Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTY アイメイク

2022.07.31

大人のタレ目メイクで愛され顔に!下まぶたやまつげも活かすテクニックを解説

 

可愛らしい印象を与えるタレ目メイク。無理やり目尻を下げる不自然なメイクではなく、ナチュラルな大人タレ目を作るテクニックをまとめました。なんだかいつもうまくいかない人は、これから紹介する技を早速試してみて♪

大人可愛いタレ目メイクのやり方

アイシャドウだけ!40代の今どき「茶メイク」

【縦の3色グラデ】だとひと昔前の顔に!? 【横の2色グラデ】なら抜け感が出て今っぽくなる!

ひと昔前までは、ブラウンシャドウを塗るときは「アイホール全体に【明るい茶】→二重幅くらいまで【ミディアムの茶】→キワに【濃い茶】をラインっぽく」という縦の3色グラデーションで目力アップさせるのが定説でした。けれど、ここ数年でアイメイクのトレンドが大きく変化。適度に抜け感を出した塗り方が主流になっていて、40代のマンネリ攻略にもぴったりなんです。

アイシャドウだけ!40代の今どき「茶メイク」

ヘア&メイク 佐伯エミーさんが解説! 今どき茶メイクは【横グラデ】が正解

「以前のような縦に濃淡のグラデーションをつけたメイクは、今の時代だと濃すぎる気がします。また、濃い色を下まぶた全体に塗るいわゆる“囲み目”も40代は避けるべきです。若い世代ならそういうメイクも似合いますが、40代だと若づくり感がでてしまったり、昔のメイクで止まっている印象を与えてしまうことも。マンネリを打破するには、”アイホール全体と目尻”という横方向で濃淡グラデーションをつけることがポイント。抜け感がありながら、きちんと感やさりげない華やかさを出せます。下の目尻も2mm程度で濃い色をつけると目元がキュッと引き締まります」

【これはNG!】ひと昔前の「縦の3色グラデ」は古臭く見えがち

アイシャドウだけ!40代の今どき「茶メイク」

アイシャドウだけ!40代の今どき「茶メイク」
「縦の3色グラデや囲み目は今の時代だと濃く、顔がキツく見える原因にも。パールが大きいキラキラ系シャドウも頑張っている感が出てしまうので40代は避けるのがベター」(佐伯さん)

【これが正解!】目尻をほんのり締める横の2色グラデで今っぽい顔に

アイシャドウだけ!40代の今どき「茶メイク」
アイシャドウだけ!40代の今どき「茶メイク」
「目尻1/3程度に濃いブラウンをのせ、それ以外は明るいブラウンのみに。肌感が漂うくらいにするのが今っぽくなるポイントです。チップだと色がつき過ぎる場合があるのでブラシでつけるのがおすすめです。パールはキラキラ系ではなく、上品なツヤ感のものを選びましょう」(佐伯さん)

【今っぽい茶メイク】のための3プロセスを紹介!

プロセス1. 明るいブラウンをアイホールにのせる

アイシャドウだけ!40代の今どき「茶メイク」
明るいブラウンをブラシにとり、アイホール全体にのせます。まぶたの中央にブラシを置き、トントンしながら目頭や目尻へスライドさせて全体的にふわっとのせる。

プロセス2. 濃いブラウンを目尻にのせる

アイシャドウだけ!40代の今どき「茶メイク」

アイシャドウだけ!40代の今どき「茶メイク」
濃いブラウンをブラシにとり、目尻1/3にトントンとのせます。横向きの楕円形になるようにし、目尻よりややオーバーめにのせて。

プロセス3. 下まぶたも2色グラデーションにする

アイシャドウだけ!40代の今どき「茶メイク」
目頭から目尻まで明るいブラウンをブラシでサッとつけます。そのあと、目尻2mm程度のみ濃いブラウンをのせます。つけ過ぎを防ぐため、アイライン用ブラシなどを平たく小さいブラシを使いましょう。

吸引力のある目元に見せる【部分描き】

歳を重ねると目元がぼんやりしてきて、ニュアンスカラーのアイライナーだと物足りない…。特に目元のくすみを払いたいからとヌーディなアイシャドウを使うと、やはり締め色アイラインでキリッとさせないとさらにぼんやり見えてしまいます。

そこでおすすめなのが、濃い締め色カラーを使った部分描き。黒目の上と目尻に細くラインを入れるだけで、やりすぎ感がなく、吸引力がある目元に仕上がります。リキッドタイプだとパキッとしすぎてしまうため、ペンシルタイプがちょうどいい感じ!

