ハンガーのおすすめ9選|選ぶポイントは用途?それともデザイン? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2020.09.13

ハンガーのおすすめ9選|選ぶポイントは用途?それともデザイン?

きれいに整ったクローゼットなら、出勤前に「何を着ていこう?」と迷うことも少なくなるかもしれません。ハンガーに着目して、省スペース&きれいな収納を目指しましょう。ハンガーを選ぶポイントやコツ、おすすめのハンガーを紹介します。

Tags:

【目次】
ハンガーの選び方って?
ハンガーの種類を紹介
ハンガーの素材別の特徴
トップス・ジャケット用ハンガーのおすすめ
ボトムス用ハンガーのおすすめ
おしゃれなデザインのおすすめハンガー
コスパ抜群のハンガーも

ハンガーの選び方って?

SNSなどで紹介されているおしゃれな人のクローゼットを見ると、きれいに統一されたハンガーがずらりと並んでいることがよくあります。見栄えにはハンガー選びも重要と分かりますが、デザインを重視するあまり使い勝手が悪くなるのは避けたいところ。

ハンガー おすすめ

(C)Shutterstock.com

ハンガーを選ぶときは、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?ポイントを見ていきましょう。

用途で選ぶ

ハンガーには、クローゼットの衣類整理に使う衣類用、日常の洗濯で使う洗濯用があります。それぞれ仕様や特徴は異なるので、用途に合ったものを選ぶのがベターです。

まず衣類用は、掛ける洋服の種類によってさまざまなタイプがそろっています。衣類をきれいに保管するのが目的なため、デザインも豊富です。

一方、洗濯用は洗濯物を乾かしやすく取り込みやすい工夫がされています。耐久性に配慮されているものも多く、見栄えよりは実用性を重視したものがほとんどです。

ハンガー おすすめ

(C)Shutterstock.com

【ベビー服のかわいい収納術】引き出しやハンガーを使ったアイデア集

サイズや形で選ぶ

洋服にシワや跡を残さないためには、洋服のサイズに合うハンガーを使う必要があります。ハンガーのサイズの目安は次の通りです。

・レディース Sサイズ:約38cm
・レディース Mサイズ:約40~44cm
・レディース Lサイズ:約45~47cm

レディースMサイズのハンガーは、おおよそメンズのS・Mサイズ、LサイズはメンズのLサイズに該当します。メンズのLLサイズハンガーの目安は、約47~52cmです。

また、洋服の種類に合わせてハンガーの形を変えることも洋服をきれいに保つコツです。衣類の種類に合った厚み・形状のハンガーを選ぶことで、型崩れしにくくなります。

スーツにはスーツハンガー、スカートにはスカート用ハンガー、子ども服には子ども服用ハンガーと使い分けましょう。

ハンガー おすすめ「クローゼットの断捨離の仕方がわかりません」にクローゼットオーガナイザーが提案する5つのオキテ

機能で選ぶ

使いやすさを重視するなら、ハンガーの機能も重要なチェックポイント。ただし機能を欲張りすぎると、結局は使い勝手の悪いハンガーを選ぶことになってしまう可能性も。購入前に欲しい機能を明確にしておくのがおすすめです。

例えば、クローゼットで使うハンガーは「衣類を型崩れさせない」「クローゼットの空きスペースを有効活用できる」などの機能が付いたハンガーが見られます。デザイン、厚み、カラーバリエーションはさまざまなので、好みやクローゼットとの相性を見て選びましょう。

一方、洗濯用ハンガーは「収納しやすい」「洗濯物が外れにくい」「乾きやすい」といった機能があります。今のハンガーに不満がある場合は、それを改善できるものを見つけましょう。

ハンガー おすすめクローゼットでのバッグ収納に! 「【無印良品】350円の〝アレ〟と【セリア】100円の〝アレ〟が便利すぎる」

素材にも注目して

ハンガーの見た目や使用感に大きく関係するのが、素材。ハンガーの素材には主に次のようなものがあります。

・プラスチック
・スチール
・ウッド
・ステンレス

材質によって、耐久性が高いもの・低いものがあります。洗濯用・室内用はそれぞれ混同せず、素材を変えてそろえるのがベターです。

また、価格は見た目の高級感や使用感を反映しがちです。コスパを重視しすぎると、クローゼットがチープな印象になってしまう恐れがあります。素材の特徴・価格を十分に考慮して、適材適所のものを選びましょう。

