新生児の体重はどう増えていく?量り方は?体重が増えない原因と対処法も紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE子育て

2021.01.06

新生児の体重はどう増えていく?量り方は?体重が増えない原因と対処法も紹介

赤ちゃんは、母乳やミルクで栄養を取りながら成長していきます。生まれたばかりの新生児は、どのくらいのペースで体重が増加すればよいのでしょうか? 新生児の体重増加の目安や、増えないときの対処法、体重の量り方を紹介します。

Tags:

【目次】
新生児の体重はどう変化する?
体重変化をチェック!量り方は?
赤ちゃんの体重が増えない原因
体重が増えないときにできる対処法

新生児の体重はどう変化する?

新生児 体重 増え方一カ月健診の目的とは?費用や健診内容、持ち物をチェック

「新生児」とは、生まれた日を0日として、生後28日までの赤ちゃんを指す言葉です。生まれたときの体重は赤ちゃんによって違い、母乳やミルクを飲むことで徐々に成長していきます。成長の目安となるのが体重の増加ですが、新生児の体重はどのように増えていくのでしょうか?

新生児の1日に増える体重の目安

新生児の体重は「生後1カ月で1kgの増加」が望ましいとされています。1日に平均すると約30gの増加です。もちろん、「毎日必ず30g増加しなければならない」というわけではありません。日によって体重の増加が多かったり、少なかったりすることもあります。

また、完全母乳で育てている新生児は、ミルク育児の新生児と比べて体重の増加が緩やかです。1日あたりの増加が30gに満たないケースもよく見られます。1日という短い単位で考えるのではなく、1週間単位の少し長いスパンでみて、1日あたり30g程度の増加があるかを確認してみましょう。

一時的に体重が減る「生理的体重減少」

新生児には、一時的に体重が減る「生理的体重減少」があります。これは、生後2~3日頃に起こる現象で、生まれたときよりも体重が減ってしまうものです。体重が減るのは、体に取り入れる母乳やミルクの量よりも、体から出る水分量の方が多いことによります。体から出る水分とは、うんち・おしっこ・汗・不感蒸泄(ふかんじょうせつ)などです。

不感蒸泄は、呼気に含まれる水分や皮膚から蒸発する水分など、普通に生活する中で自然に失われる水分のことをいいます。新生児は特に不感蒸泄が多く、体に占める水分量も多いため、少し水分量が変化しただけでも体重に影響を与えるのです。

体重変化をチェック!量り方は?

新生児 体重 測り方 方法赤ちゃんの体重はどう増える?月齢ごとの成長の目安・体重の量り方(まとめ)

新生児の体重はどのようにチェックすればよいのでしょうか?体重の量り方や、体重を量るタイミングについてみていきます。

体重の量り方とタイミング

新生児の体重は、母乳やミルクの量が足りているか気になる際にはチェックしましょう。体重を量るタイミングは、いつも同じ時間帯にするのがおすすめです。授乳の直後は避け、朝起きた後や沐浴をした後など、ある程度決まった時間に量ることで体重の変化が分かりやすくなります。

体重を量るときに注意したいのが、おむつや衣類の重さです。服を着た状態で体重を量る場合には、衣類やおむつの重さをあらかじめ量っておき、赤ちゃんの重さから差し引いて体重を算出しましょう。おむつは体重を量る直前に新しいものに取り替えておくこともポイントです。

赤ちゃん用の体重計は必要?

新生児の体重を量るには、赤ちゃん用の体重計(ベビースケール)があると便利です。5gや10gごとなど細かい単位で体重を量れます。しかし、あくまでも赤ちゃん用の体重計のため、使用できる期間はそれほど長くありません。

購入するほどではないけれど一時的に利用したいという場合には、レンタルを活用するのがおすすめです。デパートやショッピングセンターの授乳室などには、赤ちゃん用の体重計が設置されているケースがあります。

大まかな数値でよければ、普通の体重計で代用することも可能です。パパやママが赤ちゃんを抱っこした状態で量った体重から、パパやママ自身の体重を差し引くことで、赤ちゃんのおおよその体重を算出できます。

赤ちゃんの体重が増えない原因

新生児 体重 増えない なぜ 原因産後1ヶ月健診の体重ってどのくらい?気になる1ヶ月健診のあれこれを総まとめ【産後ダイエット】

新生児が成長するペースには個人差があるとはいえ、体重が増えにくいと不安になるものです。新生児の体重が増えない場合、個人差のほかにどのような原因が考えられるのでしょうか?

