Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 雑学

2023.08.22

「関わりたくない人」とどうつきあうべき?

 

「関わりたくない」と周囲に思わせる人には、共通の特徴があります。特徴を知っておけば、最初から深入りするリスクを防げるでしょう。この記事では、関わりたくない人の正しい対処法を解説します。

Tags:

関わらないの類義語

どの人ともいい関係で過ごせればいいのですが、残念ながら関わりたくないと思う人が出てきてしまうこともありますよね。まずは、「関わらない」という言葉について見ていきましょう。関わらないの類義語は3つあります。

・干渉しない:他人と積極的に関わろうとしないこと
・踏み込まない:物事に積極的に関わろうとしないこと
・無関心:物事に対して興味・関心が薄いこと

どの類義語も周りに興味がなく、周りの人や物事から物理的にも精神的にも距離を取るという意味になっていますが、少しずつニュアンスが違います。

関わらない

関わりたくない人だと思ってしまう理由

周囲にいる、ある人のことを関わりたくない人だと思ってしまう理由を解説します。

・過去に嫌な思いをした人に似ている
・自分と似ている
・自分の持っていない魅力がある

過去に嫌な思いをした人に似ている場合、嫌ってしまうケースが多いです。自分の中で苦手な人のカテゴリーに最初から入ってしまうため、関わりたくないと思ってしまいます。

また自分と似ているという理由で関わりたくないと感じる場合もあります。この場合は、自分の嫌いな部分を相手も持っているため、鏡のように見えてしまい避けてしまうのでしょう。さらに自分が持っていない魅力を相手が持っている場合、妬みに似た気持ちが湧き、関わりたくない人と判断してしまうこともあります。

関わらない

関わりたくない人の特徴3つ

ここからは、関わりたくない人の特徴3つを解説します。

いつもイライラしている

特徴1つ目は、常にイライラしていることです。イライラした態度は、周りに悪影響を及ぼします。「話しかけると怒られるのではないか……」「睨まれてしまうのではないか……」などと考えさせてしまうからです。

そして怯えるくらいなら関わらないほうがいいと判断され、関わりたくない人と認定されてしまいます。上司がイライラしていると部下は萎縮し、コミュニケーションが失われるでしょう。

ネガティブ思考が癖になっている

2つ目の特徴は、ネガティブ思考が癖になっていることです。愚痴が多かったり、否定的な言葉を常に発したりしていると、相手も嫌な気持ちになってしまうでしょう。

例えば、仕事の愚痴ばかりこぼしたり、いいな〜と人を羨む発言ばかりしているようでは、周囲もネガティブな気持ちになってくるため、関わりたくないと思われてしまうのです。

自分のことしか考えていない

3つ目の特徴は、自分のことしか考えていないことです。客観的な目を持たず、自分がやりたいようにしか行動できない人は、幼稚だと判断され、周りから敬遠されがちです。

関わると振り回されることが多いため、関わりたくない人と思われてしまいます。取引先で空気を読まない発言などが失礼とみなされ、身勝手な振る舞いをして怒られるケースもあるでしょう。

嫌いな人と関わらない方法5つ

ここからは、嫌いな人と関わらない方法5つを解説します。

1 2


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!