話が通じない人には【結論ファースト】で話す!効果的な3つの対処法をご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.05.24

話が通じない人には【結論ファースト】で話すといい!? |効果的な3つの対処法をご紹介

話が通じない人とスムーズに会話するためには、「結論から話す」「相手の理解度を確認する」といった工夫が必要です。本記事では、話が通じない人に共通する特徴や3つの対処法を解説します。話が通じない人と会話する際の、効果的な対応を知っておきましょう。

Tags:

【目次】
 ・話が通じない人の特徴5つ
 ・話が通じないときに考えられる4つの原因
 ・話が通じない人に効果的な3つの対処法
 ・話が通じないと感じたら自分の話し方を変えてみよう

話が通じない人の特徴5つ

話が通じない人がいた場合、次のような5つの特徴がないかチェックしてみましょう。

話が通じない

(C)Shutterstock.com

1. 常に否定的な意見が多い
2. 短気ですぐに感情的になる
3. 話の論点がズレる
4. 自己中心的で思い込みが激しい
5. 頑固で柔軟な対応ができない

あなたの周りにいる話が通じない人にも、当てはまる特徴があるかもしれません。ここでは、話が通じない人がもつ特徴について詳しく解説します。

特徴1:常に否定的な意見が多い

話が通じない人は、人の意見を常に否定して受け入れない傾向があります。ミスを指摘されたときはもちろん、良いアドバイスをもらったときでさえ、他者の意見を受け入れたり自分の意見を変えたりといった対応ができない人が多いです。

「でも」「そうだけど」といった否定的な言葉を頻繁に口にして、自分を正当化するために反論しようとします。また他者に対しては否定的であるにもかかわらず、自分は悪くないという姿勢で話をするのも特徴です。

特徴2:気が短い性格で、すぐに感情的になる

話が通じない人は短気な性格である場合が多いです。物事を客観的に見られず、自分が思ったことを相手にそのままぶつけます。そのため話が通じない人と議論しようとしても会話が成り立たず、水掛け論のように感情的な言い合いになりがちです。

そもそも話が通じない人は、相手の意見を理解する努力をしたり、論理立てて考えを巡らせたりすることが苦手です。感情的になりやすいので、こちらがいくら冷静になって話をしようとしても、話が通じないことが多いでしょう。

特徴3:話の論点がすぐにズレる

話の論点がズレやすく、本人も気づかないうちに話題が変わってしまう点も話が通じない人の特徴です。話が通じない人と会話していると、結局何について話していたのかわからなくなることがあります。「Aの話題について話していたのに、いつの間にかBの話題にすり替わっている」といったことが頻繁に起こる場合、その相手は話が通じない人である可能性が高いです。

特徴4:自己中心的で思い込みが激しい

話が通じない人は、自己中心的な性格をしていることが多々あります。話し合わなければならない場面でも「自分の話を優先させてほしい」という気持ちがとにかく強く、意見を押し通そうとします。「自分さえよければそれでいい」と思っているため、こちらがどう感じるかは考えません。

また自己中心的であることに加えて、思い込みが激しい点も特徴です。すべての物事の中心は自分だと考えており、正しいのは自分だけだと信じています。そのため「自分が犯したミスを認める」「周囲の意見を取り入れる」といった自分の価値観を変える行動が苦手です。

特徴5:頑固で柔軟な対応ができない

話が通じない理由の一つに「頑固な性格であること」が挙げられます。頑固さゆえに仕事でもプライベートでも自分の考えを曲げることがなく、なかなか人の意見を受け入れられません。こちらが何を言っても折れないので、常に一方通行な会話になってしまいます。

さらに、話が通じない人は現在と過去を比較しがちです。たとえばビジネスにおいて時代に即したやり方や考え方であっても、まずは昔の方法と比べてから決めようとします。結局「昔はこうだった」と自分の価値観を貫こうとするあまり、柔軟な対応ができない人が多いのです。

話が通じないときに考えられる4つの原因

会話していて話が通じないと感じる場合、聞き手・話し手の両方に原因があります。具体的な原因は以下の4つです。

話が通じない

(C)Shutterstock.com

・プライドが高くて人の話に耳を貸せない
・そもそも理解力が乏しい
・話し手の語彙力が足りない
・わかりづらい言い方をしている

ここでは聞き手・話し手両方の原因を解説していきますので、自分に当てはまるものはないか確認してみましょう。

原因1:プライドが高くて人の話に耳を貸せない

話が通じない大きな原因は、プライドが邪魔をして人の話に耳を貸せないことです。話が通じない人の多くはプライドが高く、自尊心が傷つくような意見は聞こうとしません。そもそも他者の意見を受け入れる姿勢になっておらず、相手の話を理解しようともしていない状態です。

