「申し伝える」の正しい用法は?代表的な類語の使い分け、英語表現を解説! | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.03.30

「申し伝える」の正しい用法は? 代表的な類語の使い分け、英語表現を解説!

「申し伝える」はビジネスシーンで頻繁に見聞きする言葉ですが、意味を正しく理解して使っているでしょうか。周囲に合わせてなんとなく使っていると、間違った表現に気づかず、相手に失礼な印象を与えてしまうかもしれません。 本記事では、「申し伝える」の意味や類語、正しい使い方について紹介します。

Tags:

【目次】
 ・「申し伝える」とはどんな言葉?
 ・「申し伝える」の3つの類語
 ・「申し伝える」の5つの使い方
 ・「申し伝える」の逆の言葉とは?
 ・「申し伝える」の英語表現はさまざま
 ・「申し伝える」を正しく理解して使おう

「申し伝える」とはどんな言葉?

「申し伝える」は敬語としてビジネスシーンでも使える表現です。きちんと意味を理解しておくと場面に応じて適切に使うことができるでしょう。まずは「申し伝える」の言葉の意味について解説します。

申し伝える

(C)Shutterstock.com

■取りついで第三者に伝えるという意味

「申し伝える」は、取りついで第三者に申し上げることを意味しています。その読み方は「もうしつたえる」です。「担当の〇〇に申し伝えます」という言葉で日常使いしている人も多いのではないでしょうか。

もうひとつ「語り伝え申し上げる」の意味も持っており、こちらは後世に対して語り伝える表現です。ビジネスシーンにおいてはこの意味で使われることはあまりないでしょう。

敬語は主に、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分けられます。「申し伝える」は3分類の中で「言い伝える」の謙譲語にあたり、目上の人を敬う気持ちを表す敬語表現として使用可能です。

さらに謙譲語は「謙譲語(謙譲語Ⅰ)」と「丁重語(謙譲語Ⅱ)」の2種に区別され「申し伝える」は「丁重語(謙譲語Ⅱ)」に該当します。実際に使うときは、話し相手に敬意を示すために、丁寧語の「ます」を組み合わせて「申し伝えます」「申し伝えておきます」と表現すると適切です。

■「申し伝える」には使うタイミングがある

「申し伝える」は、用件を代わりに聞いた人が用件を依頼している人に対して使う言葉です。後で用件を伝える人(第三者)には使いませんので、使うタイミングに気をつけましょう。

たとえば取引先から社長あてに電話があり、社長が不在のためあなたが代わりに伝言を受けるとします。あなたにとって社長は目上ですが社内の人にあたるので、取引先である社外の人に対して社長に敬語を使用するには適切といえません。

この場合は目上となるのは取引先となり、そちらを立てて敬語を使います。よって「社長に申し伝えておきます」が適切な言葉となるのです。

「申し伝える」の3つの類語

「申し伝える」と似たような言葉で「申し上げる」「伝え申す」「申し付ける」があります。ここでは「申し伝える」と類語の違いを見ていきましょう。

申し伝える

(C)Shutterstock.com

■「言う」の謙譲語となる「申し上げる」

「申し上げる」は「言う」の謙譲語で、目上の人に伝える場合に使う言葉です。動作の向かう先の人物を立てて述べる「謙譲語(謙譲語Ⅰ)」にあたるため、「丁重語(謙譲語Ⅱ)」に該当する「申し伝える」とは謙譲語の種類が異なります。

また「申し伝える」は両者の間に立ち伝言することを指すのに対し「申し上げる」は口に出すことを意味し、自分の意見を伝える場合にも使うことが可能です。語尾に用いることで丁寧な印象を与えるので「申し上げる」もビジネスシーンではよく使用されています。

■「伝える」の謙譲表現となる「伝え申す」

「伝え申す」は「伝える」の謙譲表現です。「申し伝える」と似た意味合いですが、「申し伝える」の「申す」は「言う」の謙譲語に対し「伝え申す」の「申す」は補助動詞で動詞本来の意味はありません。

「口に出して相手に伝える」という意味がより明確なのは「申し伝える」でしょう。一般的に広く使われていることからも「申し伝える」の方が相手に意図が伝わりやすいです。

■異なる意味を持つ「申し付ける」

「申し付ける」は「申し伝える」と言葉の意味が異なります。「申し伝える」が「取り次ぐ」「伝言する」の意味に対して、「申し付ける」は「言い渡す」「命令する」という意味を表すのです。