よく寝るので授乳回数が少ない

生まれてからしばらくの間、新生児の赤ちゃんは多くの時間を寝て過ごします。1回の寝る時間は赤ちゃんによって違い、2~3時間おきに起きてミルクや母乳を飲みたがる赤ちゃんもいれば、5時間以上まとまって寝る赤ちゃんなどさまざまです。

よく寝る赤ちゃんの場合、2~3時間おきに起きる赤ちゃんに比べて授乳回数が減るため、1日に飲む母乳やミルクの量が少なくなっているのかもしれません。その結果、体重が増えにくくなっている可能性が考えられます。

母乳が足りていない場合も

新生児の体重が増えない原因のひとつとして考えられるのが、母乳不足です。赤ちゃんは母乳から栄養を取って成長しているため、母乳が足りないとなかなか体重は増えません。しかし、一言で母乳不足といっても「なぜ足りていないのか」についてはさまざまな要因が考えられます。

例えば、作られる母乳の量が少ないケースや、赤ちゃんの母乳を吸う力が弱いケースです。最初のうちはママも授乳に慣れていないので、授乳の姿勢が適切でないことから、赤ちゃんが母乳をうまく吸えていない可能性もあります。

早産児・低体重児・先天性疾患の疑い

妊娠37週より前に生まれた赤ちゃんのことを「早産児」、2500g未満の体重で生まれた赤ちゃんのことを「低体重児」と言います。早産児や低体重児は、母乳を吸う力が弱かったり、消化器系の機能が発達していなかったりするため、体重が増加しにくいことがあります。

また、赤ちゃんに何らかの病気が隠れている可能性も0ではありません。先天性疾患もさまざまですが、その種類によっては、体重増加に影響が出る場合もあります。先天性疾患は、生後しばらくしてから分かるケースもあるため、体重が増えないこと以外にも何か症状が出ていないか、赤ちゃんの様子には十分に注意しておきましょう。

体重が増えないときにできる対処法

新生児 体重 増えない なぜ 対処法卒乳はいつ頃が一般的?断乳との違いは?乳離れアレコレ

新生児の体重が増えない場合、状況によっては何らかの対処が必要になります。体重増加に不安があるときに行いたい対処法を紹介しましょう。

授乳のリズムを見直してみる

新生児の授乳間隔は、3時間おきが目安です。しかし、必ずしも3時間ごとに授乳する必要はなく、基本的には赤ちゃんが欲しがったときに授乳します。授乳間隔が開きすぎていると感じた場合は、一度授乳のリズムを見直してみましょう。

例えばよく寝る赤ちゃんの場合、どうしても授乳回数が少なくなってしまいます。授乳の回数が少なくても、体重が順調に増えているのなら問題はありません。しかし、なかなか体重が増えない場合は、途中で一度起こすようにして、3時間ごとなど決まったタイミングで授乳をしてみましょう。

ミルクと混合にしてみる

新生児のうちは、母乳が十分に出ないママも少なくありません。母乳は赤ちゃんが吸うことで徐々に作られる量が増えていくため、最初のうちは量がそれほど多くないこともあるのです。

母乳が足りていない可能性がある場合には、ミルクと混合にしてみましょう。このとき、最初からミルクをあげるのではなく、まずは母乳を与えてから足りない分をミルクで補うのがポイントです。赤ちゃんが母乳を飲まなくなると、作られる母乳の量はさらに減ってしまいます。まずは母乳を与え、足りないようなら30~40mlなどの少量のミルクを足すことから始めましょう。

ひとりで悩まず周囲の人や病院に相談しよう

授乳間隔の見直しやミルクを足すなどしても体重が増えていかないときには、周囲の人や病院に相談するのも一つの方法です。自分1人で悩んでいると、それがストレスとなり、母乳の出に影響が出てしまいます。

周囲の人に話すことで、過去の経験を聞けて安心したり、気持ちが軽くなったりして、よい方向に向かうケースもあります。また、何らかの病気が隠れている可能性もあるため、心配な場合は病院で相談するのがおすすめです。先天性疾患などがある場合でも、早めに判明すれば対処しやすくなります。

画像ALT

監修・小児科専門医

杉田 亮

小児のスキンケアに力を注いでいる、兵庫県三田市「すぎたファミリークリニック」院長。小児科専門医。1979年生まれ、福岡県久留米大附設高出身。2006年、大阪大学医学部医学科卒。大学在学中に休学してニュージーランドへラグビー留学した異色の経歴を持つ。周辺地域の小児夜間診療体制が十分とは言えず、クリニックとしては異例の夜間診療も行っている。HP:https://yurinokidai.com/

あわせて読みたい
【粉ミルク6選】缶やキューブ、特長はそれぞれ!
チャイルドシートの着用義務はいつまで?違反した場合の罰則とは

イラスト/(C)Shutterstock.com

 

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事