素材についての詳細な特徴については後の項で詳述するので、そちらをチェックしてくださいね。

ハンガー おすすめ自己決定力も育つ!子供用クローゼットに【無印良品】の収納グッズが使えるワケ

ハンガーの種類を紹介

着ようと思ったジャケットにシワや型崩れがあると、一気にテンションが下がってしまうもの。洋服の種類に適したハンガーを選ぶことで、このような「着る前のがっかり」を避けやすくなるはずです。

ハンガー おすすめ

(C)Shutterstock.com

ハンガーにはどのような種類があるのか、具体的にチェックしていきましょう。

肩の形に沿うトップス・ジャケット用

上半身に羽織るものでも、襟の有無と形状によって使用すべきハンガーが異なります。

まずシャツやブラウスなど襟のあるものは、襟が高く作られたシャツハンガーがおすすめです。型崩れしにくく、きれいな形状を保ちやすくなります。

一方、襟のないカジュアルなシャツは襟部分の立ち上がりがないハンガーを使います。ハンガーに滑り止めなどがあると、ずり落ちにくく安心です。

また、ジャケット用には肩のラインが丸く作られたジャケット用ハンガーを使います。厚みがあるので型崩れしにくく、シワが付きにくいのがメリットです。

シャツハンガーは厚みのないステンレスやスチール製、ジャケットハンガーはしっかりした厚みの木製がおすすめです。

ハンガー おすすめハンガーで肩に変な跡!を解消すべく愛用しているのは〝MAWAハンガー〟

シワを防いでくれるボトムス用

シワや型崩れが気になるパンツやスカートは、ボトムス用のハンガーを使います。

最も一般的なのは、ハンガーにクリップが付いていてそこにパンツやスカートを挟むタイプです。素材の種類が豊富な上、洗濯用として使えるものもあります。

また、クリップを使用せず、バーに掛けて収納するタイプもよく目にします。連結可能なもの、複数のパンツやスカートを掛けられるものなどがあり、省スペースを目指す人におすすめです。

所持しているパンツ・スカートの枚数、形状によって使いやすいものを選びましょう。

ハンガー おすすめ収納アイデア実例集!こんなやり方あったんだ!プロ直伝の目からウロコのスッキリ収納術

洗濯で活躍するピンチハンガー

ピンチハンガーは、小物類を干すとき重宝します。ただし、素材やピンチの数によって使い勝手は異なるので、よく考えねばなりません。

まず、屋外で使用するなら、素材は劣化しにくいステンレス、アルミなどがおすすめです。一方、屋内使用でコスパを重視するなら、軽量なプラスチックが使いやすいといえます。

また、ピンチの数が多いほどたくさんの小物を干せます。収納や干すスペースに問題がないならば、40~50ほどのピンチがある大きなサイズのものがおすすめです。

ハンガー おすすめ大人気ミニマリストが教える【子どもが洗濯をしたくなる】4つのコツ

ハンガーの素材別の特徴

ハンガーの素材によって適材適所があるのは前述の通りです。「どれを選ぶべき?」と迷っている人は、まず素材別にどのような特徴があるのかチェックしましょう。

ハンガー おすすめ

(C)Shutterstock.com

ハンガーの素材別の特徴を紹介します。

安価なプラスチック

プラスチック製のハンガーは、比較的安価なものが多い印象です。ハンガーがたくさん必要なときは、有力な選択肢となります。ただし、安価でそろえられる分チープ感が気になる場合もあり、おしゃれさを求める人には不向きかもしれません。

プラスチック製のメリットは、軽くて水分をはじくことです。濡れた状態の衣類を掛けやすいため、洗濯を干すときに重宝します。しかし、耐久性は高くなく直射日光にさらし続けると劣化は避けられません。屋外で頻繁に使うなら、劣化により数年で買い換えることになる可能性もあります。

耐久性のあるスチール

金属を使用したスチールハンガーは、プラスチック製と比較すると耐久性が高いといえます。スチールの質感をそのまま生かしたもの、スチールにビニールコーティングしたものなどがあります。

耐久性ではステンレスに劣るものの、価格面・機能面ではスチール製の方が勝るかもしれません。軽量で扱いやすいものやカラフルなもの、安価なものなどがそろっており、バリエーションは豊富です。

ナチュラルなウッド

木材ならではのナチュラルな質感を楽しめるのが、ウッド製のハンガーです。厚みがあって形状がしっかりしているため、ジャケットのように型崩れさせたくない衣類を掛けるのに適しています

