【優柔不断】な性格を改善する方法とは。自分を信じる癖をつけて | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.07.28

【優柔不断】な性格を改善する方法とは。自分を信じる癖をつけて

「優柔不断」な人は物事を決めることに時間がかかりがち。いざ決断する場面に直面すると「どうすればよいのか」と迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。いざというときのために優柔不断な性格を改善する方法を解説します。

Tags:

【目次】
優柔不断な人の特徴って?
優柔不断な人の心情とは
優柔不断な性格は直すべき?
優柔不断な性格を改善する方法
優柔不断の短所以外にも目を向けて

優柔不断な人の特徴って?

あなたはどのような人に対して「優柔不断な人」だと感じますか?優柔不断な人にはいくつかの特徴が考えられます。具体的な特徴を三つ見ていきましょう。

優柔不断

(C)Shutterstock.com

ズバリ、決められない

決断が苦手な性格」は、優柔不断な人の最大の特徴といえるでしょう。

例えばランチで洋食と和食で迷ったときに、優柔不断な人は「今日は洋食にしようかな」「やっぱり和食にしよう!」と決めきれず、直前まで意見がコロコロ変わってしまったり。

最終的に和食を選んだものの「やっぱり洋食の気分だった……」と自分の判断を後悔する姿もよく見られる光景ではないでしょうか。

二者択一であれば「どちらがいいか」で迷うことができますが、複数の選択肢が広がったときに「どうすればよいかわからない」と混乱してしまうこともあるかもしれません。

そして、仕事や人生における重要な判断を迫られたときでさえも、自分自身で決めきれないなんていうことも。

優柔不断

(C)Shutterstock.com

体験談を100人に聞いた!会社辞めるのはスムーズに行くもの?円満退職の秘訣も紹介

責任感がない

優柔不断な人はプレッシャーを感じやすく、責任感のあるポジションから逃げようとする傾向が。

生きていると臨機応変な判断が求められるシチュエーションが多々あるものです。1から10まで答えが書いてあるマニュアルがあれば問題ありませんが、基本的には自分もしくはその場にいる人々と瞬時に判断しなければならないこともあります。

そんなシチュエーションに置かれたとき、優柔不断な人は「自分が選択を誤ったら」と思い自分で決断できないということがありえます。責任から逃れることばかりにしばられ、常に受け身の姿勢をとり、他人に決断を委ねようとしてしまうということも。

主体性がない行動を続けることで、ますます優柔不断に拍車がかかってしまう可能性もあります。

優柔不断

(C)Shutterstock.com

【責任転嫁】する人の特徴は? 対処法や自分がならないために注意したいこと

心配性な性格

優柔不断な人はもともと心配性な一面があり、選択を誤ることに対しての不安があると考えられます。例えばジェットコースターに乗るときに「事故が起きたらどうしよう」「無事に降りられるだろうか」と心配しすぎてしまうために、「乗るかどうかを決められない」というようなタイプ。

本来は楽しいこと・ワクワクすることであっても、少しでも不安の種を見つけてしまうと、それを解決・納得できるまで悩み続けてしまうことも。

慎重といえば聞こえはよいですが、常に最悪のパターンに考えおびえすぎて、何も選べなくなってしまうとデメリットになってしまいます。

優柔不断

(C)Shutterstock.com

将来が不安になる原因は?仕事やお金、健康の悩みを克服する方法

優柔不断な人の心情とは

優柔不断な人を見ると「どうして決められないのだろう」「もっと簡単に考えればよいのに」と疑問に感じることもあるのではないでしょうか?

