【冷やし中華】で夏を乗り切る!人気の具材やアレンジ方法まとめ | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEグルメ

2020.06.03

【冷やし中華】で夏を乗り切る!人気の具材やアレンジ方法まとめ

さっぱりとした喉ごしの冷やし中華は、暑い季節に大活躍のメニュー。ただしいつも同じ具材をのせているだけでは、どうしてもマンネリになってしまいます。「また冷やし中華?」と言われないための、おすすめ具材とアレンジ方法を紹介します。

Tags:

【目次】
冷やし中華の定番人気具材
冷やし中華のおすすめ具材
冷やし中華のタレ・スープ
肉が主役のガッツリ系冷やし中華
冷やし中華のおすすめアレンジ

冷やし中華の定番人気具材

冷やし中華は主食の麺に、肉や野菜、卵などの具材をトッピングして作ります。酸味の効いたタレのおかげで暑い時期でも食べやすい上に、一皿で満足できる手軽さがあり、夏休みのランチなどにも人気。

まずは冷やし中華のトッピングに使われる定番の具材と、おいしく食べるポイントを見ていきましょう。

冷やし中華 具

(C)Shutterstock.com

ハムや鶏のささみ

肉類では、さっぱりとした味わいのハム鶏のささみが定番です。ハムは他の具材と同じ幅になるように、短冊切りにしてのせるときれいに見えます。

しかし市販の薄切りハムを重ねたまま切ると、くっついてきれいにはがせません。そのうえ無理にはがそうとすると、短くちぎれてしまうので注意が必要です。1枚ずつはがして軽く半分に折り、上下互い違いに重ねてからカットすると、ハム同士がくっつかずにきれいにトッピングできます。

鶏のささみは熱湯でゆでて中までしっかり火を通したものを、縦長に裂いて使います。ゆでるのが面倒なときは、電子レンジで加熱する方法もあります。

この場合は冷めると固くなりやすいので、粗熱が取れたら手でほぐし、汁につけておきましょう。パサつかずにしっとりと仕上がります。

また、鶏のささみは一度にたくさんゆでて冷凍保存しておけば、好きなときに使えて便利です。

きゅうりやトマト

冷やし中華には、きゅうりトマトなどの夏野菜も欠かせません。

きゅうりは長さを4~5cm程度にカットし、縦にスライスしてから千切りにするのがポイント。斜め切りや輪切りにする方法に比べてやわらかくなりにくいので、麺と混ぜたときに歯ごたえがしっかりと残ります。

トマトは他の具材とのバランスを考慮して、1/8以下の縦切りにするか、大きめのみじん切りにするのがおすすめです。半分にカットしたミニトマトを上にのせたり、お皿のふちに並べたりしてもかわいいですね。

錦糸卵

冷やし中華の具材といえば、真っ先に思い浮かぶのが錦糸卵ではないでしょうか?ハムやトマトの赤にきゅうりの緑、錦糸卵の黄色が並ぶと色鮮やかでおいしそうに見えます。

しかしきれいな錦糸卵を作るのは、意外に難しいもの。焼き過ぎると焦げ目で茶色くなったり、固くなったりするので火加減に注意が必要です。フライパンで焼くなら、表面が乾いたらすぐに火を止め、余熱で固まるのを待ちましょう。

ひっくり返すときは、フライパンの真ん中に菜箸を置き、卵のフチを持ってひっかけるようにすると失敗を減らせます。平らな皿にラップを敷いて、溶いた卵を広げて電子レンジで加熱する方法もあります。

卵がある程度冷めたら、くるくる巻いてから細切りにして完成です。

冷やし中華 具

お弁当に冷やし中華⁉ パパッとつくれて見映えするお弁当あります♡【お弁当問題どうする⁉】

冷やし中華のおすすめ具材

続いて定番の具材を切らしているときや、少し飽きてきたときにおすすめの具材2種と、主な使い方を紹介します。

冷やし中華 具

(C)Shutterstock.com

栄養たっぷりなゴーヤ

ビタミンCが豊富なゴーヤは、夏バテ予防に人気の野菜です。炒めて食べることが多いですが、ゆでて冷やし中華のトッピングにも使えます。

また、ゴーヤは豚肉やひき肉、サバ缶などの具材と相性がよく、さまざまなアレンジができるのも人気の理由。きゅうりの代わりにゴーヤを使えば、マンネリを解消できる上に栄養価も上がって一石二鳥です。

