「ですが」の正しい使い方って?類語や英語表現、ビジネスシーンでの注意点をご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.09.05

「ですが」の正しい使い方って?類語や英語表現、ビジネスシーンでの注意点をご紹介

会話でよく使用される「ですが」という言葉。どのような意味を持ち、どのように使用すればよいのかご存知ですか?ビジネスで使用する際は注意が必要な場合もあります。今回は「ですが」の意味や正しい使い方、ビジネスシーンでの注意点などをまとめて解説します。

Tags:

【目次】
「ですが」の意味と使い方
使い方を例文でチェック!
類語や言い換え表現とは?
英語表現とは?
最後に

「ですが」の意味と使い方

まずは、「ですが」について確認しましょう。「ですが」がどのような意味を持ち、どのように使用すればよいのかを紹介します。

意味

「ですが」を辞書で調べました。

接続詞(助動詞「です」に助詞「が」が付いて自立語化したもの)
会話文に用いられ、相手の述べた事柄を一応その通りと受けとめて、反対・対立の関係にあることをこれから述べようとすることを示す。逆態の確定条件。「だが」の丁寧ないい方。ですけれど。(『日本国語大辞典』より)

「ですが」は接続詞ということが、分かりました。主に会話で使用され、前の発言を受け止めて、それを否定する形で使用される「逆説」の接続詞です。「ですが」は接続詞なので、文頭に使うことはありません。

ビジネス等で使う時の注意点

では、ビジネスで使用するときにはどのような点に注意すればよいのか、一緒にチェックしましょう。

使い方を例文でチェック! 

「ですが」の文例を紹介します。使い方を正しく知っていれば、上手く活用できますね。

1:「課長の主張は正しいと思います。ですが、今回はこの案を採用してはいかがでしょうか?」

上司に対して「ですが」を使う場合は、提案という形で使うと角が立ちにくいものです。「ですが」は相手の主張を受けて、その後に自身の考えを展開するときに使います。その際に、相手の主張を一刀両断してしまうと失礼に当たる時もありますね。お伺いを立てる形にしておくと、上司のメンツも立つでしょう。

基本的に今回の例文で出てきた「ですが」は、「敬語の必要な場面」ではあまり使用しません。今回は、上司に対する例文を紹介しましたが、取引先などへの使用は避けた方が無難です。

2:「みなさまお待ちですが、もう少しで空きが出ると思います」

1の例文とは、少し違う使い方です。相手の意見を否定する為には使用していませんね。今の状況が解決しそうだと説明するために、接続詞の「ですが」で繋いでいます。

3:「大変恐縮ですが、明後日までにお返事をいただきますようお願いいたします」

よく使われる言い回しですね。ほぼ強制的に決まっていることも、「大変恐縮ですが」と前置きすることで、ちょっと申し訳ないと思っているという気持ちを表現できます。

「恐縮」の意味は相手に対して申し訳なく思うということなので、「ですが」に「大変恐縮」をプラスすることで、最上級の申し訳なさを言い表しています。

ですが

類語や言い換え表現とは? 

「ですが」には、類語や言い換え表現があります。一緒に見ていきましょう。

1:「アメリカからの荷物は来週到着予定です。しかし、状況によっては遅れるかもしれません」

「ですが」を他の言葉で言い換えるときに、一番よく使われるのが「しかし」です。「しかし」は、「ですが」より丁寧な印象を与える言葉であり、どちらかというと、メールや手紙で使用されることが多い表現です。

「しかし」もよく使われる言葉なので、辞書でその意味をチェックしておきましょう。

「しかし」
接続詞。先行の事柄に対し、後行の事柄が反対、対立の関係にあることを示す(逆接)。そうではあるが。しかしながら。けれども。でも。
(日本国語大辞典より)

2:「会議で決まったけれども、なんとかできないでしょうか?」

「けれども」もまた、「ですが」のような使い方をします。「ですが」と同じように、フォーマルな言い回しではないので、社内で使う分には良いですが、社外では使わないようにしましょう。

3:「〇〇と申しますが」

電話などで名乗る場合に使われる「ですが」の言い換え表現です。ビジネスシーンでは「〇〇ですが」ではなく、「〇〇と申しますが」と名乗った方がいいでしょう。

ですが

英語表現とは? 

「ですが」を英語で表現すると、どのような言葉がよいのでしょうか。一緒に探ってみましょう。

1:「I want to go to bed but I’m hungry. 」

恐らくほとんどの方がこの単語を思い浮かべるのではないでしょうか。英語においても、接続詞としての役割を担います。例文は「眠いけれどお腹がすいている」という意味ですね。眠いという文章と、お腹がすいたという文章を「but」で繋いでいます。
but」の使い方のルールとして、文頭には使わないと覚えておくとよいでしょう。

2:「Cindy has a lot of money. However, she’s not all that happy. 」

「シンディはお金持ちです。ですが、全然幸せではありません」。直訳するとこうなります。「however」もまた、「ですが」と同じような使い方ができますね。「but」に比べると、「however」の方がフォーマルな印象を与えます。

ビジネスで使用する場合には、「but」より「however」がよいでしょう。

3:「Although she is young, she has warm personality. 」
「she has very warm personality although she is young. 」

2つの文はどちらも「彼女は若いですが、とても温厚な性格です」という意味です。ここで注目していただきたいのが、「although」の位置。「but」と同じように、「ですが」に近い意味を持つ英単語ですが、「but」と大きく違うのは、文中の位置でしょう。「but」が文頭には使えないというルールがあるのに対して、「although」は文頭、文中どちらでも使用できます。

最後に

「ですが」について、多方面から見てきました。恐らく使いやすい言葉なので、日頃よく使用されている方もおられるのでは? 気軽に「ですが」と出そうになった時も、使う相手をよく考えて、言葉を選べるようになると良いですね。

また、「ですが」は接続詞なので、文中でしか使わないということは、覚えておいて損はないと思います。書き言葉の「しかし」と共に、上手く使えるようになると便利かもしれませんね。

こちらの記事もたくさん読まれています
【恐縮】の正しい使い方とは?ビジネスシーンでの注意点や英語表現を徹底解説
簡単なようで意外と難しい?〝ご理解いただきありがとうございます〟の意味や正しい使い方とは

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事