【頭がいい人の特徴】仕事の仕方やコミュニケーション方法のココが違う! | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.04.23

【頭がいい人の特徴】仕事の仕方やコミュニケーション方法のココが違う!

頭がいい人は、仕事もできて知的な話し方で周囲を惹き付けます。「あんな風になりたい!」と憧れる人も多いのではありませんか?頭がいい人の考え方やコミュニケーションの特徴、頭がいい人になるための心得を解説します。

Tags:

【目次】
仕事場で見かける頭がいい人の特徴とは
頭がいい人の共通項とは
頭がいい人と悪い人の話し方の違い
地頭を鍛えるために心がけたいこと

仕事場で見かける頭がいい人の特徴とは

頭がいい人 特徴

人によって、「頭がいい人」のイメージは異なりますが、具体的にどんな傾向があるのでしょうか?まずは、一般的な定義や特徴をチェックしていきましょう。

頭がいいってどういうこと?

頭がいいと聞くと、「勉強ができて、難しいことも理解できる」というイメージを抱く人も多いかもしれません。しかし、大人の場合「勉強ができる=頭がいい」とは、なりにくい傾向があります。たとえ学歴が高くても、周囲とコミュニケーションができなかったり、うっかりミスが多かったりすれば「要領が悪い人」と思われてしまいます。

一方、仕事場で「頭がいい」と称賛される人は、仕事のスキルはもちろんのこと、コミュニケーション能力も高く、とにかく行動に無駄がありません。つまり「頭がよく見える立ち振る舞い」をしているといえます。

頭がいい人の共通項とは

頭がよく、仕事もできる人には共通項があります。頭がいい人に共通する考え方や行動パターンをチェックして、実際生活でも真似してみましょう。

物事を論理的に考える


『7つの習慣』を読んだことが10年後の自分を考えるきっかけに【ワーキングマザーの仕事術】

頭が切れる人は、物事の結果だけでなく「どうしてこうなったのか」という原因や、「これからどうすべきか」という未来にも視野を向けられます。

一方、仕事でトラブルが起きても「誰のせいでこうなった」「ああ、面倒くさい」と表面上のことしか考えられなかったり、「誰かがやってくれる」と、考えることすらやめてしまったりする人もいます。頭の回転が早い人は物事を論理的に考えられるため、トラブルが起こった際もすぐに解決策を導き出してくれます。

優先順位の高いものから順にこなす

将来が不安になる原因は?仕事やお金、健康の悩みを克服する方法

機転が利く人は優先順位の高いものを見抜くスキルが高い傾向があります。「今すべきこと」と「しなくてもいいこと」をいち早く見分けられるため、効率よく仕事をこなせるのです。家庭や仕事のスケジュールを管理するのはもちろん、新しい仕事が舞い込んでも、優先順位を柔軟に入れ替えて対応します。

時折、遠回りに見える業務を優先的にこなすこともありますが、それは最も優先順位の高い仕事を片付けるために必要である場合がほとんどです。このように、優先度をすばやく判断し必要に応じて変更させるのが、機転が利く人の特徴といえます。

客観的、俯瞰的な視点を持つ

仕事のモチベーションが劇的に変わる!働く○○の見つけ方

第三者の立場に立って物事が考えられるのも、賢い人の特徴です。客観的かつ俯瞰的な視点を持っているため、意見を伝えるときも「自分は○○だと思います」という主観的な発言はあまりしません。過去のデータや発言を裏付ける証拠などを引き合いに出して「○○というデータがあるため、○○だと思います」と主張します。

周囲から一目置かれるのは、こうした説得力が大きく関係しています。また、賢い人はリスク回避をする能力や広い視野を持っているため、組織のリーダー的なポジションに就くことも多いです。

感情的にならず常に冷静

ヒステリーな女上司と思われない部下の𠮟り方のコツ【働くアラフォー質問箱】

人は、予想外のアクシデントが起こるとパニックになって物事の本質を見失ってしまうことがあります。しかし、知性のある人は常に冷静です。それは、あらかじめ「こういうことが起きるだろう」と予測を立てているからです。

また、嫌な出来事が起きたときも「最悪」「もう何もしたくない」とマイナスな気分に引きずられることもありません。あくまで起こった事実だけを受け止めて「今自分にできること」に集中します。周囲から「クールな人」と言われることもありますが、気配り上手な一面もあるのです。

頭がいい人と悪い人の話し方の違い

機転が利いて仕事もできる人の話し方は、とても知的です。一方、要領が悪い人はどこか頼りない話し方をしています。頭がいい人と悪い人の話し方の違いとは、一体何でしょうか?