ゴーヤはワタを取り、薄くスライスして塩で軽くもみます。熱湯でさっとゆで、ザルに広げて冷ましておきましょう。ゴーヤを先にゆでてその鍋で麺をゆでれば、お湯を沸騰させる手間やガス・電気代も省略できます。

具がないときに便利なツナ

冷蔵庫に、ハムや鶏のささみなどの肉系の具材が見当たらないときは、ツナ缶が便利です。缶を開けて盛るだけなので、切ったりゆでたりといった、下ごしらえの手間もありません。帰りが遅くなり、麺をゆでるだけで精一杯というときにとても助かります。

市販の中華ダレに大根おろしを入れてさっぱりと仕上げたり、コーンやキャベツと一緒にマヨネーズで和えてサラダ風にしたりと、幅広く活用できる具材です。

冷やし中華のタレ・スープ

いつもと同じ具材でも、タレやスープを変えれば味に変化を付けられます。冷やし中華がマンネリにならない、タレやスープのバリエーションを見ていきましょう。

冷やし中華 具

(C)Shutterstock.com

濃厚な胡麻ダレ

あっさりした醤油味のタレに飽きたら、濃厚な味わいの胡麻ダレを作ってみましょう。胡麻ダレは「練り胡麻」と市販の鶏ガラスープがあれば簡単に作れます。具材に鶏のささみを使う場合は、ゆで汁を鶏ガラスープの代わりにすると無駄がありません。

胡麻ダレは豆板醤を足して辛くしたり、マヨネーズや味噌を足してマイルドにしたりと、具材や食べる人の好みに合わせやすいのもポイント。例えば鶏のささみとたっぷりのきゅうりをのせた麺に、ピリ辛の胡麻ダレをかければ、棒棒鶏風の冷やし中華になります。

ハムの代わりにゆでた豚肉をのせて冷しゃぶ風にしてもよいですね。

定番の中華ダレ

麺とセットで付いてくる中華ダレは、そのまま使えて便利ですが、量が足りなかったり酸味が強すぎたりすることがあります。

実は冷やし中華のタレは、少ない材料で簡単に作れます。必要なのは、醤油・酢・砂糖・酒・胡麻油の5種類だけ。それぞれ量を加減しながら、自分好みの味に近づけていきましょう。米酢・リンゴ酢・黒酢など、酢の種類を変えるだけでも風味が変わりますよ。

お気に入りの中華ダレができれば、いつもの冷やし中華もぐっとおいしくなります。煎り胡麻や生姜を入れたり、ネギなどの薬味を加えたりとさまざまなアレンジができるのも手作りの醍醐味です。

さっぱりレモンダレ

酢の代わりにレモン汁を使うと、ビタミンCがたっぷりのタレが作れます。レモン汁は醤油ダレ、胡麻ダレどちらにもよく合います。白だしと塩で「さっぱり塩レモンダレ」を作るのもおすすめです。

また、ポン酢にレモン汁と胡麻油を入れれば、即席の中華ダレになります。とても簡単で、タレを作る暇がないくらい忙しいときにもぴったり。麺に薄切りのレモンをトッピングすれば、味も見た目もさわやかな冷やし中華の完成です。

冷やし中華 具

夏に食べたい爽快レモン!果汁3倍になる絞り方って??切り方・絞り方をレモンの農家に聞いてみた!

