Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2022.06.06

前髪あり?なし?大人のポニーテールがぐっとこなれるアレンジテクニック

いつの時代も定番人気の髪型といえば、「ポニーテール」!前髪あり・なしどちらにも似合う上に、アレンジ次第で雰囲気もガラリと変わるヘアスタイルです。今回はそんなポニーテールのさまざまなアレンジをピックアップ。もっとこなれさせるためのヘアアクセ使いや後れ毛の作り方も伝授します!

Tags:

【目次】
こなれ感をプラス!【前髪あり】ポニーテール
顔周りのアレンジでぐっと洒落見え【前髪なし】ポニーテール
【応用編1】ヘアアクセを使ったポニーテールアレンジ
【応用編2】ポニーテールはサイドの「後れ毛」が重要!

こなれ感をプラス!【前髪あり】ポニーテール

シースルーバングのポニーテール

キュッとまとめたハチまわりと後れ毛のゆるやかなウェーブのコントラストで品よくカジュアルな印象に。後れ毛に動きを出すことで、さりげなく顔の余白を隠して小顔効果も発揮してくれます。

How to

温度160℃のストレートアイロンで中間から毛束を挟み、外と内を交互にカールをつけながら毛先まで巻いてゆるやかなウェーブに。オイルを500円玉大とり、全体にしっかりとなじませたあと、好みの高さでタイトなひとつ結びにする。


前髪や後れ毛を少量ずつ引き出す。ボサボサにならないようにトップを押さえてバランスを見ながら行いましょう。

耳まわりの毛束を引き出して丸みのあるシルエットをつくる。

同様にトップ、結び目の周囲も毛束を引き出す。爪先でつまみ出すイメージで行うと◎。

後れ毛を少量ずつ分けとり波巻きにして完成。

完成!

front

side

トップと襟足の毛束を引き出した丸みシルエットで後ろ姿も美しく。ヘアカフスをプラスしておしゃれをブラッシュアップ。セミウェットな質感も華やぎを演出してくれます。

センター分けのハイポニー


How to

センター分けのハイポニー
ベースの髪は巻いておき、オイルとクリームを混ぜて髪になじませておく。あごと耳の延長線を目安に手ぐしで髪を集めたらゴムで結び、全体のバランスを見ながら頭頂部やサイドの毛束を根本近くから引き出す。テール部分は毛先近くから広げるイメージでボリュームを出し、全体的にクシュっとしたフォルムになるように整える。

襟足や顔周りの髪を5〜10本くらいまとめてねじりながら出し、後れ毛にニュアンスをつける。左手で右側、右手で左側、それぞれの髪の毛を集めると、いい感じのラフさに。

まっすぐ前髪のくるりんぱサイドポニー

ぱっつん前髪のサイドポニー
How to

ぱっつん前髪のサイドポニー
顔まわりに後れ毛を少しだけ残しておき、手ぐしで髪をまとめて斜め下の位置で結ぶ。結び目の上から毛束を入れ込み、下へ引っ張ってくるりんぱに。後頭部やくるりんぱ部分の髪を指で少しずつ引き出して崩したら完成!崩す際は逆の手で結び目を押さえておくとゆるみにくく◎。

斜め前髪のサイドねじりポニー

斜め前髪のサイドにねじりポニー
How to

斜め前髪のサイドにねじりポニー
髪全体をまず3つに分けたら、真ん中を低めの位置で結ぶ。両サイドの毛束はねじって、真ん中の結んだ毛束の結び目に巻きつけてピンで固定する。表面の髪を引き出して、ラフに崩したら完成!

顔周りのアレンジでぐっと洒落見え【前髪なし】ポニーテール

シンプルでこなれ感抜群のポニーテール

シンプルでこなれ感抜群のポニーテール

シンプルでこなれ感抜群のポニーテール
How to

シンプルでこなれ感抜群のポニーテール
ざっくりと手ぐしで、耳の高さに髪全体を集める。根元をつぶさないように気をつけて。

シンプルでこなれ感抜群のポニーテール
髪を黒ゴムできっちりタイトに結ぶ。

シンプルでこなれ感抜群のポニーテール
結び目を片手でおさえ、毛束の下側を部分的に引き出してたるませる。

シンプルでこなれ感抜群のポニーテール
同様に片手で結び目をおさえながら、トップの髪を部分的に引き出して高さを出したら完成!

