Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.12.03

「関わりたくない人」とどうつきあうべき?人間関係に疲れたら人と関わらない仕事もおすすめ

「関わりたくない」と周囲に思わせる人には、共通の特徴があります。特徴を知っておけば、最初から深入りするリスクを防げるでしょう。この記事では、関わりたくない人の正しい対処法を解説します。人間関係に疲れた方に向けて、おすすめの仕事もご紹介しているので参考にしてみてください。

Tags:

関わらないの類義語

職場やママ友関係。どの人ともいい関係で過ごせればいいのですが、残念ながら関わりたくないと思う人が出てきてしまうこともありますよね。まずは、「関わらない」という言葉について見ていきましょう。関わらないの類義語は3つあります。

関わらない

・干渉しない:他人と積極的に関わろうとしないこと
・踏み込まない:物事に積極的に関わろうとしないこと
・無関心:物事に対して興味・関心が薄いこと

どの類義語も周りに興味がなく、周りの人や物事から物理的にも精神的にも距離を取るという意味になっていますが、少しずつニュアンスが違います。

関わりたくない人だと思ってしまう理由

周囲にいる、ある人のことを関わりたくない人だと思ってしまう理由を解説します。

関わらない

・過去に嫌な思いをした人に似ている
・自分と似ている
・自分の持っていない魅力がある

過去に嫌な思いをした人に似ている場合、嫌ってしまうケースが多いです。自分の中で苦手な人のカテゴリーに最初から入ってしまうため、関わりたくないと思ってしまいます。

また自分と似ているという理由で関わりたくないと感じる場合もあります。この場合は、自分の嫌いな部分を相手も持っているため、鏡のように見えてしまい避けてしまうのでしょう。さらに自分が持っていない魅力を相手が持っている場合、妬みに似た気持ちが湧き、関わりたくない人と判断してしまうこともあります。

関わりたくない人の特徴3つ

ここからは、関わりたくない人の特徴3つを解説します。

関わらない

1.いつもイライラしている
2.ネガティブ思考が癖になっている
3.自分のことしか考えていない

上記の特徴を知っていれば、関わりたくない人と判断でき、それ以上深入りすることもないでしょう。当てはまっていたら、後に解説する関わらない方法を実践することがおすすめです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.いつもイライラしている

特徴1つ目は、常にイライラしていることです。イライラした態度は、周りに悪影響を及ぼします。「話しかけると怒られるのではないか……」「睨まれてしまうのではないか……」などと考えさせてしまうからです。

そして怯えるくらいなら関わらないほうがいいと判断され、関わりたくない人と認定されてしまいます。上司がイライラしていると部下は萎縮し、コミュニケーションが失われるでしょう。

周りにもいるかも!? なぜか〝イライラさせる人〟の特徴とは?|Domani

2.ネガティブ思考が癖になっている

2つ目の特徴は、ネガティブ思考が癖になっていることです。愚痴が多かったり、否定的な言葉を常に発したりしていると、相手も嫌な気持ちになってしまうでしょう。

例えば、仕事の愚痴ばかりこぼしたり、いいな〜と人を羨む発言ばかりしているようでは、周囲もネガティブな気持ちになってくるため、関わりたくないと思われてしまうのです。

3.自分のことしか考えていない

3つ目の特徴は、自分のことしか考えていないことです。客観的な目を持たず、自分がやりたいようにしか行動できない人は、幼稚だと判断され、周りから敬遠されがちです。

関わると振り回されることが多いため、関わりたくない人と思われてしまいます。取引先で空気を読まない発言などが失礼とみなされ、身勝手な振る舞いをして怒られるケースもあるでしょう。

嫌いな人と関わらない方法5つ

ここからは、嫌いな人と関わらない方法5つを解説します。

関わらない

1.会話が終わるような返事をする
2.ある程度の距離感を保つ
3.嫌いであることを相手に悟らせない
4.言いたいことは簡潔にまとめて伝える
5.2人きりのシチュエーションは避ける

周囲にいる関わりたくない人に対して、嫌な思いをさせずに距離を取る方法はあります。それぞれ解説するので、実践してみてください。

1.会話が終わるような返事をする

1つ目の関わらない方法は、会話が終わるような返事をすることです。話の内容に愛想よく相槌を打っていると、ダラダラ話を続けなければならず、ストレスになってしまいます。返事をするときは「へえ、そうなんですね」「それはよかったですね」など、なるべく会話が終わるような返事をしましょう