肉が主役のガッツリ系冷やし中華

肉系の具材がハムや鶏のささみだけでは、少し物足りなさを感じるときがあります。とはいえ、他におかずを用意するのも大変ですね。

食べ盛りの子ども達も大満足の、肉を主役にしたガッツリ系冷やし中華を紹介します。

冷やし中華 具

(C)Shutterstock.com

食べ応えのあるからあげのせ

あっさりした冷やし中華も、からあげをのせれば一気に食べ応えのあるメニューに変わります。小さな子ども用には、食べやすいように一口大にカットしておくのがおすすめ。くし切りのレモンやトマト、レタスを添えてカラフルに盛り付けましょう。

麺の上に薄くスライスした新玉ねぎを敷き、からあげ・豆苗・ミニトマトをのせると大人向けガッツリ系冷やし中華のできあがりです。シンプルな醤油ベースの中華ダレを合わせれば、揚げ物もさっぱり食べられます。

冷やし中華 具

唐揚げの下味は「ピエトロ」のドレッシングだけ!簡単おいしい唐揚げづくりのポイント

ピリ辛の肉味噌冷やし中華

ピリッと辛く味付けした「肉味噌」を主役にすると、タレ要らずの担々麺風冷やし中華になります。細切りレタスと白髪ネギを添えて、麺と肉味噌をよく混ぜればできあがりです。

肉味噌は保存が効くので、豚ひき肉が安いときにまとめて作り置きしておくと便利。味付けには味噌・醤油・砂糖・酒・豆板醤を使います。辛いものが苦手な人や、子ども用なら豆板醤は控えて。

お好みでみじん切りの玉ねぎやしいたけ、生姜を入れるのもおすすめです。電子レンジでも簡単に作れるので、暑い夏には助かる具材です。

冷やし中華のおすすめアレンジ

冷やし中華のアレンジは、他にもたくさんあります。特にカレー味やイタリアン風アレンジは簡単で、子どもも食べやすいのでおすすめです。

カロリーが気になるときは、麺を変えてみるという手もあります。それぞれアレンジのポイントを見ていきましょう。

冷やし中華 具

(C)Shutterstock.com

スパイシーなカレー味

醤油ベースの中華ダレにカレー粉練り胡麻を合わせると、スパイシーなカレー味のタレができます。胡麻ダレがあるなら、カレー粉を加えるだけでいいので、さらに簡単。

カレー味にする場合は、具材も工夫すると一層おいしくなります。肉はハムや鶏のささみの代わりに、ひき肉や薄切りの豚肉とピーマンを塩コショウで炒めたものを使います。錦糸卵は温泉卵や生卵にして、肉とからめて食べましょう。

野菜もきゅうりではなく、レタスやキャベツの方が合います。いつもの冷やし中華よりもパンチの効いた、食べ応えのあるアレンジです。

おしゃれなイタリアン風冷やし中華

胡麻油をオリーブオイルに、酢をバルサミコ酢に変え、すりおろしたニンニクを入れるとイタリアン風のタレができます。肉系の具材には生ハムを使い、きゅうりの代わりにベビーリーフやバジルの葉を散らして最後に黒コショウを振れば、見た目もおしゃれに。

モッツァレラチーズとトマトをのせて、「カプレーゼ」風にするのもおすすめです。冷製パスタに似ていますが、冷やし中華の麺の方がパスタよりもゆで時間が短く、より手軽に作れます。

低カロリーなこんにゃく麺

さっぱりした冷やし中華には、他の麺料理に比べてヘルシーなイメージがあります。しかし麺の原料は小麦粉で、糖質やカロリーが意外に高いので注意が必要です。

ダイエット中の人や夜遅い時間に食べる人は、低カロリーな「こんにゃく麺」で代用するのがおすすめ。麺のカロリーを抑えられるので、からあげなどのボリュームのある具材をのせても罪悪感がありません。

全部をこんにゃく麺にしてもよいですが、半分だけこんにゃく麺に置き換えることで、食感を損なわずおいしく食べられます。中華麺とそっくりな黄色いこんにゃく麺を使えば、見た目も満足です。

あわせて読みたい
ダイエットに効果的な食べ物|30代40代女性におすすめの食べ方・レシピ・スイーツをご紹介!
【夏バテ】知っておきたい症状・解消法・効果的な食べ物(まとめ)

トップ画像・アイキャッチ/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事