表現力を磨くと仕事もスムーズに!表現上手に鍛える方法とは? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.09.22

表現力を磨くと仕事もスムーズに!表現上手に鍛える方法とは?

「表現力」は、自分の思いや考えが相手に伝わるよう、表現する力のことです。仕事やプライベートのさまざまな場面で、求められるスキルの一つでもあります。自分の表現力が不足していると感じたら、日常的なトレーニングで鍛えてみましょう。

Tags:

表現力に自信はありますか?

社会から求められるスキルの一つに「表現力」があります。まずは表現力の定義を知り、自分にスキルが備わっているか考えてみましょう。

表現力 ある 特徴 ほしい 鍛える 養う 方法

そもそも表現力とは

表現力とは、「自分の思いや考えを相手に正しく伝わるように表現する力」のことです。学校教育法第30条でも、小学校から身に付けるべきスキルの一つとして、表現力が重要視されています。

表現力が乏しいと、誤解が生じやすく、人間関係のトラブルの原因にもなりかねません。表現力を鍛えて、自分の意見を正しく伝えたり、複雑な物事を分かりやすく説明したりできれば、コミュニケーションがスムーズになります。相手から信頼を得ることができ、良好な人間関係を築きやすくなるでしょう。

参考:学習指導要領「生きる力」|文部科学省

表現力がある人の特徴

自分の感情や考えを効果的に伝えられる「表現力」は、日常の節々で必要とされるものです。

「表現力がある人」にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

表現力 ある 特徴 ほしい 鍛える 養う 方法

語彙が豊富で言葉の使い方が上手

表現力がある人は語彙(ごい)が豊富なため、シーンに応じた言葉を使って上手に表現します。同じ内容を伝えるにも、豊富なボキャブラリーの中から言葉を組み合わせ、相手に分かりやすく伝えられるでしょう。

例えば、相手に柔らかい印象を与えたいときは優しいフレーズを、説得力を持たせたいときは端的にまとめるなど、状況に合わせた言い換えができます。

適切な言葉を柔軟に選び、伝え方にも工夫をするため、聞いている相手も退屈しないでしょう。

表情豊かでジェスチャーが多い

表現力が豊かな人は、表情に変化をつけながらコミュニケーションを行います。自分の感情を抑え込んだりせず、喜怒哀楽に合わせて表情が変わるので、顔がよく動くことも特徴です。感情が表情に出る人は、性格に裏表がなく、安心して付き合える人として愛されるでしょう。

また、身ぶり手ぶりをプラスして気持ちを伝えることも特徴として挙げられます。視覚的効果もあるため、自分の感情を理解してもらいやすいのです。

表情やジェスチャーを多用する人は、大勢の前で行うプレゼンテーションなどでも表現力が発揮されます。適度に聴衆を見渡しながら、身ぶり手ぶりを使って堂々と話すため、説得力のあるプレゼンテーションができるのです。

口角を上げる8の方法|表情筋トレーニングとケアで美人顔に|Domani

意思表示やコミュニケーションに積極的

コミュニケーションを通じて、自分の意思を伝えることに積極的なのも、表現力がある人の特徴です。よいことでも悪いことでも、相手に伝えたいという思いがあるため、遠慮せずにありのままを正直に伝えます。

伝えたい思いが強いので、表情や声色、ジェスチャーなどをフル活用して、表現しようとするでしょう。

また、素直で正直な性格をしているため、他人の評価を気にして、自分の感情を抑え込むこともありません。考えていることをそのまま正直に伝えられるので、相手に変な誤解をさせることも少ないでしょう。

コミュニケーションで自分の感情や思考をしっかり表現できる人は、総じて地頭がいい人に多く見受けられます。

「地頭がいい」人になりたい!地頭がいい人の特徴と地頭を鍛える方法を解説します|Domani

表現力があると仕事もうまくいく

仕事のあらゆる場面でも、表現力を発揮することは大切です。仕事の中で表現力が生かされる場面を見ていきましょう。

表現力 ある 特徴 ほしい 鍛える 養う 方法 仕事 メリット プレゼンテーション

(C)Shutterstock.com

プレゼンの質が向上する

表現力が身に付くと、プレゼンテーションの質が上がります。

プレゼンテーションはコミュニケーションの一環で、相手に正しく情報を伝えることが大前提です。曖昧な言葉や適切でない表現方法では、聞いている相手によって解釈がずれたり、誤解を与えたりしかねません。情報が正確に伝わるように、工夫をする必要があります。

また、プレゼン内容から相手にしてほしいことが伝わり、相手に行動を促すことが重要です。意図や伝え方がふんわりとしていると、相手の記憶に残らないプレゼンになってしまいます。

