【存じます。】は自分の考えを伝える言葉!正しい使い方と併せてご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.07.30

「〜存じます。」を使うときの注意点とは? 言い換えや英語表現も紹介

「存じます。」には「思います。」という意味があります。また使い方は4つあり、使う際の注意点も存在します。「存じます。」を使いこなせるようになると、自分の考えを正しく失礼のないように目上の方に伝えられるでしょう。この記事では、「存じます。」について解説します。

Tags:

【目次】
 ・「存じます。」は「思います。」と伝える言葉
 ・シーン別「存じます。」の使い方と例文4つ
 ・「存じます。」を使うときの注意点3つ
 ・「存じます。」の言い換え表現3つ
 ・「存じます。」の英語表現
 ・「存じます。」で自分の考えをスマートに伝えよう

「存じます。」は「思います。」と伝える言葉

前述しましたが、「存じます。」は「思います。」と伝える言葉です。辞書では以下のように解説されています。

存じます

「~だと思います」。「存ずる」は「思う」「承知する」などの謙譲語。
(引用:存じます|weblio辞書)

「存じます。」は「思う」の謙譲語として使われているため、目上の人に使うことが一般的です。同僚や部下に対して「存じます」を使ってしまうと違和感を感じさせてしまいます。同僚や部下には「思います。」を使い、自分の意思を伝えましょう。

シーン別「存じます。」の使い方と例文4つ

「存じます。」が使えるシーンは次の4つです。

存じます

1. 自分の考えを伝えるとき
2. 相手にお願いしたいとき
3. 感謝の気持ちを伝えるとき
4. 謝罪をするとき

ここからは、それぞれの使い方を例文で解説します。どんなときに使うべきか悩んでいる方は、以下を参考にしてみましょう。

1. 自分の考えを伝えるとき

自分の考えを伝えるときに「存じます。」が使えます。前述した通り、「存じます。」には「思います。」の意味があります。そのため、自分の意見を述べるときにおすすめです。

特に相手にネガティブな意見を述べる場合は、「存じます。」を使用することでへりくだった印象になるため、相手に対して失礼な印象を与えません。どのような使い方をするのか、例文を見ていきましょう。

・このプロジェクトは、予算の都合上、一旦保留にしたほうがよろしいかと存じます。
・企画を成功させるためにも、調査は必要かと存じます。
・先輩の結婚式に出席させていただきたく存じます。

2. 相手にお願いしたいとき

相手にお願いしたいときは「〜していただければ幸いに存じます。」「〜していただけると幸いに存じます。」と伝えましょう。

これらは「〜していただけると嬉しい」を意味します。「〜してください」と依頼するよりも柔らかい印象です。ただし強制力がないため、必ず済ませてほしいお願いに使うことは避けてください。以下で例文を見てみましょう。

・来週の金曜日までに、ご連絡していただけると幸いに存じます。
・ご都合のよろしいときに、チェックしていただければ幸いに存じます。
・お忙しい中申し訳ありませんが、ご教授いただけますと幸いに存じます。

3. 感謝の気持ちを伝えるとき

感謝の気持ちを伝える場合には、「光栄に存じます。」や「ありがたく存じます。」としましょう。

「光栄に存じます。」はメールでの表現に使えます。口頭で伝える場合は「光栄です。」で問題ありません。では、以下で例文を見ていきましょう。

・プロジェクトの責任者に任命いただき光栄に存じます。
・賞をちょうだいできること大変光栄に存じます。
・弊社のパーティーに出席いただけるとのこと、誠にありがたく存じます。

4. 謝罪をするとき

謝罪をするときには「申し訳なく存じております。」という表現が使えます。また自分が反省している旨を伝える場合にも「存じます。」という形で伝えられます。

謙譲語のため謙虚な印象になり、反省している気持ちを丁寧に表現できます。以下で例文を見てみましょう。

・プロジェクトの進捗が思うように進まず、ご迷惑をおかけしてしまい申し訳なく存じております。
・この度は申し訳ありませんでした。このようなことが無いようチェック体制の見直しを徹底していきたいと存じます。