現代では本来の「命令する」という強い意味よりも、何かあれば遠慮なく言ってくださいというニュアンスで「申し付ける」は使用されています。ただし、「申し付ける」と「申し伝える」の2つの言葉はそもそもの意味が異なるので間違った使い方をしないよう注意が必要です。

「申し伝える」の5つの使い方

続いて「申し伝える」の使い方を5つのシチュエーション別に紹介します。状況に応じて正しく使えるようしましょう。

申し伝える

(C)Shutterstock.com

■何らかの伝言を依頼された時

伝言を依頼されたとき「申し伝えます」の言葉を自然と使う人は多いのではないでしょうか。前述のとおり、伝言を依頼している目上の相手に対して使う言葉です。

ちなみに「申し伝えさせていただきます」の使い方は間違った表現。「申し伝える」は伝言を依頼している相手に敬意を示す言葉ですが「いただく」の謙譲語を付け加えることで、言い伝える相手に敬意を示すことになり矛盾が生まれてしまいます。

また「お伝えする」という表現もありますが、この言葉も言い伝える相手に対して敬意を示す謙譲語です。社内の人同士のやりとりで「社長にお伝えします」と使うのは正しいですが、社外の人に対する表現としては不適切なのでこちらも注意しましょう。

■お客様や取引先からの電話対応

お客様や取引先からの電話対応で、指名された担当者が不在の場合に使います。連絡が必要な案件であれば「担当者より折り返しご連絡いたします」とこちらから折り返す旨も一緒に添えて相手に伝えると良いでしょう。

【例文】
・かしこまりました。担当の山田に申し伝えておきます。
・高橋は只今席を外しております。戻りましたら、お電話頂いたことを申し伝えます。

■社内外のメール

受けた質問や要望を別の人に伝える、連絡事項を社内の人に共有するなど、メールの文面でも「申し伝える」を使うことができます。返信を送る社外の相手を立てて、丁寧な文章を作成しましょう。

【例文】
・ご質問の件は、責任者である山田に申し伝えました。明日回答させていただきます。
・日程変更の件、承知しました。高橋にも申し伝えておきます。

■対面での会話

打ち合わせの後など、取引先の人からその場にいない上司への伝言を預かることもあるでしょう。会話の中でも「申し伝えます」と返答できると好印象です。

【例文】
・本日はありがとうございました。この案件は、弊社の山田にも申し伝えます。
・高橋部長にもよろしくお伝えください。-かしこまりました。申し伝えておきます。

■関係性の近い人に伝える

「申し伝える」という表現は、基本的に社外の人に対して使うことが多いでしょう。一方、部署間のやりとりなど関係性の近い社内でも使うことが可能です。

たとえば他部署の先輩社員から自分の部署の社員に伝言を受けた場合、その先輩社員に対して「申し伝えます」と表現します。なお、伝言をお願いする場合は「山田さんに申し伝えてください」という使い方は間違いです。伝言を依頼する場合は「山田さんにもお伝えください」と表現します。

「申し伝える」の逆の言葉とは?

申し伝える

(C)Shutterstock.com

「申し伝える」の逆の言葉は「申し受ける」です。「申し伝える」の意味から、用件を伝えないことと捉えがちですが、それは正しい表現ではありません。反対語は用件を受ける側のことを指しますので「申し受ける」が正しい表現です。

「申し伝える」の英語表現はさまざま

申し伝える

(C)Shutterstock.com

「申し伝える」をそのまま意味する英単語はないため「知らせる」や「伝言を取りつぐ」など、さまざまなフレーズで表現するのが一般的です。

【例文】
・I’ll let him/her know about this(私は彼/彼女にこれについて知らせます)
・I’ll let him/her know about the schedule(私は彼/彼女にスケジュールをお知らせします)
・I’ll make sure he/she gets the message(私は彼/彼女がメッセージを受け取ることを確認します)
・I’ll pass the message to him/her(私は彼/彼女にメッセージを渡します)

「申し伝える」を正しく理解して使おう

申し伝える

(C)Shutterstock.com

「申し伝える」は「言い伝える」の丁重語(謙譲語Ⅱ)に該当し、自分の動作をへりくだることで丁重な表現ができます。話し相手を立てるために使用するため、伝言する第三者へ敬意を示す言葉ではありません。

似たような言葉も含めて意味を理解しておくと、多くのビジネスシーンのやりとりで役立ち、相手にも好印象を与えます。この記事を読んで、正しい「申し伝える」を身につけましょう。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

【お目通し】を使うときの注意点は?|大人なら知っておきたいビジネス敬語
「お越しください」の正しい意味や言い換え表現は?メール例文、英語表現もチェック

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事