〝押印〟と〝捺印〟ってどう違う?最近の〝押印〟事情についてもご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.11.22

〝押印〟と〝捺印〟ってどう違う?最近の〝押印〟事情についてもご紹介

生活の中で度々登場する「押印」と「捺印」ですが、正しい意味を知っていますか? 今回は、それらの意味から違い、最近の「押印」事情についてご紹介していきます。

Tags:

【目次】
「押印」の意味や読み⽅とは?
「押印」と「捺印」の違いは?
「押印」以外のハンコの意味を紹介
押印を求める手続きが見直されている?
英語表現とは?
最後に

「押印」の意味や読み⽅とは?

役所関係の書類から、ビジネスシーンにおける契約書や請求書まで、さまざまな場面で聞く「押印」という言葉。あらためて、言葉の意味を見ていきましょう。

読み⽅と意味

押印

「押印」は「おういん」と読みます。もとは「記名押印」という言葉でしたが、現在では、「押印」と略されて使われています。「記名」とは、自署以外で記載された名前のことで、あらかじめ紙に印刷された名前、ゴム印で記された名前、代筆された名前などが挙げられます。よって、「押印」とは、自署以外の記名と共に、印鑑を押すことを意味します。

「押印」は、ビジネスシーンで、契約書を交わす時などによく聞く言葉ですよね。実は、「押印」がないと、契約が成立しないということはなく、法律的には「押印」は必ずしも必要ではないとされています。契約は、当事者同士が同意していれば成立するものとしているからです。

しかし、口約束での契約は後々、トラブルになることも。そのため、実際のビジネスシーンでは、契約の書面と「押印」は、まだ活用されていることが多いようです。

「押印」と「捺印」の違いは?

次に、「押印」と混同しがちな言葉「捺印」についても見ていきましょう。「捺印」は「なついん」と読みます。「捺印」は、「押印」と同じく「印鑑を押す」という意味の言葉。もともとは「署名捺印」という言葉で、それが省略されて「捺印」と言われるようになりました。

「自署以外の記名」+「印鑑を押すこと」が「押印」であるのに対し、「捺印」とは、「自署による記名」+「印鑑を押すこと」です。「自署」とは、本人による手書きの名前のこと。あらためて、「押印」、「捺印」の意味をまとめると下記のとおりです。

・「押印(記名押印)」:直筆以外(プリントやゴム印で印字されたものなど)の記名+印鑑
・「捺印(署名捺印)」:直筆の記名+印鑑

混同しがちな言葉のため、ビジネスシーンで使う時には、「押印」なのか、「捺印」なのかをはっきりと伝える方がよいでしょう。また、社外の方に伝える時には、「押印」や「捺印」に、「ご(御)」をつけた方が、より丁寧な表現になります。

押印

(例)
・名前の横に押印をお願いできますでしょうか。
・請求書にご押印のうえ、ご返送をお願いいたします。
・契約書をご確認いただき、こちらにご署名とご捺印をお願いいたします。

「押印」や「捺印」の証拠能力の違い

「押印」に比べ、筆跡鑑定などによって、本人であることを証明できるため、証拠を示す力が高いのは「捺印」。そのため、契約書などの重要な書類には「捺印」が使われることが多いです。いっぽう、「押印」は、見積書や請求書、領収書、有給休暇申請書類、勤怠管理書類などで使われます。

ちなみに、「押印(記名押印)」、「捺印(署名捺印)」、「記名」、「署名」の4つに関して、証拠能力が高い順に並べると下記のとおり。

「捺印(署名捺印)」>「署名のみ」>「押印(記名押印)」>「記名」

直筆の「署名」がある方が、本人であることを証明する力が高いことがわかりますね。

「押印」以外のハンコの意味を紹介

ハンコは日本独特の文化といっても過言ではないですよね。そのため、ハンコにまつわる言葉は他にもいくつか存在します。契約書を扱う時などに聞く言葉も多いので、おさらいしておきましょう。