使われている木材やデザインによって、価格はさまざまです。いくつかそろえて購入する場合は、材質と価格のバランスをきちんと見極めた上で選びましょう。

また、一般的に木製のハンガーは水への耐久性が高くありません。使用はクローゼットの中のみとし、洗濯用としての使用は控えるのがベターです。

サビに強いステンレス

耐久性のあるハンガーが欲しいときは、ステンレス製をチェックしましょう。サビにくい上紫外線による劣化も少なく、屋外でも安心して使用できます。クローゼット用よりは洗濯用ハンガーとして重宝するはずです。

ただし、ステンレス製は、耐久性が高い分重みがあります。持ち運びたいときに苦労するかもしれません。

プラスチック製と比較すると、価格はやや高価です。大切に使えば長く持つため、コスパ的には悪くないといえるのではないでしょうか。

トップス・ジャケット用ハンガーのおすすめ

トップスやジャケット用のハンガーは、型崩れしにくい工夫がなされているものが望ましいといえます。仕事用ジャケットや、おしゃれなトップスを保管するときに使いたい、おすすめのハンガーを紹介します。

ハンガー おすすめ

(C)Shutterstock.com

洋服がずれ落ちにくい「マワ レディースライン 40」

ノンスリップコーティングにより、ハンガー全体で衣類をキャッチ。襟なしのシャツやブラウス、カーディガンなどを掛けるときに重宝しそうです。素材はステンレス製なので、洗濯用にも使えます。

また、ハンガー部分は肩の出っ張りがなく、人体に近いカーブです。型崩れしにくく、薄手の衣類を掛けても安心です。

厚さはわずか約1cmほどなので、仕事用・プライベート用とたくさん衣類が必要な人におすすめできます。

ハンガー おすすめ

商品名:マワ レディースライン 40

スーツのメンテナンスに「ナカタハンガー レディスジャケットハンガー」

ナチュラルな印象のこちらの木製ハンガーは、肩から肩先にかけて丸みがあるのが特徴です。大切な洋服の肩のラインにきちんと沿い、型崩れを防いでくれます。着用回数の多いスーツを休ませるときなどに最適なので、仕事でジャケット必須の人はいくつかそろえてみてはいかがでしょうか。

ハンガーの素材にはヨーロッパ産のブナが使われており、1つ1つ職人の手によって研磨されています。こだわりを持って作られたハンガーは高級感があり、クローゼットに掛けたときの見栄えも良好。

クリップとアンダーバーが付いたタイプ、ハンガーのみのタイプがあります。

ハンガー おすすめ

商品名:ナカタハンガー レディスジャケットハンガー

トップメゾンも採用するおしゃれな一品「マイネッティ サルトリアーレ レディスハンガー」

イタリアのハンガーメーカーが販売する、デザイン性の高いハンガーです。

一見木製に見えますが、素材には発泡樹脂素材が使われています。軽量で耐久性が高く、高級感のある印象です。クオリティの高さは広く認知され、世界的に有名なトップメゾンでも使われているほど。

また、ハンガーは人間工学に基づくカーブと厚みを備えています。レディース用は肩先が細く作られており、ジャケットはもちろん、シャツやニットなどの型崩れも防いでくれます。

ハンガー おすすめ

商品名:マイネッティ サルトリアーレ レディスハンガー

ボトムス用ハンガーのおすすめ

仕事用・プライベート用にたくさんパンツやスカートを所有しているワーママなら、ボトムスをきれいに収納できるハンガーをそろえてみては。

ハンガー おすすめ

(C)Shutterstock.com

機能的に使える、おすすめのボトムス用ハンガーを紹介します。

シンプルなのに機能的「マワ スカート ミニ」

ボトムスの内側にバーを差し込み、スプリングの力で吊します。ピンチの跡が付かないため、薄手のものやデリケートな生地におすすめです。

スプリングのサイズは、約45~74cmまで調整できます。両端には「ノンスリップコーティング」が施してあり、滑りにくい仕様です。ハンガーは約1.3cmと薄いので、少ないスペースでも使えます。

