Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 働く

2023.11.08

仕事のできる人の性格や特徴|仕事のできる人になるためには

 

「仕事ができる」とはどういう意味なのでしょうか? 今回は「仕事ができる」人の性格・特徴から、どうしたら仕事ができるようになるのかまでご紹介していきます。

Tags:

「仕事ができる」とは

そもそも「仕事ができる」とは、どのような意味なのでしょうか。よほど専門的な知識が必要でない限り、誰しも職場で与えられた仕事を、きちんとこなしているはずです。

それでも、「仕事のできる」人と「仕事ができない」人が存在するということは、その仕事の質や、その仕事に要した時間、仕事内容の正確さ、理解力、更には事前の根回しや、仕事を進めるうえでのコミュニケーション、段取り、周囲への気配りといったところまでが評価されて、「仕事ができる」と言われているようです。

また、「仕事のできる」人は、複数の仕事を同時進行で行っていることも多く、周囲から見ると、普段の業務に加えて、別の業務もそつなくこなす姿が、「仕事ができる」と映ります。

仕事のできる人の性格

仕事のできる
仕事のできる人は、仕事の進め方だけではなく、性格にもいくつかの共通した特徴が見られます。以下に、仕事のできる人の特徴をリストアップしましたので、自分と照らし合わせてみてください。

さっぱりした性格

仕事のできる人は、さっぱりした性格の人が多いのが特徴。切り替えが早く、失敗しても、くよくよ悩んだりしません。また、助けてもらったことなどはよく覚えていて、恩を返そうとします。逆に、自分が被った迷惑に関しては、ちょっとしたことくらいなら、すぐに忘れてしまうことも。無駄な感情を引きずったりしません。

私情に流されず、その仕事に何が必要か、誰が適任かということを客観的に判断ができるので、仕事を効率的に進めることができます。

前向きな性格

ポジティブな性格も特徴です。上手くいかないことでも、追い詰められるようなことはなく、やりがいを感じて前向きに取り組みます。

義理堅い性格

過去に助けてもらったことは気にかけていて、恩を返せるタイミングを見計らっています。また、過去に自分が助けてもらった経験から、人を助けることも多く、周囲には助け助けられるという、良い循環が生まれます。

自分に厳しい

自分に厳しいので、怖いと思われることも。見た目は、人に不快感を与えないように清潔感があり、デスク周りもきちんと整えられています。隙がないように見えるので、なんとなく近寄りがたいと思われがちですが、実際に話してみると、頭の回転が速く、ウィットに富んでいて、さっぱりとした性格であることがわかります。

合理的な性格

合理的、客観的な判断をすることができます。前例にとらわれず、「本当にこれは必要なのか?」など、客観的に物事を見ることができます。

仕事のできる人の特徴

仕事のできる
仕事のできる人には、どのような特徴があるのでしょうか。性格は急には変えれませんが、特徴を真似することは今日からでも可能です。まずは、以下にリストアップした、仕事のできる人の特徴を真似することから始めてみてはいかがでしょうか。

コミュニケーション上手

仕事のできる人は、コミュニケーションが上手です。何気ない会話から、部下やチームの仕事の進捗状況、直面している問題を把握します。必要なホウレンソウ(報告・連絡・相談)も怠りません。

優先順位のつけかたが上手い

多くの仕事を抱えていても、優先順位(プライオリティ)がはっきりしているので、パニックになるようなことはありません。

1 2


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!