合わない人と付き合うのがストレス…。どうやって接するべき? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.05.24

合わない人と付き合うのがストレス…。どうやって接するべき?

「合わない」人は、どこに行っても存在するものです。職場やママ友グループに合わない人がいて、接し方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。合わないと感じる人の特徴と、一緒にいてもストレスがたまらない上手な付き合い方を解説します。

Tags:

職場などにいる合わない人の特徴とは?

職場などで「あの人とはどうしても気が合わない」と思っていたら、偶然周りも同じ意見だったという経験はありませんか?

合わない人

(C)Shutterstock.com

周りから「合わない」と思われるのは、主に本人に原因があります。合わないと思われる人の特徴を具体的に見ていきましょう。

感情に波がある

感情に波があり、機嫌の良し悪しで態度が変わる人は、周りから敬遠されがちです。例えば打ち合わせの最中に急に不機嫌になって黙り込んでしまったり、同じ作業をしているのに気分によってやり方が変わったりすると、周りはペースを乱されます。

自分の気持ちに正直に行動するのは決して悪いことではありません。しかし職場など、仲間との協力が必要な場所では、自分の感情を優先するよりも場の空気を読み、効率を重視する姿勢が求められます。

その場の雰囲気などにはおかまいなしで、いつも感情のままに行動する人と一緒にいると、誰もが疲れて「この人とはうまく付き合えない」と思ってしまうのです。

自己中心的な性格

自己中心的な性格も、周りから合わないと思われる人によくある特徴です。自己中心的な人は、自分の意見を相手に押し付けるばかりで、他人の意見を受け入れなかったり、頭ごなしに否定したりします。

何をするときも自己主張が激しいうえに、いつも自分が中心にいないと気が済みません。自己中心的な人がいると話が前に進まないため、周りから面倒な人と思われ、距離を置かれてしまいます。

【プライドが高い人】の特徴。上手く付き合うには? | Domani

一緒にいるとイライラする

特に嫌なことをされたわけでもないのに、一緒にいるとイライラするのも、合わないと感じる人の特徴です。忙しいときにのんびりとした口調で話しかけてくる人態度が煮え切らない人ネガティブな発言ばかりする人などは、本人にそのつもりがなくても周りをイライラさせます。

イライラさせられると分かっている人と一緒にいても、ストレスがたまるだけでメリットはありません。そのような人とは、誰もが関わりを避けるようになります。

合わない原因ってなに?

合わない人

(C)Shutterstock.com

みんなが付き合いにくさを感じる人は別として、個人的に苦手な人に対しては、なぜ合わないのかが気になるところ。

あなたがその人とうまくいかないのはなぜなのか、合わない原因を見ていきましょう。

価値観が異なるから

お互いの価値観が異なる場合、合わないと感じることはよくあります。例えば裕福な家庭で何不自由なく育てられた人と、貧しくて苦労をしてきた人とでは、お金に対する価値観がまるで違いますから、話が合わないのは当然です。

仕事のやり方にしても同じで、出世や昇給よりプライベートを重視する人もいれば、頑張って働いて少しでも稼ぎたいという人もいます。同じ職場の仲間とはいえ、価値観が異なる人の気持ちが理解できるはずはなく、合わないと感じるのも無理はありません。

人の価値観は、育ってきた環境や境遇などによって形成されるものです。このため社会には、自分と違う価値観を持つ人がたくさんいます。職場やママ友の中に合わない人が存在するのは、仕方がないことなのです。

相手を理解できていないから

相手を理解できていないために、なんとなく合わないと感じるのもよくあることです。性格や好き嫌い、お互いの共通点などが分かっていれば、言っていいことと悪いことをすぐに判断でき、うまく付き合えます。

しかし相手のことを知らなければ、無意識のうちに相手の嫌がることをしてしまう可能性があります。そもそも相手を知らないのですから、何を話していいのかも分かりません。

このため、話をするだけで緊張し無駄にエネルギーを消耗します。その結果、ストレスや苦手意識を強く感じ、「この人とは合わない」と思い込んでしまうのです。

ただし合わないと感じるのは相手の情報が足りないだけで、理解が深まれば付き合いやすくなるケースもあります。合わない人だと決めつける前に、自分が相手をどの程度理解しているのか、見直すことも大切です。

