つるつる肌になるために!美容のプロに学ぶケア方法とおすすめアイテム | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYスキンケア

2021.06.02

つるつる肌になるために!美容のプロに学ぶケア方法とおすすめアイテム

毛穴の目立たない、つるんとした美肌に憧れを抱く人は多いのではないでしょうか?ツルツル肌に近づくための洗顔や毛穴ケア方法、食べ物、おすすめのスキンケア化粧品をご紹介します。

Tags:

【目次】
肌がザラつく原因は?
おすすめのスキンケア方法
ツルツル肌になるための食生活は?
つるつる肌に導く洗顔料や化粧水

肌がザラつく原因は?

角質による毛穴の黒ずみや詰まり

皮膚科医の慶田朋子先生に毛穴が目立つ原因や角栓のケア方法をうかがいました。

毛穴の黒ずみや詰まりは角質が原因
皮脂と古い角質が混ざって毛穴を詰まらせる

鼻や眉間、あごなど、皮脂分泌が多いエリアに目立つ毛穴。毛穴の中で代謝して剝がれた古い角質と皮脂が混ざり、〝角栓〟となって毛穴を詰まらせます。

毛穴の黒ずみや詰まりは角質が原因
詰まり毛穴を放置すると表面が酸化して黒ずむ

詰まった角栓も日々の洗顔で表面を少しずつ落とせていれば問題ないのですが、洗顔が疎かだと、表面が酸化して黒ずみます。こうなると角栓は硬くなり、頑固で落ちにくい状態に。

毛穴の黒ずみや詰まりは角質が原因
角質による毛穴トラブルはどうしたらいい?

皮膚科医の慶田朋子先生によると、「体の毛穴の場合、穴から毛が生えていて、毛を乾燥させないための皮脂腺が横に付属しています。ところが顔の場合、毛自体は退化してしまい、ほとんどがうぶ毛に。逆に皮脂腺は体のそれより大きくなっています」とのこと。

皮脂が多く出る分、体にはないテカりやベタつきが起こりやすいそう。さらに、多くの毛穴トラブルも発生します。 「肌表面と同様、毛穴の中でも角層の代謝が行われているので、皮脂と古い角質が混ざって〝角栓〞となり、毛穴を詰まらせます。それを放っておくと、大きく硬くなって毛穴を開かせ、さらに表面が酸化して黒ずみ毛穴に。これらを防ぐには、日々のきちんとした洗顔が大切です」(慶田先生)

知っておきたい毛穴の構造

毛穴の黒ずみや詰まりは角質が原因
毛穴には皮脂を分泌する皮脂腺がついています。顔の場合は毛の多くがうぶ毛なので、毛に行き渡らず肌表面にしみ出したり、古い角質と混ざって角栓の原因にも。真皮がたるむと表面がハリを失い、毛穴も開いてしまいます。

Q. 洗顔料を使わないほうが、毛穴が目立たなくなるって本当?
A. 角栓が悪化します。朝も夜も洗顔料できちんと洗って

「肌が乾燥するから朝はぬるま湯ですすぐだけ、という声もよく聞きますが、毛穴詰まりが気になるなら、洗顔料できちんと洗わないと角栓はとれません。よほど乾燥して毛穴がほぼ目立たない人以外は、朝も夜もしっかり洗顔を」(慶田先生)

肌がザラザラする時は洗顔を見直して

刺激の原因になる物質はキレイに洗い流す!

乾燥が止まらない!カサつくし、ザラザラするし、かゆいし…。もしかして、肌の花粉症!? 何かと忙しく、疲れとストレスからくる〝ゆらぎ〟のピークかも。そんな〝ゆらぎ〟ケアの第一歩は、花粉やPM2.5など刺激の原因となる物質を、肌から落とすことです。肌の潤いを奪いすぎずにいらないものだけ取り除く、肌への優しさにこだわったふきとりローションなどが人気。

朝も夜も肌を清潔にして、あらためてクリームで保湿して、外出前にはUVカットで肌を守る。このサイクルが〝脱 ゆらぎ肌〟にはマストです。

おすすめのスキンケア方法

角質の拭き取りで額も小鼻もつるつるに

週2回でOK!肌に優しい拭き取り角質ケア

角質の拭き取りで額も小鼻もつるつるに
「アラフォーになると角質が溜まっていく感じがひしひし。週に2回の拭き取り角質ケアをルーティンにしています。肌のやわらかさや透明感が違う。夏は皮脂の分泌が多く角質が溜まりやすい小鼻や眉を重点的に拭き取ります」(トータルビューティアドバイザー・水井真理子さん)