ハンガー おすすめ

商品名:マワ スカート ミニ

場所を取らないスリムなフォルム「サワフジ アニマーレ すべらない スラックスハンガー4段」

ハンガーには4本のバーが付いており、一度に4枚のパンツを掛けられます。場所を取らずに収納できるので、クローゼットの空きが少ないときにも重宝。

また、それぞれのバーとフック部分は360度回転する仕様です。パンツの掛け外しがスムーズに行えます。

スチールの材質を生かしたスタイリッシュなデザインは、おしゃれなクローゼットにもマッチしそうです。

ハンガー おすすめ

商品名:サワフジ アニマーレ すべらない スラックスハンガー4段

おしゃれなデザインのおすすめハンガー

セレクトショップのようなおしゃれなクローゼットを目指すなら、ハンガーもデザイン性を重視して選びたいところです。

ハンガー おすすめ

(C)Shutterstock.com

クローゼットをおしゃれに見せてくれる、見た目にこだわったハンガーをご紹介します。

鮮やかなカラーが魅力「レキサイト イタリア製デザイナーズハンガー」

鮮やかなカラーが目を惹くハンガーは、「レキサイト社」によってデザインされたもの。

レキサイト社は、革新的なデザインのアイテムを数多くリリースしてきたイタリアのメーカーです。国際的なデザイン賞を多数授賞したメーカーならではのセンスは、ハンガー作りにも生かされています。

ハンガー1つ1つに存在感があり、お部屋のいいアクセントになるはず。

ハンガー おすすめ

商品名:レキサイト イタリア製デザイナーズハンガー

小物にぴったりなコンパクトサイズ「アイアン トライアングルハンガー」

トライアングルのような特徴的な形状は、小物やタオルを掛けるのにぴったり。サイズは約16.9×22cmと一般的なハンガーに比べてコンパクトなので、省スペースで利用できます。加えて取っ手部分が三角の内側に畳める仕様なので、収納するときも場所をとりません。

また、ハンガーの素材は鉄で、アンティーク加工が施してあります。おしゃれなインテリアにもなじみやすいため、アクセサリーやドライフラワーなどを飾るのに使うのもおすすめです。

ハンガー おすすめ

商品名:アイアン トライアングルハンガー

上下使える新鮮なデザイン「DUAL ハンガー ナックナック」

ハンガーの上下部分にフックが付いた斬新なデザインが特徴です。こちらは、30年以上続く台湾の老舗金属メーカー「NakNak(ナックナック)」によってデザイン、製造されています。

ハンガー部分には上着を、下のフックにはバッグや付属のベルトなどを掛けられます。デザイン性だけではなく実用性もあり、おしゃれに省スペースを実現できるアイテムです。

ハンガー おすすめ

商品名:DUAL ハンガー ナックナック

コスパ抜群のハンガーも

クローゼットのハンガーを全て一新するつもりなら、コスパが重要。とはいえあまりにチープなものだと、クローゼットを開けたときのおしゃれ感が下がってしまう恐れもあります。気分よく仕事に着ていく服を選べるよう、ハンガーはデザイン・機能ともに満足できるものを選ぶのがおすすめです。

ハンガー おすすめ

(C)Shutterstock.com

コスパがよく使いやすい、おすすめのハンガーを紹介します。

スカート用のフック付き「アイリスオーヤマ ハンガー BAUハンガー」

10本1セットとコスパのよいポリプロピレン製のハンガーです。肩紐用フックが付いており、スカートの紐を掛けて吊せます。ジャケット+スカートを一つのハンガーに掛けられるため、スーツをセットごとに収納することが可能です。

また、厚さは約0.6cmと薄型なので、たくさん吊しても邪魔になりにくいのもポイント。薄手の衣類はもちろん、ジャケットなどの厚みのある衣類もスリムに保管できます。約0.39kgと軽量なので、持ち運びも苦になりません。

ハンガー おすすめ

商品名:アイリスオーヤマ ハンガー BAUハンガー

耐久性に優れた「LITTLE HOTTIES ハンガー」

高品質なABS樹脂で作られており、高い柔軟性と強度を兼ね備えています。力を加えても破損しにくく、ハンガーを携行するときに重宝します。

ハンガー表面には起毛加工が施されており、掛けた衣類が滑り落ちにくい仕様です。加えて、ハンガーのカーブ部分は人間工学に基づいてデザインされたもの。衣類の肩のラインに沿いやすく、型崩れを防ぎます。滑りやすいスリップドレスやネクタイから、厚みのあるジャケットやセーターまで、さまざまな衣類に対応可能です。

ハンガーの厚みは約0.5cmとスリムに作られているため、クローゼットの収納性を高め、スペースを有効活用できます。

カラーバリエーションもあり、30本セットなので、クローゼットのハンガーを一新するときにおすすめです。

ハンガー おすすめ

商品名:LITTLE HOTTIES ハンガー

あわせて読みたい
▶︎スタイリスト・亀恭子さんが厳選!超便利クローゼット名品5
▶︎1本でスカーフ18枚も!?【イケア】の399円ハンガーの収納力が本気すぎる!

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事