「存じます。」を使うときの注意点3つ

「存じます。」を使う場合、3つの注意点を頭に入れておく必要があります。

存じます

1. 使いすぎるのはNG
2.「存じ上げます。」と混同しない
3.「させていただきたく存じます。」は限定的に使う

それぞれ詳しくご紹介するので、参考にしてみてください。

1. 使いすぎるのはNG

「存じます。」の使いすぎは避けるようにしてください。なぜならば、使いすぎると相手に違和感を与えてしまうためです。かしこまった表現であるからこそ、場の雰囲気が堅苦しくなってしまい、いつまで経っても打ち解けることができません。

また、相手にへりくだっているアピールをしていると勘違いされてしまうケースもあります。適度に使うようにして、どうしても頻度が高くなってしまう場合には、類語表現なども活用していきましょう。

2.「存じ上げます。」と混同しない

「存じます。」を「知っている」という意味で使う場合、「存じます。」と「存じ上げます。」は、相手によって使い分ける必要があるため注意しましょう。

・存じます。:人以外のものに対して、知っている場合に使う
・存じ上げます。:人に対して知っている場合に使う

「存じ上げます。」の「上げます。」は、謙譲表現で人を持ち上げる働きがあります。そのため、ものに対して使ってしまうと、日本語として不自然になるのです。対象物を見極めた上で、使い分けましょう。

3.「させていただきたく存じます。」は限定的に使う

「させていただきたく存じます。」は、限定的に使うようにしましょう。限定的とは、相手に許可を取ったときや相手に依頼されたときです。自ら申し出た場合には使わないようにしましょう。

例えば、結婚式の招待やプロジェクトの責任者に選ばれたときなどに使えます。「させていただきたく存じます。」を使うときには、相手から依頼されたか確かめてから使ってください。

「存じます。」の言い換え表現3つ

「存じます。」には、3つの言い換え表現があります。

存じます

1. 理解したことを伝える「承知してます。」
2. 物事を把握している旨を伝える「心得ております。」
3. 同情していることを伝える「お察しします。」

「存じます。」ばかり使っていると、受け取り手にしつこい印象を与えてしまいます。類語表現を使いながら、スマートに自分の思いを伝えましょう。

1. 理解したことを伝える「承知してます。」

理解したことを伝える場合には、「承知してます。」を使いましょう。「承知しています。」は相手の話を聞き、理解したことを伝えられます。上司からの連絡や報告などの返事に使うといいでしょう。例文は以下の通りです。

・会議室が変更になった旨は承知しております。
・プロジェクトの方向性の変更について承知しました。

2. 物事を把握している旨を伝える「心得ております。」

物事を把握している旨を伝える場合には、「心得ております。」を使いましょう。物事を把握し、引き受ける意味を持ちます。そのため、物事をよく理解しないまま引き受けてしまうと、思わぬ誤解を生むため注意が必要です。例文は以下を参考にしましょう。

・新しく導入されたシステムの操作方法は心得ております。
・概ねのことは心得ております。

3. 同情していることを伝える「お察しします。」

相手に同情していることを伝える場合には、「お察しします。」を使いましょう。「察する」には相手の気持ちを推し測り、思いやる意味があります。落ち込んでいる人に使うと、寄り添う気持ちを表現できるでしょう。以下で例文を見てください。

・状況お察しします。さぞ大変だったでしょう。
・お気持ちお察しします。

「存じます。」の英語表現

「存じます。」の英語表現は3つありますので、場面や意味によって使い分けをしていきましょう。それぞれ例文を紹介します。

存じます

・I hope that you are very well.
(お元気にお過ごしのことと存じます。)
・Unfortunately, I don’t think I can help you this time.
(誠に残念ですが、今回はお役に立てないかと存じます。)
・I would appreciate it if you could reply as soon as possible.
(早急にお返事をいただければ幸いに存じます。)

「存じます。」で自分の考えをスマートに伝えよう

「存じます。」には、「思います。」と伝える意味があります。相手にお願いしたいときや感謝したいときによっては、活用する形が違うので注意しましょう。また、注意点も紹介したため、頭に入れながら使ってみてください。

類語表現をうまく使うと、会話がワンパターンにならないのでおすすめです。海外の取引先とやり取りするときには英語表現も参考にしてみてください。

こちらの記事もたくさん読まれています

「お忙しいところ恐縮ですが」を正しく使おう! 使い方や例文を解説
「ご清祥」の正しい意味は? 使い方や例文をご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事