちゃんの急な発熱時、「あってよかった!」な4つのアイテム

写真・イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事