「おっしゃる」は、正しい敬語? 「おっしゃる」の使い方から英語表現までご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.04.03

「おっしゃる」は、正しい敬語? 「おっしゃる」の使い方から英語表現までご紹介

目上の方と話すときや、ビジネスシーンでも使うことの多い「おっしゃる」は、正しい敬語でしょうか? 今回は、「おっしゃる」の使い方から英語表現までをご紹介します。

Tags:

【目次】
「おっしゃる」の意味
「おっしゃる」と「仰る」の表記の違い
使い⽅を例⽂でチェック
⾔い換え表現にはどのようなものがある?
英語表現とは?
最後に

「おっしゃる」の意味

おっしゃる 使い方

(C)Shutterstock.com

■意味

「おっしゃる」は、漢字では「仰る」と書き、「言う」の尊敬語にあたります。

敬語を使う場合は、目上の方やお客様には尊敬語の「おっしゃる」を使い、自分の行為には謙譲語の「申す」を使います。

■敬語として、正しい?

日本人でも間違った敬語を使っていることは多々あります。この「おっしゃる」は敬語として正しいのでしょうか? 不安に思った方は、今一度確認しておきましょう。

「おっしゃる」は冒頭で述べたように、「言う」の尊敬語です。「おっしゃる」は敬語として間違いではありませんが、ここで注意したいのが「おっしゃられる」という言葉。

「おっしゃる」がすでに尊敬語なので、これに尊敬を表す助動詞「れる・られる」を加えると、敬語が重なる二重敬語になってしまいます。間違った使い方である「おっしゃられる」が癖になっている方は、これを機に「おっしゃる」に直しましょう。

「おっしゃる」と「仰る」の表記の違い

会話では気になりませんが、「おっしゃる」は、「仰る」とも書きます。この2つの表記の違いはどういったものでしょうか。

おっしゃる 使い方

(C)Shutterstock.com

「おっしゃると」「仰る」、どちらも「言う」の尊敬語で同じ意味です。

漢字の「仰る」は「うやまう」「あがめる」という意味を持つ「仰」という漢字が使われていて、堅苦しく感じられることから、ひらがなの「おっしゃる」が使われることが主流です。

【関連記事】
▶︎誤った使い方をすると赤っ恥!「仰る」の正しい意味と使い方を解説 

使い⽅を例⽂でチェック

「おっしゃる」の実際の使い方を例文でチェックしましょう。

1:「部長が今日の会議は延期だとおっしゃっていました」

部長という目上の方が言った内容を、「言う」の尊敬語である「おっしゃる」を使って表しています。

2:「先日おっしゃった数字の詳細なデータを、添付していただけますでしょうか」

打合せなどで先方が示された数字に関しての詳細なデータを、メールで要求する場合の「おっしゃる」の例文です。

3:「〇〇様のおっしゃる通りでございます。失礼いたしました」

「おっしゃる通り」というフレーズは、相手の発言や指摘をその通りであると認める表現です。

「おっしゃる通りです。今後注意します」、「おっしゃる通りです。申し訳ありませんでした」のように、相手の言い分を認め、謝罪する場合などにもよく使われます。

⾔い換え表現にはどのようなものがある?

「おっしゃる」「言う」の言い換え表現についても見ておきましょう。

おっしゃる 使い方

(C)Shutterstock.com

1:話される

「話される」は「話す」の尊敬語です。「先ほどおっしゃった件ですが…」は、「先ほど話された件ですが…」というように、おっしゃるに置き換えることができます。

2:言われる

「言われる」も「おっしゃる」と同じで、「言う」の尊敬語です。両者を比較すると、「おっしゃる」のほうがスマートで洗練された印象を受けますので、「おっしゃる」を使ったほうがいいでしょう。

3:お伝えする

「〇〇さんに言っておく」という場合に使える「お伝えする」という言葉。この言葉は少し注意が必要です。

例えば、お客様からの伝言を社内の人に伝える場合、「〇〇にお伝えします」という使い方は間違いとなります。なぜならこの場合の「お伝えする」は、社内の人に対して「お」を付けて敬意を払っていることになるからです。

お客様から社内の人に伝える時には「〇〇に申し伝えます」が正しい敬語になります。ただしここでも注意が必要です。連絡してきた相手が社内の人の身内(ご家族)だった場合には、「〇〇さんにお伝えします」が正しい敬語になります。

慣れてしまえばその都度考える必要はなくなるのですが、普段敬語を使っていない方は慣れるまでは少し戸惑うかもしれませんね。使いこなせるようになるには、場数を踏んで慣れるのが一番の近道です。

英語表現とは?

日本語では使い方に注意が必要な「おっしゃる」という言葉。英語ではシンプルに「say」「talk」「speak」で表現することができますので、覚えておきましょう。

おっしゃる 使い方

(C)Shutterstock.com

1:「What you are saying is correct.」

あなたのおっしゃることは正しい

2:「I will do as you say.」

あなたのおっしゃるようにしましょう

3:「I understand what you say.」

おっしゃることは理解しております

最後に

ビジネスでは必須の敬語「おっしゃる」。一言で尊敬語として成り立っていますので、二重敬語にならないように注意して、正しく使えるようにしましょう。「言われる」「話される」よりもスマートな言葉なので、「おっしゃる」を使い慣れておくといいでしょう。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

誤った使い方をすると赤っ恥!「仰る」の正しい意味と使い方を解説
【賜る】の正しい使い方と活用方法は?|美しい日本語で品格をアップしよう

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事