優柔不断

(C)Shutterstock.com

優柔不断な人が判断に迷うのにはどんな理由があるのでしょうか。優柔不断な人が決断に悩むときの心情を見ていきましょう。

失敗をしたくない

「失敗は成功のもと」という言葉があるように、失敗はときとして成功に近づくチャンスでもあります。しかし、優柔不断な人にとって「失敗は悪」であり、絶対にしてはならないものだと感じている可能性があります。

「失敗したくない」という気持ちにより、選択すべきことに対するメリットよりもデメリットに目が付きがち。デメリットを避けられることは素晴らしい能力ですが、デメリットを意識するあまり、決断することができなくなってしまうことがあるのです。

たとえデメリットが小さく、得られるメリットが大きいものだとしても、姿が見えない「失敗するかもしれないリスク」におびえて、いつまでも決断することを避けてしまうということもありえます。

優柔不断

仕事の失敗から立ち上がるには…?【働くアラフォー質問箱】

自分の答えに自信がない

何かを決断することは、自分の出した答えを信じることともいえます。優柔不断な人は自分に自信を持てない人が多く、自分の答えに対しても自信が持てないことがあります。

たとえ自分のなかで答えが出ていたとしても、自分に自信がないせいで、それが最良の答えだと思えないのでしょう。答えが出ているのに決断しないのは、答えを出していないのと同じで、せっかくの可能性を失っている場合があります。

決断すべきときに決断できない人は、周囲からの信頼を得ることも難しいのではないでしょうか。これが影響して自分の自信を失ってしまうこともあるかもしれません。

優柔不断

現在2社目の37歳女子。転職したいけど勇気が出ません【働くアラフォー質問箱】

周りの意見が気になる

優柔不断になる背景には、周りの意見を気にしてしまうということがあるのでは。自分が決断することで「不快に思われないか」「間違っていたら迷惑をかける」と不安に感じ、必要以上に周囲の目が気になってしまうのではないでしょうか。

「自分よりも他人の意見が優れている」と思い込んでいる人もいます。これは自分に自信が持てない・責任を負いたくない気持ちが関係していることが多いでしょう。

また、身近にリーダータイプの人や自分の意見を押し付けるタイプの人がいると、自分が決断する場面が減り、自然と「自分の意見は必要ない」と感じてしまうこともありえます。

優柔不断

(C)Shutterstock.com

お人好しと呼ばれる人の特徴は? メリットやデメリット、優しい人との違いを解説

優柔不断な性格は直すべき?

優柔不断な性格が関係して、周囲に迷惑をかけてしまう・時間を無駄にしてしまうというデメリットもあります。しかし、優柔不断な性格は見方を変えればメリットもあるため、絶対に直さなければいけないというわけではありません。

優柔不断

(C)Shutterstock.com

優柔不断な性格を直すべきか、判断材料の一つとして優柔不断な性格によるデメリットを具体的に紹介します。

周囲をイライラさせてしまう

決断に時間がかかると周りに迷惑をかけたり、イライラさせてしまったりすることもあります。

自分が食べるものや進路など自分の生活・人生に関わるものであれば、他人に大きな影響を与えることはあまりありません。しかし、他人が関わるシーンで判断に迷ってしまうと、大きな迷惑をかけてしまう可能性もあります。

加えて締め切りのような期限が設定されているものを守れないと、周囲の信頼を失いかねません。「あの人はああいう人だから」とレッテルを貼られてしまうことも考えられます。

優柔不断

(C)Shutterstock.com

「この会社じゃなかったかも…」転職失敗を感じたとき、即転職はアリ?【働く女性の質問箱】

時間を無駄にしてしまう

決断までに時間がかかると、次のアクションに使えるはずだった時間が削られてきます。迷えば迷うだけ時間を無駄にしてしまうこともあるでしょう。

例えば買うか迷ったワンピースがあり、何日も悩んだ結果、購入しに行こうとしたら売り切れていたなんていう経験はありませんか?

買い物であれば「仕方なかった」と自分を納得させることができるかもしれません。しかし、仕事のような重要なシーンで迷い続けてしまうと、その次のアクションに支障が出る・大きなリスクが生まれる可能性もあります。

何事も早ければよいというものではありませんが、早く取り掛かることで成果も早く出やすくなるのではないでしょうか。結果的に周囲を安心・満足させられることが増えるかもしれません。

