「不束者ですが」は未熟者であることを意味する言葉!語源や例文、類義語などをご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.06.22

「不束者ですが」の正しい意味は?語源や例文、類義語などをご紹介

「不束者(ふつつかもの)ですが」は、自分が未熟者であることを意味する言葉です。「気の利かない者ですが」という意味合いもあり、結婚式やビジネスの挨拶で使用されます。こちらでは「不束者」の語源をふまえ、「不束者ですが」を使った例文や類義語をご紹介します。

Tags:

【目次】
 ・「不束者ですが」の意味や語源を解説
 ・「不束者ですが」の使用シーンと例文
 ・「不束者ですが」5つの類義語
 ・「不束者ですが」を使うときの注意点
 ・「不束者ですが」の英語表現とは
 ・「不束者ですが」の正しい使い方をマスターしよう!

「不束者ですが」の意味や語源を解説

「不束者ですが」には、「至らない点もありますが」「気の利かない者ですが」という意味があります。「不束」は、平安時代から使われていた「太束(ふとつか)」に由来する言葉です。「不束ですが」を正しく使用するために、まずは言葉の意味と語源を確認していきましょう。

不束者ですが

■「不束者ですが」の意味

「不束者」には、「気の利かない人」「行き届かない者」という意味があります。後に続く「ですが」は、助動詞の「です」に助詞の「が」をつけた言葉です。「甘いものは苦手ですが、チョコレートだけは食べられます」のように、後に続く内容が反対や対立の関係にあることを示します。

「不束者ですが」も、「不束者ですが、よろしくお願いします」のように後に言葉を続けて使用する表現です。「気の利かない者ですが、よろしくお願いします」と自分をへりくだって表わします。結婚の挨拶で使用されることが多く、ビジネスシーンでは目上の人への挨拶に適しています。

■「不束者」の語源

「不束者」という言葉は、平安時代にはすでに使用されていたと考えられています。当時は「太束」と表記され「短い柱」を意味していました。

平安時代は、細い人が美しく優雅だという価値観が主流でした。「太束」はやがて、「不束」という当て字とともに「太くて不格好な人」を意味する言葉へと変化します。

平安時代中期に紫式部が綴った「源氏物語」にも、「不束」という言葉は登場しています。物語の中では「しっかりした人」「不格好で荒っぽい太めの人」とう意味合いで使用されました。

時代を経て中世になると、「不束者」は「風情が無く、無骨または下品な人」を指す言葉として定着していきます。現代では「気の利かない人」として、結婚式の挨拶やビジネスシーンで自分や身内をへりくだるときに使用されている表現です。

■「不束者ですが」は男女問わず使える言葉

「不束者ですが」は、男女問わず使える言葉です。かつては結婚の挨拶で、女性側が「不束者ですが、末永くよろしくお願いいたします」と使用していました。

そのため、「不束者」は女性に使用する言葉というイメージを持たれがちですが、実際には男性に使用しても問題のない言葉です。特に、ビジネスシーンの挨拶では男女問わず使用できるフレーズだといえるでしょう。

「不束者ですが」の使用シーンと例文

「不束者ですが」は、結婚の挨拶や目上の人に指導をしてもらうときに使用します。自分の部下を、他者へ派遣するときにも用いられるフレーズです。例文を参考に「不束者ですが」の使い方をマスターしていきましょう。

不束者ですが

■結婚相手の親族に挨拶をする場面

「不束者ですが」は、結婚相手の親族に挨拶をするシーンで用いられてきました。主に、女性やその両親が使用してきたフレーズです。かつて結婚は「女性が相手の家に入るもの」という考えが主流であったことから、「不束者ですが」」が使用されていたと考えられます。

親が使用するときには、「至らない点が多い娘ですが、どうぞよろしくお願いいたします」という娘を案ずる気持ちが込められているといえるでしょう。

例文:
・不束者な娘ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
・不束者ではございますが、末永くよろしくお願いいたします。

■目上の人に指導してもらう場面

「不束者ですが」は、自分が至らず未熟者であることを意味する言葉です。目上の人に指導してもらう場面では「自分は未熟で、配慮が足りないこともあるかもしれませんが」という意味合いで用います。自分の能力を謙遜して表すこともあるでしょう。

例文:
・不束者ではございますが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
・不束者ではありますが、ご教授いただけないでしょうか?

