Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.03.03

根性のある人の特徴とは?根性がある人になるためにすべきこと

根性があればどんな困難も乗り越えられるとする「根性論」には賛否両論ありますが、根性のある人は職場においても信頼され「責任感がある人」と見なされる傾向が強いです。根性を身に付け、自分の将来を切り開いていく方法を紹介します。

【目次】
根性とは
根性論のメリットや注意点
根性がある人の特徴
根性がある人になるために

根性とは

仕事・勉強・スポーツでは「根性が大切」といわれることがあります。そもそも根性とは、どのような精神なのでしょうか?

根性

(C)Shutterstock.com

「物事をやり通す精神」

「根性」は「物事を最後までやり抜く精神」を意味する言葉です。困難にもめげない、たくましい精神を持った人を「見上げた根性の持ち主だ」と表現する場合もあります。

とりわけスポーツ界においては、競技者の強靭な精神を称賛する言葉として定着し、教育現場や仕事現場の人材育成においても重要な役割を果たしています。

「根性があればどんな困難にも打ち勝てる」とし、何事にもめげない精神力と努力の大切さを説く考えを一般的に「根性論」と呼びます。

「本来の性質」という意味でも使われる

根性は本来、仏教用語の機根(きこん)に由来する言葉です。

機根とは、仏の教えを聞いて修行し得る能力や、仏の教えを理解する度量のことで、転じて「人間が持って生まれた能力」や「本来の性質」を意味するようになりました。

根性は、戦前から戦後初期にかけては「先天的な人の気質」として、ネガティブな意味にとられるケースが大半でした。

例えば、閉鎖的で視野が狭い島国特有の気質を「島国根性」、私利私欲に走る気質を「商人根性」、人の言いなりになる気質を「奴隷根性」などと呼んでいたのです。

現代における根性は、このような先天的な性質というよりも、「本人の生き方や努力によって後天的に身に付く精神」というイメージが強くなっています。

根性論のメリットや注意点

根性

(C)Shutterstock.com

現代社会では、根性だけでは乗り切れないという考え方が台頭していますが、限界を突破するには根性論が役に立つ場合もあります。根性論は物事にチャレンジする際の武器になるのです。

壁を取り払う武器になる

慣れ親しんだ仕事や長年の人間関係に「このままでいいのだろうか…」と悩んだ経験はありませんか?

未知の世界に飛び出し、自分の視野や可能性を広げたいと思っても、リスクや失敗に対する恐れが勝り、現状からなかなか抜け出せない人は少なくありません。

決断や選択を迫られたときこそ「根性」と「気合」を入れることが大切です。「失敗するかも」「ダメかも」と余計なことを考えずに、思い切って飛び込むべきときがあるものです。

現状突破を望む人にとって根性は、壁を取り払う際の強力な武器になり得ます

具体的な方法も必要

根性

転職は何回までOK?「転職が多い私は選考に不利になりますか?」【働く女性の質問箱】

根性論が美徳とされたのは、戦後の喪失から復興を遂げる1960年代頃です。がむしゃらに頑張るしかない時代だったため「頑張れば報われる」というのが人々の合言葉になっていました。

しかし、高度経済成長以降は「頑張っても報われない時代」が到来し、根性と気合だけで乗り切る根性論は「意味がない」と考える人が増えています。

根性論に加えて必要なのは「具体的な解決策や道筋」です。仕事で「根性で頑張ります」と言う人がいますが、これは「具体的な解決方法はない」と宣言しているのとあまり変わりません。

根性を語る前に、どう問題を解決していくのか、どう強くなっていくのか、具体策を考えましょう。根性だけで乗り切ろうとすると、無駄な体力・精神力を消費してしまう可能性があります。

根性がある人の特徴

根性

(C)Shutterstock.com

根性論だけで乗り切るのは今の時代に合いませんが、根性があることは仕事やスポーツなどのあらゆる面においてプラスの作用をもたらします。「根性がある人」にはどんな特徴があるのでしょうか?