あまりにも会話がつづくようだったら、「この後用事があるから」「ちょっと会議室に行かなくちゃいけないので」など、断りを入れてどこかに移動することもできるでしょう。

2.ある程度の距離感を保つ

2つ目の方法は、ある程度の距離感を保つことです。例えば同僚や部下であったとしても敬語で会話をしたり、会話の頻度を下げたりすることがおすすめです。急に無視をして、距離を置いてしまうと相手を傷つけることになるため、あくまでも少し距離を置くことを意識してください。

さらに視界に入るのも嫌な場合は、物理的に距離を取ってみましょう。相手との行動のタイミングをずらすことで、視界に入る頻度を抑えられます。

3.嫌いであることを相手に悟らせない

3つ目の関わらない方法は、嫌いであることを相手に悟らせないことです。「嫌われているかも」と相手に思わせる態度を取ってしまうと、例えば「○○さんにいじめられている」とあらぬ噂のターゲットになってしまったりと、面倒な事態になることが考えられます。

挨拶は自分からおこない、最低限のコミュニケーションは取るように心がけましょう。すると、人間関係も円滑になり、仕事やママ友との関係にも波が立ちません。

4.言いたいことは簡潔にまとめて伝える

4つ目の関わらない方法は、なるべく直接関わるのは避けつつも、どうしても話さなければいけない状況になったら言いたいことは簡潔にまとめて伝えることです。言いたいことをだらだらと話していては、嫌いな人と関わる時間が長くなってしまいます。できるだけ早く終わるように、事前に話はまとめておきましょう。

5.2人きりのシチュエーションは避ける

5つ目の関わらない方法は、2人きりのシチュエーションは避けることです。2人きりになってしまうと、無理に会話をしなければいけなくなりストレスになってしまうことも。以下の方法で乗り切ってみてください。

・誰かを入れて3人で会話する
・誰かに対応を任せる

誰かを会話の中に入れて3人にすることで関わりが少なくなるため、ストレスが軽減されます。また誰かに対応を任せるのも1つの手です。すべて任せられなくても、一部分を任せられれば心理的に楽になるでしょう。

疲れたら人と関わらない仕事をすることもおすすめ

特に職場での人との関わりに疲れてしまったら、人と関わらない仕事を探して転職することもおすすめです。人と関わらない仕事を出勤タイプと在宅タイプに分けて解説します。

関わらない

人によって出勤するほうが力を発揮できるパターンと、在宅のほうが集中して仕事に取り組めるパターンに分かれます。それぞれ解説するので、気になる職業があれば調べてみましょう。

人と関わらない仕事【出勤タイプ】

出勤するけれど人と関わることが少ない業種は以下の3つです。

・警備員
・清掃員
・工場のライン作業

警備員の仕事内容は、施設などの巡回がほとんどです。お客さんと会話することはありますが、毎回違う人のため、関わりたくない人になることができる可能性は少ないでしょう。清掃員は1人でコツコツ清掃作業ができ、人との関わりはありません。

工場のライン作業も、来たものを処理していく淡々とした作業で、仕事を覚えれば黙々と作業できます。

人と関わらない仕事【在宅タイプ】

在宅で人と直接関わらない仕事には以下の3つがあります。

・プログラマー
・Webライター
・ハンドメイド作家

プログラマーは、コンピュータープログラムを作成する仕事で、ある程度実務経験を持っていればフリーランスでも生活できます。Webライターは、Webメディアに記事を投稿する仕事です。打ち合わせや取材を除けば、一人で作業することが多いでしょう。

ハンドメイド作家も一人で作業することが多い職業です。受注対応などの作業は発生しますが、基本的には自分のペースでおこなえるため、ストレスが少なくすみます。

関わりたくない人とは距離を取ってストレスを減らそう

関わらない

関わらないには、干渉しない、踏み込まないなどの類義語があります。類義語として使えますが、ニュアンスが少しずつ違うため、意味を考えながら使うのがおすすめです。

相手になぜ関わりたくないと思ってしまうのか、ご紹介した理由と特徴をあわせて参考にしてみましょう。嫌いな人と関わりたくない場合は、相手との距離を取ったり、会話の頻度を抑えたりするなどの対策をしてみてください。それでもストレスが溜まってしまうならば、転職も検討してみましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

人に期待しないで生きる方法とは? 幸せを感じやすくなるメリットも

結婚しても「一人で寂しい」と感じてしまう瞬間はある?楽しく過ごすための対処法

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事