吸引力のある目元に見せる【部分描き】

\使うのはこちら/

ベアミネラル ミネラリスト ラスティング アイライナー グラファイト ¥2,750

クリーンなビーガンアイライナー。涙や汗、皮脂に強い処方で美しい仕上がりを長時間キープ。濃い色ながらも程よい抜け感を演出するメタリックグレー。ベアミネラル ミネラリスト ラスティング アイライナー グラファイト

\How to/

吸引力のある目元に見せる【部分描き】

アイラインの地として、柔らかく太めのブラウンアイライナーでラインを引いておく。その上の、黒目と目尻の部分に締め色のラインをプラス。粘膜とまつ毛の間で、まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるように描く。目尻は極端に上げたり下げたりせず、まぶたを横に引っ張ってできたシワに沿って描くとちょうどよく仕上がる。

タレ目にするには、アイラインで目尻をやや長めに引くことが重要!

アイラインを目尻から5mm延長する
目頭側よりも目尻側をやや太く、最後のまつげから5mm程度外側に長さをプラスして引きましょう。

目尻3分の1に引くとナチュラルに

目尻3分の1に引くとナチュラルに
ナチュラルに仕上げたいなら、極細のジェルライナーを使って目尻3分の1だけにラインを引いて。

目尻3分の1に引くとナチュラルに
ナチュラルなタレ目なのに、しっかり目力もある印象に♡

下まぶたや下まつげにもひと手間加える

下まぶたの目尻にも色をのせる

下まぶたの目尻にも色をのせる
アイシャドウは、目の上だけでなく下まぶたにものせることで、統一感が出ます。さらに目元の丸みが強調されてやわらかい雰囲気になるので、タレ目メイクには必須の工程!目尻から2/3までの幅に、チップを使って細く色をのせて。

渋赤を仕込むと色っぽくなる

タレ目メイクでも、目の下にスモーキーな渋赤カラーのアイシャドウを仕込むと、ほんのりと色っぽい顔に!

渋赤を仕込むと色っぽくなる
渋赤カラーを仕込むときは、上まぶたは赤みのないニュートラルなベージュに。目尻はダークベージュで陰影をアップさせ、目の際はダークブラウンで引き締めて。目の下にも淡いベージュ をのせたら、下まぶた、まつげの生え際はスモーキーな渋赤を、こっそり細くしのばせて。

涙袋を作ってぷっくり見せる

涙袋を作ってぷっくり見せる
タレ目風のメイクには涙袋の存在も重要です。まずアイライナーやブラウンのアイブロウパウダーを使って、目を細めたときにできる涙袋の下のくぼみに、線を引いてぼかしましょう。そこにアイシャドウ やハイライトなどのラメが入ったパウダーをなじませて。これだけでぷっくりとした涙袋ができます。あくまで不自然にならないように、影は綿棒などを使ってぼかすことがポイント!

下まつげにもマスカラを塗る

切れ長の目よりも、上下に大きい目の方がタレ目がちに。

下まつげにもマスカラを塗る
ビューラーを使ってまつげを根元からしっかりカールさせ、マスカラを目頭と目尻のまつげにあて、外側に押し広げるイメージで塗ります。

下まつげにもマスカラを塗る
さらにブラシを根元において、サッサッと毛先に向けて抜いて。細く繊細な仕上がりにするために、ジグザグに塗るのはストップ。

下まつげにもマスカラを塗る
そして需要なのは下まつげ。マスカラの液は足さずに、ブラシを縦にして毛先で軽くまつげを押し下げるようにつけていって。

下まつげにもマスカラを塗る
タレ目に重要な、まんまるでクリッとした目が完成♡

あわせて読みたい

印象的な目元に!猫目メイクのやり方&おすすめアイライナーもご紹介

「黒目がちな人」の特徴って? 黒目を大きく見せるメイク方法も伝授

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!