「忌憚なく」の意味、知っていますか? ビジネスで使える例⽂や言い換え表現もご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.05.05

「忌憚なく」の意味、知っていますか? ビジネスで使える例⽂や言い換え表現もご紹介

ビジネスシーンで耳にする機会のあるフレーズ「忌憚なく」の意味を知っていますか?今回はこのフレーズの読み方から意味、 ビジネスで使える例⽂や言い換え表現もご紹介します。

Tags:

【目次】
「忌憚なく」の意味や読み⽅とは?
使い⽅を例⽂でチェック
⾔い換え表現にはどのようなものがある?
英語表現は?
最後に

「忌憚なく」の意味や読み⽅とは?

「忌憚」は、常用漢字ではありません。そのことから、文字に馴染みがない方も少なくないかもしれませんね。まずは、読み方や意味から見ていきましょう。

忌憚なく 意味

(C)Shutterstock.com

<読み⽅と意味>

「忌憚なく」は「きたん なく」と読みます。

次に漢字の持つ意味を見ていきましょう。

「忌」:いむ。きらう。さける。
「憚」:はばかる。さしひかえる。おそれる。

意味は、

「いみはばかること。きらい嫌がること。遠慮すること」(小学館『デジタル大辞泉』より)

よって、「忌憚」を打ち消しの助動詞「なく」と、否定した「忌憚なく」は「遠慮のない」「率直な」という意味。率直な意見を求めるときや、遠慮のない意見を述べる際などに用いられる表現です。

<ビジネス等で使う時の注意点>

「忌憚」のあとは必ず否定が伴う

「忌憚」は「遠慮」を意味しますが、「遠慮します」という意味で「忌憚いたします」という使い方は現在ではしません。「忌憚」に続く否定語には「忌憚なく」の他に、「忌憚なき~」「忌憚のない~」などの表現があります。

同音異義語に注意

同じ読み方で「奇譚(きたん)」という言葉があります。「奇譚」は、「珍しい話」「不思議な物語」という意味です。「忌憚」とは全く違う意味になるので、変換ミスなどには気をつけてくださいね。

目上の方に対して使うのは要注意

「遠慮なく意見を聞かせてください」という意味で「忌憚のない意見をお聞かせください」と言うこともあるでしょう。しかしこの表現は、目上の方に対して使うとおかしな雰囲気になるかもしれません。なぜなら、そもそも目上の方は目下の者に遠慮をする必要はないからです。

もし、上司や目上の方に対して率直な意見を聞きたい時は「ご意見を伺いたく存じます」「ご意見いただきますようお願いいたします」という表現で十分ですよ。

使い⽅を例⽂でチェック

「忌憚なく」は、敬語表現ではありません。中立な言葉として、立場が下の者から目上の方、社内外問わず使うことができます。しかし、目上の方に使う場合は文章前後の言い回しに注意が必要。では、どのように使うのか下記の例文でチェックしていきましょう。

忌憚なく 意味

(C)Shutterstock.com

1:「忌憚のないご意見をお聞かせください」

ビジネスシーンで、率直な意見を聞きたい時に使う表現。「遠慮なく、率直な意見を聞かせてください」という意味の言葉として、一般的に顧客に向けてのアンケートや、会議での意見交換の場で多く使われます。また、忌憚のない意見を受けての返答には「忌憚~」を使わずに、「率直なご意見ありがとうございます」「貴重なご意見ありがとうございます」などとする方が好ましいでしょう。

2:「大変恐縮ですが、忌憚なく申し上げます」

上記は、「恐れ入りますが、今から遠慮なく率直な意見を言わせていただきます」という意味合い。素直な意見を言うときに用いられますが、目上の方に使う際は注意が必要です。その場合は、「恐縮ですが」「失礼を承知の上」など、「失礼だとは思いますが」というニュアンスのクッション言葉を入れて、相手への配慮を忘れないようにしましょう。

3:「問題点がありましたら、忌憚なくご指摘いただけますと幸いです」

「問題点がありましたら、遠慮なく指摘してもらえるとありがたいです」という意味。「ご指摘ください」というと、命令のように受け取られるかもしれません。丁寧に、「~いただけますと幸いです」とする方が好ましいでしょう。

⾔い換え表現にはどのようなものがある?

「忌憚なく」の言い換え表現には、下記の言葉が挙げられます。

1:率直(そっちょく)

ありのままで隠すところがないこと。またそのさま」。「率直」は「卒直」と表現されることもあります。間違いではありませんが、ビジネスシーンでは「率直」と表記する方が良いでしょう。

【例】率直なご意見をお聞きしたく存じます

2:気兼ねなく(きがね なく)

「気兼ね」は「他人を気遣い遠慮するさま」という意味。「気兼ね」に打ち消しの助動詞「ない」とすることで「遠慮することなく。気軽に」という意味になります。敬語表現は「お気兼ねなく」。

【例】ご希望がございましたら、お気兼ねなくお申し付けください

3:遠慮なく

「遠慮」は「言葉や行動を慎み控えること」。「遠慮」を否定した「遠慮なく」は「気遣いはしないでください」というような、相手への配慮の言葉になります。「忌憚なく」を柔らかくした表現で、ビジネスシーンはもちろん、日常会話でも広く使われる表現ですね。

【例】ここまででご質問等あれば、遠慮なくおっしゃってください

英語表現は?

「忌憚」は「遠慮なく」という意味です。そのことから「whithout reserve」や「frankly」を使って表現することができ、これらのフレーズを覚えておくと色んなシーンに使っていただけると思いますよ。

忌憚なく 意味

(C)Shutterstock.com

・Please speak without reserve.
(忌憚ない意見をお聞かせください)

・I am grateful for your frank opinion.
(率直な意見に感謝します)

最後に

率直な意見を述べるのは、少々勇気が入りますよね。「忌憚なく」と一言添えることで、周囲に対して「正直に言ってもいいんだ」という空気を作ることができますよ。また、ビジネスシーンでは、時に率直な意見が必要とされます。そんな時にも「忌憚なく~」という言葉が役に立つでしょう。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

「所存」を使いこなして印象アップ! 意外と知らない注意点から英語表現もご紹介
知らないと恥ずかしい!「ご高配」の正しい意味は!? 例⽂・類語・注意点もご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事