「益々のご健勝」は相手の健康を気遣う言葉|使い方をご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.06.13

「益々のご健勝」正しく使えてる?【今さら聞けないビジネスマナー】

ビジネスでは目や耳にすることも多い「益々のご健勝」。文書やメール、乾杯の挨拶などで相手の健康を気遣う言葉として使われます。相手に失礼がないよう、誤った使い方には注意したいですね。正しい意味や類語、英語表現を覚えて、「益々のご健勝」の用法をマスターしましょう。

Tags:

【目次】
 ・「益々のご健勝」の意味と使い方
 ・「ご健勝」の5つの類語
 ・ビジネスシーン別!「益々のご健勝」の使い方
 ・「益々のご健勝」の英語表現とは
 ・「益々のご健勝」の用法をマスターしよう

「益々のご健勝」の意味と使い方

「益々のご健勝(ますますのごけんしょう)」とは、「前よりも一層、健康にすぐれて元気で健やかにいること」を意味します。つまり、相手の健康を気遣う言葉であると覚えておきましょう。

益々のご健勝

ビジネスで多用される「益々のご健勝」というフレーズは、取引先や目上の方に使うことが多いからこそ、その使い方には注意が必要です。

「ご健勝」は相手の健康を気遣うときに使う

「ご健勝」は、相手の健康を気遣ったり、健康に優れて健やかであることを願ったりして使われます。ビジネスでは、文書やメールの前文や末文で使われることが一般的です。また、結婚式や各種宴会で乾杯の挨拶をする際にも使われることが多いでしょう。

詳しくは例文でご紹介しますが、前文では「相手が健康で元気にしている」という意味で使い、末文や乾杯の挨拶では「相手の健康を願って」使います。

<注意点>

なお、「ご健勝」を使う際には次の2点に注意しましょう。

・健康でないことが明らかである場合は使用しない
・個人以外に対しては使用しない

相手が病を患っていることや怪我をしていることを知っているにもかかわらず、「ご健勝」を使うのは失礼にあたります。また、相手が高齢である場合にも使用は避ける方が無難と言えるでしょう。

また、「ご健勝」とは、個人に対してのみ使うことができる言葉です。したがって、企業や団体などの個人以外に対して使う場合は、「ご発展」と言い換えるようにしましょう。

「ご健勝」の5つの類語

「ご健勝」には、「ご多幸」「ご活躍」「ご発展」「ご清祥」「ご清栄」というように、代表的な類語が5つあります。同じ言葉の多用を避けるために他の言葉に置き換えたいときや、ニュアンスを変えたいときにも使用できるので、正しい使い方を覚えておきましょう。

益々のご健勝

1.「ご多幸」

「ご多幸」とは、文字通り「幸せが多くあること」を意味します。文書やメールの末文や乾杯の挨拶で、相手の幸せを願って使われます。「ご健勝」とセットで「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と使われることも多いでしょう。「ご健勝」と同様に、個人以外に使うことはできません。

2.「ご活躍」

「ご活躍」の意味は、「めざましい活動をして成果をあげること」です。相手を応援する気持ちを込めて、文書やメールの末文や乾杯の挨拶で使われることが多いでしょう。「ご健勝」と同じく個人に対してのみ使います。「ご健勝」や「ご多幸」とセットで使われることも多い言葉です。

3.「ご発展」

「ご発展」は、企業や団体などの個人以外に対して「さらなる繁栄を願う」という意味を込めて使われる言葉です。「ご健勝」「ご多幸」「ご活躍」を個人以外に使う場合に置き換えられる言葉としても覚えておきましょう。