責任感が強い

根性がある人は、どんなことがあっても最後までやり抜く精神を持っています。そのため、職場やチーム内では「責任感が強い人」と評価される傾向があるようです。

「責任感」とは仕事や行為に対する「責任を果たそうとする気持ち」を指します。責任感のある人は、約束をきちんと守り、目標に向けてコツコツと努力する体力・気力も持ち合わせています

根性があって責任感が強い人は、仕事やチーム内で「頼りにされる存在」です。上司や部下からの信頼も厚く、チームのリーダーに抜擢されるケースも少なくありません。

簡単にあきらめない

根性

「世界一過酷なレース」に出るまでは、絶対にあきらめない!【ストイック女子/ナオミの場合3】

根性のある人は、自分の夢や目標を簡単にあきらめません。成功には試練がつきものと考えているため、他人に邪魔されたり、ライバルが現れたりしてもブレることなく突き進みます。

むしろ、困難やライバルの出現が、根性のある人の負けず嫌いな心に火をつけるのです。根性のない人は勝算がないと分かると「時間と体力の無駄」と考え、あっさりと身を引いてしまいます。

一方、根性のある人は結果を急がず、一歩ずつ物事を積み上げる性質を持っています。辛抱強さと強靭な精神力のおかげで、最後に勝利をつかむ可能性が高くなるのです。

前向きな言動をする

ポジティブな言動が多いのも、根性がある人の特徴です。ネガティブな人は物事に取り組むとき「自分には無理かも」と自信を持つことができません。失敗を恐れ、大胆な行動に出られなくなってしまいます。

根性がある人は、あれこれ深く考えずに「まずはやってみよう」と前向きにチャレンジします。

目標や夢を掲げて突き進むことが好きなので、常にエネルギッシュで、ワクワクした気持ちで心が満たされていますから、それが言葉にも行動にも表れるのです。

根性がある人になるために

根性

(C)Shutterstock.com

根性は、人生を切り開くために必要なスキルの一つで、本人の努力や環境によって後天的に身に付くものです。「自分には根性が足りない」と思う人は、生活習慣や考えをチェンジするところから始めてみましょう。

目標を明確にする

目標や夢を掲げずに仕事や勉強をしている人は「自分は、何でこんなことをやっているんだろう」と何事にもやりがいを感じません。

一方、目標や理想を明確に掲げると、それに向かって努力しようという意思が生まれます。「受け身」だった人も、目標設定によって「能動的」になるのです。

ポイントは、長い目で見た「大きな目標」と、達成しやすい「小さな目標」の両方を設定することです。

「TOEICで900点以上取りたい」という大きな目標を掲げたとしたら、「来月のテストまでは500点以上を目指す」「半年後は800点以上を取る」と段階的に目標を設定します。

小さな目標で達成感を味わうとモチベーションが上がり、大きな目標までブレずに走り続けやすくなります。周囲の目には「コツコツ頑張る根性のある人」に映るはずです。

生活習慣を整える

根性

平日の朝食、抜いてる人はストレス性疲労が高い?【美女の食卓】

根性を身に付ける前に、まずは生活習慣を見直してみましょう。不規則な生活でダラダラと過ごしていると「まぁいいか…」と何事も緩くなってしまいがちです。

寝不足の状態が続けば仕事に対する気合が入りませんし、食生活が不規則だと脱力感が伴うようになります。

おすすめは、生活の中に「運動」を取り入れることです。1日30分のウォーキングやジョギングが習慣化すると、生活にメリハリが生まれ、物事を継続する力や集中力の向上も期待できます。

あきらめない習慣をつける

根性がない人は「根性や気合を出せ」と突然言われるとストレスがたまります。無理して根性を出さずに済むように、普段から少しずつ「あきらめない習慣」をつけていきましょう。

「毎日読書をして知識や教養を増やす」という目標を立てたとしたら、それを完全にルーティン化できるように、1日の予定に組み込んでしまいます。

部屋からテレビやゲームを排除し、読書せざるを得ない環境をつくるのもよいでしょう。

「お風呂あがりは読書する」などの習慣を体が覚え、半年・1年と継続できるようになると、「自分でもここまできるんだ」という大きな自信を感じられるはずです。

トップ画像・アイキャッチ/Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事