きっちりタイトなローポニーテール

きっちりタイトなローポニーテール
How to

きっちりタイトなローポニーテール
まずはパール粒大のワックスと500円玉大のオイルを混ぜ、毛先から満遍なくなじませ、質感とまとまりを出す。

きっちりタイトなローポニーテール
毛のひらに残ったスタイリング剤を、前髪からトップにもつける。ベタッとつけすぎないのがポイント。

きっちりタイトなローポニーテール
コームの細い部分でセンターに分け目を作る。ガタガタしていると疲れて見える原因に。キチッと分けて。

きっちりタイトなローポニーテール
髪を後ろでひとつにまとめたら、顔まわりのひと筋を左右それぞれ2~3本程度分けておく。

きっちりタイトなローポニーテール
結び目をおさえたまま、全体の面をブラシで整え表面をフラットにする。

きっちりタイトなローポニーテール
結ぶ位置はごく低く、首の後ろ側に沿うようなイメージ。クリアなゴムを使ってまとめる。

きっちりタイトなローポニーテール
ワックスかオイルを指先に少量とり、サイドの髪になじませて束感を出す。細い髪がバラバラになると老けて見えるので、必ずつけて。

【応用編1】ヘアアクセを使ったポニーテールアレンジ

 

抜け感抜群のスカーフハイポニー

おしゃれなスカーフハイポニー
How to

おしゃれなスカーフハイポニー
スカーフは耳にかかる程度にぐるりと巻く。髪をやや高めの位置でまとめ、ひとつに結ぶ。

おしゃれなスカーフハイポニー
毛束に指を入れて上下に動かし、逆毛を立ててボリュームアップさせて完成!

【応用編2】ポニーテールはサイドの「後れ毛」が重要!

後れ毛の基本は「きちんと巻いてきちんとスタイリング剤をつける」

後れ毛の基本は「きちんと巻いてきちんとスタイリング剤をつける」
アレンジの決め手は「後れ毛」にあり。シンプルなポニーテールでも、後れ毛が素敵にできていれば、気の利いた印象に!

後れ毛の基本は「きちんと巻いてきちんとスタイリング剤をつける」
後れ毛を出しても、すみだれみたいになっていたら、「疲れている人」に見えてしまう!素敵な後れ毛は「きちんと巻いてきちんとスタイリング剤をつける」のが鉄則。

後れ毛の基本は「きちんと巻いてきちんとスタイリング剤をつける」
まずはシアバターとオイルを1:1で混ぜて、髪の内側から手ぐしを通すようにしながら全体になじませる。そのままポニーテールにしたら、こめかみの上の髪をおくれ毛として出す。

後れ毛の基本は「きちんと巻いてきちんとスタイリング剤をつける」
ストレートアイロンを使って毛束の中間部分を挟んだら、手首をひねって返しながら毛束に曲線をつけて。そのまま毛先までスルーさせ、この動作を2〜3回ほど繰り返し、自然なカールを作る。

後れ毛の基本は「きちんと巻いてきちんとスタイリング剤をつける」
シアバターを指先にほんの少量つけて、毛束を細かく取って指先でこすりながらなじませる。パサつきがちな髪の場合は丁寧に。

後れ毛の基本は「きちんと巻いてきちんとスタイリング剤をつける」
後れ毛が巻かれると、毛先の位置が上がって全体がリフトアップして見える効果も!

大人の色っぽニュアンスを演出する後れ毛

大人の色っぽニュアンスが演出できる後れ毛
ルーズなポニーテールが女っぽく決まるのは、多めに出した後れ毛を細い束にまとめているから。これだけでだらしなく見えず、大人の色っぽニュアンスがのぞく。

大人の色っぽニュアンスが演出できる後れ毛
あらかじめこめかみ、もみあげ、耳の後ろなどに少しだけおくれ毛を残して髪をひとつに結ぶ。ジェルを指先にほんの少しとって、後れ毛をつまむようにしてなじませ、濡れたような束感を作る。

ジェルのついた指先を、結んだ毛束にも上から下へ数回しごくようにしてなじませて完成。つまむ毛束の量をまちまちにして、あえて無造作な束感を演出するのがおしゃれ!

センシュアルな雰囲気をまとう、濡れツヤ後れ毛

センシュアルな後れ毛演出できる後れ毛
後れ毛を耳の前後にあしらえば、ほんのり色っぽさが出て、フェミニンなアクセントに。

センシュアルな後れ毛演出できる後れ毛
先にジェルを髪全体になじませたら、サイドの髪をゆるく巻いておく。後れ毛以外の髪を少し高めの位置で結ぶ。結んだ毛束をおさえつつ、耳の前と後ろに1 ~2束ずつ後れ毛を出して完成!

あわせて読みたい

ハーフアップのやり方を基本〜応用まで!劇的にこなれる人気アレンジ全4パターン
【前髪なしヘア】をもっとアレンジしたい!ショート・ミディアム・ロング別のアレンジ方法6選

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事