プレゼンを聞く側が知りたいのは、「〇〇してほしい」という話し手の意図や思いの部分です。表現力が備わっていれば、相手に「何を」「どうしてほしいのか」という具体的な内容を正しく伝えられるでしょう。

周囲の共感や理解を得られる

表現力がある人は、周囲の人から共感や理解が得られやすくなります。表現力のない人は本心が伝わりにくく、相手を不安にさせたり、誤解させたりしてしまうことも。たとえ素晴らしい意見を持っていたとしても、うまく伝えることができません。

自分のことを相手に正しく理解してもらえないため、会社やプライベートの人間関係でも、意図せず評価や立場が下がってしまう可能性もあるでしょう。十分な表現力があれば、考えや思いを相手にしっかり伝えられるので、自分のことを理解してもらいやすくなります。

相手からも共感や理解を得られ、お互いが分かり合えれば、信頼関係も構築できるでしょう。

「共感」する力を身につけるには? 「共感力」が強い人の特徴や身につけ方をご紹介|Domani

ストレスへの対処がしやすくなる

仕事で抱えがちなストレスも、表現力があれば対処しやすくなります。適切に自己表現をすることで、自分の内なる感情が解放できるのです。

自分の気持ちや考えを他人から共感してもらえると、承認欲求が満たされます。ずっと自分だけで抱え込んでいたことを、誰かが知ってくれたことによって肩の荷が下り、健全なストレス発散になるでしょう。

豊かな表現力で自分の気持ちを言語化できる人ほど、感情的になり過ぎることがなく、ストレスを上手に対処できます。

自分の表現力が乏しいと感じたら

「もっと上手に伝えられたら…」と自分の表現力に悩む人は少なくありません。しかし、表現力は日々のトレーニングによって伸ばすことが可能です。

どんな方法があるのか見ていきましょう。

表現力 ある 特徴 ほしい 鍛える 養う 方法

(C)Shutterstock.com

良質な本を読み語彙力を鍛える

表現力は、質のよい本をたくさん読み、語彙力を鍛えることで伸ばせます。

言葉を使って自己表現するときには、自分のボキャブラリーの中から、感情や考えにぴったり合う言葉を選ぶことが必要です。しかし、語彙にレパートリーがなければ、適切な言葉は見つかりません。

本にはさまざまな言葉が詰まっているため、積極的に読み続けることで、語彙が増えていきます。特に、良質な本を読むほど、磨かれた言葉がインプットされやすくなるでしょう。豊富な語彙は、話のバリエーションを増やし、会話の格を上げてくれます。

本を読む習慣を付けるためには、内容が難しいものではなく、読みやすいものから始めるのがおすすめです。

日頃から文章を書くようにする

日常的に文章を書くことも、表現力のアップにつながります。本を読んで覚えた語彙を使って、自分の意見を文章にしてみましょう。聞いた話やニュースについて「自分はこう思う・考える」と意見をまとめ、書き出すことも一つの方法です。

さまざまな言葉を使ってアウトプットする機会を持つことで、主観的な思考が整理されます。インプットした語彙をアウトプットする練習にもなり、実践的に使える「自分の言葉」を身に付けられるでしょう。

読書はどんな効果がある? 普段本を読まない人も読みたくなるメリット|Domani

五感を磨いて感性を刺激する

表現力を伸ばす上で、五感を磨き、感性を刺激することも効果的です。五感とは、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚のすべての感覚を指します。

何かを表現するには、そもそも自分の中に「表現したいもの」を持っていなければなりません。そのためには、わくわくするような新しい経験が重要になり、経験の中で五感を使うと感性も刺激されます。

例えば、旅先や美術館で美しいものに触れる、新しいアクティビティに挑戦する、映画鑑賞や読書などをすることで、五感が磨かれるでしょう。なかなか趣味が見つけられない人は、五感が豊かになる趣味から始めてみてはいかがでしょうか。

あなたには趣味がありますか?【ワーママ100人調査】|Domani

人との対話を増やす

表現力を鍛えるには、人と対話する機会を増やしましょう。

素晴らしい表現をするスキルがあっても、それをどこかで披露しなければ、宝の持ち腐れです。まずは、人と対話する機会を作り、思ったことを口にする習慣を身に付けましょう。

家族や友達とテーマを設けて会話をしたり、テーマが決まっているセミナーやワークショップなどに参加したりするのもよい手段です。

もし批判をされたとしても前向きにとらえて、「なぜ批判されたのか?」を考えるのもトレーニングになります。失敗を恐れず、自信を持って意見をどんどん口にすることで、表現することに慣れていくでしょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

話が通じない人には【結論ファースト】で話すといい!? |効果的な3つの対処法をご紹介
「画面越し」のコミュニケーション、大丈夫?|ウェブ会議 「損する悪印象」を激減させる6秘訣

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事