コットンにピーリング剤をつけたら一方方向に拭き取ること。摩擦を起こさないよう往復はしない。

■おすすめアイテム

角質の拭き取りで額も小鼻もつるつるに
▲ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ プレソリューション 150ml

グリコール酸やサリチル酸を組み合わせ、拭き取るだけで穏やかに肌を磨ける角質ケアローション。

「角質ケア美容液」で肌の生まれ変わりを促す

角質ケア美容液で角層の代謝を上げれば、肌の生まれ変わりがスムーズに!お手入れの最初になじませるだけの角質ケア美容液を1日1〜2回取り入れて。

肌の生まれ変わりを促す「角質ケア美容液」
■おすすめアイテム

肌の生まれ変わりを促す「角質ケア美容液」
(左)表皮の奥にアプローチして、肌の健康な代謝を促す。タカミ タカミスキンピール 30mL
(右)代謝ケア&外的ストレスから肌を守る。クリニーク ターンアラウンド セラム AR 30mL

クレイパックの使用もおすすめ

クレイパックは毛穴の汚れなどを吸着してくれる働きが期待できるので、美肌のために取り入れたいアイテムです。

「クレイパック」とはクレイ(泥)をペースト状にしたもの

クレイとは海底や地底から採れる泥のことで、その泥に水や植物の成分などを加えペースト状にしたものが「クレイパック」です。肌の汚れや余分な皮脂を吸着する働きがあり、肌を清潔にする効果が期待できるので、パックの原材料に使用されています。クレイに含まれる成分は、採れる場所などによってさまざま。例えば、モロッコで採れる「ガスールクレイ」は、マグネシウムなどのミネラルをふんだんに含んでいることが特徴です。

クレイは肌悩みに合わせて選ぼう

「毛穴の汚れを何とかしたい」「乾燥が気になる」など、肌の悩みに応じてクレイパックの種類を選ぶことが基本です。肌の悩みに合うクレイパックを選ぶには、成分のメインとなっているクレイの特徴に注目しましょう。例えば、沖縄で採れる「クチャ」は汚れを吸着する力が強いので、毛穴の汚れを解消したいときにおすすめです。肌の乾燥やごわつきが気になる場合は、豊富なミネラル成分が含まれている「カオリン」や「ガスール」が配合されたパックを。カオリンは非常に粒子が細かく、ベビーパウダーやフェイスパウダーに使用されることもあります。肌に刺激を与えにくいので、肌が敏感な人でも使いやすいことが特徴です。

クレイパック 期待できる効果とは?

肌の悩みは人によってさまざまです。乾燥とハリの低下など、複数の悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。クレイパックの役割は一つだけではありません。クレイパックに期待できる効果を紹介します。

血行を促進してトーンアップ

クレイパックは肌のくすみを緩和する効果が期待できます。顔色がくすむ原因の一つとして考えられるものが、血行不良です。クレイに含まれる「ミネラル成分」には、肌の血行を促す効果が期待できます。同じ色のファンデーションを使っているのに、「昔に比べて色が浮いて見えるようになった」と感じる人は肌がくすんできているかもしれません。クレイパックで滞っていた血行が良くなれば、ワントーン明るい肌を目指せます。

血行を促進してトーンアップ

クレイパックは肌のくすみを緩和する効果が期待できます。顔色がくすむ原因の一つとして考えられるものが、血行不良です。クレイに含まれる「ミネラル成分」には、肌の血行を促す効果が期待できます。同じ色のファンデーションを使っているのに、「昔に比べて色が浮いて見えるようになった」と感じる人は肌がくすんできているかもしれません。クレイパックで滞っていた血行が良くなれば、ワントーン明るい肌を目指せます。

毛穴を引き締めてくれる

「毛穴が目立つ」「化粧ののりが悪い」などの悩みを持っている人にも、クレイパックがおすすめ。古くなった角質や皮脂が溜まっていると、余計に毛穴が目立って見える原因になります。クレイは汚れを吸着する力がある上に粒子が細かいので、毛穴に溜まった汚れを取り除きやすいのです。皮脂が多いTゾーンに溜まって酸化した古い皮脂や、小鼻の脇に詰まった角栓汚れに働きかけてくれます。定期的にクレイパックをして毛穴を広げる原因を取り除き、引き締まった肌を目指しましょう。

クレイパックの使い方

どんなに効果的な美肌成分が含まれていても、間違った使い方をすると肌を傷めてしまう原因となります。美肌を目指すには、クレイパックを正しく使うことが大事です。クレイパックの使用頻度や、適切な使い方を見ていきましょう。

