理解力が〝ある人〟と〝ない人〟の大きな違いは?|要点を整理する癖をつけよう | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.05.25

理解力が〝ある人〟と〝ない人〟の大きな違いは?|要点を整理する癖をつけよう

理解力がある人は、状況を察知したり、人の気持ちがわかったりする能力があるため評価されます。理解力のある人・ない人それぞれの特徴を見ていきましょう。なぜ理解力がないと言われるのか、その原因も探ります。理解力を高める方法も知っておきましょう。

Tags:

理解力がある人の特徴とは

理解力がある人には、いくつかの共通点があります。「頭がいい」といわれる人の特徴に似ていますが、それだけではありません。

理解力

(C)Shutterstock.com

相手の話を聞いて自分なりに吸収できる人や、相手の気持ちになって考えられる人は理解力が高いといえます。

記憶力がいい

記憶力がいい人は、メモやスケジュール帳に頼ることなく物事を覚えられます。一度仕事の手順を説明しただけで覚えてしまう姿を見ると「この人は理解力がある」と感じるものです。

記憶力がいいとしても、話を聞いた瞬間にすべてを理解しているわけではありません。話を聞いたあと、自分の頭の中で思い出してシミュレーションしています。メモは断片的な情報ですが、はっきりと覚えている内容は頭の中で何度でも繰り返せるのです。

記憶力は、トレーニングによって鍛えられます。暗算やクイズなど、脳を活性化させる作業をしてみましょう。料理や掃除など、順序立てて作業する家事も、記憶力を高めるトレーニングにぴったりです。

アレよアレ!言いたい言葉がなかなか出ない「アレアレ症候群」【知らぬ間に!うっかりコンサ婆さん】|Domani

想像することができる

行動には、結果が伴うものです。たとえば不安定な場所にガラスの瓶を置こうとしたとき、想像力を働かせると「落ちて割れるかもしれない」と判断ができます。

自分の行動がどんな結果をもたらすのか、想像力がない場合は理解できません。また、忙しそうな同僚を見たときも同様です。相手の状況を想像すると「今話しかけると迷惑だろうな」と判断できます。

「自分には想像力が欠けている」と感じるときは、自分が相手の立場であったらどう思うかを考えてみましょう。

行動による結果が想像できるかは経験にも左右されます。本や映画などを見て展開を考えるなど、想像力を身につける訓練をしてはいかがでしょうか。

物事を自分の言葉で説明できる

物事を自分なりに理解できている人は、ほかの人に上手に説明ができます。難しい仕事の手順をかみ砕いて後輩に伝えられるなど、仕事でも役立つスキルです。

文章や話の読み取り能力も、理解力の高さに関わってきます。たとえばある物語を読んだときに「主人公は悲しんでいる」と、心情が直接書かれているとは限りません。

話の流れやキャラクターの行動を総合して「彼・彼女は悲しんでいる」と判断できるのは、読み取る能力によるところです。理解力の高い人は「この行動がなぜ悲しんでいると考えられるのか」を自分の言葉で説明できるのです。

【頭がいい人の特徴】仕事の仕方やコミュニケーション方法のココが違う!|Domani

理解力がない人の特徴も

理解力がある人と正反対の特徴を持つのが、理解力のない人です。人の気持ちを想像できない人や、自分のことで手いっぱいな人は理解力がないととらえられることがあります。

理解力

(C)Shutterstock.com

人の話を聞いていない

理解力がある人でも、人の話をまったく聞かずに相手を理解することはできません。自分の中で「この作業はこうするもの」と思い込みで行動すると、相手が求めている内容と違う作業を進めてしまう可能性があります。

「きっと彼女はこう考えているはず」と話を聞かずに決めつけるのも問題です。相手の話を最後まできちんと聞くと、実は違っていたと気付きます。

理解できないのではなく「理解しようとしていない」のが、理解力を低くしてしまう原因です。

自己完結しがち

自分で「理解した」と考えていても、相手が求めるレベルに達していないこともあります。「この書類を早めに仕上げてほしい」と言われたときに、どう捉えるかを考えてみましょう。

「ほかにもしなければいけないことがあるから、先にそちらを着手してから依頼された書類を早めに仕上げよう」と考えることもあれば、「最優先で仕上げよう」と考えることもあるはずです。どちらも一見間違いではありません。

しかし「近日中にその資料を使って会議が行われる」という情報が加わると、話が変わってきます。そのため、相手に「何日の何時までに仕上げればよろしいですか」と確認が必要です。気になる部分をすぐに確認できると、理解力も高まります。

理解力がない原因とは?