1:調印

「調印」は「ちょういん」と読みます。意味は、外交などにおいて、該当国の代表が公文書に署名をすること。その他、企業間の合併買収や、大学間の学術交流協定などでも使われています。

2:押捺

「押捺」は「おうなつ」と読み、「押印」や「捺印」と同じく、印鑑を押すという意味の言葉です。「押捺」に「指紋」という言葉が付き、「指紋押捺」になると、指紋を押すことという意味になります。

3:契印

「契印」は「けいいん」と読みます。複数枚で成り立っている契約書が、連続していることをあらわすために押す印のこと。文書が抜き取られたり、差し替えられたりするのを防ぐためのものです。ページの見開き部分に、両ページにまたがるようにして押します。

4:割印

「割印」は、「契印」と混同しがちな言葉です。読み方は、「わりいん」。原本と写しなど、2部以上の書類が同じであることや、関連していることをあらわすためのものです。書類同士を少しずらして重ね、両書類にまたがるようにして押します。

5:捨印

「捨印」の読みは、「すていん」。訂正される場合を考えて、あらかじめ書類の欄外に印鑑を押しておくことです。書類に間違いがあった場合に、この「捨印」が訂正印としての役割を持ちます。

押印を求める手続きが見直されている?

日本に深く根付いてきた「押印」文化。これまで、「押印」がないと書類の効力がないことが多く、さまざまな場面で「押印」を求められてきました。しかし近年、その「押印」文化が見直されているのです。

なぜ見直されているのか?

押印

「押印」の必要性を見直すことになった背景に、「新型コロナウイルスの感染拡大の防止」と、「デジタルガバメントの実現」の2つがあると、内閣は言っています。

令和2年7月に閣議決定された「規制改革実施計画」。これは、デジタル化が進むに伴い、規制や制度について改革をするもの。その中で内閣は、各府省に対し、国民や事業者等に対して、「押印」を求めているものや、紙の書面の作成・提出等を求めているもの、対面での手続きを求めているものについて、順次見直しを行っていくこと、と明記しています。

こうした内閣の取り決めにより、行政手続きのみならず、民間手続きにおいても、「押印」の廃止が進むことになったのです。

押印廃止、押印省略とは?

「押印」文化の見直しに伴い、耳にするようになったのが「押印廃止」や「押印省略」という言葉。「押印廃止」は、「押印」を不要とすることで、「押印省略」は、「押印」を省略することです。「押印省略」の場合は、「押印」を省略する代わりに、自署のみで申請が可能になる場合が多いようです。

すでに説明したように、内閣による取り決めに伴い、各府省は「押印」の制度を見直しすることになりました。例えば、厚生労働省は、年金や保険の申請書類においても、一部を除き、「押印」を廃止とすることに。また、国税庁は、令和3年度より、年末調整関係や確定申告関係の書類についても、「押印」を不要にすることとしました。

ただし、重要な契約書などに関しては、引き続き「押印」を求められる場合もあります。詳細については行政のホームページなどで確認するようにしてくださいね。

英語表現とは?

「押印」の英語は「seal」です。「押印する」という動詞になると、「put one’s seal」、もしくは「affix one’s seal」という英語表現に。英語で「この書類に押印をお願いします」と言いたい場合は、「Please put your seal to this document.」と伝えましょう。

なお、「捺印(署名捺印)する」の場合には、「押印」を意味する「seal」だけでは不十分。「署名」を意味する「sign」と合わせて、「sign and seal」という表現になります。

最後に

社会全体で一気に進んだ脱ハンコの流れ。それに伴い、ニュースや普段のビジネスシーンでも、ハンコに関する言葉をよく聞くようになりました。「押印」や「捺印」という言葉に出会った時に、しっかりとその違いを理解しておいて、正確に対応できるようにしておきたいですね。

こちらもオススメ

「お手数おかけします」3つの意味と使うときの注意点|今さら聞けないビジネスマナー
「送付させていただきます」の正しい使い方は? メールで使える例文をご紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事