「厚かましい」って方言なの? ビジネスで使える例文や注意点、類語もご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.03.04

「厚かましい」って方言なの? ビジネスで使える例文や注意点、類語もご紹介

ネガティブな使い方をされることが多い「厚かましい」という言葉。日常でもよく耳にしますが、正しく理解して上手く使いこなせたらビジネスシーンでの表現の幅が広がります。また「厚かましい」は地方によっては違った意味を持つ方言でもあり、時には注意も必要です。

Tags:

【目次】
「厚かましい」の意味とは?
使い方を例文でチェック
類語にはどのようなものがある?
英語表現とは?

「厚かましい」の意味とは?

「厚かましい人」や「厚かましい態度」など、ネガティブな使い方をされることが多い「厚かましい」という言葉。日常でもよく耳にしますが、正しく理解して上手く使いこなせたらビジネスシーンでの表現の幅が広がります。また「厚かましい」は地方によっては違った意味を持つ方言でもあり、時には注意も必要です。

厚かましい

(C)Shutterstock.com

意味

「厚かましい」は「あつかましい」と読みます。行動や態度に慎みがない、図々しく遠慮がないという意味です。普段の会話でも「あの人、厚かましいわね」などと、あまり良い意味で使われることはありません。

愛媛県の伊予では「あつかましい」は「やかましい」「うるさい」という意味の方言で、「この職場はあつかましい」というのは「この職場はうるさい」という意味になります。

方言でも兵庫県の播磨では「忙しい」という意味になり、「この職場はあつかましい」というのは「この職場は忙しい」という、伊予の方言とは全く違った意味になります。

上記のように、同じ「あつかましい」という発音でも地方によっては方言として別の意味を持つこともありますので、場合によっては注意が必要です。

ビジネスの場においては、上司やクライアントにお願いや依頼をすることも多くあります。そんな場合でも「厚かましい」と感じさせず、相手が気持ちよくお願いを受け入れてくれる言い回しがあれば、ぜひ取得したいものですね。

ビジネス等で使う時の注意点

「厚かましい」をビジネスで使う場合は、良好な関係、良好な関係を築きたい相手を主語にして使うことはありません。「厚かましい」という言葉は、基本的に自分の行動に対して使う言葉だと理解しておきましょう。

自分の依頼が相手にとって負担になる内容だと思われる場合、自分の行動に「厚かましい」を付け加えることによって「申し訳ありませんが」という意味を持たせることができます。「厚かましいお願いですが」というように冒頭に付け加えて使います。

クライアントとのメールのやり取りなどで何かを依頼する際には、「大変厚かましいお願いですが~」というように本題の前に付けると、単に「お願いですが~」と切り出すよりも丁寧な印象を与えます。

さっそく例文でビジネスシーンにおける「厚かましい」の使い方を見ていきましょう。

使い方を例文でチェック

1:「厚かましいお願いですが、本日打ち合わせをお願いできないでしょうか?」

「厚かましいお願いですが」は相手に丁寧にお願いしつつ、同時に申し訳ない気持ちを伝えることができます。ここでは当日という急な申し出に対して、申し訳ない気持ちを表しています。

他にも、訪問先にペンや朱肉を持っていくのを忘れた場合、「恥じ入る気持ち」「申し訳ない気持ち」を込めて、「厚かましいお願いですが、朱肉をお借りしてもよろしいですか」というようにも使えます。

厚かましい

(C)Shutterstock.com

 

2:「厚かましいお願いで恐縮ですが、弊社の新商品をこの棚に置いていただけないでしょうか?」

「厚かましいお願いで恐縮ですが」は、先ほどの「厚かましいお願いですが」に「おそれいる」という意味の「恐縮(きょうしゅく)」という言葉を付け加えることによって、申し訳なさを強調できるフレーズです。

ビジネスシーンでは「恐縮ですが」だけで使うことも多々あります。こちらも便利な言葉ですので、普段から使っている方も多いでしょう。

3:「先日は厚かましいお願いにもかかわらず快くお引き受けいただき、誠にありがとうございました」

「厚かましいお願いにもかかわらず」は、お願いを受け入れてくれた相手にお礼を述べる際に使えます。

「先日は快くお引き受けいただき、誠にありがごうございました」よりも、負担をかけた申し訳ない気持ちや相手の労力をねぎらう気持ち、感謝の気持ちがより強く伝わります。

類語にはどのようなものがある?

1:図々しい(ずうずうしい)

「図々しい」は恥を知らないという意味、相手の都合や状態を考えず身勝手に振舞う行動のことです。

2:無遠慮(ぶえんりょ)

「無遠慮」は遠慮をせず好きなように振舞うことです。相手に、失礼で常識がない印象を与えます。

3:おこがましい

「おこがましい」は身の程をわきまえない、差し出がましい、生意気なという意味です。漢字で「痴がましい」「烏滸がましい」と書きます。普段から使っていないととっさには出てこない言葉なので、慣れておきましょう。

ビジネスの場では自分の立場をわきまえないという意味で、部下の立場で上司に意見する場合などに「私の立場で意見するのはおこがましいですが」というように使います。

英語表現とは?

「厚かましい」の英語表現もご紹介しておきましょう。

英語では「shameless」や「imprudent」が使われます。「shameless」は言葉どおり「shame(恥)」が「-less(~のない)」という意味なので覚えやすいでしょう。

例1:How shameless you are!
厚かましい(図々しい)にも程がある!

例2:He is such an imprudent man.
彼は厚かましい男だ

最後に

ネガティブな印象を受けがちな「厚かましい」という言葉。「厚かましい人」や「図々しい人」なんて印象を相手に与えてしまうと、対人関係では大打撃です。ですが「厚かましい」という言葉を逆手に取って上手く使いこなせるようになると、ビジネスシーンでは大活躍する言葉になります。何かを相手に依頼する際には積極的に使って、自分の言葉として慣れてしまいましょう。

TOP画像/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

キャリアアップ?それとも転職or独立?40歳目前にたどり着いた「新たな働き方」

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事