優柔不断

(C)Shutterstock.com

仕事が遅いのはなぜ?あなたの・同僚の・部下の「効率アップに役立つ方法」

優柔不断な性格を改善する方法

もしも優柔不断を改善したいと思うのであれば、普段の生活から意識的に改善に努めましょう。

優柔不断

(C)Shutterstock.com

では、どのようなことを意識するとよいのでしょうか?優柔不断を改善するためのヒントをお届けします。

自分の気持ちに素直になる

悩んだときは、自分の気持ちに素直になってみては。決断の先送りや他人に決断を委ねることは、その場の自分にとっては楽なことかもしれません。

しかし、決断する機会を失うことで、自分の自信を築く機会まで失ってしまう可能性も。その場では楽なことでも、回りまわって自分の負担になってしまうことも考えられます。

自分の気持ちに素直に選択すれば、たとえその選択が失敗だったとしても、自分の自信につながるかもしれません。自信は自分の選択を信じる気持ちになり、やがて優柔不断の改善へとつながる可能性があります。

優柔不断

(C)Shutterstock.com

女性も憧れる「かっこいい女性」に共通する行動や言動(まとめ)

完璧主義をやめる

完璧主義をやめるだけでも、優柔不断は改善に近づくかもしれません。完璧主義な考え方をやめるためには、加点方式で考えるのがおすすめです。

「ここがダメ」という減点方式ではなく、「ここはよい」という加点方式で考えることで、物事に対してポジティブな面を見つけることができます。そうすると決断すべきことのメリットを見られるようになり、決断のスピード感が高まることにつながります。

また、決断を誤ったときは「まぁ、いいか」と柔軟に受け止める癖をつけましょう。失敗を受け止める気持ちが生まれると、肩の力を抜いて考えられるようになるはずです。

優柔不断

(C)Shutterstock.com

「仕事も家事も育児も完璧主義だったけど、やーめた!さあ、どうする?」【働く女性の質問箱】

期限を明確にする

決断するまでの期限を明確に設定することも、優柔不断を改善する方法の一つです。

「何日までに答えを出す」「何分以内に決める」とタイムリミットを設けることで、素早く決断する癖がつきます。締め切りが設定されているものでも、悩む可能性を加味して、自分のなかで少し早めに締め切りを設定しておきましょう。

期限を明確にすることで、ダラダラ考えることを避けられるため、的確な判断力も身に付けやすくなります。判断を誤ったとしても、次に生かせばよいのです。クイズ番組に出演している気分で、素早く決断してみましょう。

優柔不断

【几帳面な人】の特徴とは!? 長所・短所、几帳面さを身に付けるためのコツ(まとめ)

優柔不断の短所以外にも目を向けて

優柔不断は短所ばかりのように感じるかもしれませんが、ときには長所にもなるものです。

優柔不断

(C)Shutterstock.com

優柔不断な性格の長所はどのようなところでしょうか?自分の長所を知ることで、より魅力を高めましょう。

リスクを回避できることが長所

優柔不断な人は「石橋を叩いて渡る」という言葉がぴったりなほど、物事を慎重に考える傾向があります。用心に用心を重ね決断を急がないことで、リスクを回避できる力が高いといえます。

リスクを回避する力があると、リスクと遭遇しにくいだけでなく、リスクが発生したときに被害を最小限に留められます。リスクを回避する力は、仕事で大きく役立ちます。決断する力が高まればさらに活躍の機会は増えるはずです。

優柔不断

39歳、キャリアアップのために転職したい!けど、腰が重くて…。【働く女性の質問箱】

相手を尊重できることが魅力

優柔不断な人の相手を尊重する姿勢は、長所であり魅力といえます。自分の意見を主張することが苦手だからこそ、相手の意見をしっかりと聞き、柔軟に受け止められるでしょう。

真摯に話を聞き入れることで、周囲からは「話をしっかり聞いてくれる人」と好意的な印象を持たれることも。

また、話し合いのまとめ役にも向いています。人間同士が集まると意見がぶつかることもありますが、優柔不断な人は皆の意見を聞き入れて話をまとめることができるかもしれません。

加えて自分の意見を主張できるようになると、話し合いの幅が広がる・周囲からの信頼が高まる・伝える力が伸びるなどメリットが増えます。

優柔不断

懐が深い人の特徴とは?好かれる理由や懐が深い人になる方法

あわせて読みたい
▶︎仕事が早い人の特徴とは? 遅い人の傾向と改善方法も紹介
▶︎頭の回転を速くするための新習慣|どうすれば頭が冴える人になれる?

トップ画像・アイキャッチ/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事