合わない人との付き合い方を紹介

合わない人

(C)Shutterstock.com

職場に合わない人がいると、コミュニケーションがうまく取れずに仕事に支障が出ることもあります。

幼稚園や保育園、小学校などのママ友同士のお付き合いでも、合わない人との関係はできるだけ改善しておきたいものです。

合わない人と上手に付き合っていく方法を紹介します。

共通点を探す

人は自分との共通点が多い相手には、自然に親しみを感じます。話題に困ることもなく、一緒にいて楽しいと思えるのです。したがって、何か共通点が見つかれば、合わない人とも仲良くなれる可能性は大いにあります。

話をする機会があれば、出身地や得意なこと、好きな食べ物など、あらゆる話題を積極的に振ってみましょう。話をしているうちに、意外なことで共通点が見つかり、共感が得られるかもしれません。

首尾よく共通点が見つかったら、そこから会話を広げていきます。同じことについて話しているだけで一体感が生まれ、お互いの距離が縮まります。

相手の長所に目を向ける

合わない人といると、どうしても相手の嫌な部分ばかりが目について、ますます合わないと感じるようになります。関係を改善したいなら、相手の長所に目を向けることも大切です。

あなたが気付いていないだけで、相手にもさまざまな長所があるはずです。例えば仕事が遅くてペースが合わないと感じる人は、慎重で注意深いという長所の持ち主かもしれません。

長所に目を向けることで、相手の嫌な部分が気にならなくなります。

褒め言葉をコミュニケーションにうまく取り入れよう!ビジネスでも使えるさしすせそとは? | Domani

割り切って聞き役に

合わない人と話をすると、意見が食い違って険悪なムードになることもあります。とはいえ、無理に相手に合わせようとするのもストレスの元に。

会議やランチ会などで合わない人と一緒になったら、割り切って聞き役に徹してみましょう。全て受け止めようとするのではなく、適当に流すくらいの意識に変えてみるのも一つの手です。

たとえ相手の言うことに賛成できなくても、どこか興味が沸かなくても、相づちを打ちながら楽しそうに聞く雰囲気がポイントです。

自分の話を素直に聞いてくれる人に対して、嫌な感情を抱く人はいません。聞き役に徹することで相手との関係を悪化させることなく、その場をやり過ごせます。

合わない人との距離の置き方

合わない人

(C)Shutterstock.com

共通点が全くないなど、仲良くなる方法がどうしても見つからないときは、相手と距離を置くしかありません。しかしあからさまに相手を避けるような距離の置き方は、大人として不適切です。

相手に悟られず、周りにも余計な気を使わせないように、上手に距離を置く方法を紹介します。

挨拶以外の会話を控える

合わない人と距離を置こうとするあまり、挨拶もしないようでは、相手だけでなく周りも不愉快にさせてしまいます。挨拶は人間関係を良好に保つために、欠かせないコミュニケーション手段です。

日常的な挨拶さえきちんとしていれば、関係が悪化することはないでしょう。合わない人とは最低限の挨拶をしっかり心がけて、自分から話しかけるのは控えるなど、コミュニケーションの回数を減らすことをおすすめします。

急にそっけない態度になると相手が違和感を抱く可能性があるため、徐々に減らしていくなど調整しましょう。

「おはよう」や「お疲れさまです」など普通の挨拶をするだけで、波風を立てずに距離を置けます。

人間関係に疲れたときにするべき考え方とは? 具体的なアクションやおすすめ本(まとめ) | Domani

プライベートで関わらない

「一緒にいるのは仕事の間だけ」のように割り切って考えれば、合わない人が身近にいても気持ちが楽になります。会社の飲み会や休日に行われる行事など、本来はプライベートな時間にも一緒になる可能性があるときは、無理に参加せずに断ってしまうのもよいでしょう。

ただし子どもを通したママ友同士のお付き合いでは、うまく断れないケースもあります。例えばPTAの役員になったとき、合わない人がいるからといって打ち合わせにも参加しないようでは、他のママに迷惑をかけることになります。

自分のやるべきことはきちんとやり、ランチや飲み会は不参加とするなど、臨機応変に対応しましょう。

馬が合わない人と付き合っていくには?理由や対処法をご紹介 | Domani

こちらの記事もたくさん読まれています

【あぁ、もう無理】人間関係が辛いと感じるのはどのような場面? 乗り越える方法は?
イライラするときどうしてる?感情が抑えられないときの対処法や自分との付き合い方

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事