■部下を他者に紹介する場面

「不束者ですが」は、自分だけでなく身内をへりくだって表わす言葉です。そのため、部下を目上の人に紹介するときにも使用できます。取引先との初対面の挨拶や、部下を他部署へ配属する際などに用いるとよいでしょう。

例文:
・不束者な部下ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
・不束者な部下ではございますが、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

「不束者ですが」5つの類義語

「不束者ですが」には、「若輩者ではありますが」「未熟者ですが」「至らない点が多いですが」「半人前ですが」「不調法者ですが」といった5つの類義語があります。それぞれの意味と例文を覚えながら、言葉のバリエーションを増やしていきましょう。

不束者ですが

1.「若輩者ではありますが」

「若輩者(じゃくはいもの)」は、年齢が若い人を指すだけでなく「未熟者」という意味を持つ言葉です。「若輩者ではありますが」は、「不束者ですが」のように自分を未熟者としてへりくだった表現になります。「経験が少なく、能力が不足している人」というニュアンスで以下のように使用します。

例文:
・まだまだ若輩者ではございますが、お力添えのほどよろしくお願いいたします。
・若輩者ではありますが、一日も早く仕事を覚え、お力になれるよう精進してまいります。

2.「未熟者ですが」

「未熟者」は、文字のとおり未熟である様子を指します。「技能が身に付いていない」という意味合いを含む言葉です。そのため、「未熟者ですが」は経験の浅い若手社員や新人が挨拶をするシーンに適しています。

例文:
・未熟者ではございますが、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。
・まだまだ未熟者のため、ご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、何卒よろしくお願いいたします。

3.「至らない点が多いですが」

「至らない点」とは、十分に配慮が行きわたっていない部分を指す言葉です。注意不足や監督不足の意味合いも含まれています。

「至らない点」に「ですが」と続く「至らない点が多いですが」は、「未熟な部分も多い私ですが」という意味合いで用いられます。新人の挨拶や結婚式のスピーチなどでも使用されるフレーズです。

例文:
・不慣れなことが多く至らぬ点もあるかと存じますが、どうぞよろしくお願いいたします。
・まだまだ至らぬ点の多い私たちではございますが、今後ともよろしくお願いいたします。

4.「半人前ですが」

「半人前」には、「一人前の半分の働き」「未熟」といった意味があります。一人前にはなっていない状態を表す言葉です。「学びの途中である」と、自分を謙遜して使用することの多い表現です。

例文:
・半人前ではございますが、お役に立てるよう精一杯努めさせていただきます。
・まだまだ半人前ですが、お力になれればと存じます。

5.「不調法者ですが」

「不調法」は「ぶちょうほう」と読みます。「行き届かず手際の悪いこと」を意味する言葉です。「不調法者」とは、細かいことに気付かず配慮が行き届かない人を示します。「不調法者ですが」とへりくだることで、「自信はありませんが」と相手に伝えることができます。

例文:
・不調法者ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

「不束者ですが」を使うときの注意点

「不束者ですが」は、自分や身内をへりくだるときに使う表現です。そのため、他者に対して「不束者ですが」を使用することはできません。

不束者ですが

取引先や目上の人を「不束者ですが」と他者に紹介することは失礼にあたります。あくまでも自分や自分の部下に使用する言葉であることを覚えておきましょう。

また、あわせて注意したいのが「不束者ですが」と相手が挨拶してきたときの答え方です。相手がへりくだって挨拶してきたときは、自分も同様にへりくだる表現を用いるのが無難です。「こちらこそ若輩者ですが」や「未熟者ですが」のように、「不束者ですが」の類語を用いて挨拶をしましょう。

ただし、あまりにも多用すると「自分に自信がない人」とネガティブな印象を与える可能性もあります。初対面の挨拶や目上の人に指導を仰ぐときなど、必要なシーンを見極めて正しく使用することが大切です。

「不束者ですが」の英語表現とは

「不束者」の英語訳は「inexperienced person」です。「inexperienced」には、「無経験な」「不慣れで」「未熟で」といった意味があります。

不束者ですが

しかし、英語圏では、自分を謙遜する言い回しを用いることが少ないです。ビジネスシーンで「不束者ですが」と伝えると、「自分に自信がないのだろうか」とネガティブに捉えられる可能性もあります。

「不束者ですが」とあえて自分をへりくだるときは、次のようなフレーズが適しています。

・I have no manners at all, but~
・I’m not much good at anything, but~

「have no manners」はマナーが悪いこと、「not much good at」は不得意なことを意味する英語表現です。

「不束者ですが」と英語で挨拶したいときには、それぞれのフレーズを使用し以下のように表します。あくまでも、英語圏では主流な表現ではないことも、あわせて覚えておきましょう。

・I have no manners at all, but please be kind to me.
(不束者ですが、よろしくお願いいたします)
・I’m not much good at anything, but I hope you will make something of me.
(まことに不束者ですが、何分よろしくお願いいたします)

「不束者ですが」の正しい使い方をマスターしよう!

「不束者ですが」は、「自分は未熟者ですが」とへりくだった表現です。自分や身内に適した言葉のため、取引先や目上の人を「不束者ですが」と紹介することはできません。かつては結婚の挨拶で女性側が使うことの多いフレーズでしたが、実際には男女とも使用できます。

ビジネスシーンの挨拶に用いられることも多く、新入社員が自分を紹介するときにも活用できる言葉です。類語とともに「不束者ですが」の正しい使い方をマスターし、大人のマナーを身に付けていきましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

「ご教示いただけますでしょうか」正しい意味は? 「ご教授」との違いや言い換えも紹介
「不甲斐ない」とはどういう意味?|使い方や類義語をわかりやすく解説

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事