クレイパックを使う頻度

クレイパックは肌を擦らなくても汚れを吸着して落とせるので、比較的肌への負担が少ないケアアイテム。しかし、皮脂を除去する作用に優れているため、連続して使うと肌に負担をかけることがあります。毎日使うのではなく、「週に1回程度」を目安に利用しましょう。肌の状態は人によって違うので、自分の肌の状態に合わせて使うことが大事です。普段の肌の手入れを通じて、肌の様子をよく観察しましょう。指で触ったときに「ごわつき」を感じたタイミングで使うのがおすすめ。ただし、商品によって推奨している頻度が違うので、注意書きをよく読んでから使用しましょう。

数分放置後、ぬるま湯で流す

クレイパックには容器から出してそのまま使えるタイプと、水で溶き固さを整えてから使うタイプがあります。水で溶いて使うタイプの場合、顔に乗せたときに垂れてこない固さに調整することがポイント。水分が多過ぎるとパックとして扱いづらくなるので、適度な粘度に調整します。準備ができたらケアしたい部分を中心にクレイパックを塗っていきますが、このとき力を入れすぎないよう注意が必要です。塗り終えたら「3~5分程度」放置して、うっすらと乾いてきたら洗い流すタイミング。ぬるま湯を使って、丁寧に洗い流しましょう。

【使う際の注意点】

1.目の周りは避ける
2.ゴシゴシと擦らない
3.放置時間は正しく
4.洗い流した後はすぐに保湿ケアを

ツルツル肌になるための食生活は?

食栄養バランスのよい食事を

腸ケアは大切!続けやすい手軽なもので栄養や温冷をバランスよく

食栄養バランスのよい食事を
“味噌汁と納豆は毎日!お通じがよくなります”

「味噌汁と納豆は、毎晩の定番。シンプルですがこれだけで野菜、たんぱく質、炭水化物がまんべんなくとれます。野菜をサラダだけでとると冷えるので具沢山味噌汁で温かいものも食べるように」(ヨガインストラクター 浅野さん)

タンパク質、野菜、果物を摂ろう

タンパク質、野菜、果物を摂ろう
肌の状態を大きく左右する日々の食生活。できることなら体の内側からも錆びにくい肌づくりを心がけたいものですよね。トマト・パプリカなど色の鮮やかな野菜、そして “アスタキサンチン” が豊富に含まれるエビ・鮭・いくらなど赤い海の食材には強力な抗酸化作用が。その中でも特に抗酸化力が密集しているのが、常に空気 (酸素) に触れている野菜の皮の部分。また、黒豆・黒キクラゲ・ひじきなど色が黒い食材にも肌を錆びさせない働きがあり、アンチエイジングにも◎。肌力の底上げには、ターンオーバーを正常化して、血液のめぐりを整えてくれるハトムギ茶もよいのだそう!

つるつる肌に導く洗顔料や化粧水

THREE|エミング クレンジングバーム

高い密着性をもちながら水で簡単に乳化することができるバーム状のオイルクレンジング。選りすぐりの植物油、植物バター、植物ロウのブレンドからなるバームが、メイクはもちろん古い角質や毛穴の汚れもしっかり落とし、明るくクリアな肌に整えます。また、クレンジングとして機能するだけでなく、トリートメントマスクとして硬くなった肌をやわらかくほぐし、吸いつくようなしなやかさと透明感に満ち溢れた肌へ導きます。

スリー|エミング クレンジングバーム
▲ 85g

サンソリット|スキンピールバー

洗顔しながら角質をオフ。泡のパックで肌のトーンがパッと明るく!

サンソリット|スキンピールバー

ロゼット|ゴマージュモイスト

リンゴ酸・クエン酸・乳酸の3種のフルーツ酸が配合されたピーリングジェルです。柔らかいジェルのため、マッサージしても肌に負担がかかりにくいのがメリット。保湿成分の「豆乳発酵エキス」も配合されており、肌の潤いを保ちながら角質をケアし、しっとりと透明感のある肌に導いてくれます。顔だけでなく、角質がたまりやすいひじやひざ、かかとなどにも使えるのもおすすめポイントです。

ロゼット|ゴマージュモイスト

ネイチャーコンク|薬用クリアローション

ごわついた肌をやわらかく整え、次に使う化粧品の有効成分の浸透を高めてくれる。アルコールフリーで刺激が少なく、保湿成分も配合されているので、乾燥肌の人にも安心して使える。美白有効成分と消炎有効成分配合で、角質ケアのみならず、美肌ケアも可能!とにかく保湿に力を入れたい人には「とてもしっとりタイプ」がおすすめ!

ネイチャーコンク|薬用クリアローション
▲200mL

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事