4.「ご清祥」

「ご清祥」は、「健康かつ幸せである」ことを意味します。個人に対する文書やメールの前文で使用します。「ご健勝」と意味が近く、置き換えて使うことも可能です。

5.「ご清栄」

「ご清栄」は、「健康で繁栄している」ことを祝う意味合いで使われます。個人に対しても使えますが、ビジネスにおいては企業や団体などに対して使う方が一般的です。

ビジネスシーン別!「益々のご健勝」の使い方

「益々のご健勝」というフレーズは、文書やメールの前文や末文、乾杯の挨拶で使われます。それぞれ使い方や文章構成が、少しずつ異なる点に注意が必要です。各シーンでどのように使われるのか、例文で確認しましょう。

益々のご健勝

■文書やメールの前文で使う

文書やメールの前文で使う場合は、「相手が健康で元気にしている」という意味やそれを「嬉しく思う」という意味合いで以下のように使います。

・皆様方におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
・〇〇様におかれましては、益々ご健勝のことと存じます。

■文書やメールの末文で使う

文書やメールの末文で使う場合は、「相手が健康でいることを願う」という意味を込めて以下のように使います。

・皆様の益々のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
・〇〇様の益々のご健勝とご活躍をお祈りします。

■乾杯の挨拶で使う

ビジネス上の各種宴会や懇親会、接待などの場においては、乾杯の際に挨拶が伴うことが多いでしょう。その挨拶の結びとして、その場にいる人や特定の人の健康を願う一文を以下のように用いることが一般的です。同様の一文を結婚式で耳にすることも多いでしょう。

・皆様の益々のご健勝とご多幸を祈念して、乾杯!
・〇〇様の益々のご健勝をお祈りしまして、乾杯!

「益々のご健勝」の英語表現とは

「ご健勝の」英語表現としては”good health”を使うのが一般的です。”I wish ~.”や”We pray for ~”など、「~を願う」「~を祈る」という意味合いの文章で使われることが多いでしょう。

益々のご健勝

海外の取引先や社員に向けて英語でビジネスレターやメールを作成する際、相手の健康を気遣う一文を入れることはよくあることです。日本語程かしこまった表現ではないため、カジュアルなメールや会話にも使えます。この機会に英語表現も覚え、ビジネスやプライベートで使ってみてはいかがでしょうか。

■「ご健勝」は”good health”を使うのが一般的

「ご健勝」は「健康に優れて健やかであること」、つまり元気である状態を指し、”good health”を使うのが一般的です。なお、これらの表現は日本語と同様、個人に対して使います。

法人や団体などの個人以外に対しては、”success” (成功)や”prosperity”(繁栄)を用いると良いでしょう。

■英語のビジネスメールで使える例文をご紹介

英語の文書やビジネスメールにおいて、相手の健康を気遣う言葉は末文に入れるのが一般的です。日本語の「ご健勝を祈念します」のように「相手の健康を願う」という表現で使われるため、”I wish ~.”や”We pray for ~”、”Best wishes for ~”という書き出しが良いでしょう。

また、「益々」に該当する英語としては、”continued”や”more”などが挙げられます。上記を踏まえた上で、英語のビジネスシーンで使える例文を3つご紹介します。

【例文】
・I wish you all will be in good health.
(皆様方のご健勝を祈念します)
・We pray for your continued health and success.
(益々のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます)
・Best wishes for your company’s continued success and prosperity.
(貴社の益々のご発展とご繁栄をお祈り申し上げます)

「益々のご健勝」の用法をマスターしよう

益々のご健勝

「益々のご健勝」は相手を気遣う言葉として、ビジネスではよく使われます。ビジネス文書やメールの前文と末文ではそれぞれ、「相手が健康で元気にしている」「相手の健康を願う」ことを意味します。文書内のどこで使うかによって意味合いや使い方が異なる点には注意が必要です。

また、「ご健勝」は個人に対してのみ使うことができます。類語表現の中には個人に対して使うことができるものとできないものがあります。「ご健勝」と共に類語の用法を覚え、正しく使い分けたり言い換えたりするようにしましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

知っておくと差がつく「ご健勝」の意味! 例⽂や言い換え・英語表現もご紹介
「拝見する」を正しく使えてる?ビジネスでの正しい使い方や意味を解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事