無駄がなく要件を的確に伝える

理想の上司の条件とは?考え方やコミュニケーションの特徴を知ろう

要件を分かりやすく伝えられるのも、頭が切れる人の特徴です。例えば、誰かに質問をするときも「○○と○○どちらがよろしいですか?」と要件をハッキリと伝えます。

頼み事をするときも「~を○○日までに~個仕上げてほしい」と重要な情報だけを指示するため、無駄がありません。一方、要領の悪い人は、誰かと話すときに「○○が~で、それで○○だから~」と余計な情報も付け加えてしまいます。

頭が切れる人は相手の視点に立って考えられる力があるため、「指示が的確」「話がスッと頭に入ってくる」と褒められるのです。

相手の意見を聞き、まとめるのがうまい

取材スタッフが感動!人の心を打つ【神対応メール】のルール

頭の回転が早い人は、要点をまとめるのが上手です。例えば、会議中に仲間同士で意見を交換する際も、みんなの前に立って「○○という意見が多い一方、○○という意見もありますね。ということは~」と話をうまくまとめてくれます。

たとえ話が本筋からずれても「今は○○の話をしましょうか」と話の方向性を正してくれるため、司会や進行役を任されることも多いです。一方、要領の悪い人は、相手の話をよく聞かなかったり、理解しようとしなかったりします。

頭の回転が早い人は、人の気持ちを汲み取るのも得意です。相手の話にしっかりと耳を傾け、その考えを認める器も持ち合わせています。

地頭を鍛えるために心がけたいこと

「頭のいい人になりたい!」と思いつつ、何から始めればいいか分からない人も多いのではありませんか?そんな人のために、頭がいい人に近づくためのポイントを解説します。

目的を明確にして数手先を読む

理想の上司の条件とは?考え方やコミュニケーションの特徴を知ろう

ゴールを目指して常に先回りをするのが、頭のいい人に近づく第一歩です。頭がいい人は、物事の最終的なゴールを立てて行動します。例えば「スタイルアップして素敵な服を着こなしたい」というゴールがあるとすると、一般的な人なら食事制限や運動を始めるものです。しかし、頭がいい人はそのさらに数手先を読みます。

「自分は飽き性だから、同じ食事・運動の繰り返しだと続かないな」と起こりそうな出来事を察知して、あらかじめ食事のメニューや運動内容の候補をリストアップしておくのです。「今やるべきこと」に加えて、「起こりそうな事態に備えること」を心がけましょう。また、一度ゴールを決めたら、最後までやり遂げる意思も大切です。

的確なコミュニケーションを意識

外資系IT企業の女性リーダーが実践!仕事がやりやすくなる職場のコミュニケーション術【ワーキングマザーの仕事術】

頭がいい人は、常に相手の立場に立って物事を考えられます。そのため、会話をするときも難しい専門用語や回りくどい言葉はあまり使いません。相手がイメージしやすいよう、分かりやすい例え話を出したり「要するに○○ってことだね」とかみ砕いた表現をしたりします。

頭がいい人に近づくためには、「どう言えば、相手に伝わりやすいか」という点をしっかり意識して話しましょう。ボキャブラリーを増やすことで、さらに伝わりやすい説明ができます。普段からたくさんの人と話す機会を作ってコミュニケーション能力を磨き、さらにボキャブラリーを増やしていきましょう。

好奇心を持ち興味関心を絶やさない

「上司から呼ばれたら昇進の話。先に昇進した女性は多忙でプライベートがないみたい」出世の道、選ぶべき?選ばないべき?【人気放送作家・野々村友紀子の目から血が出るくらい納得する相談室】

頭がいい人は、好奇心旺盛でどんなことにも興味を持って取り組みます。はやりものに対しても「はやりものに乗っかるのってかっこ悪い」という固定概念がありません。新しいものにもどんどん挑戦していく「フットワークの軽さ」も頭がいい人の魅力です。

新しいものを取り入れていくことで、知識も豊かになります。頭のいい人が周りから「○○さんって物知りだよね」「どんな話題を振っても応えてくれる」と褒められるのは、こういった好奇心が背景にあるのです。

「興味がないから」とすぐに切り捨てず、「ちょっとやってみようかな?」とチャレンジしてみましょう。本を読んだり、自分とは全く異なった分野の知識を持つ人と話したりするのも有効です。

あわせて読みたい
「仕事が長続きしない」「給料が安い」「管理職になりたくない」働く女性の悩み15連発【働く女の質問箱まとめ/仕事編】
職場の人間関係がうまくいかない…悩んでいる人に試してほしい改善方法まとめ

写真/(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事