Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 夫婦

2023.10.20

妻100人に聞きました!あなたの夫は「モラハラ夫」ですか?そう感じる理由と対処法などもご紹介

 

人のせいにする

・機嫌が悪いと、起こる全ての出来事を私のせいにしてくる(30代・三重県・子ども2人)

自分勝手すぎる

・家事をちゃんとやれと言われます。新型コロナウイルス感染防止により、子どもは幼稚園や学校を登校自粛中なのに、夫は平気で飲み会に参加するなど、子どもの健康のことなど考えていないと思います。 また、結婚直後、夫婦別会計で生活していたころ「お小遣い制にしていいからパソコン買ってくれ」と言われ、そうしたのに、数か月後にはお小遣いが足りない状態に。あげく「小遣い制をやめろ」と言ってきました。 (30代・埼玉県・子ども2人)

多くの場合は、日常での小さな喧嘩やすれ違いがきっかけだということがよくわかります。裏を返せば、どの家庭にも起こりうるということ。だからこそ軽視は禁物。どう対処し、解決につなげていけばいいのでしょうか。専門家の見解も交え、以下で見ていきましょう。

【体験談】夫のモラハラに対する対処法は?

圧倒的に多い対処法は「無視」「我慢」「あきらめる」「黙る」などの、距離を置く作戦。どれほど効果があるものなのでしょうか。体験者からは、あきらめの雰囲気も漂います…。

モラハラ夫

無視する!

・ひたすら無視をする(40代・千葉県・子ども1人)
・無視。子どもの足が大きくなって履けなくなったから靴を買い換えたのに、「小さい靴でも我慢して履かせろ」と文句を言う。こんな考え方とは、どうやっても折り合えないと思う(40代・埼玉県・子ども1人)
・無視 (30代・千葉県・子ども1人)

物理的に距離をとる

・同じリビングルームで過ごさず、別々に過ごす。または、近くのカフェで気持ちを落ち着ける(40代・京都府・子ども2人)

伝えてみる

・朝は大変だからせめて洗濯物をやって出てほしいと伝えてみました。…が、変わりませんでした(30代・群馬県・子ども2人)
・自分がやっていて大変なことを代わりにやってもらった(子どもを予防注射に連れて行くなどなど) (30代・東京都・子ども2人)

我慢する

・我慢します (40代・山口県・子ども2人)
・反抗はしません (30代・東京都・子ども1人)

あきらめる

・直してもらいたいと思って期待するとストレスの素なので、そういう人だと思ってあきらめている (30代・埼玉県・子ども3人)

相手にしない

・相手にしないでスルーすることがいちばん!(40代・千葉県・子ども1人)

言いきかせる

・もうどうしようもないと自分に言いきかせてます(40代・京都府・子ども2人)

黙ってメモをする

・そのうち離婚の原因にしたいので小さなことをコツコツメモしているが、今は黙っている(30代・埼玉県・子ども2人)

スルーしたり我慢する人が多いけれど、エスカレートするモラハラを耐え続けるのは禁物。夫婦関係を多く扱う弁護士の金野志保さん(金野志保はばたき法律事務所)は、「モラハラは子どもにも影響し、子どものメンタルがやられてしまうこともあります」と注意をうながします。

モラハラで離婚は成立する?

「精神的な虐待だけでは、際鞍上の離婚理由にはなりにくいのが現実です。とはいえ、言葉の暴力があるなら録音しておくこと、診療内科に行って診断書をとることは、有効な方法です」と金野さん。モラハラから早く脱したいと思ったら、「いちばん有効なのは別居してしまうことです。別居期間が2〜3年あればそのほかの事情がなくても離婚判決が得られることが多いですし、精神的にも楽になります」(金野さん)。

我慢を続けるより第三者に相談を

弁護士・金野志保さんが上で話しているように、診療内科や弁護士に相談するのは、困ったときの有効手段。「目に見える暴力ではないから」と軽く見ないで、傷を受けている自分の心とよく向き合って、必要ならSOSを発することも大事だといえそうです。

モラハラ夫

写真/Shutterstock.com

1 2

▼あわせて読みたい

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!