【大晦日の過ごし方】12月31日にすること、してはいけないこと | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2020.12.05

【大晦日の過ごし方】12月31日にすること、してはいけないこと

大晦日には日本古来の伝統的な過ごし方があります。各行事の由来や込められた願いを知っていれば、より大晦日を大切に過ごせるようになるかもしれません。大晦日の意味や行事、避けた方がいい行動を解説します。

Tags:

【目次】
大晦日とは
大晦日の行事
大晦日の食べ物
してはいけないことはある?

大晦日とは

1年の終わりである12月31日は大晦日(おおみそか)と呼ばれています。この日は家族や恋人などごく身近な人と、温かな家にこもってのんびり過ごすというのが一般的です。しかし、そもそも大晦日とは一体どんな日なのでしょうか?

大晦日

(C)Shutterstock.com

大晦日の意味や由来とともに見ていきましょう。

意味や由来を知ろう

大晦日の「晦日」とは月末のことをいいます。「みそか」という言葉は、月の30番目の「三十日」に由来しますが、実際の日付に関係なく月の最終日を意味しています。

12月31日は1年の最後の月の最終日であることから、「大晦日」となりました。

古来、お正月には新年の神様である「年神様(としがみさま)」がやってくるとされ、年神様をお迎えするために様々な行事が形成されていきました。

そのため、大晦日は寝ずに年神様を待つという習わしがあります。

大晦日の行事

大晦日には昔から行われている伝統行事がいくつもあります。すっかり習慣として身に染み付いている人も多いと思いますが、それぞれにきちんとしたいわれがあります。

大晦日

(C)Shutterstock.com

大晦日を迎える前に、それぞれの行事の意味や込められた願いを知っておきましょう。

除夜の鐘

大晦日と言えば、除夜の鐘の音をイメージする人も多いのでは。除夜の鐘は大晦日にお寺でつく鐘の音であり、大晦日の夜から年明けまで、日付をまたいで行われます。

除夜の鐘は煩悩の数と同じ108回鳴らされるというのは有名な話です。仏教の教えに従って煩悩を払うために108回鳴らされるという説や、「四苦八苦」を数式にあてはめて4×9、8×9を足した108に合わせているという説があります。ほかにも、季節の目安である「二十四節気」と「七十二候」にちなみ、それぞれと月の数を足して108に合わせているという説もあります。

除夜の鐘の「除」には、古きを捨て新しきを迎えるという意味があります。いずれにせよ、1年の終わりを告げて新年を迎えることを知らせる鐘と言えるでしょう。

年の湯

大晦日の夜の入浴は「年の湯」と呼ばれています。1年の汚れと共に厄落としをするという意味が込められています。毎日入浴することが当たり前でなかった頃は、大晦日の入浴は特別なものでした。

年の湯に入ったあとは、元旦の日の出ている間は入浴を避けた方が良いといわれています。これは、元旦には福を授かるため、入浴することでせっかく授かった福を洗い流してしまわないようにという理由からです。

掃き納め

大晦日にその年最後の掃除をすることを「掃き納め(はきおさめ)」といいます。大掃除とは異なり軽い掃き掃除にとどめる掃除のこと。本格的な大掃除は、大晦日よりも前の12月13日から28日ごろまでに終わらせておくとよいとされます。

元日に掃除をするとお迎えした年神様を追い出してしまうと考え、掃除をしない習わしがあります。

大晦日の食べ物

大晦日には、1年の締めくくりと翌年への期待を込めた食べ物を食べる習慣があります。

大晦日

(C)Shutterstock.com

それぞれに込められた願いと由来をご紹介します。

年越し蕎麦

年越し蕎麦を食べる風習は江戸時代から始まったとされており、細くて長い蕎麦は健康長寿の願いが込められています。また、蕎麦は切れやすい特徴があることから、その年にあった苦労や厄を断ち切るという意味もあります。

しかし、必ずしも大晦日には年越し蕎麦を食べなければならないというわけではありません。地域によっては、蕎麦ではなくうどんを食べる所もあります。

年取り膳

年取り膳とは、1年間無事であったことを感謝し、新年の年神様をお迎えするための祝いの膳で、大晦日の夕方にごちそうを供え、皆で食事をする習わしです。

かつて日本では、1月1日に皆が一斉に年を取る数え年でした。その昔、日没が1日の終わりであったため、大晦日の夜はすでに1月1日に変わっていました。その名残で、無事に年神様をお迎えして年を取ったことをお祝いしたのです。

年取り膳の主役は「年取り魚」で、主に西日本では鰤、東日本では鮭が用いられてきました。

してはいけないことはある?

大晦日は年神様を迎える大事な準備の日であるため、避けた方がいいとされる行動もいくつかあります。一見縁起が良さそうでも、実は縁起が悪いとされることもあるので注意しましょう。

大晦日

(C)Shutterstock.com

正月飾り

門松しめ縄鏡餅などの正月飾りは、年神様を迎えるための大切なものです。本来は12月28日までに済ませるか、30日に準備しておくものであり、大晦日に準備するのは失礼だとされています。31日では葬儀と同じ「一夜飾り」になってしまいます。また、大切な神様を迎える準備を一晩で簡単に終わらせることは、神様を軽んじていると考えられるからです。

餅つき

大晦日は餅つきも避けた方がよいといわれています。31日についた餅は「一夜餅」と呼ばれ、葬儀と同じ「一夜飾り」の意味をもってしまいます。大晦日にバタバタしながら準備したということも縁起が悪いとされる理由です。

同じく29日の餅つきは「二重苦」や「苦餅・苦持ち」となるため、避けた方がよいとされています。一方、29は「福」に通じるので、福を呼ぶ「福餅」として29日に餅つきをするところもあります。

画像ALT
『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店)

季節の行事を親子でいっしょに学べる絵本形式の実用書です。ものごとの由来やしきたり、遊び方、箸の持ち方、衣服のたたみ方など、行事を子育てに役立てるコツを豊富なイラストで楽しく紹介。文化と愛情を伝える「行事育」が手軽に実践できます。

画像ALT

和文化研究家

三浦康子

古を紐解きながら今の暮らしを楽しむ方法をテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、Web、講演などで提案しており、「行事育」提唱者としても注目されている。連載、レギュラー多数。All About「暮らしの歳時記」、私の根っこプロジェクト「暮らし歳時記」などを立ち上げ、大学で教鞭もとっている。著書『子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本』(永岡書店) ほか多数。

あわせて読みたい
▶︎早くも予約殺到!全国配送OK「五十嵐美幸さんの中華おせち」って?【川口ゆかりの丁寧な暮らし】
▶︎全国各地のご当地雑煮を拝見!あなたのお雑煮、見せてください♡【埼玉県・醤油味すまし汁雑煮】

写真/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事