理解力

(C)Shutterstock.com

なぜ理解力がないのか、その理由を考えてみましょう。多くの人は理解する力があるにもかかわらず、相手を理解するチャンスを逃しています。

「理解力がある人」と思われたいときは、他人に興味を持てないなど理解力の低下につながるポイントを見直すことも必要です。

相手に興味や関心がないから

自分以外に興味がない人は、理解力が低くなりがちです。人の話を聞いていても「理解しよう」という気持ちが生まれません。

「好きな人のことを深く知りたい」と考えるように、多くの人に興味を持ちましょう。相手が何を考えているか知りたいときは、自然と話をじっくり聞くようになります。疑問があるときは、質問もするはずです。質問を繰り返し、相手の考えを理解していきましょう。

視野が狭いから

人の話を聞いているとき、上の空では内容が頭に入ってきません。自分の仕事やプライベートで頭がいっぱいになっていると、他者の話を受け入れる余裕がなくなるのです。

場の雰囲気や周囲の人が話している内容だけでも、察知できることはたくさんあります。「ほとんどの人がなんとなく知っている内容」をあなただけが知らないでいると、話についていけません。

視野を広げるには、心に余裕が持てるスケジュールを組みましょう。納期に余裕を持たせる、なるべく効率のよい手順で作業を進めるなどを考えます。仕事やプライベートが詰まりすぎているときは、どこかで休みを入れるなど調節も必要です。

要領が悪いのをどうにかしたい!要領よく仕事するためのコツ|Domani

理解力を高める方法を紹介

理解する力は、行動によって高まります。「なんとなく話を聞く」のではなく、相手を知ろうとする姿勢をとりましょう。長い話や聞いただけでは分からない内容も、行動次第で理解できるようになります。

理解力

(C)Shutterstock.com

要点を整理・まとめる癖をつける

物事の要点が分かると、理解力はアップします。数時間に及ぶ会議の内容や、毎日の膨大なスケジュールをすべて覚えるのは、一般的に考えて難しいことです。

大まかに重要なポイントだけまとめることができれば、覚える内容は大幅に減ります。会議であれば「この会議では何を話し合っているのか」という明確なポイントを簡潔にまとめましょう。

話が長く抽象的な内容が多い人と話すときも、要点をまとめる癖がついているだけで、何を伝えたいのか分かりやすくなります。

仕事が早い人の特徴とは? 遅い人の傾向と改善方法も紹介|Domani

分からないことは素直に確認

「理解している」とはっきり思い込んでいるときは難しいですが、分からないことはできるだけ早めに確認しましょう。確認作業によって、お互いの思い違いやズレを修正できます。すべて終わってから「そんな話は聞いていなかった」とならないためにも、話を聞いた時点で確認しましょう。

自分の理解力の問題だけでなく、相手が伝え忘れているケースもあります。たとえば「明日○○を注文しておいて」と言われた場合、毎回同じ内容なら確認の必要はないと思いがちです。

しかし、万が一間違えて発注してしまってからでは手遅れです。「言った・言わない」とならないためにも「前回と同じでOKでしょうか」などと確認するようにしましょう。

知識や経験を増やすことも必要

常識的な内容に対する理解は、自分の知識や経験で補えます。たとえば家族に「醤油を買ってきて」と言われて、1万円の高級ギフト醤油を買う人は少ないはずです。

一般常識だけでなく、仕事でも専門的な用語や毎日のルーティンを覚えると、相手の話がすっと頭に入ってきます。理解しにくい苦手な分野の勉強をするのもおすすめです。

読書習慣も、知識を学ぶために取り入れてみましょう。短時間でも、集中して本を読んで内容を頭に入れます。理解できるまで何度も読むことで、次第に理解力が身につくはずです。

こちらの記事もたくさん読まれています

社交性がある人の特徴とは? 専門家直伝〝社交性をアップする方法〟
「仕事ができる人」の特徴とは?考え方や習慣など見直したいポイント

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事