明らかに間違っていても過ちを認めないため、話し手としては「話が通じない」と感じざるを得ないでしょう。

原因2:そもそも聞き手の理解力が乏しい

話が通じない原因は、そもそも聞き手の理解力不足にあるかもしれません。話が通じない人は話を聞いたとしてもキャパオーバーになってしまい、理解が追いつかない傾向があります。結果として「何を話しているのかわからない」という状態になり、会話が噛み合わなくなるのです。

あるいは会話のなかに出てくる言葉の意味を知らないという理由で、話についてこられないこともあります。特にビジネスシーンにおいては複雑な言葉を使う機会も多いでしょう。会話の内容以前に、話のなかで使われている言葉を理解していないことが原因かもしれません。

原因3:話し手の語彙力が足りない

話が通じないと感じるときは、話し手の語彙力不足も原因として考えられます。ボキャブラリーが不足していると、自分の意見や感情を適切な言葉で言い表せません。曖昧な表現ばかりでは、聞き手が理解できないのも当然ですよね。

自分の言葉が伝わっていないと感じたときは、「あれは〜」「ああいう風に〜」のように抽象的な話し方をしていないか振り返ってみてください。曖昧でぼかした表現ばかりしていれば、語彙力の不足が原因でうまく伝わっていない可能性が高いでしょう。

原因4:話し手がわかりづらい言い方をしている

聞き手が話を理解できない場合、話し手がわかりづらい言い方をしているケースもあるでしょう。「相手に伝わるように話そう!」と考えすぎてしまい、つい回りくどい表現をしていませんか?

結果として会話の内容がまとまらず、聞き手にとって理解しにくい話し方になっている可能性があります。特に気を使わなければならない相手と会話するときは、「丁寧に伝えなければ」という思いが働いて空回りしやすいため注意しましょう。

また、カタカナのビジネス用語を多用するのも話がわかりにくくなる原因の一つです。「アジャイル」「NR(エヌアール)」「オルタネイティブ」など、パッと聞いただけでは意味がわかりにくいカタカナ言葉は、なるべく日本語に置き換えるのが無難です。

話が通じない人に効果的な3つの対処法

話が通じない人に対して、今すぐ実践できる効果的な対処法が3つご紹介します。会話が噛み合わない状態が続くと、仕事のパフォーマンスに大きな影響を与えかねません。また話がうまく伝わらないストレスから、疲れを感じることもあるでしょう。

話が通じない

(C)Shutterstock.com

話が通じない人の性格は変えられなくても、伝わりやすくなるような工夫はできます。スムーズに仕事を進めるために、できることから行動を起こしましょう。

■まずは結論ファーストで話すように心がける

話が通じない人と会話するときは「結論ファースト」が効果的です。結論ファーストとは、話の最初に結論を示す話し方のことです。会話の行き着く先を前もって提示することで内容が整理され、話が通じない人にも伝わりやすくなります。

「最終的に何をしてほしいのか」といったゴールを明確にし、話の最初に伝えるようにしましょう。補足事項などはあとからメールやメモ書きで伝えると、さらに内容が簡潔になってわかりやすく説明できます。

■要点を端的かつ具体的に伝える

話が通じない人に対しては、要点を端的にまとめて具体的に伝えるようにしましょう。できる限り簡潔な内容になるよう工夫し、相手が理解できるような表現を用いるのが効果的です。複数の依頼をする場合は、お願いしたいことを箇条書きにして優先順位を決めると理解してもらいやすくなります。

また、視覚的に伝えることもおすすめです。内容をまとめたメモを作ったり、手順を記載したマニュアルを渡したりと工夫してみましょう。

■相手が理解しているか確認しながら話す

話が通じない人への対処法として、相手が理解しているかを確認しながら話すことが挙げられます。最後まで話し切ってから「わからなかった」と言われると、一気に疲れが押し寄せるものです。そのためいきなり最後まで話すのではなく、相手の理解度をチェックしながら話を進めるようにしましょう。

理解しているか確認する場合は、「わかりにくい部分はありますか?」と問いかけて相手に返事させることが効果的です。また、話した内容を繰り返すように復唱するのも有効です。

話が通じないと感じたら自分の話し方を変えてみよう

話が通じない人の理解力を向上させるのは簡単なことではありません。それならば、理解してもらえる話し方ができるように自分で工夫するほうが効率的です。

今回ご紹介した対処法は、どれも今すぐに取り入れやすいものばかりです。話が通じない人ともスムーズにコミュニケーションが取れるように、まずは自分の話し方から変えてみましょう。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

既婚女性100 人に聞きました!そりが合わない人はいますか?体験談・臨床心理士に聞いた対処法も紹介
外資系IT企業の女性リーダーが実践!仕事がやりやすくなる職場のコミュニケーション術【ワーキングマザーの仕事術】

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事