「そうめん」と「ひやむぎ」の違い、答えられる?【素朴な疑問をメーカーの人にぶつけてみた!】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.07.21

「そうめん」と「ひやむぎ」の違い、答えられる?【素朴な疑問をメーカーの人にぶつけてみた!】

「そうめん」売り場に行くと、隣に「ひやむぎ」が大抵売っています。一見、同じように見えますが、一体どこが違うのでしょうか? 今回は、「そうめん」と言うと思い浮かべる方も多い〝揖保乃糸〟の営業部、企画課の黒川さんに教えていただきました。

Text:
keiko kido
Tags:

「そうめん」と「ひやむぎ」は麺の太さで分けられる

「『そうめん』と『ひやむぎ』は麺の太さによって分けられます。JAS規格では、乾めんは、『そうめん』=直径1.3mm未満、『ひやむぎ』=直径1.3mm以上1.7mm未満となっています。しかし、手延べの場合、1.7mm未満であれば、どちらの名前で呼んでも良いことになっています。ちなみに、『揖保乃糸』はすべて手延べの麺です。揖保乃糸では、消費者の方に『そうめん』と『ひやむぎ』を一目で分かってもらえるように、また彩りを楽しんでいただけるように、『ひやむぎ』にピンクと緑の色麺を2本ずつ手作業で入れています」(黒川さん)

味やつくり方の違いではなく、麺の太さの違いだったんですね。レシピサイトなどで「そうめん」を検索すると「にゅうめん」と言うワードも出てきますが、これはまた別のものなのでしょうか?

「にゅうめん」は麺の名前ではなく調理法のこと

「『にゅうめん』は、温かいお汁やつゆをかけて食べたり、煮込んで食べるそうめんの調理法のことを言います」(黒川さん)
「そうめん」は一般的に、冷やしてめんつゆにつけて食べることが多いですが、それを温かくして食べると「にゅうめん」になるそう。ちなみに「にゅうめん」は、奈良県発祥の郷土料理とも言われています。

知っているようで知らなかった「そうめん」「ひやむぎ」「にゅうめん」の違いがわかってすっきり! 出番の多いこれからの時期、食卓に「そうめん」や「ひやむぎ」が並んだら、この豆知識をぜひ披露してくださいね。

揖保乃糸HP
画像提供:兵庫県手延素麺協同組合

あわせて読みたい
▶︎「みそ」の上に置いてある白いシートは捨ててもいいの?
▶︎時間がたち色が濃くなってしまったみそ、食べても大丈夫?
▶︎メーカー直伝! ホットケーキをプロ並みに上手く焼くコツ
▶︎問題です! これはホットケーキ? それともパンケーキ?
▶︎「パンケーキ」の「パン」ってなんのことか知ってる!?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事