「ご厚意」の意味と使い方を例文付きで解説!「ご厚意」と「ご好意」の違いって? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2020.07.28

「ご厚意」の意味と使い方を例文付きで解説!「ご厚意」と「ご好意」の違いって?

ワーママとして、間違えて使ったら恥ずかしい、今さら聞けないビジネス用語をこっそり復習!今回は、ビジネスシーンでよく遭遇する「ご厚意」を徹底解説。間違えやすい「ご好意」との違いから、使い方、例文など、詳しくお伝えします。

Tags:

【目次】
「ご厚意」の意味とは?
「ご厚意」の使い方と例文
「ご厚意」と「ご好意」の違いは?
「ご厚意」の類語

「ご厚意」の意味とは?

そもそも「厚意」とはどのような意味なのでしょうか。調べてみましょう。

思いやりのある心。他人が自分に示してくれた気持ちについていう。厚情。
(出典元:小学館『大辞泉』)

そして、「ご厚意」は、厚意という言葉に尊敬を表す接頭語のご(御)をつけた敬語表現です。

ご厚意 意味 使い方 ご好意「性格がいい人」ってどういう人?

「ご厚意」の使い方と例文

「ご厚意」という言葉は、 大きくわけて【感謝を表すとき】と【お断りする】シーンで使います。

ご厚意

【感謝を表すとき】

「ご厚意」は、他人が自分にしてくれた行為を表した言葉なので、“ご厚意に感謝します”や“ご厚意にあずかる”などは、相手からの思いやりの行為や心遣いを受け取りますといった意味合いになります。

“ご厚意痛み入ります”の痛み入りますは、身が縮むほど恐縮するという意味を持っており、相手に対して恐れ多い気持ちを表現できます。

“ご厚意に甘えさせていただきます”という表現もよく使います。これは、相手の厚意(思いやりや気遣い)を受けとる状況で使えます。

【お断りするとき】

「ご厚意」は、感謝を伝える以外に、断るシーンにも使えます。

例えば、“せっかくのご厚意ですが、今回はお断りさせていただきます”、“せっかくのご厚意ですが、お応えできず、申し訳ございません”など、断る際のクッション言葉として利用すると、より深い謝罪の気持ちを伝えることができます。

【メールで使用する場合】

メールで伝える際の例をみていきましょう。

ご厚意

【目上の方などにお食事をご馳走になったときのお礼メール例】
件名:お食事のお礼

〇〇様
おはようございます。△△です。
先日はお忙しいところ、お食事にお誘いいただき、ありがとうございました。

親身にお話を聞いてくださり、とても心が軽くなりました。
〇〇様のご厚意に心より感謝申し上げます。
今後とも何とぞよろしくお願いいたします。

△△

【取引先に感謝を伝えるお礼メール例】
件名:発表会ご参加のお礼

株式会社〇〇〇〇
 〇〇 〇〇 様

いつもお世話になっております。
株式会社△△の△△です。

先日はお忙しい中、弊社主催の発表会に
ご参加いただき、ありがとうございます。
短い時間でしたが、〇〇様とお話でき、大変勉強になりました。

メールでのご連絡となり恐縮ですが、〇〇様のご厚意に心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。
====================
署名
====================

メールでお礼や感謝を伝えるときのポイントは、定型文だけに頼らず、自分の気持ちを込めることが大切です。具体的なエピソードをさりげなく添えると、より相手に伝わるでしょう。

また、下記で解説しますが、「ご厚意」と「ご好意」を誤って使わないよう注意してください。間違えて使用してしまうと、意味が変わってきてしまい、失礼になってしまうので、何度も読み返してから送信しましょう。

ご厚意 意味 使い方 ご好意断りメールの書き方のポイント|ケース別の例とともに紹介

「ご厚意」と「ご好意」の違いは?

ご厚意とよく間違えられる言葉に「ご好意」があります。では、まず「好意」とはどういう意味なのか見ていきましょう。

1.その人にいだく親しみや好ましく思う気持ち。愛情の婉曲的な表現としても用いられる。
2.その人のためになりたいと思う気持ち。親切な気持ち。
(出典元:小学館『大辞泉』)

「好意」は、“私は、あの人に好意を抱いている”というような、愛情の婉曲的な表現として使われることに対して、「厚意」は、他人を思いやる気持ちや行動をさすため、使い方が違ってきます。

例えば、“ご好意に感謝します”と相手に伝えてしまうと、相手は、“別にあなたに好意を抱いているつもりはないのに…”といった具合にも受け取られかねないので、使い方には気を付けましょう。

ご厚意 意味 使い方 ご好意「尊敬」ってどういう意味?尊敬される人の特徴や尊敬の示し方を確認

「ご厚意」の類語

「厚意」の類語として、下記のものがあります。

善意:よい心。他人のためを思う親切心。
厚志:深い思いやりの気持ち。
懇切:細かいところまで心が行き届いて親切なこと。
厚情:厚いなさけ。心からの深い思いやりの気持ち。
(出典元:小学館『大辞泉』)

「ご厚意」と同じく、“「ご〇〇」ありがとうございます”などと、〇〇にあてはめて、感謝を伝えたいときに使えます。シチュエーションに合わせて、使い分けましょう。

感謝の気持ちを表す言葉を、様々なバリエーションで伝えられるのは、ワーママとしても素敵です。マイ辞書に記憶して、活用できるといいですね。

ご厚意 意味 使い方 ご好意優しい人ってどんな人?思いやりのある人を目指すなら…

写真/Shutterstock.com

あわせて読みたい
土用の丑の日の意味とは?言葉の意味やウナギを食べる由来など紹介
人間関係を円滑にする【労いの言葉】フレーズ集

監修/マナー講師

武田るな

アパレル販売員として働いたのち、客室乗務員に転身。現在は、印象力アップのマナー講師としてサロンや企業研修などを担当。Domanistとしても活躍する1児の母。

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事