赤ちゃんに日焼け止めを塗るときのオススメはありますか?【怪傑木更塾】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE子育て

2020.03.14

赤ちゃんに日焼け止めを塗るときのオススメはありますか?【怪傑木更塾】

子育て真っ只中の新米ワーママ ビジュアル・エディターの有田千幸が、12歳女の子のママで美容業界歴25年超のベテラン美容エディター 木更容子さんにトツゲキQUESTION! 今回は、美容エディター目線で、赤ちゃんの日焼け止めの選び方について教えていただきました。

Text:
有田 千幸
Tags:

赤ちゃんにも日焼け止めを塗るべき?


千幸
:もうすぐ娘が6か月になるんですけど、とにかく肌の色が白くって…。これから外で遊ぶようにもなったら、日焼け止め、塗ってあげた方がいいですよね?

木更さん:赤ちゃんや子どもの紫外線カット、どれを選べばいいか気になるよね。子どもは小さいほど外で遊ぶ機会が多いし、水泳に体育に運動会に紫外線を浴びまくり! 夏になれば、ジャブジャブ池に海遊びに旅行も! 子どもとはいえ、なんか塗ったほうがいいのでは? って思うよね。これもいろいろな考え方があるとは思うんだけど、ライター歴25年の年の功と母としての立場からアドバイスさせてもらうと、私なら「子どもにも日焼け止め、塗ります」。

子どもに塗る日焼け止めは、紫外線吸収剤を使っていないものを (木更さん)

(C)Shutterstock.com

千幸:やっぱり塗った方がいいんですね! 何を選んだらいいか教えてください! 気をつけた方がいい成分とかありますか?

木更さん:私だったら、とりあえず「紫外線吸収剤を使っていないもの」を選ぶかな。ただし、生まれたばかりの赤ちゃんには塗らず、タオルとか手ぬぐいとか、そういう方法でできるだけ日に当てないように。

千幸:「紫外線吸収剤」…。えっと、「紫外線散乱剤」っていうのもありましたよね? 

木更さん:そう。日焼け止めで紫外線を防止するには、大きくこの2つの方法があるのね。ひとつは「紫外線吸収剤」。紫外線のエネルギーを肌の上で熱などのエネルギーに変えて放出する方法ね。そしてもうひとつは「紫外線散乱剤」。これは、単純にパウダーで紫外線を跳ね返す方法。もうほとんどの日焼け止めはこの2つの方法を組み合わせてつくられていると思う。

千幸吸収するより、散乱させるべし! ですね? あと「ノンケミカル」っていうのもあったと思うんですけど、これは何ですか?

木更さん:それは、「紫外線散乱剤」だけ使っていますよ、ってこと。よく皮膚科で売っているドクターズコスメとか、オーガニックブランドとかにあるよね。あと大手ブランドにも。昔は、「ノンケミカル」はパウダーだけで防ぐから、白くなるとか使い心地が悪いとかいわれてたけど、今は技術が進歩してるからだいぶ使いやすくなってると思う。たいていパッケージに「紫外線吸収剤不使用」とか「ノンケミカル」とか書いてあるからわかりやすいし。裏面の成分表を確かめたいときは、下記の成分が「紫外線吸収剤」なので、これらが書かれていないものを選択するといいと思います。

・メトキシケイヒ酸オクチル
・ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・オクチルトリアゾン
・パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル

なぜ「紫外線吸収剤」を使っていないものを選ぶんですか? (千幸)

木更さん:これこそいろいろいわれて判断に迷うところではあるの思うのだけど…。でもやっぱり子どもの肌に塗るには、やはり安全性に不安が残るから…かな。自分だったら大人だからいいと思うんだけどね、メーカーだって安全性に問題はないっていってるしさ。だから、あとは自己判断!

千幸:なるほど。「紫外線吸収剤不使用」とか「ノンケミカル」のものだと、日焼け止め効果ってやっぱり弱くなるもんなんですか?

木更さん:そんなことないよ! 最近はSPF50+だって余裕で出てるし。効果は同じ。

ドクターズコスメが「ノンケミカル」ばかりなのは、なぜ? (千幸)

木更さん:ただ、アメリカでは「紫外線吸収剤」の安全性を疑問視する声が依然としてあるのよね。日本にだって警鐘をならすドクターもいるし。だから、ドクターズコスメは「ノンケミカル」がほとんど。みなさんもニュースなどでご存知かと思うけど、海外ではサンゴのへのダメージを防ぐために、「紫外線吸収剤」を使った日焼け止めが禁止されつつあります。これを受けて日本のメーカーも新たな取り組みをはじめる必要に迫られているところ。

千幸:海外旅行に行くときには、「紫外線散乱剤」をもっていけば間違いないってことですね。

木更さん:もしかすると近い将来には国内用・海外用なんてカテゴリー分けがされるかもね。話は戻るけど、自分の子どもにどちらを選ぶか、それはやっぱり正直「ママ次第」です。

▼ あわせて読みたい記事
肌が敏感な赤ちゃんにおすすめなベビーソープってなんですか?【怪傑木更塾】
目の下のクマを隠したい時の秘策は…【怪傑木更塾】
朝洗顔する?しない?美肌のための正解は?【怪傑木更塾】
シミとりたい!レーザーと光治療ってどう違う?【怪傑木更塾】

画像ALT

美容ライター・エディター

木更 容子

美容業界歴25年超の51歳。コスメ業界の歴史とトレンドに精通するご意見番で、Domaniでも長年にわたり記事を執筆。目からウロコなアドバイスで忙しいワーママの肌悩みを多く解決。プライベートでは12歳女の子のママ。

画像ALT

ビジュアル・エディター

有田 千幸

外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経てエディターに転身した矢先に妊娠。2019年9月に女の子を出産したばかりの右から見ても左から見ても新米ワー/ママ。ニュージーランド・台湾在住経験がある日・英・中の トリリンガルではあるものの、 外国語より原稿力の必要性を痛感している今日この頃。chiyuki_arita_official

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事